« SDR用ネックストラップアンテナ(Sleeve Ant Ver.) | トップページ | 在京AM3局ワイドFM本放送開始 »

2015年12月 3日 (木)

LEDの+/-とスピーカ出力の+/-を一致させる意味?

 先ほどテレビを見ていたら、アンプのスピーカ出力でLEDを点灯させる実験のようなものをやっていました。
 実験自体は特に珍しいものではありませんが、一寸気になった部分がありました。
 スピーカ端子の+/-とLEDの+/-が一致するように接続するという説明があったのですが、どんな意味があるのでしょうか?
 スピーカ出力の+/-は交流信号の位相の問題であり、LEDの+/-は直流信号の極性の問題なので、普通に考えたら関係ないような気がします。
 しかもスピーカ出力の+/-は、複数のスピーカが存在する場合に問題となる事項と思われます。
 スピーカの+端子は、正電圧が印加されたとき(電流が流れ込んだとき)にボイスコイル(コーン)が飛び出る方向に移動することを意味します。
 極性が逆でもLEDを肉眼で見る限り、多分差は判らないでしょう。
 ハイスピードカメラ程度に目の周波数特性が良い人は、太鼓の一拍目でLEDが点灯するのが一瞬(最初の半サイクル)遅れるのが判るかもしれません。

 なお、磁気ヘッドのようなDCバイアス方式のスピーカが存在する場合には極性を考慮する必要があるかもしれません。

【参考外部リンク】
TOA
HOME > 音の研究室 > サウンドシステム設計 > 2.BGM系サウンドシステム
http://www.toa.co.jp/otokukan/otolabo/theme1/ss2.htm
7.スピーカーの仕組みと極性合わせ

|

« SDR用ネックストラップアンテナ(Sleeve Ant Ver.) | トップページ | 在京AM3局ワイドFM本放送開始 »

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/62801330

この記事へのトラックバック一覧です: LEDの+/-とスピーカ出力の+/-を一致させる意味?:

« SDR用ネックストラップアンテナ(Sleeve Ant Ver.) | トップページ | 在京AM3局ワイドFM本放送開始 »