« CF-W4(Windows 7)のWi-Fi不調のため無線LAN子機を外付けしました | トップページ | Table Tap とは? »

2015年3月13日 (金)

テーブルタップから火花が・・・

 外出から戻って炬燵に入ろうとすると、炬燵用に使っているテーブルタップの色がいつものものと違います。
 今まではオレンジ系の色だったのですが、白色になっています。
 家人に事情を聞いてみると、テーブルタップから火花と煙が出て焦げる臭いがしたので交換したとのことです。
 テーブルタップによる事故は時々聞きますが、自分の家で発生したのは初めてです。

 故障の原因がはっきりしないと気持ちが悪いので、ごみ箱に捨ててあったテーブルタップを回収して現物を見てみました。

Power_strip_1


 ざっと見た感じでは大きな損傷はないようですが、コードの引き出し部分に薄く煤が付着しています。

Power_strip_2


 コードの根元をよく見ると平型ビニルコードの一方の側に亀裂が入っています。

Power_strip_3


 内部の状態がよく判らないので、コードを折り曲げて亀裂部分を広げてみると芯線が断線しているようです。芯線(素線)の先端が溶けて球状になっています。

Power_strip_4


 テーブルタップの内部は汚れてはいますが、特に損傷はありませんでした。

Power_strip_5

 故障発生の瞬間を見ている訳ではありませんが、故障の原因は以下のように想像されます。

 (1)経年変化でコードの柔軟性が低下。
 (2)コードの折り曲げでコードに亀裂が発生。
 (3)コードの亀裂部分で芯線が急角度で折り曲げられ金属疲労。
 (4)疲労破壊で芯線(素線)が部分的に断線。
 (5)断線本数が増加。
 (6)通電断面積が許容電流以上になって溶断(スパーク)。

 昔であれば断線部分を切り取って修理するのですが、コード自体がかなり劣化しているので、安全策をとって潔く廃棄しました。
 テーブルタップには甲種電気用品マーク【▽〒】41-3875と書いてあったので相当古いものだったようです。

  テーブルタップの事故のデータを見ると結構件数があるようなので気をつけなくては・・・

【参考外部リンク】
「テーブルタップの過熱事故」
平成23年4月
東京都生活文化局消費生活部
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/test/documents/60l4k401.pdf

製品の安全な使い方
http://www.meti.go.jp/product_safety/event/090707/090707012.pdf

電源プラグ・コード及び配線器具による事故の防止について(注意喚起)
平成27年1月29日
独立行政法人製品評価技術基盤機構
http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2014fy/prs150129.html

電源プラグ・コード及び配線器具による事故の防止(注意喚起)
平成2 7 年1 月2 9 日
N I T E ( ナイト)独立行政法人製品評価技術基盤機構
http://www.nite.go.jp/data/000058844.pdf

テーブルタップ「テーブルタップからの発火事故」(動画)
http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/kaden/01070101.html

テーブルタップの組み立て
http://www.hisatomi-kk.com/DownLoad/HTmanual/

テーブルタップ事故例とその原因について
http://www.hisatomi-kk.com/DownLoad/HTmanual/Accident.pdf

電気製品認証協議会(SCEA)
電気製品安全の歴史
http://www.s-ninsho.com/s_history.html

財団法人 電気安全環境研究所 電気製品安全センター
販売事業者の皆さん、 電気用品の表示が 変わりました
http://www.jet.or.jp/common/data/publication/hanbai_080328.pdf

|

« CF-W4(Windows 7)のWi-Fi不調のため無線LAN子機を外付けしました | トップページ | Table Tap とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルタップから火花が・・・:

« CF-W4(Windows 7)のWi-Fi不調のため無線LAN子機を外付けしました | トップページ | Table Tap とは? »