« V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を受信してみました | トップページ | i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 »

2016年3月 2日 (水)

100円イヤホンを「i-dio」Wi-Fiチューナの外付けアンテナに改造

 i-dioは音は良いのですが、現時点では受信が一寸弱いような感じがします。
 残念ながら自宅では受信できません。
  放送エリアマップを見ると、自宅はどうにかサービスエリアに入っていますが、Wi-Fiチューナを窓際においてもエラーとなります。

【付属アンテナ使用】
Idiowifi

【選局失敗】
Photo_2


 「i-dio」のWi-Fiチューナ(TUVL01)には外部アンテナジャックが設けられているので、ここにアンテナを外付けすれば受信できるかもしれないということで試してみました。
  i-dio東京局(JOLZ-MM3)の周波数は約105MHzなので、1波長は約2.86mになります。
 アンテナのエレメントの長さは、λ/4ホイップでは約71cm、λ/2ダイポールでは約142cmです。(波長短縮率は無視)

 プラグはイヤホン用の3.5mφのものが使用できるようなので、手抜きで100円ショップで買ってきたイヤホンを改造しました。
 改造と言っても、イヤホンのイヤピースの部分を切り取って、コードを約70cm裂くだけです。

【イヤホンコード流用アンテナ】
100_1

100_2

100_3

100_4

【「i-dio」Wi-Fiチューナの外付けアンテナ】Idiowifi_2

【i-dio受信中】
Idio


【電界強度?(アンテナ1本)】
Photo_3


 やっとアンテナが1本立って受信できるようになりました。

余談:
 短時間しか触ってしませんが、ユーザインタフェースがあまりユーザフレンドリーで無いような感じがします。
 受信できない原因が、電界強度にあるのか、Wi-Fi接続にあるのかの判断が難しいです。
 聞いているといつの間に接続が切れていることが結構あります。
 電界強度と接続状態の表示をもっと明確にしてくれるとありがたいです。

|

« V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を受信してみました | トップページ | i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/63291448

この記事へのトラックバック一覧です: 100円イヤホンを「i-dio」Wi-Fiチューナの外付けアンテナに改造:

« V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を受信してみました | トップページ | i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 »