« Z-Device TestでGPS(NAVSTAR)の詳細情報を表示 | トップページ | FLEAZ Que(GNSS), SH-01F(SDR)機内テスト等 »

2017年10月17日 (火)

Z-Device TestでGPS等の測位誤差を2次元表示(Deviation Map)

 u-blox用の表示ソフトu-center(Windows)では、Deviation MapによりGNSS(GPS等)/RNSS(QZSS等)の測位誤差を2次元的に表示できるので、誤差の広がりが直感的に判り易いです。
 同じような機能のAndroidアプリを、GPSをキーワードにして探していましたが、適当なものが見つかりませんでした。
 先日、Z-Device Testで衛星の軌道表示ができることが判ったので、色々触ってみたら、測位誤差の2次元表示が可能でした。
 
 
 メニューボタン(縦三つの点)をタップすると、誤差測定のポップアップが表示されます。
  なお、スマホの種類によっては、メニューボタンが表示されない場合があるようです。

【Z-Device Test(GPS Accuracy Test)】
Zdevice_testgps_accuracy_test_1

Zdevice_testgps_accuracy_test_2


【10分後】
Zdevice_testgps_accuracy_test_3
  サンプル数:32
 分散範囲:10.41m×8.15m
  平均誤差:5.92m

【約8時間半後】 
Zdevice_testgps_accuracy_test_4
  サンプル数:2256
 分散範囲:65.62m×50.78m
  平均誤差:45.97m

【受信環境】(Fleaz Que)
Fleaz_que



 なお、NMEAとKMLのデータは保存可能です。

【測位データ格納場所】
Zdevice_testgps_nmea_kml


 /storage/emulated/0/zausa/Z-Device Test

 KMLのデータをGoogle Mapで表示すると、スマホを置いた窓のすぐ外(1~2m)が測位位置になっていることもありますが、全体的には20~30mの誤差があるようです。

  今回の測定では、かなり精度が悪いですが、北向き窓の金網入りガラスの内側で、ベランダの天井と隣の建物のためにスマホ(Fleaz Que)からは空が見えないという劣悪な受信環境なので仕方がないかもしれません。

|

« Z-Device TestでGPS(NAVSTAR)の詳細情報を表示 | トップページ | FLEAZ Que(GNSS), SH-01F(SDR)機内テスト等 »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/65929776

この記事へのトラックバック一覧です: Z-Device TestでGPS等の測位誤差を2次元表示(Deviation Map):

« Z-Device TestでGPS(NAVSTAR)の詳細情報を表示 | トップページ | FLEAZ Que(GNSS), SH-01F(SDR)機内テスト等 »