« Android SDRアプリ"RF Analyzer"をDVB-Tチューナで使ってみました | トップページ | 飲み会@外国人記者クラブ(THE MAIN BAR) »

2015年2月26日 (木)

韓国の月面ローバー計画

 久しぶりにGoogle アラートが来たので何かと思ったら韓国の月探査車関連のニュースでした。
 以前、KSLV-1に一寸興味があってキーワードを設定していたのを忘れていました。

  題名: Google アラート - KSLV-1   === ニュース - 次のキーワードの新しい検索結果が 1 件あります: [KSLV-1] ===
  韓国、開発中の月探査車を初公開 2020年の打ち上げ目指す  
   sorae.jp
  打ち上げるロケットには、開発中のKSLV-2が使われるという。韓国は2009年か2013年にかけて、KSLV-1(羅老号)というロケットを3機打ち上げた経験がある。   https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=http://www.sorae.jp/030905/5449.html&ct=ga&cd=CAEYACoTMzcxNDYzMjk3MzMwODkzMjc4OTIcNzUzMzRjMWY2Y2UyYTlkMjpjby5qcDpqYTpKUA&usg=AFQjCNGdbrpWVk9EVjwyxghhBWay2rQ8Kw  

 
 当方は空を飛ぶメカにはとりあえず興味があります。
 KSLV-2で打ち上げる予定のようです。

  The Chosun Ilbo Korea Unveils Moon Rover February 26, 2015   http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2015/02/17/2015021701757.html

 もう少し詳しい資料はないかと探してみました。

KIST, 달 탐사 로봇 '로버' 첫 공개
(Google翻訳:KIST 、月探査ロボット「ローバー」初公開)

 

한국형 달탐사 로버 POC(Proff of concept)
Google翻訳:韓国型月探査ローバーPOC ( Proff of concept ))



  ChosunBiz 한국형 로봇, 2020년 달을 품는다
   (Google翻訳:韓国型ロボット、 2020年月に耐える)
   http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2015/02/17/2015021700318.html   

 機械翻訳によれば、モータを車輪側ではなくて車体側に設置したので、温度変化に強いようなことが書いてあるようです。
2015021700318_1
(上記URLから引用)

【2015.02.27追記】
  上記ChosunBizの記事から抜粋引用・機械翻訳
  機械翻訳なので訳がわからない部分がありますが・・・・・

[原文]
연구진이 더 중요하게 고려한 것은 혹독한 환경을 극복하는 것이다. 달은 화성과 달리 대기가 없다. 우주에서 날아오는 방사선이 그대로 로버에 부딪힌다. 또 낮과 밤의 기온 차이가 섭씨 130도에서 영하 170도로 무려 300도나 차이 난다. 강성철 박사는 "화성의 로버처럼 모터가 밖에 있으면 배선이 노출되고 복잡해져 달에서는 문제가 생길 가능성이 크다" "중국의 달 탐사 로버가 고장이 잦았던 것도 이 때문으로 보인다"고 말했다. 중국의 로버는 화성의 로버를 모델로 했다.

[Google翻訳]
研究者がより重要に考慮したのは、過酷な環境を克服することである。月は火星とは異なり、大気がない。宇宙から飛んでくる放射線がそのままローバーにぶつかる。また、昼と夜の気温差が摂氏130度から氷点下170度で300度差がある。ガンソンチョル博士は「火星のローバーのようにモーターが外にいる配線が露出して複雑になって月では、問題が発生する可能性が高い」とし「中国の月探査ローバーが故障して多かったのもこのためとみられる」と述べた。中国のローバーは、火星のローバーをモデルにした。

[Bing翻訳]
より重要に考慮することは、過酷な環境に対処することである。月は火星と対照をなして待機がない。宇宙からの移動の放射がそのままローバーへの負う。また、昼と夜の気温が摂氏0度から 130 170 度でなんと300が私の違い。剛性が鉄の先生は、火星探査車のようにモーターが他にある場合は、配線が露出され、複雑な月では、問題が発生する可能性が高いという、中国の月探査ローバーが故障が進むのもこのためだと述べた。中国のローバーは、火星探査車をモデルにした。

[eXcite翻訳]

研究陣がさらに重く考慮したことは苛酷な環境を克服することだ。 月は火星と違い待機がない。 宇宙から飛んでくる放射線がそのままロボにあたる。 また、昼間と夜の気温差が摂氏130度で零下170道路何と300度も違いが生じる。 カン・ソンチョル博士は"火星のロボのようにモーターが外にあれば配線が露出して複雑になって月では問題が生ずる可能性が大きい"として"中国の月探査ロボが故障が多かったこともこのためと見える"と話した。 中国ウイ ロボは火星のロボをモデルにした。

 

|

« Android SDRアプリ"RF Analyzer"をDVB-Tチューナで使ってみました | トップページ | 飲み会@外国人記者クラブ(THE MAIN BAR) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/61200386

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の月面ローバー計画:

« Android SDRアプリ"RF Analyzer"をDVB-Tチューナで使ってみました | トップページ | 飲み会@外国人記者クラブ(THE MAIN BAR) »