« FLEAZ F5に入れたADSB Receiverでリアジェット(Learjet)のようなアイコンが表示されました | トップページ | Android用ADSBアプリFlightFeederを使ってみました »

2015年8月15日 (土)

FLEAZ F5によるポータブルAndroid SDRセット

 先日購入した5インチスマホCovia FLEAZ F5 CP-F50aKでSDR TouchやRF Analyzer等のSDRアプリが動作することは確認できましたが、スマホ本体とチューナとアンテナが別々では、移動しながら使用する場合は不便です。

 Android端末として7インチのHyundai T7を使用していたときには、少し大きめの汎用7インチタブレットケースにHyundai T7とチューナUSBドングル(DVB-T+DAB+FM)を両面テープで貼り付けて、アンテナはチューナに直挿ししました。

 FLEAZ F5の場合も同じような構造にしようと思ったのですが、FLEAZ F5を普通の通話用スマホとして使う場合を考えると、チューナが付属したままだと使いにくいし、胸のポケットにも入りません。

 ということで、FLEAZ F5の場合は、保護ケースの裏面にチューナを面ファスナ(ベルクロ)で貼り付けて、チューナを着脱可能にしました。アンテナをチューナに直挿しする点は同じです。

【FLEAZ F5】
Portable_android_adsb_sdr_setfleaz_

Portable_android_adsb_sdr_setflea_2

Portable_android_adsb_sdr_setflea_3

Portable_android_adsb_sdr_setflea_4

Portable_android_adsb_sdr_setflea_5


【FLEAZ F5 SDRセット(上)とHyundai T7 SDRセット(下)】
Fleaz_f5_sdr_and_hyundai_t7_sdr


 Hyundai T7のときよりもかなり小型化されたので移動用に便利になりました。
 バッテリもSDRを常時動作させた状態で2時間程度もつので、一寸した暇つぶしの役には立ちそうです。
 望ましくは、Hyundai T7のように専用の充電端子が設けられていると、滞在先で連続使用が可能なのですが、いまのところ、FLEAZ F5でデータ通信と充電を同時に行うことができるかどうかは判りません。

 しばらく使って見た印象ですが、チューナにアンテナを直挿しした場合には、ノイズやスプリアスをかなり拾っているみたいです。
 デジタルチューナの場合には、アンテナ直下型チューナが良いとは限らないというようなことをどこかで聞いたような気がしますが、これと関係があるのかもしれません。

 課題としては、とりあえず以下の二つがあるので、そのうち勉強してみます。
  ・SDR動作と充電動作を両立させる。
  ・不要信号の飛び込みを軽減する。

|

« FLEAZ F5に入れたADSB Receiverでリアジェット(Learjet)のようなアイコンが表示されました | トップページ | Android用ADSBアプリFlightFeederを使ってみました »

Covia FLEAZ F5」カテゴリの記事

HYUNDAI T7」カテゴリの記事

SDR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/62087691

この記事へのトラックバック一覧です: FLEAZ F5によるポータブルAndroid SDRセット:

« FLEAZ F5に入れたADSB Receiverでリアジェット(Learjet)のようなアイコンが表示されました | トップページ | Android用ADSBアプリFlightFeederを使ってみました »