« ヘリ遊覧(横浜スカイクルーズ)付きバスツアーに行ってきました | トップページ | 韓ドラに出てきた盗聴用(?)の27MHzCBトランシーバ »

2015年9月20日 (日)

訳有り(Status:0xc000000f)のThinkPad X230を貰いましたが・・・

 ・・・現時点ではリカバリできず。

 知人が新しくPCを買ったということで、それまで使っていたLenovoのノートPC ThinkPad X230 SSD(Windows 7)を譲ってもらえることになりました。
 当方が現在使っているCF-W4(Windows 7)に比べて高スペックのようなので、ラッキーと思っていたら、何か問題が発生したようです。

 話を聞いてみると、SSDのデータの移行を完了してリカバリしようとしたら、処理の途中で先に進まなくなったようです。
 色々やってみたけれど駄目だったとのことです。
 当方が貰うPCに手間を掛けさせては申し訳ないので、現状で譲ってもらうことにしました。

 外観をざっと見ると、かなり使い込んだ感じです。

【電源コード】
Thinkpad_x230__1

Thinkpad_x230__2

【ゴム足】
Thinkpad_x230

【キートップ】
Thinkpad_x230_2


 外回りでも使っていたということで、かなり過酷な使い方をされたようですが、リカバリ作業直前までは正常に動作していたようです。

 とりあえず電源を入れてみると、ThinkPadのロゴが表示された後に、Windows Boot Manager(以下、WBM)の画面が表示されます。

【Windows Boot Manager】
Thinkpad_x230_windows_boot_manager_

Thinkpad_x230_windows_boot_manage_2

Thinkpad_x230_windows_boot_manage_3


  Windows installation discが要求されており、Windowsが立ち上がりません。
 なにかファイルが足りないようです。
 Statusは 0xc000000fとなっています。
 "Status: 0xc000000f"で検索してみると、以下のような情報がありました。

  Inspiron one2310の修理STATUS:0xc000000f
  http://www.ecowing.com/inspiron-one2310%e3%81%ae%e4%bf%ae%e7%90%86status0%ef%bd%98%ef%bd%83000000%ef%bd%86/

 この説明によれば、原因は、HDDのブート部分の指定が違うか壊れているかのどちらかということのようです。
 対処方法としてシステム修復ディスクを使用することが書いてありますが、知人は持っていない(作っていない)ようです。

  外部ディスク無しでもDtoDで修復可能なようなので、最初にF11を試してみました。
 しかしながら、一瞬だけ Launching the recovery utility の文字が表示されるだけでリカバリの画面には進まずにWBMの画面に戻ってしまいます。

 念のため他のファンクションキーも確認してみました。

   F1:ThinkPad Setup (BIOS)
Thinkpad_x230_thinkpad_setup_bios

    F2~F9:WBM(Windows Boot Manager)の画面に戻る

  F10:Lenovo Diagnostic
Thinkpad_x230_lenovo_diagnostic

    F11:Launching the recovery utility(一瞬表示)→WBM
Thinkpad_x230_launching_the_recover

    F12:Entering Boot Menu(一瞬表示)→WBM
Thinkpad_x230_entering_boot_menu



  残念ながら簡単にはリカバリすることは難しいようです。

 修復ディスクが必要ということであれば、Lenovoからリカバリーメディアを購入する必要があります。

  リカバリーメディアお申し込み
  https://service.lenovojp.com/rm/rcd.nsf/frcd_top?openform
 
  リカバリーメディアのサービス提供期限
  http://support.lenovo.com/ja_JP/research/hints-or-tips/detail.page?LegacyDocID=SYJ0-02F4CDF

 価格的には許容範囲ですが、本当にこれで修復できるの?という不安が残ります。
 SSDのセクタが不良の場合でもOKなのでしょうか?

 リカバリーメディアを購入する前にSSDの状態を確認したいのですが、Windowsが立ち上がっていないので、このままでは手も足も出ません。

 SSDを抜き出して他のPCでチェックすることも考えられますが、手元に適当なツールがありません。

 Windowsが使用できないということになると、DOSレベルまで下りて行く必要がありそうです。
  MS-DOSはconfig.sysで挫折しているので、超基本的なコマンドしか知りません。
 DOSレベルで使用可能なHDD(SSD)チェックアプリを探してみたら、DOS版SeaToolsというのがありました。

  DOS版SeaTools
  http://www.seagate.com/jp/ja/support/downloads/item/seatools-dos-master/

 提供元がSeagateであれば信用できるであろうということでこれを使ってみることにしました。
 Basic Testsの中のShort TestとLong Testをやってみました。

  1回目は両方とも合格でしたが、2回目(次の日)はLong Testが不合格になりました。

【SeaTools Long Test合格】
Long_test_passed

【SeaTools Long Test不合格】 
Long_test_failed

Errors_detected

Long_test_errors


 メッセージを見てみると、セクタ不良のようなことが書いてあります。
  重要なデータはすぐにバックアップした方が良いようなことが書いてあるので、故障が進行中ということでしょうか?

 SSDの中身はどうなっているのかと思って覗いてみたら、CドライブにはSeaTools関係のファイルだけしかないような感じです。

【Cドライブ】
C_drive


 正常な状態では、リカバリデータはQドライブに入っているようなのですが、現時点ではQドライブが存在しているのか否か、どのようにして表示させるのかがよく判りませんでした。

 X230のLenovo DiagnosticでもHDD(SSD)のチェックができるようなので、SeaToolsの検査の後に、これも試してみました。

【Lenovo Diagnostic】
Lenovo_diagnostic_result


  こちらの検査では、サポートされていないDrive Self Test(DST)以外は合格となっています。
  データの読み方をよく理解していませんが、PASSED, FAILEDの文字だけから判断すると、数日の間に故障したり回復したりしているように見えますが、そんなことがあるのでしょうか?

  以前HDDが故障したときには、最初になんとなく読み書きが遅くなり、次にファイル名は表示されるがデータが読めなくなり、最後はファイル名も読めなくなりました。
 HDDの場合は機械的要素が多いので徐々に不調になる可能はあると思いますが、純電子的なSSDの場合でもそのようなことがあるのでしょうか?
 物には寿命があるので故障は不可避ですが、リカバリ直前まで正常に動作していたというのが、一寸気になります。

 SSDの現物を見たことがないので、引っ張りだしてみました。

【Micron RealSSD C400 2.5 128GB】
Micron_realssd_c400_25_128gb_1

Micron_realssd_c400_25_128gb_2


 色々やってみましたが、時間がかかった割には症状は全く改善されませんでした。
 というか、症状が重くなりました。
 別の怪しげなDOS用のHDDチェックアプリを使ったら、CドライブがYドライブに書き換えられて、Windows Boot Managerも起動できなくなりました。かろうじてBIOSの設定だけはできます。
 訳も判らすに色々触るとろくなことにはなりません・・・

 現在の状況から判断すると、SSDは完全にアウトになっている訳ではないようなので、できれば不良セクタ回避などで今のSSDをこのまま使い続けたいところですが、一寸難しそうです。

 現在のSSDとコンパチのSSD(HDD)と新規インストール用のOSとが安く入手できたら、再度リカバリを試してみたいと思います。

|

« ヘリ遊覧(横浜スカイクルーズ)付きバスツアーに行ってきました | トップページ | 韓ドラに出てきた盗聴用(?)の27MHzCBトランシーバ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

MicronのSSDは不具合がありlenovoの下記ページのファームアップで改善するかもしれません

https://support.lenovo.com/jp/ja/documents/ht076505

おためしあれ

投稿: ひろ | 2015年9月27日 (日) 16時52分

ひろさん
情報を有難うございます。
とりあえず起動CD版のファームウェア(micron-c400.070H.iso)を試してみましたが、残念ながら起動しませんでした。
説明ではハードディスクパスワードを解除する必要があるような感じですが、PW入力要求は無かったので、正常に読み込めていないのかもしれません。
なお、他のDOSアプリは読み込めているので、外付けDVDの故障ではないようです。
Windows実行版もあるようなので、次はこれを試してみたいと思います。
SSDを抜いて他のPCに接続する必要がありそうなので、もう少し時間がかかりそうです。
どうも有難うございました。

投稿: K | 2015年9月28日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/62320493

この記事へのトラックバック一覧です: 訳有り(Status:0xc000000f)のThinkPad X230を貰いましたが・・・:

« ヘリ遊覧(横浜スカイクルーズ)付きバスツアーに行ってきました | トップページ | 韓ドラに出てきた盗聴用(?)の27MHzCBトランシーバ »