« SF小説「オービタル・クラウド」を読んで一寸気になった点(その2・ネタバレあり) | トップページ | DVDレコーダの冷却ファンの向きを逆にしたら1年9ヶ月でファンエラー発生 »

2015年7月19日 (日)

SDRアプリ(RF Analyzer)でJA8(50MHz,CW,Es)を受信しました

 今日(2015.7.19)の朝(09:00JST頃)、ブログのサイドバー”Solar”を見てみるとEsEU 50MHz ESとなっています。
 もしかして日本でもEスポが出ているのではないかと思って、Android SDRアプリ"RF Analyzer"で50MHzを受信してみると50.1~50.4MHz付近に幾つか信号が見えます。
 "RF Analyzer"は、復調しない場合は2MHz幅を表示できるので、時々50~52MHzを表示させているのですが、普通は殆ど入感がありません。

Receiving_5052mhz_by_sdrrf_analyzer


 比較的強い局があったので、復調モードに切り替えて受信してみました。
 今朝は、JA8の局が聞こえています。(当局のQTHはJA1)

 受信条件は以下の通りです。
  アンテナ:2Fベランダの床に置いた1.5mホイップ
  チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T+RTL2832U)
  Androidタブレット:Hyundai T7
   SDRアプリ:RF Analyzer(v1.12)
   復調モード:USB(Upper Side Band)

 受信したのはJA8の二文字コールのOMさんです。
  好みのトーンになるようにタッチパネルで周波数を微調整するのは非常に難しいです。

 6mは中々面白いのですが、現在居住の建物は手摺へのアンテナ取り付けは禁止なのでオンエアは一寸難しいです。
 大昔は自作2E26と3エレ3八木で、その後FT-620とHB9CVで使っていましたが、今はリグもないし・・・
  出力3Wの2E26(AM)で約6000km離れたVK4NGとQSOできて喜んだことを思い出します。

【関連内部リンク】
 2015年2月20日 (金)
 Android SDRアプリ"RF Analyzer"をDVB-Tチューナで使ってみました
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/02/android-sdrrf-a.html

|

« SF小説「オービタル・クラウド」を読んで一寸気になった点(その2・ネタバレあり) | トップページ | DVDレコーダの冷却ファンの向きを逆にしたら1年9ヶ月でファンエラー発生 »

SDR」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/61915467

この記事へのトラックバック一覧です: SDRアプリ(RF Analyzer)でJA8(50MHz,CW,Es)を受信しました:

« SF小説「オービタル・クラウド」を読んで一寸気になった点(その2・ネタバレあり) | トップページ | DVDレコーダの冷却ファンの向きを逆にしたら1年9ヶ月でファンエラー発生 »