« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月28日 (木)

QZS受信モニタ用PCをPloyer momo8wに変更しました

  現在、みちびき(QZSS)の衛星の受信状態をThinkPad X230(Windows 7)に入れたu-centerで表示して、10分間隔でキャプチャしています。
 X230はメインで使用しているPCなので、普通に使うときには、キャプチャ間に急いで操作したり、一旦キャプチャ動作を止めて操作する必要があり、かなり不都合です。

  別のPCを用意することにしましたが、手元にはまともに動作する他のPCがありません。
 探してみたら、以前実験用に買った中華PadのPloyer momo8wが出てきました。
 一応Windows 10が走るのでとりあえずこれを使ってみることにしました。

【momo8w】
Momo8w


 8インチのタブレットなので、あまり操作性はよくありませんが、一定間隔でキャプチャするだけなので、とりあえず使えそうです。
 なお、momo8wは専用USBハブを使用すれば、外部装置を使用しながらタブレットの充電が可能です。

 以下、受信画面のキャプチャサンプルです。

【QZS_20170927_120000-20170928_120000JST】
Qzs_20170927_12000020170928_120000j


  前半は何か”QZS-2は悲しからずや・・・1機漂う”といった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この日本地図には九州が・・・

 地図に日本がないとニュースになっているようですが・・・

    日本列島ない世界地図 韓国五輪組織委に是正要求 官房長官 | NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011158231000.html

 昔の話ですが地図ネタということで・・・
Map

 Figure 16の日本地図には九州がありません(黒く塗られている)。

 他の地図には九州が描かれているので、レタッチの筆が滑ったものと思われます。

 欧州から見たら日本はFar Eastなので・・・

  上記地図は下記資料からの抜粋引用です。

【出典】
  Impact sur le milieu marin des rejets radioactifs
  consecutifs a l’accident nucleaire de Fukushima-Daiichi
  4 avril 2011
  http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN-NI-Impact-accident-Fukushima-sur-milieu-marin_04042011.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

DVB-Tチューナで1575.42MHzの微弱信号(局発レベル)を生成

 amazonのGNSS/RNSS関連の商品を見ていたら、かなり安い(激安?)のGPS用アンテナがありました。

 商品の説明を見ると以下のようになっています。

・カラー : ブラック;全長 : 3 メートル
・SMAポート(オス)
・高感度アンテナ、LNAゲイン:25db、長さ:9フィート(3メートル)、中心周波数:1575.42MHz-3MHz/1575.42MHz+3MHz
・電圧:3~5V
・ウェイト : 60g

 LNA内蔵、SMAコネクタ付同軸ケーブル(3m)付属で¥599というのは安いです。

 当然No Brandですが、最悪の場合(ANT/LNA不良)の場合でも、SMAコネクタ付きケーブルは利用できそうです。
 具体的な使用予定はありませんでしたが、何かの実験で役に立つかもしれないと言うことで買うことにしました。
 (こうして段々ゴミが増えていく・・・)

【GPS外部アンテナ】
Gps_antenna


 買ったのはいいのですが、手元にはこのアンテナを接続できるようなGPSモジュールはありません。

 1575.42MH用のLNA内蔵アンテナ(電圧:3~5V)なので、SDRplay RSP2(1kHz~2GHz)の給電アンテナ端子(Port B:4.7V Bias-T)に接続すれば、原理的には入力信号のスペクトルが見える筈です。

 しかしながら、GPSの信号は非常に弱く、しかもスペクトルが拡散されているので、下記の資料の「図2.3」に記載されているように、ノイズレベル以下となっており、生の信号の状態では受信を確認することができません。

  GPSの基礎 - 東京工業大学松永研究室
  http://lss.mes.titech.ac.jp/~matunaga/TEXT-ElemnetofGPS.pdf

 このままでは、買ったアンテナが不良品か否かも確認できないので、なにか落ち着きません。
 一番簡単なのは、1575.42MHのテスト信号発生器を使うことですが、そのような洒落たものが手元にある筈がありません。

 なにか手はないかと考えてみたら、以前、アイコム BEACON No.168 「スマホにSDR TOUCH+ドングル」(https://www.icom.co.jp/beacon/talk/001895.html)のあとがきに書かれていたOH2FTG局の1270MHz送信実験の情報を参考にして、DVB-Tチューナドングルを利用して1090MHzの微弱信号を発生させたことがあったので、これと同じような手順で実験してみることにしました。

 原理は非常に簡単で、スーパーヘテロダイン受信機において、局発(局部発振器:local oscillator)の発振周波数が、発生させたい周波数と一致するように受信周波数を設定するだけです。
 昔の5球スーパーの時代であれば、生成希望周波数から中間周波数だけ上又は下に離れた周波数を受信すればOKですが、現在の受信機は複雑なので、色々なパラメータが絡んできます。
 たとえば、以下の条件を確認する必要があります。
・受信方式(ホモダイン、ヘテロダイン、スーバーヘテロダイン等)
・周波数変換段数(Zero-IF、シングルスーパー、ダブルスーパー等)
・ヘテロダイン方向(局発周波数:上側/下側)
・ヘテロダイン方向(中間周波数:上側/下側)
・中間周波数の値(昔は、455kHz,10.7MHz,27MHz,58MHzくらいしかありませんでしたが、いまは多種多様)
・局発がPLL構成の場合は、VCOの可変周波数範囲は?、VCOとミキサと間の分周器の有無?、分周比(1/N)は可変か?、Nの可変範囲は?、受信周波数と分周比の関係は?、どの部分の信号を目的周波数にするか?、等不確定要素が増えます。

 色々やって見たところ、当方の場合は、以下の関係で目的の周波数を生成することができましたが、一般性は無いかもしれません。

  fRF=fVCO/N-fIF

   fRF:受信周波数
   fVCO:VCO周波数(生成希望周波数)
   N:分周比
   fIF:中間周波数

 
 
  とりあえず実験してみました。

 実験環境は以下の通りです。

 漏洩局発信号送信用受信機
  アンテナ:なし
    チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T+RTL2832U) 
   Androidタブレット:Hyundai T7 
    SDRアプリ:SDR Touch(v2.67)

 漏洩局発信号受信用受信機
  アンテナ:今回購入した安いGPSアンテナ
   チューナ:SDRplay RSP2
  受信ソフト:SDRuno

 GNSS/RNSS用受信機(干渉チェック用)
   チューナ:GR-8013U(u-blox M8M)
   表示ソフト:u-center

 PC
    ThinkPad X230(Windows 7)

 生成希望周波数は、アンテナに印刷されていた"1575.42MHz"です。
  計算では受信周波数は、390.285MHzになります。
 単一周波数の連続搬送波であると、スプリアスとの区別がつけにくいので、三つの周波数をモールスのVのコードにしたがって順番に切り替えて、VVV・・・の音が受信できるようにしました。

  最初は、390.285MHzで試してみましたが受信できないので、周波数範囲を広げたら392MHz付近で1575.42MHzの局発漏洩信号が受信できました。

【1575.42MHz微弱信号の生成と受信】

  かなり弱いですが、DVB-Tチューナからの漏洩局発信号と思われる信号が受信できました。
 VVV・・の断続信号なので、スプリアスではないと思います。

 SDRplay RSP2の受信周波数精度はどの程度のものかはよく判りませんが、ADS-B信号を受信したときには、1090MHz付近に信号が見えていたので、極端にずれていることはないと思います。

 これで、購入したGPSアンテナは不良品ではないように思えますが、LNAが動作しているという保証はありません。
 念のために、給電能力がないPort Aのアンテナ端子の接続すると大幅に信号レベルが低下したので、LNAも動作しているようです。
 
 不良品で無いことを確認するために結構手間がかかりましたが、半分は勉強のようなものです。

 なお、漏洩局発信号は弱いですが、GNSS/RNSSの信号は非常に弱いので影響を心配していましたが、室外に設置したGR-8013Uの受信状態をモニタした範囲では、特に異状は見受けられませんでした。

【参考外部リンク】
 rtl-sdr.com
 Tagged: transmitting
 https://www.rtl-sdr.com/tag/transmitting/

 OH2FTG Labs‎ >
 RTL-SDR Transmitter experiments
 https://sites.google.com/site/oh2ftg/home/rtl-sdr-transmitter-experiments

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

QZSのC/Nの経時変化(GIFアニメ)3秒間隔

 3秒間間隔でキャプチャしてみました。
  「画面ライター」の最短キャプチャ間隔が3秒なので・・・

 2017/09/18 20:46:15 - 2017/09/18 20:47:42 JST
(左クリックで拡大。戻りボタン[←]で戻る。)
Qzs_3_sec_interval
                                           (横軸は1目盛り1秒)

 結構頻繁に信号が変化しています。
 表示の意味が未だよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

QZSのC/Nの経時変化(GIFアニメ)その3

 u-centerの"Satellite Position"と"Satellite Level History"のウィンドウを縦に並べてみました。

 2017/09/16 06:00 - 2017/09/17 06:00 JST (10分間隔)
Qzs17091606001709170600
(横軸の1目盛りは1秒)


  少しは見やすくなったかもしれません。

衛星の色の説明
Color-coding scheme for the docking windows and sky view
Colorcoding_scheme_for_the_docking_
(以下の資料から抜粋引用)
u-center User Guide
https://www.u-blox.com/sites/default/files/u-center_UserGuide_%28UBX-13005250%29.pdf

  飛んでる衛星は3機なのに、4個以上の日の丸が表示されることがあるのが不思議ですが理由はよく判りません。
  一つの衛星に複数のPRNが割り当てられていることと何か関係があるのでしょうか?

Qzss_20170907_133000

Qzss_20170914_065000



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

遅蒔きながらQZS-2の受信報告です

 仕事の帰りにスマホを見ていたら、QZSSのNMEAのGSAセンテンスの衛星番号が"02"となっていました。
 みちびき2号機(QZS-2, PRN194)と思われます。

【Screenshot_2017-09-15-17-19-09】
Screenshot_20170915171909

 PRN"194"が"Satellites Used"のリストの中に入っていました。

【Screenshot_2017-09-15-17-31-00】
Screenshot_20170915173100


 今まで同期がロックしていませんでしたが、 これでやっとGPSの補完衛星として機能することになるのでしょうか?

【2017/09/16 追記】
 2017/09/15付けでNAQU情報(http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html)が出ていました。

---------------------------------------
NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS (NAQU) 2017074
SUBJ: SVN002 (PRN194) USABLE JDAY 258/0905
1.      NAQU TYPE: PNT_USABINIT
        NAQU NUMBER: 2017074
        NAQU DTG: 150925Z SEP 2017
        REFERENCE NAQU: N/A
        REF NAQU DTG: N/A
        SVN: 002
        PRN: 194
        START JDAY: 258
        START TIME ZULU: 0905
        START CALENDAR DATE: 15 SEP 2017
        STOP JDAY: N/A
        STOP TIME ZULU: N/A
        STOP CALENDAR DATE: N/A

2.  CONDITION: QZSS SATELLITE SVN002 (PRN194) WAS USABLE AS OF JDAY 258
    (15 SEP 2017) BEGINNING 0905 ZULU.

3.  POC: - QZSS Services, HTTP://QZSS.GO.JP/
---------------------------------------
NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS (NAQU) 2017075
SUBJ: SVN002 (PRN194) USABLE JDAY 258/0930
1.      NAQU TYPE: L6_USABINIT
        NAQU NUMBER: 2017075
        NAQU DTG: 150935Z SEP 2017
        REFERENCE NAQU: N/A
        REF NAQU DTG: N/A
        SVN: 002
        PRN: 194
        START JDAY: 258
        START TIME ZULU: 0930
        START CALENDAR DATE: 15 SEP 2017
        STOP JDAY: N/A
        STOP TIME ZULU: N/A
        STOP CALENDAR DATE: N/A

2.  CONDITION: QZSS SATELLITE SVN002 (PRN194) WAS USABLE AS OF JDAY 258
    (15 SEP 2017) BEGINNING 0930 ZULU.

3.  POC: - QZSS Services, HTTP://QZSS.GO.JP/
---------------------------------------
NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS (NAQU) 2017076 NAQU TYPE: ALL_GENERAL
*** GENERAL MESSAGE TO ALL QZSS USERS ***
NAQU NUMBER 2017074 and 2017075 USABINIT are based on the health GOOD of SVN002. Then the trial services of

Satellite Positioning Services (PNT) and Centimeter Level Augmentation Service (CLAS) was started by Quasi-

Zenith Satellite System Services Inc.(QSS).
*** GENERAL MESSAGE TO ALL QZSS USERS ***

POC:- QZSS Services, HTTP://QZSS.GO.JP/
---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

Amazonプライムビデオの約1400タイトルが公開終了予定

 配信元との契約更新の関係でかなりの数のコンテンツの公開が終了するようです。

  INTERNET Watch>トピック>ネットの話題
  やじうまWatch
  視聴はお早めに、Amazonプライムビデオが約1400タイトルを1カ月以内に公開終了へ
  2017年9月11日 06:00
  http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1080036.html

 当方の場合は、DVDをレンタルするほどではないが、一寸見てみたい映画があるときに時々利用しています。
 最近では、「新感染 ファイナル・エクスプレス」を見たあとで、ゾンビ映画とはどのようなものかを確認するために、初めて「バイオハザード」を見ました、

 突っ込みどころは色々あります(当然Biosafety Level 4はクリアしている筈なのに・・)が、主人公がなかなか恰好良かったです。。

 当方は主に字幕版の洋画を見ることが多いのですが、面白そうな未見の映画で公開が終了するものがあるのかどうかチェックしてみることにしました。

  30日以内にプライム会員特典ではなくなる作品(Amazon.co.jp)
  https://www.amazon.co.jp/b?node=4217521051

 字幕版の外国映画で絞り込むと369件あるようです。

  検索結果 369 のうち 1-24件 字幕版
  https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_nr_p_n_feature_browse-b_1?fst=as%3Aoff&rh=i%3Aaps%2Cp_n_feature_browse-bin%3A2811928051&bbn=4217521051&ie=UTF8&qid=1505259908&rnid=2811926051

【字幕版外国映画】
Amazon


 1ページに24件表示されており、全部で16ページになっています。

 これを全部見るのは一寸大変です。
 並び替えの項目にあいうえお順があると少しは探しやすいような気がします。
 最近のU/Iは殆どGUIですが、場合によっては、1コンテンツ1行のテキストベースのリストの方が便利である場合があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

QZSのC/Nの経時変化(GIFアニメ)その2

 先日、QZSのC/Nの経時変化をGIFアニメ化したのですが、三つのウィンドウをキャプチャしたので、各ウィンドウの画像が小さくなり、一寸見難かったです。

 今回は、u-centerのウィンドウを二つに減らして試してみました。

【Satellite Level History / Satellite Position】
Qzs_cn_201709102100201709112100

 期間:2017/09/10  21:00~2017/09/11  21:00 JST

  前回より少しは見やすくなっているかもしれません。

 日の丸が沢山表示されることがありますが、同一時刻にC/Nの値が表示されるのは、3個までのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

翻訳アプリ「VoiceTra」は映画に弱い?

  新聞で翻訳アプリVoiceTraが紹介されていたので、一寸試してみました。

  VoiceTra(音声翻訳) - Google Play の Android アプリ
  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.nict.voicetra&hl=ja

  普通の文章では面白くないので、映画「カサブランカ(Casablanca)」の有名な台詞を入れてみました。

【Here's looking at you, kid.】
Heres_looking_at_you_kidvoicetra

【君の瞳に乾杯】
Voicetra


 人間の翻訳者であれば、ほぼ間違いなく"Here's looking at you, kid."→「君の瞳に乾杯」になると思いますが、VoiceTraでは一寸変な翻訳になっています。

 AI翻訳の場合には、ネット上の膨大な量の対訳例を収集しているはずなので、このような有名な翻訳の場合は、学習していてもいいような気がします。
 もしかしたらネット情報は信頼性が低いので採用しない?

  "Here's looking at you, kid."のGoogle検索結果
  https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4LENP_jaJP665JP665&q=%22Here%27s+looking+at+you%2C+kid.%22&gws_rd=ssl

  「君の瞳に乾杯」のGoogle検索結果
   https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4LENP_jaJP665JP665&q=%E5%90%9B%E3%81%AE%E7%9E%B3%E3%81%AB%E4%B9%BE%E6%9D%AF&gws_rd=ssl

  翻訳に際しては常に「不実な美女か貞淑な醜女か」という葛藤が発生しますが、どのように翻訳するかは、翻訳エンジンの設計思想に依存するので、VoiceTraの場合は、教科書的(貞淑な醜女的)な翻訳の優先度が高いのかもしれません。

 念のために、他のオンライン翻訳を試してみました。

【原文】Here's looking at you, kid.

【Google】ここであなたを見ている、子供。

【Bing】ここでは、子供を見ている。

【Excite】君のひとみに乾杯。

【Infoseek】君の瞳に乾杯。

【Webvlio】君の瞳に乾杯。

 期待したような機械翻訳をしているサイト(翻訳エンジンは未確認)もあるようです。
 大手の2サイトが、似たような意味不明な翻訳文なのが不思議です。

 VoiceTraの場合には、観光ガイド、IT系のマニュアル、特許の出願書類などを中心に、数千万文の対訳例を読み込ませたようですが、評価が高い洋画を100本程度をAIに見せれば、(忠実ではないが)もっと自然な訳になるかもしれません。

 
  キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」外国映画編(1999年版)
  http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/8310/movie2/best100a.htm
  (「カサブランカ」は94位(同位多数)になってます。)

Heres_looking_at_you_kiddvd

Dvd

 

 

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

「新感染 ファイナル・エクスプレス」を見てきました

 今までゾンビ系の映画は見たことがないのですが、以前「日本最大級のガジェット&テクノロジーサイト」を標榜するGIZMODEでこの映画が紹介されていたので、一寸気になっていました。

    GIZMODE
  バイオレンスで立ち向かう。韓国産ゾンビ映画「釜山行き」の新予告編
  2016.08.01
  https://www.gizmodo.jp/2016/08/train-to-busan.html

 ゾンビ(バイオ系)の映画では、「ウィルス流出→感染→ゾンビ化→非感染者を襲う→非感染者が逃げる」というパターンになることが予想されますが、この映画でも基本的にはこの流れに沿って話が進みます。
 突っ込みどころはありますが、話が良くできていて、非常に面白かったです。

 いわゆるジェットコースタームービーですが、最後にホロリと来ます(個人差があるかもしれません)。
 他のゾンビ映画は知らないので比較はできませんが、ゾンビ映画で涙腺が緩むのは珍しいかもしれません。

Korean_war_2 感想文は苦手なので詳細は他の人にお任せいたしますが、感染の可能性がある生存者を射殺すべきか否かの判断を下すシーンは、北と南の関係を考えずにはいられませんでした。
 また、ソウルから南のプサンに移動するのは、朝鮮戦争の際に、プサン付近以外は占領されてしまったことがあったことを連想しました。(地図はKorean War - Wikipediaから抜粋引用)

 映画の中でも、釜山が唯一の安全都市というような台詞があったような気がしますが、当時の状況のメタファーなのかもしれません。
 この映画の原題は、「부산행」(プサン行き)ですが、行先がプサンである必然性があったような気がします。

  英語版のリメイクの予定があるようですが、この映画は韓国固有の背景を含んでいるように思われるので、場所を変えた場合にはどうなるのでしょうか?

【参考外部リンク】
 『新感染 ファイナル・エクスプレス』ヨン・サンホ監督インタビュー 「クラシカルなゾンビ映画であり、誰でも楽しめる普遍的な物語」
 http://horror2.jp/20036

부산행 메이킹 하이라이트
釜山行きメイキングハイライト(Google翻訳)

'부산행' 군인 좀비는 어떻게 분장했을까?
「釜山行き」軍人ゾンビはどのように扮したのか?(Google翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

QZSのC/Nの経時変化(GIFアニメ)

 現在、みちびき(QZSS)の3機の衛星が周回している筈ですが、現在の運用状況はどのようになっているのでしょうか?

 公式サイトで関係がありそうなところをいくつか覗いてみました。

--------------------------------
  ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>NAQU情報>NAQU情報
  http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html

 2017/08/19付けの"2017063"にはPRN199の打ち上げの情報がありますが、2017/08/20付けのL1C/Aに関する"2017067"にはPRN193の情報しか記載されていません。
 特に新しい情報は無いようです。
--------------------------------
  ホーム>技術情報>各国の測位衛星>各国の測位衛星
  みちびき
  http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html#QZSS

 みちびき初号機(QZS-1)は運用中(In Operation)、みちびき2号機(QZS-2)は検査中(In testing)となっています。
 特に新しい情報は無いようです。
--------------------------------
  ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>Constellation Information
  http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html

  L1C/Aに関しては以下のようになっています。
                             Operation
      QZ01(PRN193)      ○
      QZ02(PRN194)      ×
      GE03(PRN199)      ×
      QZ04(PRN195)      ×

 本来は、運用状態の種別(In Operation, Retired, Outage, In commissioning, Maintenance, Time problem)の色分けされるようになっているようですが、QZS-1(QZ01), QZS-2(QZ02), QZS-3(GE03), QZS-4(QZ04)の四つが全部白地(In Operation)なので実情がよくわかりません。
--------------------------------
  HOME>Technical Information>Operational Information / Archive Data> Public Archives>
  Satellite Positioning, Navigation and Timing Service
  http://sys.qzss.go.jp/dod/en/archives/pnt.html
  
 「QZSS Almanac」にチェックを入れ、日付を入れて検索すると各種データが出力されます。

(2017/09/05の例)
******** Week 941 almanac for PRN-193 ******** 
ID:                         193
Health:                     000
Eccentricity:               7.508951187E-02
Time of Applicability(s):   348160.0000
Orbital Inclination(rad):   0.7145234573
Rate of Right Ascen(r/s):  -2.342954736E-09
SQRT(A)  (m 1/2):           6493.781738
Right Ascen at Week(rad):   3.070218355E+00
Argument of Perigee(rad):  -1.560741937
Mean Anom(rad):             1.112210598E+00
Af0(s):                    -3.051757812E-05
Af1(s/s):                   2.182787284E-11
week:                        941

******** Week 941 almanac for PRN-194 ******** 
ID:                         194
Health:                     030
Eccentricity:               7.397895813E-02
Time of Applicability(s):   348160.0000
Orbital Inclination(rad):   0.7789506504
Rate of Right Ascen(r/s):  -3.280136631E-09
SQRT(A)  (m 1/2):           6493.367188
Right Ascen at Week(rad):  -9.377921888E-01
Argument of Perigee(rad):  -1.564453301
Mean Anom(rad):            -1.108741165E+00
Af0(s):                     1.907348633E-06
Af1(s/s):                   0.000000000E+00
week:                        941

 残念ながら、データの読み方がよく判らないのですが、「Health」の項目が関係しそうな雰囲気です。

 以下の資料を斜めに読んでみたのですが、よく判りませんでした。

  Quasi -Zenith Satellite System Interface Specification
  Satellite Positioning, Navigation and Timing Service
  (IS-QZSS-PNT-001)
  (March 28 , 20 , 2017 )
  Cabinet Office
  http://qzss.go.jp/en/technical/download/pdf/ps-is-qzss/is-qzss-pnt-001.pdf?t=1502174472496

  5. User Algorithm
  5.4. Health and Integrity
  5.4.1. Health and Alert Flag
  Table 5.4.1-3 3bit Health Definitions

 どなたか簡単に説明して頂けると嬉しいのですが・・・

--------------------------------
 
 色々見てみましたが、結局よく判りませんでした。
 
 GNSS/RNSSのユーザとしては、現時点でみちびきの衛星が米国のGPSの補完衛星として機能しているかどうかを知りたいだけなのですが、この点がよく判りません。

 個人的な印象ですが、みちびきの公式サイトは、知りたい情報が見つけにくいような気が・・・

 前置きが長くなりましたが、グチを言っても仕方がないので、素人無銭家ができる範囲でQZSの信号を受信してみました。

受信条件
 GNSS/RNSS受信機:GR-8013U(u-blox M8)
  (2F北側ベランダのエアコン室外機上面に設置。アンテナから見た天空率は10%以下。)
 表示ソフト: Windows版GNSS評価ソフトウェア u-center Windows
 PC:ThinPad X230 (Windows 7)
  スクリーンショットソフト:画面ライター
 GIFアニメ化ソフト:Giam
 期間:2017/09/05 12:00~2017/09/06 12:00 JST
  インターバル: 10分

【QZS-1,QZS-2,QZS-3(?)のC/Nの経時変化(GIFアニメ)】
Qzss

 
 時々信号が断続したり、怪しい表示が出たりしますが、理由はよく判りません。
 なお、スカイプロットの衛星は、信号がなくても保存データに基づいて表示されるようです。

【怪しい信号表示?】
_gw01104

_gw01106





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

QZSSの第3の信号?

 GR-8013U(u-blox M8)とu-centerの組み合わせでQZSの受信状態を見ていたら、C/Nの表示が断続している第3の信号がありました。
 
(左クリックで拡大表示)
【QZSS Q3】
Qzss_q3
【QZSS Q5】
Qzss_q5
"QZSS Q3"と表示されたり、"QZSS Q5"と表示されたりしています。 (2017/09/02  06:30 JST頃)
 C/Nの変化はフェーディングのような連続的なものではなく”1”、”0”的な変化なので、意図的に操作されているような感じがします。
   ElevationとAzimuthの表示はありませんが、 Carrier/Noiseの値は表示されたり、表示されなかったりします。
 正体は不明ですが、もしかしたら QZS-3かも? (希望的妄想です)
 
【GIFアニメ】(8/31-9/1)
Qzs_cn_gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »