« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

[HNL11] HNL→(KE002)→NRT

 多分これが最後のハワイ(ホノルル)ネタです。
 あっと言う間に帰国日です。弾丸ツアーは忙しい・・・

 ホテル(トランプ)から空港へはリムジンです。
 ホテルの玄関の前に止まると目立つので、一寸恥ずかしいです。

 リムジンの中からXiaomi YiCameraでアラ・ワイ運河付近を撮ってみました。

【アラ・ワイ運河付近を走行中】

  空港にはかなり早く着いたので、ラウンジで軽く朝食をとることにしたのですが、場所がよく判りません。
 普通は各航空会社のラウンジは、アクセスや景色が良い場所にあることが多いのですが、ホノルルの場合は一寸判りにくい事務棟のような場所にありました。

【KALラウンジ】
Hnl_kal_lounge

 しばらくラウンジにいましたが、外の景色も見えないので、お土産やを覗きながら出発ゲートに行くことしました。
 出発ゲートは33番ゲートです。
 搭乗手続きのときに、ツアー会社のスタッフから、ラウンジからゲートまで10分程度歩く必要があると言われましたが、本当に遠かったです。

  HNL Second Floor Map
  http://hawaii.gov/hnl/terminal-information/images/HNLDirectory2ndFloor.pdf/at_download/file

 機内に持ち込む手荷物はたいした重さではありませんが、通路がオープンエアタイプ(冷房が効いていない)で、目的ゲートまでは動く歩道もないので、高齢者は結構疲れます。
 途中にカートがあったので利用しようと思ったらレンタルでした。
 所定の場所に戻すと25セント戻るみたいです。
 国際線の到着ビルでは無料のようですが・・・

  Baggage Carts
  http://hawaii.gov/hnl/customer-service/baggage-carts
  http://files.hawaii.gov/dlnr/meeting/submittals/140509/M-9.pdf

  FOURSQUAREにはGate 33という項目がありました。

  300 Rodgers Blvd (HNL Airport, Overseas Terminal)
  Gate 33
  https://ja.foursquare.com/v/gate-33/4c8ff4aa04a1b60c355fa33e

 あまり評判は良くないようです。
 以下のレビューも結構厳しいです。

  Honolulu Airport
  Customer Reviews
  http://www.airlinequality.com/airport-reviews/honolulu-airport/

 空港施設の改善案もあるようですが・・・

  72 Hours with Hawaiian Airlines: The Honolulu International Airport Modernization Plan
  By CF on Jul 21, 2014
  http://crankyflier.com/2014/07/21/72-hours-with-hawaiian-airlines-the-honolulu-international-airport-modernization-plan/

  Honolulu International Airport Competition Plan UPDATE
  Federal Fiscal Year 2013
  State of Hawaii Department of Transportation
  Airports Division
  http://hidot.hawaii.gov/airports/files/2012/12/HNL-Competition-Plan-Update_FY-2013-20130125.pdf

 帰りの便(KE002)はひたすら寝て時々食べるという感じでした。

 最近の搭乗・降機はボーディングブリッジを使用することが多いですが、今回はタラップで降りてランプバスで到着ゲート(29A)に移動です。

    ランプバスって何?
    https://www.limousinebus.co.jp/useful/about_bus/rampbus.html

 ランプバスに乗ることはあまりないので、Xiaomi YiCameraで撮ってみました。

【KE002(NRT)→Ramp Bus→Arrival Gate 29A】

 やっと終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

[HNL10] ER-C57WRでWWVHとHNL ATISを受信 etc.

 少し前にエアバンド付の短波ラジオ(ELPA ER-C57WR)を買ったのですが、自宅の受信環境はかなり悪いので、あまり出番はありません。
 今回ハワイ(ホノルル)に遊びに行くことなったので、ご当地特有の信号を受信してみることにしました。

----------------------------------------
その1:WWVH(10MHz)

 WWVH(カウアイ島から送信)は日本でも受信可能ですが、ホノルルのホテルでどの程度の強さで聞こえるか試してみました。

  NIST Radio Stations WWVH
  http://tf.nist.gov/stations/wwvh.htm
  WWVH Broadcast Format
  http://tf.nist.gov/stations/wwvh-wheel.htm

 出力は10kW(10MHz)で距離は約200kmです。
 200kmという距離が一寸微妙で、近すぎてスキップゾーンに含まれてしまうかもしれません。

 実際に受信してみました。
 受信場所は、Trump International Hotel Waikiki Beach Walkの16階の西向きラナイです。
 時間は17:45 HST 頃です。腕時計の時刻12:45はJSTです。

【WWVH(10MHz)】

 距離が近いせいか。結構な強さで受信できています。
  今までの経験では、ホテルのベランダは結構ノイズが多く、手摺から外にラジオを突き出して(一寸怖いです)やっと受信できることが多かったですが、ここではそこまでする必要はありませんでした。
 さすがに、室内では受信できませんでしたが・・・
 本来は局IDを記録したいところですが、移動スケジュールの関係でできませんでした。

 WWVHの信号にはタイムコードが含まれているので、電波時計に利用できそうな気がしますが、室内での受信は難しそうです。
 以下のリストには色々な種類の電波時計(Atomic clock)が記載されています。
 HF [HF Timing Receivers (WWV and WWVH)]の欄があるということは、技術的には可能だということだと思いますが、該当製品がありません。

  Manufacturers of Time and Frequency Receivers
  http://www.nist.gov/pml/div688/grp40/receiverlist.cfm

  実用化は難しいということでしょうか?

----------------------------------------
その2:HNL ATIS(127.9 MHz)
 ER-C57WRの売りのひとつエアバンドなので、ホノルルに来た機会を利用してATISを受信してみました。
 以下のサイトで周波数を確認しました。

  HONOLULU INTL - NFDC - Federal Aviation Administration
  https://nfdc.faa.gov/nfdcApps/airportLookup/airportDisplay.jsp?airportId=HNL
  ATIS:  127.9 MHz  (D-ATIS) 24 Hours 

 受信時刻と受信条件は、 WWVH受信のときと殆ど同じです。

【HNL ATIS (127.9 MHz)】

  ゲート情報まで放送されています。変更が多いということでしょうか?

----------------------------------------
おまけ(その1):USB ADSB RTL Test at Trump Waikiki
  大韓航空は機内での受信機の使用が禁止されていたので、GPSもADS-B用SDRも使えませんでした。
 折角ADS-B用SDRを持ってきたのでホテルで使ってみました。

受信館環境
場所:Trump International Hotel Waikiki Beach Walkの16階の西向き窓際
アンテナ:430MHz用ホイップアンテナ(ベースローディング)
チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T)
Androidタブレット:Hyundai T7(Rooted)
ADS-B受信/表示アプリ:ADS-B on USB SDR RTL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wilsonae.android.usbserial&hl=ja

【USB ADSB RTL Test at Trump Waikiki】

 ここでもやっぱり1~2機しか表示されませんでした。

----------------------------------------
おまけ(その2):JJYの受信に挑戦しましたが・・・

 以下の資料によればハワイでもJJY(40kHz)が受信できたことがあるようなので、電波腕時計(CASIO PROTREK 3069*JA (PRW-1300ARJ))で試してみました。

  3069*JA 操作説明書
  http://ftp.casio.co.jp/pub/manual/ww/qw3069.pdf

  天文月報 2004年12月
  JJY受信電波時計がハワイで動作!?
  http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/papers/article/200412%20JJY%20172.pdf

 腕時計は夜間(現地時間の0時から6時)にホテルの16階の西向きのラナイのテーブルの上に放置しました。
 なお、受信設定は日本のままにしてあります。また、受信状態レベル表示は、最後にJJYで時刻が較正されてから24時間以上経過したことを示していました。

【PRW-1300ARJ 最終較正時刻(JJY)】
Prw1300arjjjy

 翌朝少しだけ期待して確認してみましたが、残念ながら受信できていませんでした。
 上記天文月報の記事によれば、計算上は電界強度が不足しているようなので、電波伝搬の異常でもない限り受信は難しい(不可能?)ようです。

 後で気が付いたのですが、PRW-1300ARJのJJY自動受信の時刻(JST)は、00:00, 01:00, 02:00, 03:00, 04:00, 05:00となっています。
 現地時間の0時から6時は、日本時間では19時から1時になるので、受信時間帯が大幅にずれていました。
 次に受信するときには(機会があるかどうか判りませんが・・)受信時間を考慮しなくては・・・

【関連内部リンク】 
2012年10月16日 (火)
[HNL6]ホノルルで米国本土の標準電波WWVB(60kHz)の受信に挑戦しましたが・・・・
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/10/hnl6wwvb60khz-f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

[HNL09] ホノルルでREADY SIMとH2O SIMを使ってみました

  現用の携帯電話(AU CA007)は一応海外対応(CDMAのみ)なので、ホノルルでも使用可能なはずです。
  しかしローミングは費用が嵩みます。
 ということで、海外旅行の際には、端末を持参して、現地でプリペイドSIMを挿して使うことが多いです。
 今回は、AT&T GoPhone (Samsung SGH-A157)とIOSYS IODESUを持っていきました。

 SGH-A157は本来はSIMフリーではありませんが、ネットで調べてみるとSIMフリー化できるようです。

  Gvazi
  How to unlock AT&T Samsung SGH-A157 for FREE.
  July 6, 2013
  https://gvazi.wordpress.com/2013/07/06/how-to-unlock-att-samsung-sgh-a157-for-free/

 この種の作業は常に文鎮化の危険がありますが、コメント欄には"Works! Thanks!"と書いてあります。
  コメントの真偽は確認できませんが・・・

 手順は以下の通りです。(上記URLから抜粋引用)

  SGH-A157 Network unlock procedure:
  Step 1: Remove sim card from phone and turn the phone on.
  Step 2: Dial *2767*3855# This will  initiate a Full reset for Samsung A157
  Step 3: Once the phone restarts, dial #*7337# This will remove sim lock and reset phone
  Step 4: Now insert your sim card. and restart the phone.
  DONE.

 この手順を見る限りでは、怪しげなプログラムをインストールしたり、外部のネットワークに接続したりする必要は無くて、端末の機能だけで実現できるようです。(裏コマンド?)
 万一失敗しても安い端末なので、勉強代と思って諦めがつくということでやってみました。
  バックグラウンドで通信される可能性はありますが、Wi-Fi機能はないし、日本でローミングするとも思えないし・・・

 作業自体は簡単に終わりましたが、本当にこれでSIMフリーになったかどうかの確認の方法がありません。
 手元にあった何種類かの海外のSIM(期限切れ)を挿してみましたが、当然のことかもそれませんが、認識されません。
 もしSIMフリーになっていなくても、現地のAT&Tで新しくSIMを購入すればよいと思って、そのまま持っていくことにしました。

 
 次にIODESUですが、IODESUの方はSIMフリーの筈なので、現地(ホノルル)で利用可能なプリペイドSIMを探してみました。
 色々選択肢はあるようですが、READY SIMというのが、日本で入手できて接続手順も簡単そうです。
  当方は「通話とSMSデータ通信500MB 7日間」というのを買いました。
 アマゾンでも売っていますが、当方はリアル店舗の方が好みなので、JR山手線田町駅の近くにある店で買いました。店の方が少し安かったかもしれません。

【READY SIM】
Ready_sim_1

Ready_sim_2

Ready_sim_3

Ready_sim_4_2

Ready_sim_5

 以下は、ホノルルでの話になります。
 ホテル到着後に、常用のAU CA007のローミング状態を確認してみました。

【AU CA007 USA Roaming】
Au_ca007_usa_roaming

  魚(?)が三本立っているので、電界強度は十分のようです。
 とりあえず、いつも使っている電話番号への着信は確認できそうです。

 

次に、日本で購入したREADY SIMをIODESUに挿してみました。
  説明書の通りに作業したつもりなのですが、なんか様子が違います。
  ZIPコードを入力する手順が無かったような気がします。
 何となく気持ちが悪いのですが、音声通話は問題ないし、データ通信もできているようなので、これでよしとしました。
  電話番号は、267-679-xxxxになりました。

 後で調べたらZIPコードを入力しない手順もあるようです。

  【アメリカ旅行者向け】Ready SIM使用マニュアル
  投稿日:2013年7月21日 日曜日 【最終編集日:2014年9月26日 金曜日】
  http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=16626

  当方の場合は、結果的に「方法1」でアクティベーションを行ったみたいです。

 データ通信もできますが、かなり遅いような感じがします。
  通信速度と回線状態をチェックしてみました。

【IODESU+READY SIM (SPEEDTEST)】
Iodesuready_sim_speedtest

下りで 50~100kbps程度しか出ていないようです。

【IODESU+READY SIM (Network Signal Information】
Iodesuready_sim_network_signal_info

 ホテルの部屋の中では信号が一寸弱いようです。
 また、Netの種類が「EDGE*220kbps」となっています。

  READY SIMの通信速度はどのようになっているのか、調べてみました。

  What data speeds can I expect to get?
  Ready SIM
  posted this on November 18, 2012, 10:06 PM
  http://support.readysim.com/entries/22411131-What-data-speeds-can-I-expect-to-get-

 端末の種類によって違うようです。

  AWS (1700/2100MHz) Devices ・・・3G/4G 
  Non-AWS (850/1900MHz) Device ・・・3/4G または EDGE/2G

  AWS:Advanced Wireless Services
    https://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_Wireless_Services

  IODESUはどうなっているか調べてみると、以下のようになっています。
 http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140523_649737.html

  W-CDMA(850/2,100MHz)
  GSM(850/900/1,800/1,900MHz)

 携帯電話の知識がないので、速度が出ないのは端末が原因なのか、サービスエリアが原因なのかよく判りません。
 50~100kbps程度というのはかなり遅い感じですが、地図を表示する程度であればどうにか使えそうです。

 試しにnet TV Boxで自宅のテレビのリモート視聴をしてみましたが、当然ですがまともに表示されませんでした。

【TV東京をリモート視聴中】
Tv_tokyo_locationfree


  下記サイトのコメントを見ると、データの通信速度はかなり環境に依存するようです。

  Ready SIM Talk+Text+Data 7 Day: Unlimited Talk+Text + 500MB Data 4G
  by Ready SIM
  Price: $25.00
  Customer Reviews
  http://www.amazon.com/Ready-SIM-Talk-Text-Data/dp/B00AB3QVOU/ref=pd_cp_107_2?ie=UTF8&refRID=0MKJW5J8MEC95THSR4XR

 あまり満足とは言えませんが、とりあえずIODESUが使えるようになりました。

 次はAT&TのSGH-A157です。
 事前にSIMフリー化の作業を行いましたが、本当にSIMフリーになっているかどうかは不明です。
 一番確実なのは、アラモアナのAT&Tに行って新しいSIMを買うことですが、SIMを買うためだけにアラモアナに行くのは疲れそうです。

  Ala Moana Center: AT&T
  http://www.alamoanacenter.com/Stores/ATandT-Ewa

 ということで、ホテルの近くでプリペイドSIMを売っているところ探してみたら、以下の店がありました。

  Hoku Wireless: SIM Cards | Cell Phones
  http://www.hokuwireless.com/

  Hoku Wireless Trade Center
  http://www.yelp.com/biz/hoku-wireless-honolulu-2?hrid=JYtl2bMMnHpExnhHDVNZkw

 極端に悪い評価がいくつかありますが、全体的にはそれほど悪くないようです。
 とりあえず行ってみることにしました。
 なお、Hokuはハワイ語で星の意味のようです。
  What does Hoku mean?
  http://www.babynamespedia.com/meaning/Hoku

 丁度、同行者が、Hoku WirelessがあるTrade Centerのビルの隣のRoss Dress for Lessに行くということで、買い物をしている間にHoku Wirelessを覗いてみました。
 SIMを扱っている小さな店(東南アジア)の中には、レシートも貰えないような一寸怪しげな店があるのですが、ここは普通の店のように見えます。
 SGH-A157を見せて、この端末で使える一番安い音声/テキスト用プリぺイドSIMが欲しいと使えると、H2OのSIMを出してきました。
  H2Oは名前は聞いたことがありますが、予備知識は殆どありませんでした。
  店員の話によれば、有効期間30日、国際電話(日本宛)約30分可能で40ドルとのこと。
 もっと安いプランを考えていたので、これが最安なのか確認すると"YES"という返事です。
 高いのを売りつけられているのか、本当にこれしかないのか判りませんが、他の場所で探す元気もないので、一寸高いような気がしますがお土産(記念品)として買うことにしました。
 SIMカード自体が10ドル、通話分が30ドルで計40ドルということでしょうか?

【H2O SIM Starter Ki】
H2o_sim_starter_kit

  後で調べてみると、買ったのは以下の製品のような感じがしますが、正確なところは判りません。

  MONTHLY UNLIMITED PLAN $30
  https://www.h2owirelessnow.com/mainControl.php?page=planMon30

 H2Oの場合はアクティベーションが結構面倒なようなので、店員にやってもらいました。

  H2O (Locus Telecommunications) SIMアクティベーションの方法
  投稿日:2011年3月24日 木曜日 【最終編集日:2012年8月23日 木曜日】
  http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=848

 確認のために、店の電話からSGH-A157に電話を掛けてもらうと、正常に着信しました。
 これで、やっとIODESUとSGH-A157の間で通話ができるようになりました。
 念のため、CA007, IODESU, SGH-A157の3端末の間で着信が可能であることを確認しました。

【SGH-A157+H2O SIM】
Sgha157h2o_sim

 SGH-A157は、主に同行者がショッピングのときに、お土産のデザインの好みなどを店(ブランドショップ)の前から日本に居る人(スマホ使用)に確認するときに使いました。

 あとでH2O SIMの料金プランを調べてみると、MONTHLY UNLIMITEDの他にPay As You Goというのがあるようです。

  PLAN
  https://www.h2owirelessnow.com/mainControl.php?page=plans

 ちらっと見た範囲ではPay As You Goの方が安く済むような感じがします。

  Pay As You Go
  https://www.h2owirelessnow.com/mainControl.php?page=planMin

 高いプランを売りつけられたのかと思って更に調べてみると、Pay As You Goプランでは日本の携帯電話への発信はできないようなことが書いてあるサイトもあります。
 正確なところはよく判りません。

 READY SIMを入れたIODESUは非常に遅いのですが、H2Oの回線はAT&Tのようなので、H2OのSIMをIODESUに入れたらどうなるか試してみました。

【IODESU+H2O SIM (Network Signal Information】
Iodesuh2o_sim_network_signal_inform

  Netの種類は「HSPA*14.4Mbps」となっています。
 これ位の帯域があれば問題ないかもしれません。

 おまけ:
 日本のSIMも挿してみました。

【IODESU+H2O SIM+IIJ SIM】
Iodesu_ready_simiij_sim

Tmobile_docomo

【参考外部リンク】
  Ready SIM: USA Prepaid SIM Cards for Short-Term Wireless Service
  https://www.readysim.com/

 H2O Wireless: Home
 https://www.h2owirelessnow.com/mainControl.php?page=index

 Prepaid Operator Profile: H2O Wireless
 Posted  April 3, 2014
 http://www.prepaidphonenews.com/2014/04/prepaid-operator-profile-h2o-wireless.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

[HNL08] アラモアナとワイキキでショッピング

 ショッピング編です。
  バスでドンキホーテとアラモアナセンターに行き、一旦ホテルに戻って徒歩でロイヤルハワイアンセンターに行きました。
 歳をとってくると、一寸出かけてホテルに戻って一休みし、また出かけるというパターンが多くなります。

【HOLUX ezTour (Don Quijote・Ala Moana Center)】
Holux_eztour_don_quijoteala_moana_c


 ドンキホーテは、お土産用のチョコレートを買うために行きました。
 お土産の定番はハワイアンホストですが、いつも同じものでは余り芸がないということで、今回はパッケージが一寸変わっているIsland Trioというのを買いました。

【Island Trio - Hawaiian Host】
Hawaiian_host_island_trio_1

Hawaiian_host_island_trio_2


 チョコレートが2粒入った袋が36袋入っています。
 仕事場用のお土産ですが、人員の増減の変化が結構大きいので、人数の確認を忘れて出発すると個数に一寸悩みます。
 30名を超えたことはないと思うので36袋あれば大丈夫でしょう。
 24個入りの場合は二つ買うかどうか悩みます。個数が少ないものは個別包装でないものが多いので配るのに難があります。
 容器が寸詰まりのバケツのような形をしているので、配ったときに(私が配った訳ではありませんが・・)一寸珍しがられました。
 このタイプのハワイアンホストはワイキキエリアでは見かけたことがないのですが、探せばどこかにあるのでしょうか?
 なお、Amazonでも5000円程度売っているようですが、ドンキホーテでは27ドル程度だったのでかなり安いです。

    

 他に何か面白そうなものはないかと思って電気用品売り場を覗いていたら昔懐かしいRCAのロゴマークを見かけました。
  何の製品かと思ったら目覚まし時計(アラームクロック)でした。
 単純な水晶時計ですが約$10です。  
 機能の割には一寸高いですがRCAブランドが珍しくて、自分用のお土産として買いました。

【RCA Alarm Clock RCD10】
Rca_alarm_clock_rcd10_1

Rca_alarm_clock_rcd10_2

Rca_alarm_clock_rcd10_3

Rca_alarm_clock_rcd10_4


 今ではAVケーブルのピン/プラグの種類という程度しか知られていませんが、昔は「RCA詣で」という言葉が存在した位の技術力がある大企業でした。

  RCA - Wikipedia - ウィキペディア
  https://ja.wikipedia.org/wiki/RCA

 今では、ブランドが切り売りされているような状態のようです。

  RCA Trademark Management
  http://www.rca.com/about/rca-trademark-management/

 一寸、PAN AMを思い出しました。

 昔話をしているときりがないので次の話へ・・・

  ドンキホーテの次にアラモアナセンターに行きました。
 目的のひとつは経営破綻したRadioShackの店がどうなっているのかを確認するためです。
 アラモアナセンターのラジオシャックでは、以前AT&T GoPhone (Samsung SGH-A157)とBoost (Kyocera Hydro)を買ったことがあります。
 もし営業していればSGH-A157用に新しくAT&T のSIMを購入しようと考えていました。
 フロアマップで見てみると1Dのエリアに「ラジオ・シャック」はあります。

【フロアマップ】
Ala_moana_center_floor_map_radiosha

 http://www.alamoanacenter.jp/images/maps/1_StreetLevel.jpg

 行ってみたら同じ場所に店舗がありました。

【RadioShack  (Ala Moana Center) 2015.6】
Radioshack_20156_ala_moana_centers


  ざっと見た限りでは大きな変化はないようです。
 パーツやエレキット的な商品は以前と同じように売っています。
 しかし、展示されている携帯電話の種類がかなり減っています。
 目的としていたAT&T のSIMはもう扱っていないようです。
 何社かの電話会社の契約は終了したので取り扱いができないというようなお知らせが貼ってありました。
 なお、以前は店員が2~3人いたような気がしますが今回は一人でした。他の人は昼食中だったかもしれませんが・・・ 
 安いSIMフリーのタブレットがあれば買って帰ろうと思ったのですが、展示機種が少なく、価格も結構高かったので、結局RadioShackでは何も買いませんでした。

 なお、行く前(5月末)にRadioShackのHPを見たときにはまだ準備中(Coming Soon)の状態でしたが、現在(2015.06.20)では正常に表示されているようです。(URLはcomingsoonになっていますが・・・)

  HONOLULU-ALA MOANA MALL
  http://comingsoon.radioshack.com/store?StoreID=014495

    No Contract & Unlocked Phones
    http://comingsoon.radioshack.com/no-contract-and-unlocked-phones

 古いタイプだと安いもの(Tracfone LG 530G No-Contract Phone $9.97)もあるようです。

 アラモアナセンターの中にAT&Tの店があるようですが、一寸疲れてきたので一旦ホテルに戻って休憩です。

 次は、ロイヤルハワイアンセンターです。

【HOLUX ezTour (Royal Hawaiian Center)】
Holux_eztour_royal_hawaiian_center


 同行者がANTEPRIMAのWIREBAGを見るということでお供です。

  ANTEPRIMA
  http://jp.anteprima.com/

 当方はWIREBAGって何なの?というレベルです。

【同行者が購入したWIREBAG】
Anteprima_wirebag


 日本で買うより安いそうです。
 購入価格は聞こえなかったことにします。

蛇足:
 特にお土産という訳ではないのですが、ホテルの近くのABCストアで自由の女神のデザインのBudweiserを売っていたので、記念品として買ってきました。

【Budweiser (Statue of Liberty)】
Budweiser_statue_of_liberty


 後で調べてみたら、何かのキャンペーン用の限定版のパッケージだったようです。
 そのうち価値が出てきたりするのでしょうか?

  Budweiser Launches Limited-edition Patriotic Packaging
  Commemorates partnership with National Park Foundation
  April 22, 2015, 12:24 pm
  http://www.progressivegrocer.com/departments/beverages/budweiser-launches-limited-edition-patriotic-packaging

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

[HNL07] HalekulaniのHouse Without A Keyで朝食

  今回のツアーでは2回分のミールクーポンが付いており、宿泊ホテル(トランプ)以外でも利用可能だったのでハレクラニのハウス・ウィズアウト・ア・キーを利用しました。
 特にここに決めていた訳ではないのですが、トランプからワイキキ方面に歩いていて、最初に見つけたミールクーポンが利用可能な場所がここでした。

   House Without A Key
   http://www.halekulani.com/jp/restaurant/house.php

 House Without A Keyについての予備知識は全く無かったのですが、行ってみると「これがハワイだ!」といった感じのレストランです。
 目の前に青い海が広がっており、左手にはダイヤモンドヘッドが見えます。

【House Without A Key】
House_without_a_key_halekulanis

Diamond_heads


 オープンエアの席でしたが、丁度建物の影になっていて直射日光は避けられました。
 時々小鳥(雀?)が食べ物を狙ってかなり近くまでやってきます。

【獲物(?)を物色中の3羽の小鳥】
Small_birds_house_without_a_key_hal

 食事がよいのは勿論ですが景色が最高です。
 高い位置から見晴らす景色も綺麗ですが、低い視線でも左右に視界が開けているというのも中々よいです。
 少し前に買ったXiaomi YiCameraで動画を撮ってみました。

【ハウス・ウィズアウト・ア・キーから見た風景】

 食事をしている間に、建物の影が移動してテーブルに日が当たるようになったので、2回テーブルを移動させました。
 普段は太陽の位置を意識することはありませんが、地球の自転速度(15°/h)を実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

[HNL06] Trump International Hotel Waikiki Beach Walkに泊まりました

 いつもはインターナショナル マーケットプレイスの近くのホテルに泊まるのですが、ネット情報では工事の音がうるさい場合があるようです。

  International Market Place
  http://shopinternationalmarketplace.com/

 HPには、"Opening on August 25, 2016"と書いてあります。来年の夏です。
 しばらくは工事が続きそうなので、少し離れたホテルに泊まることにしました。
 今回の旅行はツアープラン利用なので、いくつかのホテルの中から選ぶことができました。
 いままで泊まったことがないということと、評判が結構よさそうだということでトランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォークに泊まることにしました。

  トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
  http://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/

 今回のツアーは身分不相応に一寸張り込んだので、ホノルル国際空港からホテルまでは専用のリムジンです。

【送迎リムジンからの車窓風景】(Xiaomi YiCamera 1080p 30fps)

Limousine

  天気が良かったせいか、結構きれいに写っています。

  ホテルに到着したのは午前10時頃だったので、チェックインまではかなり時間があります。

【Trump International Hotel Waikiki Beach Walk】
Trump_international_hotel_waikiki_b

Trump_international_hotel_waikiki_2


 到着早々時間つぶしに出かけるのも疲れるので、それほど待たずにチェックインできる海が見える少し広い部屋にアップグレードしてもらいました。
 待っている間に別のスタッフがホテルの施設などの説明をしてくれました。
 たまたまなのかもしれませんが、対応してもらったスタッフは二人とも日本人で、非常に印象が良かったです。

 結局20分程度で部屋に入ることができました。

【部屋と外の景色】(Xiaomi YiCamera 1080p 30fps)

 綺麗な部屋で景色もなかなか良いです。
  電子レンジやお皿も備えられているので、簡単な食事を作ることも可能です。

  夜景も中々綺麗です。
 タイムラプスで夕暮れ風景を撮ってみました。

【ワイキキ・ビーチの夕暮れ】

Nightview_from_trump_international_

 到着翌日の朝食はホテル内にあるIN-YO CAFEに行きました。

【IN-YO CAFEで朝食】
Breakfast_at_inyo_cafe_trump_intern

  IN-YO CAFE
  http://www.trumphotelcollection.com/images/masthead/Waikiki-In-Yo-Cafe-Updated.jpg
  http://www.trumphotelcollection.com/waikiki/restaurants-honolulu-hawaii.php

 さすがに名前が知られたホテルだけあって、メニューが色々あります。
 特にフルーツ類がおいしかったです。

 最後の夜は部屋から花火見物です。
 このホテルを選んだ理由の一つは、毎週金曜夜の7時45分からヒルトン・ハワイアン・ビレッジで行われる花火を見るためです。
 このために金曜日が宿泊日に含まれるようにスケジュールを組みました。
 花火自体は5分間程度のようですが、一度は見てみたいと思っていました。

  Hilton Hawaiian Village Friday Fireworks & Events
  http://www.hiltonhawaiianvillage.com/resort-experiences/entertainment-and-events
  Fireworks Display 7:45 pm

 定刻少し前にラナイに出て待っていると、花火見物用の遊覧ヘリが何機か上空を旋回しています。
 結構なお値段($200程度?)がするようですが、一度は体験してみたいような気がします。

【トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォークから見たヒルトン・ハワイアン・ビレッジの花火】EX-ZR500 (Auto-focus)

 花火撮影時の原則である無限焦点に設定するのを忘れて、自動焦点のままで撮影したので、時々ピンボケになっています。
  一寸距離はありますが、なかなか綺麗でした。次回撮影時は∞にするのを忘れないようにしなければ・・・

  最後にホテルの感想です。
 Forbesで五つ星ホテルに選ばれたことだけのことはあって、施設・スタッフともに非常によかったです。
 スタッフが誇らしげにホノルル唯一の五つ星ホテルだと話していたのが印象的でした。

  A Forbes Travel Guide 5-Star Rated hotel
  Trump International Hotel Waikiki Beach Walk
  http://www.forbestravelguide.com/oahu-hawaii/hotels/trump-international-hotel-waikiki-beach-walk#cmpid=forbes_HN

   5つ星のホテル (ホノルル) Honolulu
   http://www.tripadvisor.jp/Hotels-g60982-zfc5-Honolulu_Oahu_Hawaii-Hotels.html

 気になったのは、シャワーの高さ(高い)と浴槽の栓(最初は使用法が判らなかった・・押して開閉する)位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

[HNL05] KE001 ホノルル国際空港着陸風景 (7分29秒)

 タイトルのまんまです。
  Xiaomi YiCameraのテスト用に着陸風景を撮ってみました。

【参考外部リンク】
 Honolulu International Airport
 FAA airport diagram
https://en.wikipedia.org/wiki/Honolulu_International_Airport#/media/File:HNL_-_FAA_airport_diagram.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

[HNL04] KE001(NRT-HNL A330-300)プレステージスリーパーシート

  今回の旅行の目的のひとつである大韓航空のプレステージスリーパーシートの印象を少し・・・

【A330-300 Prestige-class】
Ke001nrthnl_a330300_prestigeclass


  前のシートとの間にかなりの広さの空間があります。
 通常のシートの使用状態では無駄に広いような感じがしますが、シートをフルフラットの状態にすると、結構ぎりぎりの状態になります。
 靴は脱ぐのが前提になっているようで、下駄箱(靴箱?)が用意されています。

 さすがにフルフラットのシートは楽です。お尻が痛くなることがありません。
 しかし、楽であるから快適に眠れるとは限りません。
 これは個人差が大きいのかもしれませんが、ほぼ水平な状態になっても普通の睡眠姿勢とは異なるので、ぐっすり寝た感じはしませんでした。
 機内で真横になって寝るというのはなんとなく違和感があります。
  昔の寝台特急「あさかぜ」を一寸思い出しました。途中駅に停車するたびに目が覚めた記憶があります。
 シートの姿勢は3種類がプリセットされていますが、場合によっては水平よりも傾斜姿勢の方が違和感が無いかもしれません。

 何回も利用すればそのうちに慣れるのかもしれませんが、今後そんな機会は無いだろうし・・・

 贅沢な(?)環境に慣れていないせいかもしれませんが、寝るときとトイレに行くとき以外はエコノミーの方が結構便利でした。
 基本的に離着陸時には、手荷物は天井収納棚内に収納なので、手荷物の中のカメラアクセサリやタブレットを取り出すのが面倒です。
 巡航中は手元に置けますが、元に戻すことを考えると一寸面倒です。
 エコノミーの場合には、前のシートの下の空間に手荷物を突っ込んでおけるので、ベルトを外すことなく取り出すことができます。
 
 足元が広いのはいいのですが、個人用モニタと着座位置の距離がかなりあるので画面が見にくいです。
 モニタのサイズは普通のものより少し大きいのですが、当方のように目が悪いと一寸辛いです。
 結局一度も使いませんでした。

 機内誌なども前のシートの棚に置いてあるので、一寸見てみたいと思っても、いちいちベルトを外す必要があるので面倒です。
 なお、当方はトイレに行くとき以外は常時ベルトを着用しています。
 
 失敗談をひとつ。
 シートの横に小物入れのポケットがあるのですが、ポケットの中に小型の三脚を入れたままにしていたら、シートの姿勢を変えたときに、一本の脚がほぼ直角に折曲がっていました。
 シートの移動の状態を確認してみると、移動中のシートの側部がポケットの開口部を一時的に塞ぎながら移動する構造になっています。
 三脚の脚がポケットの開口面から外側に飛び出していたために、シートの姿勢を変えたときに、脚に剪断力が加わって折曲がったようです。
 普通はポケットに三脚のようなものを入れたりする人はいないので、多分問題はないと思いますが、開口部と移動部材の位置関係を変更したほうが更に安全かもしれません。

 次回は多分(100%?)エコノミーになるでしょう。

  個人的には、以前利用したSKY024(FUK-HND A330-300)のような、足が組める程度の空間があって、Wi-Fiが使えるような環境があればうれしいです。

【参考外部リンク】
 大韓航空 プレステージクラスサービス - Korean Air
 https://www.koreanair.com/content/koreanair/global/ja/traveling/classes-of-service.html#prestige-class

 プレステージクラス 機内サービス - Korean Air
 https://www.koreanair.com/global/ja/traveling/classes-of-service/prestige-class/in-flight-service.html

 プレステージスリーパーシート - Korean Air
 https://www.koreanair.com/global/ja/traveling/classes-of-service/prestige-class/prestige-sleeper.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

[HNL03] KE001(NRT-HNL A330-300 Prestige)のGPS/PC利用環境

  KALの場合は、無線機や携帯電話のような意図的に電波を送信する装置だけではなく、意図的に電波を送信する装置ではないテレビ・ラジオ等も使用禁止のようです。

  FlyTeam ニュース
  大韓航空、離着陸時の携帯用電子機器が利用可能に
  配信日:2014/03/05 07:55
  http://flyteam.jp/news/article/32544

 VHFのテレビ・ラジオの場合は、漏洩局部発振信号が、航空無線電話・航法システムで使用している108-137MHzの帯域に飛び込む可能性があるので、使用禁止は納得できます。

  航空無線電話・航法システムの概要        http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/koukuu_musen/pdf/070621_1_s2.pdf

 しかしながら、GPSの場合は局発周波数が大幅に異なるので、もしかしたら・・という淡い期待をして確認してみました。

  とりあえずシートポケットにあった安全のしおりを見てみました。

【Korean Air A330-300 Safety Information】
Korean_air_a330300_safety_informati

Korean_air_a330300_safety_informa_3


 ラジコン、ラジオ、無線機は明示的に禁止されています。一番上の装置はよく判りません。
 機内アナウンスでも、一般の電子機器の説明とは別に、テレビとラジオが名指しで禁止されていました。

 この段階で、GPSの使用は絶望的と思われましたが、最後の念押しでCAさんに聞いてみました。

  スマホに入れたGPS TESTの画面をCAさんに見せて、テレビ・ラジオは使用禁止なのは知っているが、GPSはどうかと聞いてみました。
 なお、スマホは航空機モード、アプリのGPS TESTはGPS offにしています。

【GPS TEST】(帰国後再現スクリーンショット)
Gps_test

 CAさんの返事は、「電波を受信するものは駄目」でした。
 これで諦めがつきました。
  米国の大手航空会社でも明示的にGPSを禁止しているところもあるし・・・

 GPSもADS-B受信用のSDRも駄目ということになると、機内での暇つぶしのネタがなくなってしまいます。
 AC電源とUSB電源はシートに付属しているので、タブレットなどは使えるのですが、手荷物は離陸時に天井収納棚に入れておく必要があるので、巡航状態になってから取り出すのが面倒です。

【KE001(NRT-HNL A330-300 Prestige)のAC電源】
Ke001nrthnl_a330300_prestige_ac_pow

Ke001nrthnl_a330300_prestige_ac_p_2
(自席の足元の横 110V 60Hz)

【KE001(NRT-HNL A330-300 Prestige)のUSB電源】
Ke001nrthnl_a330300_prestige_usb_po

Ke001nrthnl_a330300_prestige_usb__2
(自席の背もたれの横)
 傾いて見えるのは気のせい? 意図的?

 結局、手荷物を天井収納棚から出すことはなく、電源も利用しませんでした。

 カメラだけは手持ちで持ち込んでいたので、どうにか利用できました。

【参考外部リンク】
SeatGuru
Airlines >Korean Air >Planes & Seat Maps >Airbus A330-300 (333)
http://www.seatguru.com/airlines/Korean_Air/Korean_Air_Airbus_A330-300.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

[HNL02] KE001(NRT-HNL A330-300)搭乗風景

 最近買ったGoProもどき中華アクションカム"Xiaomi YiCamera"でKE001の搭乗風景を撮ってみました。

【KE001(NRT-HNL A330-300)プレステージクラス搭乗風景】

[Korean Air(KE001 NRT-HNL) Prestige-class Boarding.mp4]
1920x1080 8Bit AVC/H.264 Main@4 1:1 Progressive 29.97fps 1743f 11968.61kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 128.00kb/s
[Extra][2]
MP4 Base Media v1
MetaData
[MPEG4] 00:00:58.158 (58.158sec) / 87,992,985Bytes
真空波動研Lite 140713 / DLL 140713 Unicode

 デフォルトの撮影条件は1080p/30fpsになっているようです。
  解像度は結構高いですが、低照度ではぶれ(モーションブラー)が目立ちます。

  偶然、SSSS(Secondary Security Screening Selection)の様子が写りこんでいました。
 レンズの画角が155度もあると意図しないものが結構写りこんでいます。

 この便では同行者がSSSSに当たって(選択されて)しまいました。
 同行者の場合は、搭乗券の発券の時点でカウンタのスタッフからゲートで検査があることが予め告げられていました。
 搭乗券にはしっかりとSSSSと印刷されていました。
 搭乗待ちで椅子に座っていると、同行者の名前が呼ばれて搭乗ゲートのところに来るようにという指示がありました。
 後で話を聞くと、どうも他の乗客の搭乗前に検査が行われたようです。
 プレステージクラスなので特別待遇だった?

 当方も以前SSSSに当たったことがありますが、そのときは搭乗ゲートを通過した途端にブザーが鳴って、列の外に引っ張り出されました。
 そのときは心の準備が無かったので一寸びっくりしました。
 エコノミーだと他の乗客が通過しているところで、靴を脱がされたり、ホールドアップさせられたりすることになります。

  ランダム選択は50人に1人程度のようですが、ネット情報を見ると、統計的な確率以上に運の悪い(良い?)人もいるようです。
 確率も偏在する? 

【参考外部リンク】
  Secondary Security Screening Selection - Wikipedia
  https://en.wikipedia.org/wiki/Secondary_Security_Screening_Selection

【関連内部リンク】
 2012年10月 6日 (土)
 [HNL1]搭乗ゲート通過時のランダム保安チェック(SSSS)に当りました
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/10/ssss-6c91.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

[HNL01] KALラウンジから見た成田空港A滑走路(タイムラプス)

 ハワイツアーの広告でフルフラットシート利用というのを見かけました。
 今までハワイへは何回か行ったことがあります(当然エコノミー)が、成田からホノルルまでは7~8時間かかるので結構疲れます。
 たまには楽をしたいということで、無い袖を無理やり振って、大韓航空のプレステージクラス(ビジネスクラス)を利用して行くことにしました。

 以下、手抜きで細切れの絵(動画)日記風にしてみました。

 今回はプレステージクラスということでラウンジが使えます。

【KALラウンジ】
Korean_air_lounge_1

Korean_air_lounge_2

Korean_air_lounge_3


 ラウンジからA滑走路と誘導路が見えたので、暇つぶしにEX-ZR500でタイムラプス撮影してみました。

Nrt_t1_rwya
(下記資料トから抜粋引用)
    成田空港レイアウト
    http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/layout_01.pdf

【KALラウンジから見たA滑走路】

 撮影間隔は1秒、再生速度は20fpsなので、20倍速です。
 撮影モードを標準に戻すのを忘れていたので、画質がトイカメラになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

KAISTのDRC-HUBOの勝因は「膝車輪」

  DARPA Robotics ChallengeでDRC-HUBOを使ったKAISTチームが優勝したようです。

  日経テクノロジーonline
  韓国KAISTチームが優勝、ロボットの国際大会・米DARPA Robotics Challengeで
  2015/06/08 17:52
  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150608/422186/

  中央日報
  賞金200万ドルの災害ロボット大会、韓国のヒューボが逆転優勝
  2015年06月08日10時27分
  http://japanese.joins.com/article/486/201486.html

    IEEE SPECTRUM
  Team KAIST Wins DARPA Robotics Challenge
  Posted 7 Jun 2015 | 0:17 GMT
  http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/humanoids/darpa-robotics-challenge-finals-winner

  参加チームの順位は以下のようになっています。

  DRC FINALS TEAM STANDINGS
  http://www.theroboticschallenge.org/
  (上記URLから抜粋引用)

  TEAM                 SCORE  TIME
  TEAM KAIST                   8  44:28
  TEAM IHMC ROBOTICS    8  50:26
  TARTAN RESCUE            8  55:15
  TEAM NIMBRO RESCUE   7  34:00
  TEAM ROBOSIMIAN         7  47:59
  TEAM MIT                       7  50:25
  TEAM WPI-CMU              7  56:06
  TEAM DRC-HUBO AT UNLV  6  57:41
  TEAM TRAC LABS               5  49:00
  TEAM AIST-NEDO               5  52:30
  TEAM NEDO-JSK                4  58:39
  TEAM SNU                         4  59:33
  TEAM THOR                       3  27:47
  TEAM HRP2-TOKYO           3  30:06
  TEAM ROBOTIS                 3  30:23
    TEAM VIGIR                       3  48:49
    TEAM WALK-MAN              2  36:35
    TEAM TROOPER                2  42:32
    TEAM HECTOR                  1  02:44
    TEAM VALOR                    0  00:00
    TEAM AERO                      0  00:00
    TEAM GRIT                       0  00:00
    TEAM HKU                        0  00:00

  上位3チームは結構接戦だったようです。
 スコアは同じですがタスク達成時間が最短ということでKAISTチームが優勝となりました。

 以下の記事に勝因について書いてありますが、転倒防止のための膝をついての作業と、移動時間短縮のために膝に設けた車輪が有効だったようです。

  How South Korea's DRC-HUBO Robot Won the DARPA Robotics Challenge
  Posted 9 Jun 2015 | 14:00 GMT
  http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/humanoids/how-kaist-drc-hubo-won-darpa-robotics-challenge

 なお、「膝車輪」付きのロボットのアイデアは日本にもあったようです。(他特許の存在、権利の有効性などは未確認です)
 特許第4258456号
4258456


 【特許請求の範囲】(出願時)
 【請求項1】
  上腿と、上腿に膝関節を介して接続された下腿と、下腿に足首関節を介して接続された足平を有する脚リンクを一対備え、その一対の脚リンクで歩行する人型のロボットであって、
  膝関節近傍に設けられ、ロボットが膝を折り曲げたときに接地する膝車輪と、
  膝車輪を駆動する装置を備えることを特徴とするロボット。

 【特許請求の範囲】(登録時)
 【請求項1】
 上腿と、上腿に膝関節を介して接続された下腿と、下腿に足首関節を介して接続された足平を有する脚リンクを一対備え、その一対の脚リンクで歩行する人型のロボットであって、
 膝関節近傍に設けられ、ロボットが膝を折り曲げたときに接地する膝車輪と、
 膝車輪を駆動する装置と、
 足平に設けられ、膝車輪とともに接地する自由回転可能な足平車輪と、
を備えており、
 足首関節は、ピッチ軸とロール軸の2つの回転軸を有しており、
 足平車輪が接地しているときに、足平車輪を旋回させるときにはトレール値をゼロとし、旋回が終了したらトレール値が付与されるように足首関節を制御することを特徴とするロボット。

 引用された先行技術文献を見た範囲では、もう少し広いクレームで頑張れたような気がしないでもありません。
 (外野からは何とでも言えますが・・・・)

(54)ROBOT
(57)Abstract
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a traveling robot which performs stable walking.
SOLUTION: The robot 10 is formed of a pair of leg links each having an upper thigh 20, a lower thigh 22 connected to the upper thigh 20 via a knee joint 21, and a foot 24 connected to the lower thigh 22 via an ankle joint 23. The robot is a humanoid robot performing walking by the pairing leg links. Each leg link is comprised of a knee wheel 25 which is arranged in the vicinity of the knee joint 21, for grounding when the robot 10 folds the knees, and a drive unit for driving the knee wheel 25. The leg links of the robot 10 are low in moment of inertia, and therefore the robot can perform stable walking.

 なお、下記のサイトで「膝車輪」で検索するとヒットします。

  特許情報プラットフォーム
  https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

【参考外部リンク】
 Gizmodo
 DARPA・ロボティックス・チャレンジについて、あなたが知っておくべき全てのこと
 http://www.gizmodo.jp/2015/06/highdarpa_1.html

 Defense Advanced Research Projects Agency
 www.darpa.mil/

 KAIST
 http://www.kaist.ac.kr/html/kr/index.html

 휴보, ‘DARPA 로보틱스 챌린지’ 결선대회 우승
 작성자 : PR Office 등록일 : 2015-06-07
 http://www.kaist.ac.kr/_prog/_board/?code=kaist_news&mode=V&no=35261&upr_ntt_no=35261&site_dvs_cd=kr&menu_dvs_cd=0601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »