« テレビの外部入力端子(HDMI等)が宿泊客に開放されているホテル | トップページ | サマーコンファレンス2016ブルーインパルス展示飛行(横浜)の飛行演目及び飛行経路 »

2016年7月12日 (火)

夢ポップスコンサートを見てきました

 家人のお供で、ポップスの懐メロコンサートのようなものに行ってきました。
 「夢ポップスコンサート」というものらしいです。

S


 最初に話を聞いたときには、あまり気乗りがしなかったのですが、チケットがあるということで、どんなものか見てみることにしました。
 テレビで見る懐メロ番組は、知名度だけで歌っているような印象があって、あまり期待していなかったのですが、ポップスをあまり知らない当方でも結構楽しめました。

 MCによる進行かと思っていたら、突然山本リンダの「どうにもとまらない」から始まって、夜のヒットスタジオ風に進みます。
 NHKの公開録画には何回か行ったことがありますが、結構ステージから遠かったので生という感じがあまり無かったのですが、今回はステージから10m程度でPAのスピーカの音圧でズボンの裾が震えるような条件だったので、結構迫力がありました。
 山本リンダはスパンコールがキラキラする衣装だったのですが、一つのスパンコールの面積がかなり広いため、照明光がスパンコールで反射して目に入射してまぶしいです。
 最近は4Kとか8KのTVがありますが、ダイナミックレンジ(ホワイトピーク)は生にはかないません。
 レーザビームで直接網膜に書き込めば、光源の輝きが再現できるかもしれませんが・・・

 話が横道にそれましたが、著名だから手を抜いているという感じはなくて、全体的にパワー全開という感じでした。
 山本リンダもパワフルでしたが、67歳の葛城ユキのスタイルと声には関心しました。
 当方とそんなに歳は違わないのに、この差はなんでしょう?
 もちろん手間とコストは掛かっているのでしょうが、根性が違うのかもしれません。

 大音量で一寸耳が疲れましたが、結構面白かったです。

|

« テレビの外部入力端子(HDMI等)が宿泊客に開放されているホテル | トップページ | サマーコンファレンス2016ブルーインパルス展示飛行(横浜)の飛行演目及び飛行経路 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/63907539

この記事へのトラックバック一覧です: 夢ポップスコンサートを見てきました:

« テレビの外部入力端子(HDMI等)が宿泊客に開放されているホテル | トップページ | サマーコンファレンス2016ブルーインパルス展示飛行(横浜)の飛行演目及び飛行経路 »