« Xiaomi YiCamera撮影テスト@秋葉原(手振れ補正/顔ぼかし適用) | トップページ | ボディースキャナProVision ATDとProVision 2の違い »

2015年10月28日 (水)

Xiaomi YiCamera用簡易スタビライザを作りました

 本物のスタビライザは高いので、自撮り棒を利用してXiaomi YiCamera用のスタビライザを作ってみました。
 材料は安い自撮り棒とホームセンターで売っている金属プレートだけなので、費用は500円程度だと思います。
 金属プレートは、カメラのカウンターバランスとして使用します。

【Poor Man's Stabilizer for Xiaomi YiCamera】
Poor_mans_stabilizer_for_xiaomi_yic

 使い方は、自撮り棒が2段になるように引き出して、重心付近を指で軽く挟んで持ちます。
 指先を人間ジンバルとして作用させることになります。

 この簡易スタビライザだけでは手振れ防止の効果は少ないので、撮影後にYouTubeの事後手振れ補正"Stabilize"を適用します。

 先日撮った秋葉原の動画は、この簡易スタビライザとYouTubeの"Stabilize"で手振れを補正したものです。
 画像が妙に歪みますが、揺れはかなり少なくなります。。

|

« Xiaomi YiCamera撮影テスト@秋葉原(手振れ補正/顔ぼかし適用) | トップページ | ボディースキャナProVision ATDとProVision 2の違い »

カメラ」カテゴリの記事

ステディカムもどき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/62568251

この記事へのトラックバック一覧です: Xiaomi YiCamera用簡易スタビライザを作りました:

« Xiaomi YiCamera撮影テスト@秋葉原(手振れ補正/顔ぼかし適用) | トップページ | ボディースキャナProVision ATDとProVision 2の違い »