« 帽子取り付け用にウェアラブルカメラ HX-A1Hを買いました | トップページ | HX-A1Hでスローモーション撮影(LIFE-TOOLの切れ味) »

2016年12月28日 (水)

Future Tech ”Method-1”

  ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  @niftyニュース
  韓国企業、モビルスーツ型ロボットを開発・商用化へ
  2016年12月28日 05時40分 Record China
  https://news.nifty.com/article/world/china/12181-158919/

 大型の2足歩行ロボットのようです。

 映像を見てみました。

  Mech Robot Finger action (Korea Future Tech inc.) Method-1, KBS

  METHOD 1 un increible robot gigante

  World First MECH Robot (Method-1), Korean Future Technology

 見た印象は、歩く巨大なマジックハンドという感じです。
 大型で重そうなので、バランスをとって歩くのは難しいかも・・・
 躓いたら操作者が大変なことになりそうです。

 現時点では動力は外部から供給?
 
 折角動くのであれば、何か意味のある動きがあると実用性の判断がある程度できるのですが・・・
 前屈して床に置いてある荷物を持ち上げるとか・・・
 
 大型の必然性はどこにあるのでしょうか?
 災害時に自由度が高い重機として利用できるかもしれません。
 あるいは、Mitsubishi MK-6 Amplified Mobility Platform (AMP Suite)的に使うとか、リプリーが使うとか・・・

  DARPA Robotics ChallengeではDRC-HUBOを使った韓国のチームが優勝しているので、最終モデルでは完成度が上がっているかもしれません。

 

【参考外部リンク】
 Amplified Mobility Platform (Avatar) Vs. Exoskeleton Suit (Edge Of Tomorrow)
 https://iomnibus.wordpress.com/2015/08/29/amplified-mobility-platform-avatar-vs-exoskeleton-suit-edge-of-tomorrow/

|

« 帽子取り付け用にウェアラブルカメラ HX-A1Hを買いました | トップページ | HX-A1Hでスローモーション撮影(LIFE-TOOLの切れ味) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/64688398

この記事へのトラックバック一覧です: Future Tech ”Method-1”:

« 帽子取り付け用にウェアラブルカメラ HX-A1Hを買いました | トップページ | HX-A1Hでスローモーション撮影(LIFE-TOOLの切れ味) »