« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

アナログレコードはCDより広帯域?

 以下の記事を見て一寸気になりました。

  朝日新聞デジタル
  (いちからわかる!)「ハイレゾ音源」、CDより高音質だって?
  2014年10月31日05時00分
  http://www.asahi.com/articles/DA3S11430875.html
  http://www.asahi.com/articles/photo/AS20141031000335.html

 記録媒体による記録・再生帯域の違いを示すグラフがあるのですが、上限周波数はハイレゾが48~96kHz、アナログレコードが40~50kHz、CDが22kHzとなっています。
 このグラフだけ見ると、CDよりもアナログレコードの方が広帯域ということになり、通常の認識とは異なっています。
 登録無しの電子版では全文は見えませんが、紙版の記事を見てもアナログレコードについての説明はありません。
 RIAAカーブから考えて通常のアナログレコードの上限が40~50kHzというのは一寸考え難いです。
 昔のCD-4は上限が45kHz程度だったようですが、これは変調された信号の帯域なので別の話です。
 アナログレコードの上限が40~50kHzという話がどこから出てきたのかよく判りません。

【関連外部リンク】
レコード - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

4チャンネルステレオ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA

サンプリング定理
http://www.tij.co.jp/dsp/jp/docs/dspcontent.tsp?contentId=53936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

航空機操縦専用(?)ロボット”PIBOT”

 ロボットにも興味があるので関連ニュースは一寸気になります。

  韓国発!「飛行機操縦ロボット」の実力と課題
  (東洋経済オンライン 2014年10月24日掲載) 2014年10月24日(金)配信
  http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/toyo-20141024-51446/1.htm

 上記記事には、「ロボットは飛行機のセンサーや計器と連携して、その機能を自動化する。パイボットは離着陸の間の操縦を行うために、リアルタイムのコンピュータビジョンを用いる。」と書いてありますが、詳細が判りません。

 調べてみたら、IEEEのSpectrumもう少し詳しい資料がありました。

  Tiny Humanoid Robot Learning to Fly Real Airplanes
  Posted 18 Sep 2014 | 17:47 GMT
  http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/humanoids/tiny-humanoid-robot-learning-to-fly-real-airplanes

 かなりの部分は自律で動作するようですが、詳細はよくわかりません。
 スロットルやランディングギアの操作は?
 「離陸して、A点とB点を通過して着陸する」程度のラフな指示で動作するのでしょうか?
 
 Piper PA-24-250 Comanche がターゲットのようですが、かなり古い機材?

  Piper PA-24-250 Comanche
  http://www.skytamer.com/Piper_PA-24-250.html

 上記URLから抜粋引用
  *******************************************************
  Overview
  -------------------------------------------------------
  Piper PA-24 Comanche
  Role: Civil utility aircraft
  Manufacturer: Piper Aircraft
  Designer: Howard "Pug" Piper
  First flight: May 1956
  Introduction: 1957
  Status: production ceased
  Primary users: Private aviators and Flight schools
  Produced: 1957-1972
  Number built: 4,857
  Unit cost: $17,850-$36,890
  Variants: Piper PA-30 Twin Comanche, Piper PA-39 Twin Comanche
  *******************************************************

  Piper PA-24 Comanche
  http://wiki.flightgear.org/Piper_PA-24_Comanche

  Wikipedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Piper_PA-24

  将来的には、このロボットは以下のチェックリストの全項目を確認できるようになる?

  N7579P (PA24-250) Checklist
  http://www.hariguchi.org/flying/download/checklist-pa24-250.pdf

 他になにか資料はないかと探していたら、模型による実験の動画がありました。

  PIBOT Flight Test .
  

 

 かなり雰囲気が判ってきました。
 姿勢の安定が難しそうです。
  モデル機材はアクロバットでおなじみのPittsのようですが・・・。

 ロボットは、ラジコン用のジョイスティックのようなもの(そのもの?)を操作していますが、ハード・ソフトともに結構ラフ?
 操舵系にはある程度の遊びが必要なようですが、動画でみるかぎりは単なるガタのように見えます。
 また、ジョイスティックの持ち方にはいろいろ流儀があるようですが、原則的には根元ではなく先端を握った方がいいような気が・・・・

 
  The best way to hold the Controller's sticks?
  http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1373049
  http://www.dacaur.com/rc/txhold.jpg

 ロボットに飛行機を操縦させるという夢は大昔からあったようですが、人間並みになるのは結構難しいような気がします。

  Another English Robot Pilot (Mar, 1931)
  http://blog.modernmechanix.com/another-english-robot-pilot/

 しかしながら、災害対応ロボットはかなり進化しているようなので、そのうちコックピットを覗いてみたらロボットが座っていたという時代になるのかもしれません。

  災害対応ロボットをめぐる状況について
  http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140307/140307_01f.pdf

  DARPA Robotic Challenge - DRC Trials
  http://archive.darpa.mil/roboticschallengetrialsarchive/

  自動車を運転できるなら飛行機も操縦できるかも?

【参考外部リンク】
 KAIST News
  PIBOT, a small humanoid robot flies an aircraft
  Writer : PR Office Date : 2014-09-23 Hit:370
  http://www.kaist.edu/_prog/_board/?mode=V&code=ed_news&no=23381&site_dvs_cd=en&menu_dvs_cd=0601&gubun=&site_dvs=

  2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems
  September 14-18, 2014, Palmer House Hilton, Chicago, IL, USA
 https://ras.papercept.net/conferences/conferences/IROS14/program/IROS14_ContentListWeb_4.html
  11:25-11:28, Paper WeB2.7  Add to My Program 
  A Robot-Machine Interface for Full-Functionality Automation Using a Humanoid
  Jeong, Heejin Univ. of Pennsylvania
  Shim, David Hyunchul Kaist
  Cho, Sungwook Korea Advanced Inst. of Science and Tech

 Laughing Squid
 Pibot, A Robotic Pilot Designed to Replace Humans in the Cockpits of Planes
 by Brian Heater at 10:55 am on October 24, 2014
 http://laughingsquid.com/pibot-a-robotic-pilot-designed-to-replace-humans-in-the-cockpits-of-planes/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

機内の電子機器使用制限の発端は上側ヘテロダインのFMラジオだったようです

 ネットニュースを見ていたら、以下のような記事がありました。

  web R25
  「旅客機でスマホ一部解禁」の実態
  2014.10.18
  http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20141018-00038572-r25

 記事の内容に特に新しいところはないようですが、”電波を発する行為は、これまでどおり「不可」となっている”と書いてあります。
 「ブルートゥースは電波ではないのか?」と突っ込みを入れたくなりますが・・・

 記事の中に「そもそも、なぜ今まで飛行機の中では、電子機器の使用が制限されていたのだろうか?」と書かれていたので、素人無銭家の好奇心で機内の電子機器使用制限の発端について少し調べてみました。

 昨年(2013)電子機器利用制限が緩和された米国の資料を見てみました。
 下記の資料には、電子機器利用制限の背景(歴史?)について書いてあります。

  Federal Aviation Administration
  PED ARC FINAL REPORT 09.30.13
  http://www.faa.gov/about/initiatives/ped/media/ped_arc_final_report.pdf

【PED ARC FINAL REPORT抜粋】
Ped_arc_final_report_vor_interferen

 上記PED ARC Reportの2.0 BACKGROUNDの2.1 Overviewによれば、1960年頃の検証でFMラジオからVOR(VHF Omnidirectional Range)への干渉が確認されたので電子機器利用が制限されるようになったようです。

 
 FMラジオからVORへの干渉といっても一寸判りくいですが、以下の資料に簡単な説明がありました。

  Avionics & Portable Electronics: Trouble in the Air?
  http://www.bluecoat.org/reports/Helfrick_96_PED.pdf

 上記URLから抜粋引用
  *************************************
  "One such incident reported interference to a VOR receiver from a portable FM radio. In this case, the local oscillator of the typical FM radio fell directly in the VHF navigation band and was easily verified as being the source of interference."
  *************************************

 FMラジオの局部発振回路からの漏洩信号がVORの信号に干渉したことが報告されています。
 上記資料では両方の周波数の関係がよくわかりませんが、以下の資料にはかなり詳しく説明されています。

  Investigation of interference sources and mechanisms for Eurocontrol:Final Report
  17 December 1997
    https://www.eurocontrol.int/sites/default/files/content/documents/communications/17121997-investigation-of-interference-sources-and-mechanisms.pdf

 Page 64 (71/149) - Page 65 (72/149)に、上側(アッパー)ヘテロダイン方式のFM受信機の局発信号による干渉の説明があります。

 上記URLから抜粋引用
    *************************************
  7.5.5 Interference due to broadcast FM receivers
  Description
  All broadcast FM receivers operate by mixing the incoming received signal with an oscillator to convert the incoming signal to a fixed frequency. The actual demodulation then takes place at this fixed frequency, usually 10.7 MHz. By varying the frequency of the oscillator, the receiver can be tuned. Such a receiver in known as a ‘super-heterodyne’. As an example, a receiver tuned to 107 MHz would mix the incoming signal with an oscillator at 117.7 MHz (ie 107 + 10.7) to produce a resultant at 10.7 MHz. Equally, the oscillator could be tuned to 96.3 MHz (ie 107-10.7). In this example, if the receiver is badly aligned or poorly manufactured the signal could leak from the receiver causing interference to nearby receivers tuned to 117.7 MHz.

  Mechanism
  Direct radiation: For FM broadcast transmitters with frequencies above 107.3 MHz, the oscillator in the receiver falls in the frequency range used by VHF communications (ie above 118 MHz). Whilst one receiver is unlikely to cause a significant problem, the combination of the leakage of signal from a large number of receivers can produce a significant problem. The problem is more marked when received from the air where the receiver is line-of-sight to the large number of receivers.

  (中略)

  This problem has been noted in Austria and the UK. In Austria, the problem occurred in the popular tourist area on the border with Italy, and was at its worst during summer time when a lot of tourists were listening to their radios. Only one channel was affected but note that the affected channel was not always the same and that it could have been worst if more channels were affected. Pilots noticed, and aided the identification of the problem as they were able to
hear music on their communications.

  Resolution
  The problem is particularly difficult to resolve as it is the result of a large number of receivers that have been purchased by the public. One solution would be to insist that FM receivers used oscillator frequencies that were lower than the receive frequency (ie 10.7 MHz lower), but such a solution would require the agreement of all national and international standardisation bodies.
Another solution is to change the frequency of the FM transmitter such that the emissions from the receivers were no longer on the aeronautical frequency (this was the solution employed in Austria). The simplest, but least satisfactory solution is to change the frequency being used for aeronautical communications.
  *************************************

  資料自体は少し古いですが、干渉のメカニズムは同じです。
  バカンスで移動するツーリストが機内で使用するFMラジオが問題になったようです。
 下記の資料によれば、1960年ころには既にFMポータブルラジオが普及していたみたいです。

  Portable AM/FM Radio Buying GuideBy Published by eBay June 9, 2014 .
  http://www.ebay.com/gds/Portable-AM-FM-Radio-Buying-Guide-/10000000177628844/g.html

 上記URLから抜粋引用
  *************************************
  History of the Portable AM/FM Radio
    A portable AM/FM radio is a small radio receiver that uses transistor-based circuits to transmit radio waves. While originally larger in size when they were first developed in 1954, by the 1960s and 1970s, the pocket-sized versions of portable AM/FM radios allowed people to listen to music and talk radio anywhere they went. The last American-made transistor radio or portable AM/FM radio was made in the 1970s. However, companies with branches overseas continue to make and sell portable AM/FM radios. Today, there are a large variety of different types of portable AM/FM radios available to the consumer.
  *************************************

 影響を受けたのは一つのチャンネルのみであったけれども、そのチャンネルが常に同じであるとは限らなかったというのが一寸不思議です。
 飛行機が移動するのに連れて受信可能な局が変わるので、乗客が周波数を変えるから?
 また、通信中に音楽が聞こえたというパイロットの報告も一寸面白いです。
 中波のAM局が混信したとは考えにくいので、強力なFM放送波による混変調? あるいは機内のFMラジオのIFからの漏洩信号? FM成分はスロープ検波でAMに変換された?

 なお、日本の場合は、FM帯域(76-90MHz)のすぐ上側にあるTVのローチャンネル(90-108MHz)へ干渉を防止するために、以下の資料の表2にあるように、一般的には下側ヘテロダイン(局部発振周波数がマイナス側)が採用されていることが多いです。

  ARIB
  FM放送評価用受信機における設計マニュアル
  http://www.arib.or.jp/english/html/overview/doc/4-TR-B11v1_1.pdf
  表2(5ページ)

 各国のFM放送の周波数割り当ては以下のようになっています。

  地上テレビジョン放送のデジタル化に伴う周波数再編に関する諸外国の取組動向
  【参考2】 デジタル転換後の放送用周波数の再編計    
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/denpa_riyou/pdf/060425_1_1-6.pdf

 参考2の表を見ると日本のガラパゴス状態がよくわかります。いろいろと複雑な事情があったようです・・・

 上記Eurocontrolの資料では、107 MHzを受信する場合には局発周波数は、受信周波数より10.7MHz(中間周波数)だけ高い117.7 MHzになるという説明になっているので、ヨーロッパのFMラジオは上側ヘテロダインが使用されているようです。
 Eurocontrolの資料にも書いてあるように干渉の原因の一つは上側ヘテロダインなので、下側ヘテロダインに変更することが解決案として提示されていますが、実施は難しそうです。

 世界的にみると、上側ヘテロダインが主流のようですが、これは上側ヘテロダインの方が局発の可変周波数範囲の上端周波数と下端周波数の比が小さいので局部発振回路の設計が楽ということや、上側に他の放送がないことと関係があるのでしょうか?

 現在日本で売られている普通のFMラジオの受信帯域は、76~90MHzと76~108MHzの2種類があるようです。
 アナログTVが放送されていたころは、76~108MHzのものはテレビのローチャネル音声が受信できたのですが、現在はテレビがデジタル化されているので使えません。海外旅行でFMラジオを持って行く人はそれほどいるとは思えないので、ワイドバンドのFMラジオが今でも売られているのが一寸不思議です。AM放送のFM化を予想していた? あるいは、単に設計変更が面倒だっただけ?

 日本の場合は、FM放送バンドの周波数が世界標準よりも低いことと、下側ヘテロダインを採用していることの組み合わせで、昔はVORへの干渉はあまり考える必要はなかったのかもしれませんが、使用するFMラジオによっては、干渉の可能性がゼロではないかもしれません。

 日本で売られているラジオの場合は下側ヘテロダインが多いのですが、法律で決まっている訳ではないので上側の可能性もあります。
 上側か下側の区別は外観や取説ではわかりません。ケースを開けて基板を見ても目視だけでは、判断することは非常に困難と思われます。
 通信用受信機の場合には仕様書にヘテロダインの種類が書かれていることもあるようですが・・・。

 一番簡単な方法は、ほかの受信機で漏洩局発信号を受信してみることです。
 FMラジオの中間周波数は、上記のARIBの資料にもあるように、一般に10.7MHz(10.65MHzなどというトリッキーな周波数もあるようですが)なので、たとえば100MHzを受信している場合には、局部発振回路の発振周波数は、下側ヘテロダインであれば89.3(=100-10.7)MHz、上側ヘテロダインであれば110.7(=100+10.7)MHzとなるはずなので、漏洩局発信号の周波数を他の受信機で確認すればヘテロダインの種別がわかります。
 

 実際に確認してみました。
 周波数の計算が簡単になるようにFMラジオ(FM1:61.8-90.3MHz, FM2:86.1-108.6MHz)の受信周波数は100MHzにしました。
 確認用の受信環境は以下のとおり」です。

  アンテナ:2Fベランダに設置した144/430/800MHz3バンドホイップ
  チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T)
   タブレット:Hyundai T7(rooted)
    SDRアプリ:SDR Touch

【FMラジオで100MHzを受信中】
Fm_radio_leakage_local_osc_signal

 Hyundai T7に入れたSDR Touchで受信してみると、110.7MHz付近で結構強い信号があります。
 これのようですが、念のために下側ヘテロダインの場合の局発周波数である89.3MHz付近を見てみましたが信号はありません。
 FMラジオの電源をオンオフすると、これに連動して110.7MHzの信号が断続するし、FMラジオの同調ダイアルを動かすと、SDR Touch のウォーターフォール画面上の軌跡が左右に移動するので、これに間違いないようです。
 ということは、このFMラジオは上側ヘテロダインを採用していることになります。
 日本で販売されているFMラジオは一般に下側ヘテロダインなので、このFMラジオは例外ということでしょうか?

 SDR用のアンテナは室外ですが、撮影用にFMラジオとタブレットを隣接させているので、FMラジオとSDR用チューナが非常に近いためか、結構な強さで受信されます。
 FMラジオをSDR用チューナから約4m(SDR用アンテナからは約5m)離してみたところ、信号は弱くなりますが、SDR Touchのウォーターフォール画面で軌跡が確認できる程度の信号強度はあります。

Fm_radio_5m_from_sdr_ant

Fm_radio_leakage_local_osc_signal_5

 110.7MHzということは、VORの帯域の中に入っています。

 昔々は、機内でのラジオの使用が常時禁止されていましたが、その後に巡航中は使用可能となり、現在は常時使用可能となっています。
  現在の機材は、”裏口結合”の対策が十分行われているということでしょうか?

  計器障害を及ぼすおそれのある使用制限電子機器
  平成19年8月
  http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120928/01.pdf

  電子機器の使用制限緩和概要(区分一の航空機内のケース)
  (※H26.9.1から施行)
  http://www.mlit.go.jp/common/001050247.pdf

 日本の航空会社で受信機の使用がOKなら、既に制限緩和済の米国の航空会社でも当然OKだろうと思ってしまいますが、航空会社によって扱いが異なっているようです。
 たとえば、ユナイテッド航空やアメリカン航空では、制限緩和後の現在でも受信機の使用が常時禁止されているようです。

 ◎ユナイテッド航空
  機内への電子機器類の持ち込み
  https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/devices.aspx
  上記URLから抜粋引用
  *****************************************
  お使いいただけない機器類:
  ・電池式の個人用空気清浄機
  ・テレビ
  ・ラジオの受信機や送信機(AM/FM/SW、CB、スキャナーを含む)
  ・無線操縦玩具などの無線通信機能を持つ玩具など
  *****************************************

  「ポケットベルは、メッセージ受信には常時お使いいただけます。」と書いてありますが、受信機とポケベルがどう違うのかよくわかりません。ポケベルは局発周波数が固定で既知なので対策済とか? あるいは周波数自体の問題? あるいはポケベルの局発信号のレベルが普通の受信機(テレビ、ラジオ等)に比べて低いとか?

 ◎アメリカン航空
  電子機器、医療機器
  http://www.americanairlines.jp/intl/jp/travelInformation/carryOn.jsp
  上記URLから抜粋引用
  *****************************************
  ・機内で使用できない機器
    アメリカン航空が設置している以外の携帯電話
    ラジオ(AM、FM、VHF)、テレビ受信機(電池式またはコード式)、テレビカメラ
    機内に設置されている以外の電子ゲーム機またはリモコン付玩具
    コンピュータのコードレスマウス
    携帯GPS(全地球測位システム)
  *****************************************

  この記載から判断すると、アメリカン航空ではポケベルはNGのような感じがしますが、正確なことはよくわかりません。
  テレビカメラは意図的に電磁波を送信するものではないと思いますますが、内部にカラーサブキャリア発生用のCW発振回路(3.58MHz等)を含んでいるのでNGということでしょうか?
  持ち込みの電子ゲーム機もNGです。
  GPSは明示的に禁止されているので、趣味のログ取りはできないようです。残念・・・
  全体的にかなり制限が厳しいですね。

 結局のところ、利用する航空会社や機材(Wi-Fi対応か否か)に応じて個別に確認するしかないようです。

【参考】
 超短波全方向式無線標識 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E7%9F%AD%E6%B3%A2%E5%85%A8%E6%96%B9%E5%90%91%E5%BC%8F%E7%84%A1%E7%B7%9A%E6%A8%99%E8%AD%98

 VHF omnidirectional range
 http://en.wikipedia.org/wiki/VHF_omnidirectional_range

 VOR/DME等の概要
 http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000399.html

 航空無線航行業務に使用する電波の型式及び周波数等
 http://www2.arib.or.jp/johomem/pdf/2002/2002_0204.pdf

 VHF Usage
 http://en.wikipedia.org/wiki/Very_high_frequency#mediaviewer/File:VHF_Usage.svg

 テレビ周波数チャンネル - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

 Television channel frequencies
 http://en.wikipedia.org/wiki/Television_channel_frequencies

 FM broadcast band - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/FM_broadcast_band

 Super-heterodyne FM Receiver Design and Simulation - MIT
 http://web.mit.edu/~bdaya/www/Super-heterodyne%20FM%20Receiver%20Design%20and%20Simulation.pdf

  Introduction to Receivers 
http://www.ece.ucsb.edu/Faculty/rodwell/Classes/ece218b/notes/Introduction_to_Receivers_w11.pdf

 電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性評価方法
 http://www.mlit.go.jp/common/001031526.pdf
 玄関結合:航空機搭載アンテナと配線を経由して侵入
 裏口結合:機内配線、筐体から侵入

 電磁波干渉と航空機の運航
 http://www.jalcrew.jp/jca/public/safety/pub-emi.htm

 706便事故裁判第12回公判速報
 電磁波干渉(EMI)について
 https://www.jalcrew.jp/jca/news-htm/17/17-261s.htm

 Airlines which OFFICIALLY DO NOT APPROVE the use of GPS receivers at ANY time during flight
 Revised August 2010
 http://gpsinformation.net/airgps/airgps.htm
 (要個別確認)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

USBオロシ?

  VOW(http://ja.wikipedia.org/wiki/VOW)もどきネタです。

 Dual SIMスマホの実験用に、3HKのプリペイドSIMを買いにニュー秋葉原センターに行ってきました。
 今までは気が付かなかったのですが、「USBオロシ」という電光表示が派手に光っています。

【ニュー秋葉原センター】
_1

_2

 「大根おろし」とか「六甲おろし」は聞いたことがありますが・・・
 「USBオシロ」の間違いだと思われますが、電光表示板のキャラクタデータの配列を間違えたのでしょうね。

 店舗ではちゃんとUSBオシロを売っていました。

【USBオシロ】
Usb


  ニュー秋葉原センターには何回か行ったことがありますが、今までは全く気がつきませんでした。
 Google Street Viewで見てみると、電光表示板は光っていません。
 常時発光しているわけではないようなので、気が付かなかったのかもしれません。

【Google Street View】
Google_street_view


 なお、購入したのは以下のSIMです。
【3G International Roaming Rechargeable SIM Card】
https://www.three.com.hk/website/appmanager/three/home?_nfpb=true&pageid=611001&_pageLabel=P200470391219567710594&lang=eng

3hk_sim_

3hk_sim__2

 
 H$98が\1850なのでかなり割高ですが、ネット通販はなるべく使いたくないので、実験用ということで割り切りました。

  為替レート変換君
  http://fx.monegle.com/fx.php?rate=1&q=HKD

  98香港ドル は、 1,366.22 円
  HKDJPY=X  Bid:13.9395  Ask:13.9426  
  10/25/2014 1:23am (ET)

  FT132AのSIM1スロットに3KHのSIMを挿してアクティベーション処理を行ったら、AUのCA007との間で相互に発呼・着呼ができるようになりました。
 なお、AUの携帯から香港に掛ける場合には、「005345-852-****-****」となるので一寸長いです。(もっといい方法があるのかもしれませんが・・・)
  なお、SIM2スロットでは動作しませんでした。

 Dual SIMスマホで両面待ち受けができると面白いのにと思って、いろいろ調べていますが、手元にある安いDual SIMスマホでは両面待ちには対応していないようです。

【NTT DOCOMO/SOFTBANK(一見両面待ちですが表示のみ)】
Screenshot_20140530083951


 来年の4月22日までに香港に行く機会があれば、SIMを実用的に使用できそうですが、今の状況では一寸難しそうです。

【3HK Activation】
3hk_activation



 

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

「グルジア」改め「ジョージア」へ

 最近、RevolverMapsのアクセス国ランキングを見たら、94位にGeorgiaというのがありました。

Revolvermaps_georgia

 なぜ、米国のジョージア州がカウントされているのかと思ったらグルジアでした。
 今後グルジアはジョージアと表記されるようになるようです。

  朝日新聞デジタル
  「グルジア」改め「ジョージア」 政府、表記変更へ
  2014年10月24日19時38分
  http://www.asahi.com/articles/ASGBS5DGTGBSUTFK00G.html

蛇足:104位のDPRKが一寸珍しいかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

freetel Priori FT132AにBluetoothキーボードを繋いでみました

 FT132Aの表示画面は3.5インチしかないので、ソフトウエアキーボードでの入力は、目が霞んだ老人にとっては結構つらいです。

 昔安さ(\980)に釣られて買ったけれども、使う機会が無くて放置していたBluetoothキーボード(ELECOM TK-FBP030WH)があったのを思い出したので、つないでみました。

【ELECOM TK-FBP030WH】
Elecom_tkfbp030wh_1

Elecom_tkfbp030wh_2a

Elecom_tkfbp030wh_3a

Elecom_tkfbp030wh_4a


 FT132Aの"/sdcard"のディレクトリにテスト用のテキストファイルをおいて、文字の入力をしてみました。
Ft132a_sdcard


【TK-FBP030WHによる日本語入力】
Ft132a_1
*--------------------
Ft132a_2
*--------------------
Ft132a_3_2


*--------------------
Ft132a_4
*--------------------
Ft132a_5
*--------------------
Ft132a_6
*--------------------
Ft132a_7



 日本語入力に一寸つまずきましたが、ネット情報を頼りにどうにかローマ字入力で日本語が入力できました。

 日本語入力の場合は、以下の操作が必要なようです。
 ・TK-FBP030の"Full Half"キーと"Alt"キーを同時に押して日本語モードに変更。
 ・FT132Aの文字入力前に画面をタップして日本語モードに変更。

 
  実際に利用する機会はあまり無いかもしれませんが、何かのときには役に立つかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

SDR Touch v2.1はプリセットスキャン可能になっていました

  以前のバージョンアップのときに、プリセットスキャンも予定されているようなことが書いてありましたが、思ったよりも早い時期に実装されました。

  XDA Developers Forum
  [6 Oct 2014] NEW VERSION 2.1 IS OUT
  http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2108053

To Do Listの項目が一つ減っていました。

Sdr_touch_to_do_list

 "experimental pre-set scan function"ということで、最終版ではないようですが試してみました。
 動作実験用に、アマチュア無線用の430MHzのレピータをプリセットしてスキャンしてみました。

【439MHz帯のレピータ周波数をスキャン】

  メニュー画面に"SCAN"のボタンが追加されていました。
 "Scan"のボタンを押すと、現在受信中のカテゴリー(バンク?)の中のプリセットチャンネルが順次切り替わります。

 説明によると、スキャンの制御はスケルチの動作と連動しているようですが、スケルチを設定しない場合でも、無信号で順次プリセットチャンネルをスキャンし、信号が入るとスキャンが停止しました。
 動作の詳細はよく判りません。

 現在のバージョンでは、一旦スキャンが停止すると止まったままで、スキャンを再開させるには、そのたびに"SCAN"のボタンを押す必要があるようです。
 このままだと一寸使いにくいので、次のバージョンでは、受信信号がなくなったら、即または一定時間後にスキャンが再開されるモードが追加されるとうれしいです。

【参考外部リンク】
430MHz帯FMレピータ局リスト
https://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-1_Repeater/A-1_Repeater.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

freetel Priori FT132Aに自作着信音を入れてみました

 しばらく前に、freetel Priori FT132AのSIMをデータ通信用から音声通話用に変更したので、普通の携帯電話として使えるようになっています。
 FT132Aにはデフォルトで幾つかの着信音が用意されていますが、折角なので自作の着信音を入れてみました。
  FT132Aで任意の着信音が設定できるかどうか不明でしたが、試行錯誤の結果、以下の手順でどうにか設定できました。

自作着信音設定手順
(1)音声ファイル作成
(2)着信音設定

(1)音源となる音声ファイルを作成する。
  今回は、実験用に音声合成アプリ「TTS Speech Synthesizer」を使用してダミーの着信音を作成しました。

【TTS Speech Synthesizer】
00tts_speech_synthesizer_1

01tts_speech_synthesizer_2

  このアプリを使用した理由は、検索結果リストの1番目のアプリだったということと、作成した音声ファイルをMP3で保存できたからです。
 英語版なので一寸不都合ですが、今回は実験用ということでこれを使いました。
 探せば日本語版で同じような機能を持つアプリがあるのかもしれませんが、手抜きで未確認です。
 着信音用の音声は「There is a telephone call for you.」にしました。

【テキスト入力】
02text_input

【メニューから「Save to MP3」を選択】
03save_to_mp3

【ファイル名(ここではtelephone call)入力→「OK」】
04filename_input

【アプリケーションを選択→音楽】
05select_playback_application

【MP3ファイルを再生して内容を確認】
06playback_ringtone

【MP3ファイルの格納場所(/sdcard)】
07directory

08sdcard

(2)音声ファイルを着信音として設定する。

【設定画面→オーディオプロフィール】
09ft132a_setting

【オーディオプロフィール→全般】
10audio_profile

【全般→編集】
11general_edit

【音声設定→SIM1電話音 Digital Phone】
12audio_setting_digital_phone

【アプリケーションを選択→ESファイルエクスプローラ】
13application_selection

【パスの選択→telephone call.mp3】
14path_selection

【新音声設定(SIM1電話音 telephone call)】
15audio_setting_telephone_call

【 FT132Aの自作着信音】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

メール添付でアドレス帳移行(CA007→FT132A)

 先日、AU CA007からfreetel Priori FT132Aへアドレス帳を移行するのに手間取ったのですが、VCFファイルをメールに添付して送る方法が簡単でした。
 CA007からFT132Aへの直接転送ではなくPCが介在しますが、Wi-Fi経由なので、裏蓋やコネクタカバーを開ける必要はありません。
 手順は以下の通りです。

 CA007側
  (1)アドレス帳を開く。
 (2)「★タブ」以外のページで「サブメニュー」を開く。
 (3)「アドレス帳データ送信」を選ぶ。
 (4)「Eメール添付」を選ぶ。
  (5)「全件添付」を選ぶ。
 (6)「送信メール作成」の画面で宛先、件名などを記入して送信する。
   なお、宛先はPCでメールが受信できるものにする。当方はNiftyを使いましたがGmailの方が簡単かもしれません。

 
 PC(CF-W4)側(予め「EmEditor」をインストールしておく)
 (1)受信メールに添付されているVCFファイルをEmEditorで開く。
 (2)文字コードをUTF-8にして保存する。UTFであることが判るファイル名の方がいいかもしれません。
 (3)できたファイルはTXTファイルなので、拡張子を「 .VCF」に変更する。
  出来上がったファイルは、たとえば、「アドレス帳UFT8.VCF」となります。
 (4)このVCFファイルを自分宛にメール添付で送信する。
【VCFファイル送信】
Photo


 FT132A側(以下の写真の順で)
【受信トレイ】
1ft132a

【受信メール】
2ft132a

【添付ファイル】
3ft132a

【添付ファイルを表示】
3ft132a_2

【アプリケーションを選択】
4_ft132a

【キャッシュ/インポート】
5_ft132a

【FT132A  ホーム画面】
6ft132a_2


【電話の連絡先】
7ft132a


【117時報(ダミ-データ)】
8ft132a_117_2


 これでどうにか、必要なデータは転送できました。

 非常に簡単とはいえませんが、USBケーブル経由よりは簡単かもしれません。

  なお、記録済みの連絡先のデータは、移行する前に、以下の手順で一旦全部消しました。
連絡先削除手順
(1)初期メニュー最下行の連絡先アイコン(人の形)を選択。
(2)「電話の連絡先」を選択。
(3)FT132Aの「メニューボタン」(左端)を選択。
(4)「すべて削除」を選択。
(5)「すべて選択」を選択。
(6)「完了」を選択。
(7)「本当に選択したコンタクトを削除しますか?」→「OK」を選択。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

GPS Testがバージョンアップされていました

 中華PadやスマホもどきのGPSチェック用に、GPS Testを使っています。
 最近、アイコンのデザインが少し変わったような印象があったのですが、気のせいかと思っていました。
 アプリを起動してみると、GUIが少し変更になったようです。
  自動アップデートを設定していない端末があったので比べてみました。

【旧/新バージョン】 
Gps_test_oldnew_1

 画面の上部に、"night mode","sharing"等のボタンが追加されました。
 "night mode"では、画面全体が低輝度の赤色系で表示されます。(夜間視力に影響を与えないため?)

【night mode】
Gps_test_oldnew_2

 眩しくないのはいいのですが、バーグラフの色が識別できないので、受信状態が判りにくいです。
 暗い機内で使用するときは、あまり目立たなくていいかもしれません。
 "sharing"を使うと、メールやDropBoxでGPSデータ(最後に取得した座標?)を外部に転送してGoogle Mapで表示できました。
 GPS Test単体でトラックデータ(gpx)が取得できるようになるといろいろ便利なのですが・・・

 
 
 【参考外部リンク】
 Gps Test
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chartcross.gpstest

 GPS Test
 Changelog
 http://www.appbrain.com/app/gps-test/com.chartcross.gpstest
 Oct 1, 2014アップデートバージョン 1.3.2

 視機能
 http://www.aeromedical.or.jp/circular/pdf/4go.pdf
 「かつては夜間飛行時のコックピット内照明は赤色光が良いとされていました」

 暗順応
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%A0%86%E5%BF%9C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

CA007からFT132Aへのアドレス帳の移行が一寸面倒でした

  freetel Priori FT132AのSIMをデータ通信用から音声通話用に変更したので、普通に電話ができるようになりました。
 今まで音声通話用の携帯はAUのCA007だけだったので、FT132Aをバックアップ用として使えるようになりました。
 CA007のアドレス帳をFT132Aにコピーしようと思って調べてみるといくつか方法があるようです。

 ・misroSD経由
 ・SIM経由
 ・赤外線(IR)経由
 ・Bluetooth経由
 ・USBケーブル経由

 AUサイトのQ&AにはmicroSD経由の方法が紹介されていました。

   AU Q&A プラス
  【Android】auケータイ(フィーチャーフォン)からmicroSD経由でアドレス帳を移行したい。
   http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1204030038

  CA007は防水仕様なので、防水機能が低下する可能性がある裏蓋の開閉は避けたいです。
 また、できればコネクタカバー開閉も避けたいです。
 以前、同様な防水スマホのKyocera Hydroで一寸無理な使い方をしたために、筐体内に水が浸入して故障したことがあるので、「羮に懲りて膾を吹く」状態です。

 CA007の裏蓋を開けずに転送する方法としては、赤外線経由、Bluetooth経由、USBケーブル経由がありますが、FT132Aには赤外線ポートが無いので直接転送はできません。また、USBケーブル経由はコネクタカバーを開く必要があるので、できれば避けたいです。
 できればPCを使用せずにCA007から直接FT132Aに転送できることが望ましいです。

 ということで、いくつかの方法を試してみました。

(A)CA007→Bluetooth→FT132A
(B)CA007→Bluetooth→PC(CF-W4)→Bluetooth→FT132A
(C)CA007→赤外線→PC(X40)→Bluetooth→FT132A
(D)CA007→USBケーブルWIN→PC(CF-W4)→Bluetooth→FT132A
(E)CA007→USBケーブルWIN→PC(CF-W4)→USBケーブル→FT132A

(A)CA007→Bluetooth→FT132A
 最初は、最も手間が掛からないと思われるBluetooth経由の端末間直接転送を試してみました。
 CA007の取説(詳細版)を調べてみると、335ページにBluetoothによるデータ転送の説明があり、アドレス帳のデータvCardフォーマットで転送されるようです。

  CA007 取扱説明書 詳細版
   http://media.kddi.com/app/publish/torisetsu/pdf/ca007_torisetsu_shousai

 送信側はどうにか判りましたが、受信側でどう対応すればよいのか判りません。
 いろいろ調べてみると、以下の記事に関係がありそうなことが書いてありました。

  ケータイからAndroidスマートフォンへアドレス帳を移行する方法 (1/2)
  2014年01月14日 13時06分 更新
  http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1401/14/news103.html 

 Bluetoothに関しては具体的な説明はありませんが、赤外線と同様の方法ということのようです。
 送信側の最初の操作は、”ケータイでアドレス帳を表示し、サブメニュー内の「データ送信」を選択。”となっているのですが、初っ端から躓きました。
 アドレス帳のサブメニューを見ても「データ送信」に関係するような項目はありません。

【CA007アドレス帳(★タブ)】
01ca007

【CA007アドレス帳サブメニュー(★タブ)】
02ca007

【CA007アドレス帳(一般)】
03ca007

【CA007アドレス帳サブメニュー(一般)】
04ca007

 後で判ったのですが、★タブの欄では表示されず、「ア」以降の欄で表示されました。
 判ってしまえば簡単なことですが、知らなければ判らない・・・

 CA007のアドレス帳送信の場合には、「1件送信」、「選択送信」、「全件送信」が選択できますが、取り合えず少ないデータで動作を確認しようということで、メールアドレス付きのダミーデータを2件(117、177)用意して試して見ました。

 以下、例によって手抜きで写真のみです。

【CA007 アドレス帳データ送信】
05ca007

【Bluetooth送信(選択送信)】
06bluetooth

(07)【CA007選択送信(2件)】
07ca007

【CA007アドレス帳 2件送信確認】
08ca007

【CA007 Bluetooth 登録機器一覧】
09ca007bluetooth

【CA007 Bluetooth FT132Aに接続中】
10ca007bluetoothft132a

【FT132A ペアリング表示】
11ft132a

【CA007 アドレス帳送信中(1/2件目)】
12ca00712

【CA007 アドレス帳(1/2件)送信完了】
13ca007

【FT132A  sdcard1フォルダ】
14ft132a_sdcard1

【FT132A  sdcard1-bluetoothフォルダ】
15ft132a_sdcard1bluetooth

【FT132A  アプリ選択】
16ft132a

【FT132A  vCard  キャッシュ・インポート】
17ft132a_vcard

【FT132A  連絡先】
18ft132a

【FT132A 受信データ】
19ft132a
 
 
1件(ダミーデータ)だけどうにか連絡先にコピーできました。

【FT132A受信結果】
20ft132a

 何回か試してみましたが、2件の「選択送信」の場合は、1件だけ転送されるか、全く転送されないかで、割合としては、全く転送されない方が多かったです。
 「1件送信」の場合は、たまに転送できますが、殆ど失敗でした。
 「全件送信」の場合は全滅でした。
  「ユーザーが転送をキャンセルしました。」というメッセージが表示されていますが、キャンセルした覚えはありません。
Ca007bluetooth1

Ca007bluetooth

 (B)~(D)の方法も試してみましたが、「1件送信」のみOKか、「1件送信」と「選択送信」はOKで「全件送信」はNGという結果に終わりました。
 結局、「全件送信」はできませんでした。

 なるべくケーブルは使いたくなかったのですが、最後の手段で(E)の方法を試したところ、やっと「全件送信」が成功しました。

【CA007→USBケーブルWIN(0201HVA)→CF-W4】
Ca007usbwin0201hvacfw4

 CA007のアドレス帳のデータをUSBケーブルWIN経由で一旦CF-W4に記録し、このデータをUSBケーブル経由でFT132Aに書き込むことにより、やっと全件のデータを転送することができました。
 これで一安心と思ったのですが、そう簡単にはいきませんでした。
 FT132Aの連絡先を開いてみると文字化けしています。
 ネットで調べてみると、ガラケーからスマホにアドレス帳のデータを移行するときに発生することがある現象のようです。
 原因は文字コードの違いということで、ANSIからUTF-8に変換すればよさそうなことが書いてあったので、「メモ帳」で変換してみましたが駄目でした。
 更に調べてみると、「メモ帳」ではなくて「EmEditor」を使うとできると書いてあったので、試してみたらうまくいきました。
 これでやっと、CA007からFT132Aへのアドレス帳の移行が完了しました。

 多分もっと簡単な方法でデータ移行ができるような気がしますが、とりあえず移行できたのでよしとします。

 なお、CA007とFT132AのBluetoothの相性はあまりよくないようで、ペアりングに結構苦労しました。

【参考外部リンク】
ガラケーからAndroidスマホへアドレス帳を移行する方法
3月 4th, 2013
http://oregadget.net/google/android/1754/ 

2011年12月 8日 (木)
ガラケーからAndroidへの電話帳の移行
http://liroi.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/android-9896.html 

ガラケーからBluetoothでアドレス帳をコピーする方法
http://galaxynote.kurosuke.biz/btadress.html

赤外線通信でアドレス帳コピー
http://zeroing.blog118.fc2.com/blog-category-8.html

アドレス帳のバックアップファイルをPCにコピーする。
http://ameblo.jp/thanx-you/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

携帯電話の電磁波検出装置いろいろ

 携帯電話(スマホ)の待ち受け時の電力消費の要因として位置登録信号の送信があるようです。
 位置登録信号は、電源を入れたときや圏外になったときに送信されるようです。

 実際にどのようなタイミングで送信されるのかを確認しようと思ったのですが、手元には電界強度計などという洒落たものはありません。
 ジャンク箱を探してみると、電磁波の有無検出に使えそうなものが幾つか出てきました。
 昔、PDC携帯の着信表示装置として買ったもので、音声出力型(「おしゃべり感太くん」)、ボールペン型、ペンダント(?)型、ドラえもん型の4つがありました。
 音声出力型とボールペン型は秋月で買ったような気がしますが、残りの二つは不明です。
 電池を入れて、ハンディトランシーバC501で430MHzで送信してみると、取り合えず全部動作するようです。
 なお、本来の周波数とは大きく異なるので感度にかなりばらつきがあります。
 また、連続送信状態した場合でも、ランプはそれぞれの固有の周期で点滅するので、電磁波の有無とランプの点灯は直接対応していません。
 また、送信を停止してもしばらくの間はランプの点滅が続きます。
 想像ですが、信号を検出するとランプ駆動用の発振回路の動作を開始させ、信号がなくなると所定時間後に発振回路を停止させるようです。

 ここでは、動画の撮影が簡単になるように、スマホ(freetel Priori FT132A)で機内モードをオン・オフして電波の送信状態を調べてみました。

 昔の携帯はアンテナ出力でレーザダイオードを発光させることができる程度の出力がありましたが、最近の携帯は低出力なので、PDC携帯用の着信表示装置は殆ど反応しません。スマホに密接させて位置をいろいろ変えながら動作する場所を探しました。

【機内モードON/OFF時のFT132Aの位置登録信号の送信状態】

 2~3回しか試してないので、一般性があるかどうかは判りませんが、以下のようになりました。

 機内モードをオンからオフに切り替えた直度と、オフからオンに切り替えた直度に電波が出ているようです。
  また、動画には含まれていませんが、電源を入れたときと、切ったときに送信されています。
 送信回数は1回のときもあるし、複数回のときもあります。
 なお、機内モードがオンになっている区間でも、「おしゃべり感太くん」だけ動作することがありましたが、ノイズによる誤動作なのか、機内モードの表示と実際の動作が一致していないのかは判りません。

 本当は、データ用SIMで問題になることがあるセルスタンバイ時の送信頻度を確認したかったのですが、通話用に変更したので確認できませんでした。
 下記の資料には「固定的に発生する1時間に1回程度の位置登録信号」という記載があるので、これよりは多いということでしょうか?

  日本電気株式会社
  モバイルネットワークに接続する端末の位置の変化を推定し、最適な位置管理を実現する技術を開発
  http://jpn.nec.com/press/201310/images/0201-01-01.pdf

 
【関連内部リンク】 
2011年3月 6日 (日)
携帯電話検出警報装置もどきを作ってみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2011/03/post-1ffa.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

「小田急ファミリー鉄道展2014」は10/18,10/19

  駅でポスターを見かけたので・・・

Photo


小田急ファミリー鉄道展2014
http://www.odakyu.jp/familytrain/

【関連内部リンク】
2011年10月16日 (日)
小田急ファミリー鉄道展2011を見るつもりで海老名駅まで行きましたが・・・
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2011/10/2011-75a6.html

2012年10月21日 (日)
小田急ファミリー鉄道展2012に行ってきました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/10/post-bd4e.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »