« 「ふなっしー」の英文表記は"Funassyi"のようです | トップページ | JAXAのマイクロ波電力伝送実験(約300W@55m) »

2015年3月 8日 (日)

SDR Touch (v2.3)で自動再スキャンになりました

 
 Hyundai T7を触っていたらSDR Touchがバージョンアップ中であるという表示がでました。
 何が変わったのかと思ってアプリの説明を見てみると幾つかの点が改善されたようですが、スキャン機能も改善されています。

  SDR Touch - Live radio via USB
  Martin Marinov 
  - 2015年3月7日
  https://play.google.com/store/apps/details?id=marto.androsdr2&hl=ja

  新機能
  - RDS radio text support
  - Improved RDS reception
  - Scanning continues when signal disappears
  - Improved FM Stereo quality
  - Performance tweaks
  - DSP tweaks

 SDR Touch v2.1でプリセット周波数スキャンが可能になったのですが、一旦停止するとそのままという仕様だったので、あまり実用的ではありませんでした。

 v2.3では、信号が無くなってから約4秒経過すると、スキャンが自動的に再開されます。
 これでやっと実用的になった感じがします。

【プリセットスキャン自動再開】

 エアバンドの主要な周波数を入れてスキャンモードにしておけば、BGM(BGN?)的な利用が可能です。
 まともな使い方としては、アマチュア無線のレピータの周波数を入れておけば、利用状況がすぐにわかります。

  なお、しばらく連続動作させると、"Internal bug in fft spectrum painting! Cannot lock pixels!!"というエラーメッセージが出て動作が停止します。

【Internal bug】
Sdr_touch_v23_internal_bug_in_fft_s


  Facebookにはこのような現象は報告されていないようなので、機種固有の現象かもしれません。

【参考外部リンク】
SDR Touch - Facebook
https://www.facebook.com/SdrTouch

|

« 「ふなっしー」の英文表記は"Funassyi"のようです | トップページ | JAXAのマイクロ波電力伝送実験(約300W@55m) »

HYUNDAI T7」カテゴリの記事

SDR」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/61250707

この記事へのトラックバック一覧です: SDR Touch (v2.3)で自動再スキャンになりました:

« 「ふなっしー」の英文表記は"Funassyi"のようです | トップページ | JAXAのマイクロ波電力伝送実験(約300W@55m) »