« 搭乗機のADS-B信号を受信してみました | トップページ | Future Tech ”Method-1” »

2016年12月27日 (火)

帽子取り付け用にウェアラブルカメラ HX-A1Hを買いました

  以前、キーホルダー小型カメラSA-1168にスマホ用のワイドレンズを外付けし、ケースの側面にクリップを接着することにより、帽子のツバに取り付けて視線に近い感じで撮影できるようにしたことがあります。

 しかしながら、ベースとなるカメラが1000円程度のものなので、画質が悪いです。また、ワイドレンズを外付けしましたが、期待したほどは画角が広くなりませんでした。魚眼レンズも使ってみましたが、画質が非常に劣化するという不都合がありました。

 帽子に取り付けることができて、画質がそこそこで、あまり価格が高くなくて、できれば簡単にスローモーション撮影ができるものを探してしたら、希望条件に合いそうなHX-A1Hというの製品がありました。

  ウェアラブルカメラ カタログ HX-A1H / HX-A500 - Panasonic
  http://panasonic.jp/catalog/ctlg/wearable/wearable.pdf

 当方が普通購入する製品の価格に比べて少し高い価格帯ですが、旅行の予定があるので、役に立つであろうということで購入しました。

【HX-A1H】
Hxa1h_1

 カメラをヘッドマウントに取り付けて撮影するのが、基本的な使い方のようです。
Hxa1h_2


 当方はイヤプロテクタを装着した状態で使用するつもりなので、カメラやヘッドマウントがイヤプロテクタと干渉しそうです。
Hxa1h_3


 解決方法としては、帽子のツバに取り付けるのが一番簡単なように思えます。

 SA-1168の場合は、小型で軽量だし、クリップも簡単に接着できたので、簡単に帽子のツバに取り付けることができましたが、HX-A1Hの場合は一寸検討が必要なようです。

【帽子のツバに取り付けたSA-1168(改)】
Hxa1h_6


 HX-A1Hは、SA-1168よりも若干大きくて重いので、それなりの保持力が必要になります。

【SA-1168(改)とHX-A1H】
Hxa1h_4

Hxa1h_5


 また、HX-A1Hに孔を開けたり接着剤を塗るのは避けたいです。

 ネットでHX-A1Hの固定方法を調べてみると、ヘッドマウントを使ったり、クリップマウントを使ったりする例が多いようです。
 いずれの場合でも、カメラ本体はかなり前方に突出した状態で片持ちで固定されています。

  反動によるブレを少なくするために、イメージ的には以下のような感じで帽子のツバに取り付けたいと思っています。

Hxa1h_7


 実際の撮影までにはまだ時間があるので、なにかいい手がないか検討してみます。

|

« 搭乗機のADS-B信号を受信してみました | トップページ | Future Tech ”Method-1” »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/64684442

この記事へのトラックバック一覧です: 帽子取り付け用にウェアラブルカメラ HX-A1Hを買いました:

« 搭乗機のADS-B信号を受信してみました | トップページ | Future Tech ”Method-1” »