« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

Xiaomi YiCamera用アプリをFT132Aにインストールしました

  GoProもどきのXiaomi YiCameraを買いましたが、録画可能な時間(動作時間)等の細かい部分がよくわかりません。

 取説にQRコードのようなものが印刷されており、関連するアプリをダウンロードすることができるようなので、freetelのFT132Aで試してみました。
 QRコードは簡単に読み取れると思っていたのですが、一寸手間がかかりました。
 多分、端末の性能に依存しているのだと思いますが、FT132Aの場合は中々焦点が合わずに、最後に光路の途中に凸レンズを入れてやっと読み取れました。

 アプリの名称は"Yi Action Sports Camera"となっています。

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_came

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_2
  こちらは "YiCam - Yi Action Camera"となっています。

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_3

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_4

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_5

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_6

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_7

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_8

Xiaomi_yicamer_yicam_yi_action_ca_9


 中国語は読めませんが、英数字の部分から想像すると、1080p 30fpsの場合には85分程度録画出来そうです。

 なお、このアプリをNexus 7(1012)にインストールしようとしたら、対応機種ではありませんと断られてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

GoProもどき中華アクションカム"Xiaomi YiCamera"を買いました

 GoProには一寸興味があります。
 面白そうですが結構いいお値段です。
 遊びで買うのには一寸躊躇します。
 
 最近は大手メーカーから無名メーカー(会社名不明)まで、GoProもどきの製品が色々出ているようですが、それほど安くなかったり、性能があまりよくなかったりということで、食指が動くようなものがありませんでした。

 先日、アクションカム(スポーツカム)について調べていたら一寸前のニュースですが、以下の記事を見かけました。

  PRONEWS
  Xiaomiよりアクションカムが発売。Exmor R CMOSセンサー採用、中国版GoProになるか
  2015-03-04 掲載
  http://www.pronews.jp/news/20150304163006.html

  XiaomiのYiCameraという名前のカメラのようです。
 GoProとの比較表を見るかぎりでは中々面白そうです。

 YiCameraのサイトとFacebookを見てみました。

  小蚁运动相机
  http://www.xiaoyi.com/index.html

  小蚁运动相机固件升级
  -- 最新固件版本号:v1.0.12 --
  http://www.xiaoyi.com/home/upgrade.html

  Facebook
  https://www.facebook.com/YiCamera

 宣伝を見る限りでは良さようです。
 また、ファームウエアの更新も行われているようです、

 実際の評価はどのようになっているのかAmazonを見てみました。

  Amazon
  Original Xiaomi yi Camera Xiaoyi Action Sport Camera 16MP 4608X3456 1920x1080p 1010mAh WIFI Bluetooth 4.0 Standard Edition
  http://www.amazon.com/Original-Xiaomi-4608X3456-1920x1080p-Bluetooth/dp/B00UFGDD6C

  Customer Reviews
  http://www.amazon.com/gp/product/B00UFFPRJO/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=1944687502&pf_rd_s=lpo-top-stripe-1&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00UFGDD6C&pf_rd_m=ATVPDKIKX0DER&pf_rd_r=1K890N5A6VTY4FSBPYWW#customerReviews

 ざっと見た感じでは、評価は悪くないようですが、以下のような辛口の評価もあります。

  Say no-no to Xiaomi’s GoPro (REVIEW)
  9:55 am on Mar 18, 2015
  https://www.techinasia.com/xiaomi-yicamera-review-gopro/

 なんかサンプル動画が悪すぎのような気がしますが・・・。

 当方はそれほど画質は気にしないので、広角で小型で安価という点で多分OKであろうということで以下の製品を購入することにしました。

  Xiaomi YiCamera アクションカメラ/ウェアラブルカメラ 1080p/60fps ホワイト
  http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=6251

【Xiaomi YiCamera】
Xiaomi_yicamera_1

Xiaomi_yicamera_2_2

Xiaomi_yicamera_3

Xiaomi_yicamera_4

Xiaomi_yicamera_5

Xiaomi_yicamera_6

Xiaomi_yicamera_7

Xiaomi_yicamera_8

Xiaomi_yicamera_9


【動画撮影サンプル】

[YDXJ0016.mp4]
1920x1080 8Bit AVC/H.264 Main@4 1:1 Progressive 29.97fps 17275f 11990.44kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 128.00kb/s
Advanced Video Coding
[MPEG4] 00:09:36.409 (576.409sec) / 873,706,100Bytes
真空波動研Lite 150418 / DLL 150418 Unicode

 デフォルトの設定は、1920x1080p 30fpsになっているようです。
 約10分で約900MBの容量があります。
 単純計算では1時間録画するためには5GB程度必要ということになります。

 8時に近かったので、閉店している店が結構ありました。
  夜間に歩きながら手持ちで撮影するという一寸厳しい条件だったので、画質が今一(今二?)です。
 30fpsで撮影しましたがブレがかなりあります。60fpsにしたら改善される?
 SteadiCamが欲しいです。
 短時間の撮影での印象ですが、GoProのような「キレキレ感」(コントラストと鮮鋭度?)が一寸足りないかもしれません。

 明るさに関しては、 意外と暗いところでも撮れます。
 裏面照射型イメージセンサ(Exmor R” CMOS Sensor)の効果?

  裏面照射型CMOSイメージセンサーとは?
  http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=151/

  Exmor R” CMOS Sensor
  http://www.sony.jp/products/overseas/contents/web_contents/avchd_hdd_hdr_xr500v/48239hd_2_1_1_exmor_r_cmos_sensor_r/index.html

 あまり期待せずに、遊びでスナップショット的に使うのであれば、それほど問題はないかもしれません。
 とりあえず安いし・・・

 最後に一言二言
 ・レンズキャップはオプションでなく、付属品にしてほしい。(買い忘れました。)
   ↓(薬瓶の蓋の内側にクッションを貼ってキャップの代わりにしました。)
Xiaomi_yicamera_21

 ・メモリ、USB、HDMIコネクタのカバーはヒンジ式にしてほしい。(多分紛失するでしょう。)
   ↓(テープを貼ってヒンジの代わりにしました。)
Xiaomi_yicamera_22


 ・レンズの先端が枠よりも僅かに飛び出しているように見えるのは気のせい? 擦れる?
Xiaomi_yicamera_23

【2015.07.25追記】
・赤いレンズキャップは一寸目立つので、保湿スプレーの蓋をカットして白のレンズキャップを作りました。
Xiaomi_yicamera_with_white_lens_cap



・撮影サンプルを追加しました。
 1080p, 30fps, Auto low light=ON, Lens rectification=OFF

(1)KE001プレステージクラス搭乗風景(58秒)

(2)KE001ホノルル国際空港への着陸風景(7分29秒)

(3)リムジンから見たホノルル国際空港からホテルへの風景(13分27秒)

(4)トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォークの部屋と景色(49秒)

(5)ハレクラニ・ホテルのハウス・ウィズアウト・ア・キーから見た風景(1分40秒)

(6)リムジンから見たホノルルのアラ・ワイ運河付近の風景(2分22秒)

(7)KE002降機時の成田国際空港のランプ・バスからの風景(3分20秒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

シークレットサービスのイヤホンをネタにしたゲーム"Get Down, Mr. President!"

  イヤホンについて調べていたら一寸面白そうな製品がありました。

  earHero - World's First Open Ear Earphones
  http://www.thinkgeek.com/product/1431/

 "practically invisible!"と書いてあります。
 実際上透明(殆ど見えない)ということでしょうか?

  f特の記載はありませんが代わりに以下の記載があります。

  Resonance Frequency - F1 peak: 2100 - 2500Hz, F2 peak: 4500 - 5000Hz

 通常の音楽用や携帯電話用のイヤホンではなくて、一寸怪しい系(業務用?)のイヤホンのようです。

 製品自体も一寸面白いですが、それよりもこの広告の中で説明されていた"Get Down, Mr. President!"というゲームが気になりました。
 以下のように説明されています。
---------------------------------------------
We're going to teach you one of our favorite games. You ready? The game is called "Get Down, Mr. President!" When in a group of friends, put your index finger and middle finger over your ear, as though you're listening through an earpiece. Everyone in the group follows suit. Once you've figured out which person isn't paying attention (aka the last person to do it), everyone shouts "GET DOWN, MR. PRESIDENT!" and tackles that person to the floor.
---------------------------------------------

  友人のグループなどで、誰かが耳を指で押さえて受令中のポーズをとると、それに気が付いた他の人が順次そのポーズを真似て、最後に気が付いた人(最後まで気が付かなかった人?)が、保護されるべき大統領と看做されて(銃弾を避けるために?)他の人により床に押し倒されるというゲームのようです。

  何の映画(007? MI?)か忘れましたが、(目立つので)「耳を押さえるな」という台詞があったような気がします。

 本当にこんなゲームが行われているのか、単に宣伝のネタなのかよく判らないので、一寸調べてみました。
 YouTubeで検索したら幾つかありました。

  いかにもアメリカ的という感じがします。
 何の前触れもなく突然始まるというのが一寸怖いです。
 若い男性のグループの場合にはかなり危ないかも・・・

【参考外部リンク】
Urban Dictionary
Get Down Mr. President!
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Get+Down+Mr.+President!
"A very fun game that may or may not end in someone being injured."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

ジャンクの地デジチューナ(TMY TSTB-007)を買いましたが・・・

 以前、自分の部屋のアナログTV(LC-13S4)用に、ジャンクの地デジ/BS/CSチューナ(TMY TSTB-R50)を3500円で買ったことがあります。
 買った状態のままでは正常に動作しませんでしたが、ファームウエアをバージョンアップしたら無事に見えるようになりました。
 TSTB-R50にはHDMI出力端子があるので、アナログTV用に使うのは勿体ないということで、現在はBenQのHDモニタ(VW2220H)と組み合わせて別の部屋で使っています。
 ということで、自室のTV視聴環境がなくなったので、安い地デジチューナを探しに秋葉原に行ってきました。
 以前TSTB-R50を買った店を覗いてみると、同じメーカ(TMY)の地デジ専用のチューナ(TSTB-007)が、箱なし、付属品(ACアダプタ、AVケーブル、リモコン)なしで2000円でした。
 BS/CSは余り見ないし、ACアダプタやAVケーブルは手持ちのもので間に合うだろうということで買ってきました。

【TMY TSTB-007】
Tmy_tstb007_1

Tmy_tstb007_2

Tmy_tstb007_3

Tmy_tstb007_4

 電源はDC5V 1Aでプラグ外径は5.5mmのようです。ACアダプタは手元に幾つかあったのですが、この電圧とプラグサイズの組み合わせのものがありません。4.5V、6V、12V、13.8Vのものが多いです。

 なにか使えそうなものはないかと考えていたら、以前買ったTSTB-R50は同じメーカであるし、型番も似ているので、同じACアダプタが流用できると思い込んで、アンテナケーブルとAVケーブルを接続し、TSTB-R50用のACアダプタの電源プラグをTSTB-007に差し込んでみました。
 LEDは点灯しますが、テレビには何も映りません。電源ボタンを押しても反応がありません。
 ケーブルの接続状態を確認してみましたが異常はないようです。念のためにACアダプタを確認してみると12V 1.5Aとなっています。

【TSTB-R50用ACアダプタ】
Ac_adapter_for_tstbr50


 大失敗です。思い込みは恐ろしい・・・
 ヒューズが飛ぶ訳ではないし、LEDも点灯しているので、異常に気が付かなかったのですが、5Vの代わりに12Vを印加してしまったようです。
 2倍以上の過電圧なので故障しても不思議ではありません。
 
  中を見たら何か情報が得られるかと思ってみましたが、目視では異常は判りませんでした。

【TMY TSTB-007 (分解)】
Tmy_tstb007_11_2

Tmy_tstb007_12

Tmy_tstb007_13


 最後の望みで、もしかしたら正しく5Vを供給したら動作するのではないかと思って、手持ちのACアダプタとDCプラグを組み合わせて臨時のDCケーブルを作りました。
 電圧と極性を確認してTSTB-007のDCジャックに差し込んでみましたが、残念ながら症状は変わりませんでした。

【TMY TSTB-007 (DC5V)】
Tmy_tstb007_24

Tmy_tstb007_25_2


 DCプラグを差し込んだときにLEDが2色で点灯しているのが一寸気になりますが、最初からそのような設計なのか、故障でそうなったのかは判りません。
 いずれにしても、今回のジャンクは、正常動作を確認する前に不注意で完全な故障ジャンクになってしまいました。
 なお、付属のB-CASカードは地デジ/BS/CS共用のもので、他のチューナに挿してみたら3波とも受信できたのが、せめてもの救いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

アンテナ交換可能なADS-B用アンテナ直下型チューナを作ってみました

 ADS-B用アンテナをいくつか作ってみたことがありますが、特性の比較が難しいです。
 今まではアンテナを外に出して空から降ってくる信号を長時間時受信し、受信できたエリアの広さを比較して判断していましたが、時間が掛かるし、面倒だし、リアルタイムでの比較ができません。

 以前、DVB-T+DAB+FMチューナを利用して微弱信号を発生させる以下の記事を見かけたので、これを参考にして実験してみたら、確かに弱い信号が検出できました。

 OH2FTG Labs
  RTL-SDR Transmitter experiments
  https://sites.google.com/site/oh2ftg/home/rtl-sdr-transmitter-experiments

 RF周波数をfRF、IF周波数をfIF、VCO周波数をfVCO、VCO出力分周比をN、ヘテロダインは上側とすると、
  fRF=fVCO/N-fIF
となるので、1090MHzの信号を発生させる場合には、受信周波数fRFは
   fRF=1090MHz/4-3.57MHz=268.93MHz
となります。
 したがって、DVB-T+DAB+FMチューナで268.93MHzを受信すれば1090MHzの微弱信号が発生することになります。
 なお、実際には種々の誤差のために周波数がずれます。また周波数のドリフトも結構あります。

 DVB-T+DAB+FMチューナで1090MHzの微弱信号を発生させることができることは確認できたので、チューナを信号源として使用してアンテナを比較する手順を考えました。

 アンテナを比較するためには、アンテナを頻繁に交換する必要があると思われるので、高周波的にはロスの問題がありますが、交換が容易になるようにアンテナ側にBNCコネクタ(J)を接続しました。
 チューナ側は少しでもロスが少なくなるようにアンテナ直下型にしました。

【材料】
 ・DVB-T+DAB+FMチューナ(基板部分のみ利用。)
 ・自転車用ライトホルダーケース(100円ショップ)
 ・BNCコネクタ(BNC-J 角座4穴)¥170(税込)・・・アンテナ用
   http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00137/
 ・BNCコネクタ(BNC-P)(オス)(角座付)¥150(税込)・・・ベース用
   http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00096/
 ・スズめっき線・・・アンテナ用

 構造的にはDVB-T+DAB+FMチューナの基板を円筒ケースの中に入れて、ケースの上部にBNCコネクタ(P)を固定して、アンテナをBNCコネクタ経由で接続するようにしました。
  チューナのアンテナ端子とBNCコネクタ(P)は同軸ケーブルで接続しました。
 放熱板をR820TとRTL2832Uの裏面ランドに半田付けしました。
 最初は密閉でしたが、ケース内の温度がかなり高くなるので、上下に通気孔を開けました。

 以下、例によって手抜きで写真のみです。

【ADS-B用アンテナ直下型チューナ】
Adsb_1

Adsb_2

Adsb_4

Adsb_5422
1時間経過後42.2℃(初期温度23.6℃)

Adsb_6
通気孔(写真は上下各1個)。最終的には上下各2個。

Adsb_7304
1時間経過後30.4℃(初期温度25.4℃)

 基準アンテナとしては、通常はλ/2ダイポールが使用されることが多いようですが、バランを作るのが面倒なので、手抜きでλ/4のホイップにしました。

 取り合えず、チューナからの1090MHz付近の微弱テスト信号は受信できているようなので、次にアンテナを作ったときに試してみたいと思います。

【テスト信号(モールスV)受信中】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

システマ音波アシストブラシの振動の様子

  先週の話になります。
  虫歯を長年放置していたツケが回ってきました。
 時々痛くなることはあったのですが、今までは半日程度で痛みが引いていました。
 しかし今回はだんだん痛みが強くなり、正露丸を詰めたり(一個がまるまる入る)、保冷剤で冷やしたりしましたが、ほとんど効果がありません。
 翌日朝一で近所の休日診療の歯科で見てもらうと、神経を抜く必要があるとのことです。
 選択の余地はないので処置をお願いしました。
 数年ぶりにドリルの感触を味わいましたが、体感的には昔からあまり進歩していない感じです。
 これだけ技術が発達しているのだから、高速回転ドリルのような原始的(?)な機械的切削ではなくて、患者に優しい他の手段はないのでしょうかね?

 ドリルが神経に接触するのではないかという恐怖感が何ともいえないです。
 映画「マラソンマン」の1シーンを思い出して出してしまいます。

  Virgin Movies
  10 scenes you can't bear to watch .The dental torture ? Marathon Man (1976)
  http://www.virginmedia.com/movies/features/scenes-you-cant-watch.php?page=4

 麻酔をしているのでそれほど痛くはないのですが、ドリルの場所によってはギクッとする痛みがあります。
 結局、麻酔を追加注射して無事に神経を抜いてもらうことができました。

 とりあえず酷い痛みはなくなりましたが、まだ痛みは残っています。
 歯医者さんの話では、歯の手入れが悪くて歯肉が少し炎症を起こしているとのことです。
 ペーストをたっぷりつけてごしごし磨くのはNGのようです。
 ペーストは少なく(水だけでもよいとのこと)優しくかつしっかり磨くように指示がありました。

 使用する歯ブラシの種類については、特に指定は無かったのですが、色々調べてみると超音波歯ブラシが良さそうです。しかし、値段がとっても高いです。
 なるべく費用を掛けずにそこそこの効果がありそうなものを探していたら、以下の製品がありました。

  システマ音波アシストブラシ
  http://systema.lion.co.jp/product/brush_assist.htm

   

 価格(初期投資)もそれほど高くないし、評価も悪くないようなので、これを買いました。
 まだ少ししか使用していませんが、口の中でブーンという振動を感じるので、なんとなくブラシが仕事をしてくれているような気がします。

 仕様では「振動数 約9,000回/分(無負荷時)」となっているので、周波数では150Hz近傍となりますが、実測では130Hz付近でした。色々実験していたので、電池容量が減っていたのかもしれません。

【空中波周波数スペクトラム(FrequenSee)】
Photo


 アシストなので「普通の歯ブラシと同じように動かしながらみがいてください。」とのことです。

 初めてこの種のブラシを買ったので、ブログのネタ用に振動の様子をEX-ZR500で撮影してみました。

【水面の模様】

【スローモーション(480fps)】

余談:
 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  40代の男性が「歯痛」で死亡、痛み出してから1週間で―中国
  2015年5月13日(水)15時7分配信 Record China
  http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20150513045/1.htm

  「降下性壊死性縦隔炎」って何? ということで当方も検索しました。

   「降下性壊死性縦隔炎」検索ワード1位ですがなぜですか ...
   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145530276

 「縦隔」とは左肺と右肺の間の領域のことのようです。初めて知りました。

 好奇心で「降下性壊死性縦隔炎」を調べてみました。
 下記の資料には、「致死的で緊急を要する病態」と書いてあります。
 
  降下性壊死性縦隔炎:早期発見と適正な治療のために
  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsicm/15/1/15_1_41/_pdf

 上記資料には、「原因疾患から壊死性縦隔炎までの期間は最短で12時間以内,最長で2週間以内に発症しており,その多くは48時間以内(10例中6例)に発症した」と書いてあるので、進行が非常に早いようです。
 誰でも罹るという訳ではないと思いますが、あなおそろしや・・・。
 たかが虫歯と侮れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

米海軍・海自共催(厚木基地)「日米親善春祭り2015」でVFA-27 Cruise Videoを買いました

 5月2日に開催された米海軍厚木航空施設と海上自衛隊厚木航空基地の共催の「日米親善春祭り2015」に行ってきました。
 13:30頃飛行場正門に着いて14:05頃中に入れました。
 共催ということで混雑を心配していましたが、幸いなことに行列は予想したほどではなかったです。

【ゲート→エプロン】

(EX-ZR500 Time Lapse 10倍速)

 例によって、手抜きで写真を何枚か撮ってきました。
Naf_atsugi_and_jmsdf_2015_spring_fe

Naf_atsugi_and_jmsdf_2015_spring__2

Naf_atsugi_and_jmsdf_2015_spring__3

Naf_atsugi_and_jmsdf_2015_spring__4

 
 今回の目的のひとつは、以前YouTubeで見た訓練紹介ビデオのDVDを買うことでした。
  Royal Macesのビデオという程度の記憶しかなかったので、とりあえずRoyal Maces関連のアクセサリを売っているテントを探しました。
 自分の記憶では、日本アルプスの山々の間を縫うようにして飛ぶシーンがあったので、こんなシーンのビデオがあるかどうかを売っている人に聞いてみると、"It's Me !"という返事です。
 パイロットが自分たちが撮影したビデオを売っているようです。
 どのビデオか聞いてみると、テーブルの上に置いてある下記のDVDがそうだとのことです。

  "That's a Shack! 2014-2015 VFA-27 Cruise Video"

 YouTubeで見た予告編とは違うような気がしますが、日本アルプスを飛んでいるシーンがあることは間違いないようなので買うことにしました。27分で2000円は一寸高いかも知れませんが・・・
 日本アルプスを飛行したパイロットの他に近くにいた何名かのパイロットがサインを書いてくれました。

 自宅に戻ってDVDを再生してみると、映像の内容の雰囲気は記憶にある予告編に似ているのですが、予告編で見たシーンが見当たりません。

【That's a Shack!】
Thats_a_shack_20142015_vfa27_cruise

Thats_a_shack_20142015_vfa27_crui_2

Thats_a_shack_20142015_vfa27_crui_3

Thats_a_shack_20142015_vfa27_crui_4

 以前見た予告編のタイトルを確認してみたら、VFA-27's "Shoot 'Em If You Got 'Em" Cruise Video Teaserとなっていました。

  VFA-27's "Shoot 'Em If You Got 'Em" Cruise Video Teaser 
  MIYF27
  Published on Apr 18, 2014
  https://www.youtube.com/watch?v=JnsxWrPUHN8
  "The Royal Maces present the teaser to our full-length 2013-2014 cruise video: "Shoot 'Em If You Got 'Em" - which is packed with more than 27 minutes of high-flying and fast-action."

  どうも間違って最新版を買ってきたようです。
 Shoot 'Em If You Got 'Em のフルバージョンの内容は判りませんが、That's A Shack!の映像も中々面白かったです。
 丹沢山塊と富士山を背景にした離陸風景とか、富士山の360度周回飛行の映像などは珍しいかも知れません。
 

VFA-27's 'That's a Shack!' Cruise Video Teaser 投稿者 noor-anwer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »