« i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 | トップページ | ペッパー(pepper)がショッピングセンターで売られていました »

2016年3月 5日 (土)

「i-dio」Wi-Fiチューナにネックストラップアンテナを外付け

 「i-dio」のWi-Fiチューナ(TUVL01)に付属しているテレスコピックアンテナの長さ(約19cm)は、放送波(JOLZ-MM3)の周波数(約105MHz)を考えるとかなり短いような気がします。

 放送波の1波長は約2.86mなので、移動受信用の一般的なλ/4ホイップではエレメントの長さは約71cmになります。(波長短縮率は無視)
 付属アンテナの長さは約27%(=19cm/71cm)しかありません。
 Wi-Fiチューナのサイズが小さいし、移動しながら使用することを考えると、長いアンテナは難しいかもしれません。

 とは言っても現在の付属アンテナでは、一寸環境が悪くなると受信が難しいので、移動用の外付けアンテナを検討しました。
 先日、イヤホンを改造して外付け用のダイポールアンテナを作ったのですが、これを電車の中で使うのは無理があります。
 エレメント長さが確保できて、あまり目立たないようにということで、ネックストラップアンテナを作ってみました。
 材料は例によって100円ショップで買ってきたネックストラップとイヤホンです。

【ネックストラップとイヤホン】
Neck_strap_antenna_1Neck_strap_antenna_2

【イヤホンコードをプラグから70cmのところで切断】
Neck_strap_antenna_3_2

【イヤホンコードを根元まで引き裂く】
Neck_strap_antenna_4

【イヤホンコードのホットエンド(信号側)を確認】
Neck_strap_antenna_5

 経験と直感では赤い方がホットエンド(信号側)ですが、100円イヤホンで位相まで管理しているとは思われないので、テスタで確認するのが安全です。
 結果的には赤い方がホットエンドでした。

【コールドエンド(アース側)のイヤホンコードを根元から切断】
Neck_strap_antenna_5a

Neck_strap_antenna_5b

コールドエンド(アース側)=ホットエンド(信号側)ではないほう

【イヤホンコードをネックストラップの中に押し込んで出来上がり】
Neck_strap_antenna_6

Neck_strap_antenna_7

Neck_strap_antenna_8


 肝心の効果ですが、東京タワーから離れる方向に移動する電車の中でのテストでは、Wi-Fiチューナの付属アンテナでは10分程度で受信できなくなっていたのでが、ネックストラップアンテナの場合は20分程度受信できました。
 なお、Wi-Fiチューナを首からぶら下げるのは一寸恥ずかしいので、Wi-Fiチューナをバッグに入れてネックストラップアンテナはバッグから少し外に垂らした状態で使用しました。    

 いわゆる紐アンテナ的使いかたです。

 対費用効果はそこそこという感じでしょうか?

蛇足:
 下記の記事に”モバキャスがVHF帯の周波数を使うため、製品が出る前は本体アンテナが「フェンシングの剣ぐらいになるのでは」と業界関係者に危惧されていた”と書いてありました。

  ドコモのスマホを狙う「NOTTV」 逆風下で飛べるか 
  2012/4/4 7:00
  http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK02010_S2A400C1000000/

  NOTTV(モバキャス)の周波数は約215MHzなので、1波長は約140cm、λ/4は約35cmになります。
 「フェンシングの剣」という話はどこから出てきたのでしょうか?

 これ(↓)が元記事?

   応募わずか1社…。新放送サービス、失速の真実
   なぜ、「モバキャス」は敬遠されたのか
   2011年9月15日(木)
   http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110914/222642/

 最後のほうに” 「フェンシング」と揶揄されるアンテナ付き携帯”という記載があります。
 登録者用の記事部分には”長さ約1.5メートルのアンテナが理想的とされる”と書いてあるようです。

 1.5mのアンテナといえば、大昔に使ったことがあるトリオの50MHzトランシーバTR-1000を連想します。
 (300/50MHz)×1/4でぴったり1.5mです。

 なお、 「フェンシング」については下記のブログを参考にさせて頂きました。

  文化通信 編集局ブログ“BunLOG”
  2011年09月26日
  「モバキャス敬遠」記事の違和感
  http://blog.livedoor.jp/bunkatsushin/archives/51299120.html

【関連外部リンク】
 シャープだから開発できたNOTTV初号機――「AQUOS PHONE SH-06D」誕生の秘密
 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1203/29/news003.html

|

« i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 | トップページ | ペッパー(pepper)がショッピングセンターで売られていました »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/63303138

この記事へのトラックバック一覧です: 「i-dio」Wi-Fiチューナにネックストラップアンテナを外付け:

« i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示 | トップページ | ペッパー(pepper)がショッピングセンターで売られていました »