« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月29日 (土)

飛行機の横飛び?-- ADS-B on USB SDR RTL

  蟹の横歩きというのは聞いたことがありますが・・・

【飛行機の横飛び?】

 多分、飛行機の方位データがシンボルに正しく反映されていないのでしょうね。

 最初にインストールしたときは、ADSB on USB SDR RTL (Beta)となっておりベータ版でしたが、現在は Beta は付いていません。

  ADS-B on USB SDR RTL - Google Play の Android アプリ
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wilsonae.android.usbserial&hl=ja
  価格:  ¥ 153
  アップデート 2014年10月5日
  サイズ 430k
  現在のバージョン 1.16
  Android 要件 3.1 以上
  提供元 RF Connect

【DVB-T+DAB+FM(R820T) & Hyundai T7 & ADS-B on USB SDR RTL】
Hyundai_t7_adsb_on_usb_sdr_rtl

Adsb_on_usb_sdr_rtl_google_play


  アップデートの日付を見ると、最後のアップデートはかなり最近です。
 使ってみての印象としてはベータ版との差が感じられません。

 気になっているのは以下の点です。
 ・機体プロットの更新が遅いことが多い。(上の動画は珍しく更新が早い)
 ・更新が途中で止まってしまう。
 ・機体の向きが正しくないときがある。(上の動画は機体が横向き)
 ・表示機数が少ない。(今までの最大表示機数は4機)
Adsb_on_usb_sdr_rtl_four_planes

 巡航中の機内で使用することを考えると、ノートPCよりもタブレットの方が便利なのですが、現状では一寸力不足の感じです。
 なお、機内(受信機の使用が許されている航空会社)で表示できることは確認しています。

  ADSB on USB SDR RTL (Beta) Test@JL029(HND-HKG)
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2014/01/adsb-on-usb-s-1.html

 他にいいアプリはないかと探していますが、なかなか見つかりません。
  類似のアプリとしてADSB Receiverというのがありましたが、Hyundai T7(Android 4.0.4)のGoogle Playで検索してもヒットしません。

  ADSB Receiver - Google Play の Android アプリ
  HIZ LLC - 2014年11月27日
  https://play.google.com/store/apps/details?id=bs.Avare.ADSB&hl=ja
  アップデート 2014年11月27日
  サイズ 868k
  現在のバージョン 1.7.2
  Android 要件 4.1 以上
  提供元 HIZ LLC
Adsb_receiver_google_play


 Android 4.1 以上の端末を買わないと駄目か?
 Android 4.1.2のfreetel Priori FT132Aで検索してもヒットしないのでバージョンとは別の問題?

 
 ADS-B on USB SDR RTLが更にバージョンアップされることを期待して待っていることにします。

【参考外部リンク】
  The Side-Step Manuever
 http://aviationtrainingus-rob.blogspot.jp/2009/06/side-step-manuever.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

Plane Mad Weather Widget (TEST)

RJTT

----------------------------------------------

----------------------------------------------

Tokyo (Haneda) International, Japan
http://www.wunderground.com/q/zmw:00000.3.47671

----------------------------------------------

PHNL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

RFO BASICのtoneコマンドテスト

 RFO BASIC (BASIC! for android)には発振音発生用のtoneコマンドがあります。
 発振周波数をHzで指定できるので、いろいろ遊べそうです。
 上限はどの程度なのか freetel priori FT132AにRFO BASICを入れ、IOSYSのIODESUにFrequenSeeを入れて、超簡易的に調べて見ました。
  FT132Aのスピーカからの音をIODESUのマイクロホンで拾ってスペアナもどきのアプリで表示しているので、単なる目安です。

【RFO BASIC tone command test】

  初期値を10Hzにして倍々に周波数を高くしています。
 600Hz~5kHzの範囲ではそれらしい表示になっていますが、それ以上の周波数では、表示が変になります。
 高調波の影響なのか、折り返しの影響なのか、あるいは、信号発生手段(ソフト?ハード?)の影響なのかはよく判りません。
 不思議なのは、設定周波数が非常に高く(E14以上)になると、多周波波発振をしていることです。
 普通にtoneを使うと単一周波数でしか発振しませんが、AndroidのアプリにはDTMF信号を発生するものもあるので、ハードウエア的(?)には多周波発振が可能なようです。
 もし、RFO BASICでDTMF信号が発生できればリモコンに使えるかもしれません。
 もう少し勉強してみます。

 怪しげなプログラムですが、ご参考まで。
---------------------------------------------
!step sweep

c=1
f=10
t=2000
loop:
if c>12 then t=500
if c>70 then end
print "Count=";c;
print "   Freq=";f
tone f,t
c=c+1
f=f*2
goto loop
--------------------------------------------- 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

個別マイクロアンテナを使用した番組再送信サービス「Aereo」破産

 最高裁で負けてから色々と生き残る道を探していたようですが、結局駄目だったようです。

  ネットでTV番組配信の米アエレオ、経営破綻 著作権侵害で
  2014/11/22 11:03 記事保存
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H2E_S4A121C1NNE000/

 緒戦は優勢だったのですが最高裁で負けてしまいました。
 しかし、全員一致という訳ではなくて、6対3だったようなので、色々な考え方の人がいるということですね。

 システムは異なりますが、日本の「まねきTV」も緒戦は優勢だったのですが最高裁で負けてしまいました。
 ただし、日本の場合は、判決は4人の裁判官の全員一致だったようです。

【参考外部リンク】
 Video streaming service Aereo files for bankruptcy
 NEW YORK  Fri Nov 21, 2014 2:26pm EST
 http://www.reuters.com/article/2014/11/21/us-aereo-bankruptcy-idUSKCN0J513K20141121

 Aereo.com:
 A Letter to our consumers
 https://www.aereo.com/

 How to Pronounce Aereo
 https://www.youtube.com/watch?v=KWz5gxCeb1E

 ITmedia ニュース
 2011年01月19日 19時03分 更新
 1対1通信のロケフリは「自動公衆送信装置」になりうるか 「まねきTV」最高裁判決の内容
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/19/news076.html

【関連内部リンク】
 これが番組再送信システム「Aereo」の仕組み? 13/04/11 
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/04/aereo-1d83.html

 米国のTV番組再送信システムAereoのAntenna Farmの紹介動画 14/05/02 
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2014/05/tvaereoantenna-.html

 番組再送信システムAereoは違法(米国最高裁) 14/06/30 
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2014/06/aereo-5bed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

RFO BASIC の勉強用にrandom walkを作ってみました

  最近は、freetel priori FT132Aに入れたRFO BASIC (BASIC! for android)で遊んでいます。
 基本的な部分は、昔使ったことがあるF-BASICとほとんど同じですが、グラフィックの部分がかなり異なります。
 昔のBASICでは"gr.render"に対応するようなコマンドは無かったような気がします。

 RFO BASICのグラフィックの勉強用に、サンプルプログラムを参考にして、デモ・プラグラムとして使われることがある「ランダムウォーク(random walk、酔歩)」を作ってみました。

 どうにか動きましたが、コマンドをよく理解しないで作ったのでおかしなところが多々あるかもしれません。

【Random Walk by RFO BASIC】

Smartphone:freetel Priori FT132A
Bluetooth Keyboard:ELECOM TK-FBP030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

Photo TrasportでEX-ZR500の写真データをEX-ZS26に転送しました

  家人が今まで使用していたデジカメがどこかに行ってしまったということで、しばらくの間、当方のEX-ZR500を借用していました。
 しかし、EX-ZR500は主にブログの写真用に使っていたので、途中に関係ない写真が入っていると、写真の整理がしにくいです。
 ということで、家人用に安い初心者用のデジカメを買うことにしました。
 当方は最近の数台はCASIOのEXILIMシリーズを使っているので、使い方を教えるのが楽だろうということで、このシリーズのエントリーモデルを探してみました。
 カタログを見てみるとEX-ZS26というのがありました。
 amazonのレビューも悪くないし、なによりも安いというのが魅力ということでこれを買いました。

【下から、EX-V7, EX-FC100, EX-ZR10, EX-ZR500, EX-ZS26】
Casio_exilim


 スナップ写真を撮る程度の使い方であれば、そんなに画質は変わらないだろうと思っていましたが、実際に使ってみると、一寸違いました。
 やや暗めの室内の撮影(ストロボなし)では、全体的に手振れの影響が大きいようです。
 EX-ZR500では気にならなかったのですが、EX-ZS26ではブレが結構目立ちます。
 撮影データを見てみるとISO値は結構高いのですがシャッター速度が遅めです。
【撮影データ】
Iso800_f54_130


 EX-ZR500のF値は広角側が3、望遠側が5.9であるのに対して、EX-ZS26は広角側が4.6、望遠側が27.6 となっています。
 EX-ZS26の方がレンズが少し暗いことに関係があるのかもしれません。

  EX-ZR500が当方専用に戻ったのはいいのですが、家人が撮った撮影データが残っています。
 該当データを抜き出してリビングに置いてある共用PCに転送してもよいのですが、一寸写真を見たいときにPCを立ち上げるのは面倒です。
 EX-ZR500のデータをそのままEX-ZS26に転送できれば便利なのにと思って探していると、使えそうな以下のソフトがありました。
 
  Photo Transport
  http://support.casio.jp/download.php?cid=001&pid=98

 「パソコン上の画像ファイルをカメラへ転送できます。」と書いてあります。
 ということは、EX-ZR500→PC→EX-ZS26という経路で転送できそうな気がします。
 
 実際にやってみました。
 手順は以下の通りです。

  (1)Photo TransportをPCにインストールする。

 (2)PCのデスクトップに転送用フォルダ(たとえば"pix transfer")を用意する。

 (3)EX-ZR500とPCをEX-ZR500専用のUSBケーブルで接続し、目的の画像ファイル(写真データ)をPCの転送用フォルダに転送する。

 (4)EX-ZS26とPCをEX-ZS26専用のUSBケーブルで接続する。(USBコネクタが小さいので、この作業が一寸面倒です)

【EX-ZS26 USB端子】
Exzs26_usb_1

Exzs26_usb_2

Exzs26_usb_3


 (5)Photo Transportを起動する。

【Photo Transport】
Photo_transport

  (6)転送用フォルダ内の画像ファイルを選択(複数選択可)して「転送ボタン」にドラッグ&ドロップする。

  上記の操作でEX-ZR500の画像ファイルをPC経由でEX-ZS26に転送できました。

【PCから見たEX-ZS26】
100casio

 なお、既存のファイルの最後が、CIMG0078であった場合、PCから転送されたファイルはPCIN0079から始まります。
 また動画は転送できません。
 日付がおかしいのはカメラの設定間違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

RFO BASIC "gps.bas"テスト@JR茅ヶ崎駅

 格安スマホのfreetel priori FT132AにRFO BASIC  (BASIC!)を入れていろいろ遊んでいます。
 RFO BASICではスマホのGPSデータを取り込むことができるようで、サンプルプログラムとしてgps.basが付属しています。
Basicload_file_gps


 以下の資料には、次のように書いてあります。

  Learn RFO Basic - The Easiest Way To Create Android Apps
  rfobasic.com/
 (For example, GPS command "gps.latitude" gets your current latitude, "gps.altitude" gets your current altitude. )

 何ができるのか、とりあえず走らせてみることにしました。
  自宅で測位するの面白くないので、JRの茅ヶ崎駅まで出かけました。
 なぜ茅ヶ崎?という理由は追って・・・
 
 gps.basを走らせる前に、測位できる環境にあるどうか確認する必要があります。
 FT132AにはGPSアプリとしてGPS Test、GPS Essentials、My Tracksを入れてあります。
 走行中の車内でFT132Aの電源を入れて、シートに座った状態で試してみると、My Tracksを起動してから数分で測位できるようになりました。

【My Tracks】
Ft132a_my_tracks

 茅ヶ崎駅に到着してgps.basを立ち上げてみると、以下のようなGPSの各種データが表示されます。

【gps.bas】
Rfo_basicgpsbas

  
  Provider:      gps
    Accuracy:    15 m
    Satellites:    17
    Latitude:      35.33089
    Longitude:   139.40849
    Altitude:      36 m
    Bearing:       6.05
    Speed:         0.00 m/s
    Time:      14:05:01
 
  Latitudeが35.33089、Longitudeが139.40849となっているので、本当に正しく座標データがRFO BASICで取得できているのかを確認するために、Googleマップで調べてみました。

  緯度と経度の座標
  https://support.google.com/maps/answer/18539?hl=ja

  Google Maps
  https://maps.google.com/maps?output=classic&dg=brw

 Google Mapsの検索窓に「35.33089, 139.40849」を放り込むと、茅ヶ崎駅が表示されました。

【Google Maps茅ヶ崎】
Google_maps
 
  

  場所は合っているので、正しく座標データが変数として取り込まれているようです。
 これで座標データに対して演算操作が可能になったので、色々遊べそうです。

【RFO BASICによるGPSデータ表示@JR茅ヶ崎駅】

  背景音は、動画撮影時に偶然(!)写り込んだものです。
 後で調べたら、サザンオールスターズの「希望の轍」という曲のようです。

【生録中?】
Photo


【参考外部リンク】
朝日新聞デジタル
JR茅ケ崎駅、巡る巡るサザン 発車メロに「希望の轍」
2014年9月25日08時20
http://www.asahi.com/articles/ASG9S35FMG9SULOB008.html

発車メロディサイトが危ない!(1) - JASRACが警告!
2008年11月30日(日) 02:25
http://mirai-report.com/blog-entry-70.html

発車メロディサイトが危ない!(2) - 日本版フェアユースの早期導入を
2008年11月30日(日) 02:25
http://mirai-report.com/?no=71

いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について
(第30条の2,第30条の3,第30条の4及び第47条の9関係)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/utsurikomi.html

JASRAC
よくある質問
No.64050 日付:2014-05-29 17:50:00 
著作権法が改正され、「写り込み」は手続きが不要と聞きましたが、短いフレーズであれば自由に録音などができるのですか。
https://secure.okbiz.okwave.jp/jasrac/EokpControl?&tid=200436&event=FE0006

著作権法改正における写り込みのOKとNG
投稿日: 2013年3月20日 作成者: kakinuma
http://copyrights-lab.com/24.html

著作権法改正における写り込みの具体的事例
投稿日: 2013年3月31日 作成者: kakinuma
http://copyrights-lab.com/45.html

著作権法改正,「写り込み」の具体例
投稿日: 2014年3月24日 作成者: kakinuma
http://copyrights-lab.com/491.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

江戸東京博物館の特別展「東京オリンピックと新幹線」を見てきました

 招待券をもらったので江戸東京博物館で開催されている「東京オリンピック・パラリンピック開催50年記念特別展 東京オリンピックと新幹線 」(長い!)に行ってきました。

Photo_2

Photo_3



  東京オリンピックと新幹線 - 江戸東京博物館
  http://edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/2014/10/index.html

  展示リスト
  http://edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/2014/10/img/list.pdf

 オリンピックをリアルタイムで体験している世代なので結構懐かしかったです。

 東京オリンピックの開会式の当日(1964年10月10日土曜日)は、青山一丁目付近の学校にいたので、校庭から祝砲の音を聞いたり、ブルーインパルスの飛行展示を見ることができました。
 下記の資料を見ると15時頃だったようなので、当日は半ドンだったけれども、ブルーインパルスを見るために居残りをしてたのかもしれません。

  1964年、東京オリンピック開会式
  http://www.tanken.com/1964olympics.html
  15:01 祝砲
  15:13、航空自衛隊のジェット機が競技場の上空に五輪をえがく

 学校に入場券の割り当てがあったようで、マイナーな競技ですが水球の試合を見に行きました。

 記念特別展のタイトルは「東京オリンピックと新幹線」となっていますが、展示の内容は終戦直後の資料から始まっており、当方はどちらかというと、この古い資料が面白かったです。

 目についたものを幾つか・・
 ・「デンスケ」:NHK放送博物館や技研で見たことがあるのかもしれませんが、いかにも機械という雰囲気がいいです。
 ・"Made in Occupied Japan"のカメラ:昔自宅にあった柱時計にはこの印刷がしてありました。
 ・「アベック」創刊号:とても日本の雑誌とは思えない派手な表紙です。(所謂ピンナップガール)
 ・官報号外 日本国憲法:官報にも号外があるとは知りませんでした。
 ・氷式冷蔵庫/電気洗濯機(手回し脱水ローラ式):実際に使っていたので、懐かしかったです。

 鉄道関係では、Oゲージの新幹線の模型が見ごたえがありました。
 昔のOゲージはコレクタシュー方式でAC電源だったので、進行方向の切り替えは車両に付いたスイッチで行ってました。
 多数のコレクションが展示されていたので、鉄道ファンは楽しめるのでは・・・

 オリンピックのほうは、当方的には今ひとつでしたが、色々なポスターが面白かったです。
 「食中毒なくして明るいオリンピック」等というのもありました。
 オリンピックを機会に・・・・というのは色々あるみたいです。

  ついでに常設展も見てきました。
 昔の銀座の写真もなかなか興味深かったです。

  帰りのエスカレータ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

freetel Priori FT132AにRFO BASICを入れてπ(円周率)を計算してみました

 なにか面白いアプリはないかとい思ってPlayストアを眺めていたら、昔懐かしいBASICインタプリタがありました。

  BASIC! - Android Apps on Google Play
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rfo.basic

  Learn RFO Basic - The Easiest Way To Create Android Apps
  http://rfobasic.com/

 いまさらBASICという気がしないでもありませんが、仕様を少し見てみると一寸興味を引かれる部分があります。
 端末(スマホ)のGPSデータを取り込むことができるようです。
 GPS関係のAndroidアプリは色々あるようですが、自分の希望に沿ったものはなかなかありません。
 GPSデータを利用できるのであれば、飛行機に乗っているときに、ターゲット(日付変更線や赤道)に近づいたときに(通過5分前位に)アラームを鳴らして通過の瞬間を動画で撮影するときに役に立つようなプログラムを作ることができるかもしれません。
 GPS Essentialsでも同じようなことができるようですが、機能が多すぎて使いこなせません。
 サイズは541kということで、それ程大きくないので試しに入れてみることにしました。

 インタプリタを入れただけでは何の役にも立たないので、昔デモ用によく使われていたπ(円周率)の計算をしてみることにしました。
 πの計算には色々な種類があるようですが、なるべく簡単なものをということで、以下の記事を参考にして作ってみました。

  円周率πの数値計算1 正多角形による近似
  http://math-lab.main.jp/pi01.html

******************************
LET A=SQR(3)/6
LET B=1/3
FOR I=1 TO 10 STEP 1
LET A=(A+B)/2
LET B=SQR(A*B)
PRINT I,1/A,1/B
NEXT I
END
******************************

  このプログラムは十進BASICということで、RFO BASICと互換性があるのかどうかよく判りませんが、とりあえず作って走らせてみました。
 どうやらエラーも出ずに実行できたようです。
 計算は一瞬で終わりましたが、3.141592までの精度しかありません。
 オリジナルのプログラムの計算結果では、

   10  3.14159292738508 >π> 3.14159251669214

 となっており、はやり3.141592までの精度しかありませんので、似たような結果となりました。
 ループの回数Iを10から30に変更したら、3.14159 26535 8979まで精度が上がりました。
 しかし、ループの回数をこれ以上増やしても精度は高くならないようです。
 十進BASICでは1000桁の実数の計算ができるようですが、RFO BASICでの高精度演算の方法がまだ判りません。
 そのうち、勉強してみます。

 オリジナルのプログラムでは計算が一瞬で終わってしまうので、あまり面白くありません。
 いかにも計算しているという感じを出すためにプログラムを以下のように修正してみました。

【修正プログラム】
******************************
LET A=SQR(3)/6
LET B=1/3
FOR I=1 TO 30 STEP 1
LET A=(A+B)/2
LET B=SQR(A*B)
cls
PRINT I
c=1/a
d=1/b
print c,d
print c-d
print
tone 440,200
if c-d=0 then tone 880,200
for j=1 to 10000
next j
NEXT I
END
******************************

  RFO BASICのコマンドは殆ど見ずに、昔かじったことがあるF-BASICを思い出しながら修正したので、変なところがあるかもしれません。
 小文字の部分が追加・修正した箇所です。
 追加・修正部分が小文字だったり、LETがないのは単なる手抜きです。

 修正点は以下の通りです。
 ・計算過程が目に見えるように、1万回の遅延ループを入れました。
 ・数値の変化が判りやすいように、スクロール表示を固定表示に変更しました。
 ・音がないと一寸寂しいので、1回の演算ループごとに発振音(440Hz)を出しました。
  ・演算結果が収束したら違う発振音(880Hz)を出しました。

 端末本体でもプログラムを入力できますが、操作性が良くないので、以下の手順でプログラムを作りました。

【PC側の操作】
  (1)たたき台のプログラムをPC(CF-W4)のメモ帳(*****txt)で作成する。
 (2)適当なファイル名を付け、拡張子をbasにして保存する。
 (3)FT132AをUSBケーブルでPCに接続する。
 (4)FT132Aを「USBストレージ」モードにする。
 (5)FT132AのメモリがPCから見えるようになるので、作成したプログラムがBASフォーマット(*****.bas)であることを確認して「computer/removable-disk/rfo-basic /source」に転送する。
Computerremovablediskrfobasic_sourc

【FT132A側の操作】
 (1)RFO BASIC(天体望遠鏡のアイコン-BASIC!)のアプリを開く。
01freetel_priori_ft132a_launcher


 (2)プログラム入力画面が開くので、メニューボタンをタップする。
02basic_program_editor


 (3)メニューの中の「Load」をタップする。
03basic_menu_load


 (4)BASIC! Load Fileの中から実行するファイル(*****.bas)を選ぶ。
04basic_load_file

 (5)プログラムが表示されるので、メニューボタンをタップする。
04abasic_program_editor_pi_2


 (6)メニューの中の「Run」をタップするとプログラムが実行される。
05basic_menu_run_3

06basic_program_output_1

07basic_program_output_2


 たたき台のプログラムは、当方の場合は殆どエラーが出るので、虫取りが必要になります。
 FT132A本体やPCでデバッグは可能ですが、一寸面倒なので、当方はBluetoothキーボード(ELECOM TK-FBP030)を利用しました。
  殆どの操作がキーボードからできるので操作が楽ですが、当方が買った安い(\980)のキーボードは訳有り品だったようで、アルファベットと数字は問題ないのですが、記号の表記が実際の出力と一致しません。
 たとえば「=」のキーを押すと「_ 」が表示され、「^」を押すと「=」が表示されます。
 そういえば、何か注意書きが書いてあったような気がしますが、このことだったのかもしれません。
 対応が判れば使えないことはないので、記号を書いたシールをキートップに貼って使っています。

【RFO BASICによるπの計算】

 FT132Aの操作はBluetoothキーボードで行いました。

 RFO BASICとAndroidの組み合わせでサーボの制御もできるようなので、そのうち試してみたいと思います。

  Using RFO BASIC to Control Two Servos Via an EMGRobotics A2SCB_ML .
  http://www.youtube.com/watch?v=SeiZBG2Quyw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

ウォシュレットTCF4011Rに水漏れが発生したのでTCF712Cに交換しました

 
 トイレの床が漏れているという苦情が家人からありました。
 水周りは守備範囲外ですが、当方は家庭内の物理的なトラブルの対応担当となっているので、やむを得ずに重い腰を上げました。

 最初は、何が原因か判らなかったのですが、床に古新聞を敷いて一晩放置してみると、陶器の着床位置から少し離れた位置に水滴の跡があります。
 どうも温水洗浄器の部分から漏れているようです。
 使用されている温水洗浄器を確認してみるとTOTOウォシュレットTCF4011Rでした。
 10年以上使用しているのでそろそろ寿命かもしれません。

 もしかしたら自分で修理できるのではないかと思って、どこから漏れているのかを確認するために2~3分眺めていましたが、水漏れは見えません。
 乾いた新聞紙を床に置いて1時間程度放置すると、正面から見て左(給水ホース側)の部分が少し濡れています。
 漏れ始めの時点では、10~20分に1滴程度の割合で漏れていたようです。
 漏れの原因を確認しようと思って、ウォシュレットのカバーを外して制御機構の部分を目視でチェックしてみましたがよく判りません。
 可能性としては、自在継ぎ手や可動ノズルの部分が怪しいような気がしますが、よくわかりません。
 とりえあえず、応急処置として、怪しげな場所にコーキング剤を塗ってみましたが、漏れは止まりません。
 たまたま、給水ホースの角度を変えたところ漏れが無くなったので、ラッキーと思っていたら、今度は制御部の右側から漏れてきました。
 漏れの症状は悪化しているようで、この段階では10~20秒に1滴程度になっています。

【TCF4011Rからの漏水】
Toto_washlet_tcf4011r

  漏水位置が左から右に移動したということは、ウォシュレットの制御部分を水が流れていることになります。
 制御回路の電気部品には防水用のシール剤が塗布されていますが、電気回路の傍を水が流れているというのは、気持ちが良くありません。 というか危険です。

 素人が修理するのは難しいようなので、新しいウォシュレットに交換しようと思いましたが、TCF4011Rの後継機種がよく判りません。

 ネットで調べてみると、TCF4011RからTCF426に交換したという記事が2件ありました。
  しかしながらAmazonで見た範囲では、現時点ではTCF426は扱っていないようです。

 類似の商品として、TCF702CやTCF712Cが紹介されていました。
 TCF4011Rとの互換性はよく判りませんが、同じ会社の同じシリーズの同じリモコン外付けタイプであれば、使えるであろうということで、これらを候補にしました。、
  その時点では、希望の色のホワイトがTCF712Cしか見当たらなかったので、結局TCF712Cにしました。
 Amazonで購入しました。

【TCF712C】
Toto_washlet_tcf712c_1

Toto_washlet_tcf712c_2


  ウォシュレットの交換自体は、説明書に従って作業すれば特に難しいところはありせんでした。
 パッケージを開梱し、説明書を読み、古いウォシュレットを取り外し、新しいウォシュレットを取り付け、古いリモコンを取り外し、新しいリモコンを取りつけるという作業で、写真撮影を含めて約2時間かかりました。
 水周りの作業は問題なかったのですが、アース線処理とリモコン取り付けに予想外に時間がかかりました。
 接地端子が便器の横の壁に設けられているために、直接目視で確認することができず、アース線の取り付け構造がよく判りません。
 また、作業スペースが狭いのでドライバに回転力を加えるのが難しいです。
 多分、電線の被覆を剥いた部分をビスでねじ止めする構造になっていると思いますが、ビスが+なのかーなのか、センターがどこなのかが良くわかりません。
 仕方がないので、写真を撮って確認しました。

【接地端子】
Photo


  ビスの頭は+-兼用で、芯線押さえ用のガイドが付いていました。
 接地端子の設置場所が後ろの壁なら作業はもっと楽だったのですが・・・

 あと、古いリモコンのハンガーが非常に強固に壁に木ねじで固定されていて、木ねじを外すときにねじ山が潰れそうになりました。
 木ねじのねじ込み位置が新旧で同じだったのは助かったのですが、それでも、新しいリモコンのハンガーを付属の木ねじで固定するのがかなり困難で、ねじの頭が潰れそうになります。

【リモコンのハンガー】
Toto_washlet_tcf712c

 仕方がないので、サイズの小さな木ねじ(写真右側)を探してきてこれで固定しました。
 オリジナルより固定強度は低下しますが、リモコンを手で押した程度ではぐらつかないので、多分問題ないと思います。
  新リモコンの方が幅広なので、リモコン本体の右端が壁に設置されているハンドルと干渉しそうになりましたが、無理やり押し込んだらどうやら収まりました。

【新(下)旧(上)リモコン】
Tcf4011rtcf712c


  一寸失敗したのは、ベースプレートのボルトを外すときに、100円ショップで売っているような継ぎ手式のドライバを使ったことです。
 ボルトを結構何回も廻す必要があるのですが、途中でグリップ部分からドライバ部分が外れて水没してしまいました。
 一寸、危ないかなとは思っていましたが、まさに「マーフィーの法則」でした。
 泥縄的ですが、途中でプッシュドライバに交換しました。
 プッシュドライバはグリップを押し込むだけで、ビットが回転するので、今回のようにボルトを取り外すために沢山回転させる必要があるときはらくちんです。

【差込式ドライバ(上)&プッシュドライバ(下)】
Photo_2


  なお、ベースプレート位置決め用型紙における取り付け位置はTCF712Cの場合は「大型サイズ標準位置」でした。

【ベースプレート位置決め用型紙】
Toto_washlet_tcf712c_3


  全部の作業を工事店に依頼した場合には結構な費用が掛かると思いますが、取り合えず最小限に近いの費用で水漏れ問題が解決しました。
 これで、あと10年は大丈夫でしょう。(多分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

コンバット! DVDコレクション創刊号を買いました

 新聞に折り込み広告が入っていたので、一寸気になっていたのですが、新聞販売店経由の申し込みだと思っていたので一寸躊躇していました。

 朝日新聞出版 最新刊行物:コンバット! DVDコレクション
  http://publications.asahi.com/combat/

 数日前に近所の本屋を覗いてみると、店先に平積みしてありました。
 「こちらホワイトロック」をリアルタイムで聞いていた当方としては、「買わずばなるまい」ということで創刊号を買ってきました。
 3話入りのDVDが付いて990円(税込み)なら悪くないかもしれません。

【コンバット! DVDコレクション 創刊号】
Dvd_1

Dvd_2

 DVDのパッケージには「このDVDソフトはパソコンでの動作保証はしておりません。と書いてありますが、とりあえずPC(CF-W4)で第1話「ノルマンディーに上陸せよ(A DAY IN JUNE)」を再生してみました。

【注意書き】
Dvd_3_2


記憶にある映像よりも、一寸画質が悪いような感じがします。コントラスト比がかなり低いです(黒が沈んでいない)。
 PCで再生しているためでしょうか?
 あるいは、当時の映像はこんな感じだったのでしょうか?
 当時は余り受信状態がよくない環境で真空管式の白黒テレビで見ていた訳ですから、さらに画質が劣化していたと思いますが、画質に関する記憶がありません。
 当時は、米国のテレビドラマを見ることができること自体が楽しみで、画質はそれ程問題ではなかったのかもしれません。

 第1話を見た印象では、登場人物のキャラクタが自分の記憶とかなり違います。若干軽め?
 サンダース軍曹が「ハバハバ」と言うシーンがありますが、意味が判るひとは段々少なくなっているでしょうね。前後の関係から意味は想像できますが・・・

   ハバハバとは - コトバンク
   https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%8F%E3%83%90-361023#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88
   大辞林 第三版の解説
   ハバハバ【hubba-hubba】
   「早く早く」「急げ」の意。第二次大戦後,駐留軍の米兵が使って流行した。

 大辞林には「駐留軍」と書いてあるようですが「進駐軍」の方が聞き慣れています。
 大昔に別府にいたころに、パチンコ(スリングショット)を使って癇癪玉を通行中の人力車に当ててふざけていたGIや、腰に45オートを吊るしたMPを見たことを思い出しました。
 当時「駐留軍」という言葉が使われているのを聞いた記憶はありません。

*
*
*

 コンバットがらみということで関連ネタを・・・
 コンバットのDVDは、以前ディスカウントショップで安売り(500円?)していたものを買ったことがあります。

【COMBAT IN COLOR】
Combat_in_color_1

Combat_in_color_2


Combat_in_color_3

一寸怪しげなDVDで、音声は英語で字幕は韓国語と日本語になっています。
Combat_in_color_subtitle_kr_jp

【ハングル字幕】
Combat_in_color_

 英語のタイトルの"Anniversary"がディスクでは"Annlversarjy"になっていたりとか、
【Anniversary - Annlversarjy】
Combat_in_color_5_anniversary

Combat_in_color_6_annlversarjy

Combat_in_color_7_annlversarjy


 日本語の字幕の翻訳がなんとなく女言葉の感じがしたりとか・・・

【あなたたちには側面を頼む】
Combat_in_color_8

【リトルジョン、歩哨に立ちなさい!】
Combat_in_color_9


 なお、日本語版の「ケリー」はオリジナル通り「ケイジ」になってました。
Combat_in_color_10

 日本語の吹き替えに慣れているとオリジナルの音声は不思議な感じがしますが、それはそれで楽しめます。

【参考外部リンク】
 コンバット! - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88!

 Combat! - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Combat!

 Combat! (TV Series 1962–1967) - IMDb
 http://www.imdb.com/title/tt0055666/

 Combat!  (1962–1967) 
 Episode List
 http://www.imdb.com/title/tt0055666/episodes?season=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »