« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月30日 (金)

今日(20180330)の目黒川の桜

  少し散り始めていますが、今シーズンは東京では開花時期に雨風がなかったので、もう少し持ちそうです。

20180330_meguro_river_cherry_blossa

20180330_meguro_river_cherry_blos_2

20180330_meguro_river_cherry_blos_3

20180330_meguro_river_cherry_blos_4

20180330_meguro_river_cherry_blos_5







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

Finow X5 Air Factory Mode (Auto Test)

  Finow X5 AirのGPSの調子がよくないので、何か改善のヒントになるものはないかと思って、Factory Modeで動作させて見ました。

【Factory Mode】
Finow_x5_air_factory_mode_1

Finow_x5_air_factory_mode_2

Finow_x5_air_factory_mode_3

Finow_x5_air_factory_mode_4

【Factory Mode (Auto Test)】

 結果的には、GPSに関する情報は、TTFF(Time To First Fix)のみで、役に立ちそうな情報はありませんでした。
 60秒待っても測位可能な状態にならないので、次のテストに自動的に移行しました。

 最後にテスト結果が表示されますが、赤い部分が多いです。
  緑がOK、赤がNG、黒が未対応でしょうか?
 詳細はよく判りません。

 Android WatchでGPSが使えなくても、実用上はあまり困りませんが、折角機能があるのでどうにかして動かしてみたいです。
 ネット情報によれば、Root化してシステムファイルを弄るという裏技があるようですが・・・

【2018.011.30改訂】 写真追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

オーディオチェックで使えそうなAmazon Musicの音源(正弦波系)

 先日、Amazon Echoのステレオチェックのために、Amazon Musicでテスト用の音源を探したのですが、そのときは見つけることができませんでした。
 その後、再度探してみたら、以下のような左右チェック用の音源がありました。

  Left and Right Channel Sweep 20 Hz to 20 Khz - 10 Db
  https://www.amazon.co.jp/dp/B00KA0S3ZE/ref=dm_ws_tlw_trk33

 最初に左側でスイープ音が出力され、次に右側でスイープ音が出力されるという簡単な構成のものですが、左右チェックであればこれで十分です。

 スイープ音が入っているので、再生系が変なところで共振していないかを簡易チェックするのに使えるかもしれません。

 この音源は、下記のアルバムにNo,33の音源として収録されていました。

  Audio Line-Up Test Tones (Calibration Reference Check)
  Audio Check
   2014/5/5
  https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KA0R6K2/ref=dm_ws_sp_ps_dp

 このアルバムには周波数が異なる多数のシングルトーンが用意されているので、F特チェックのときや、基準周波数信号が必要な時に便利かもしれません。(KhzやDbの表記が一寸気になりますが・・・)
 たまに正確な1kHzの正弦波信号が必要なときがありますが、自分で用意するのは結構面倒です。

【余談】
 下記の記事によれば、スピーカ端子の極性表示が正しくない可能性はゼロではないような感じなので、No.36, No.37が役に立つかも・・・

  マグネットの着磁方向について
  http://www.parc-audio.com/blog/1491

36 200 Hz Left and Right Channels in Phase - 10 Db
37 200 Hz Left and Right Channels out of Phase - 10 Db

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

VysorでFinow X5 Air(Android Watch)をリモート操作

  Finow X5 AirはAndroid 5.1が走るので、色々遊べますが、狭いタッチパネルでの操作はストレスがたまります。

 常用のPC(ThinkPad X230 Windows 7)から操作できるように、Vysorを使ってみました。

  Vysor - Chrome ウェブストア - Google
 https://chrome.google.com/webstore/detail/vysor/gidgenkbbabolejbgbpnhbimgjbffefm?hl=ja
  バージョン: 1.8.7
  更新日: 2018年3月15日
  サイズ: 5.99MiB

  窓の杜>インターネット>ネットワーク>Windows>
  USB接続されたAndroidをPCから手軽に閲覧、マウスやキーボードで操作できる「Vysor」
  https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/721231.html

 導入手順は、以下の記事を参考にさせて頂きました。

  Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor
  2016/11/2  2017/5/23
  https://tonari-it.com/vysor-android-app-remote-mirrorring/

 Vysorを利用するためには、Android端末のUSBデバッグを有効にする必要がありますが、Finow X5 Airの場合は一寸深いところにあります。

 [Settings]→[More settings]]→[About equipment]→[Developer options]→[USB debugging]

 導入作業自体は、特にトラブルもなく無事に終わりました。

 早速使ってみました。
 サンプルとして、RFO BASICのtowers_of_hanoi を走らせてみました。

【VysorでFinow X5 Airをリモート操作】

 マウスで操作できるというのは非常に楽です。

 デフォルトの丸形の全画面表示では、四隅の表示が欠けてボタンが操作できない場合がありますが、[Settings]→[Display]→[Interface Style]で矩形表示(Zoom)に変更すると、ボタンが操作できるようになる場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

Amazon Echoのオーディオ出力チェック用に300円USBスピーカを買いました

  Amazon Echoは簡単にBGMを流せるので中々便利です。
 内蔵スピーカでもそこそこの音は出ますが、欲を言えばステレオ外部スピーカで再生できれば更に便利です。
 Amazon Echoには、「AUXオーディオ出力端子」が設けられているので、この端子の出力をステレオアンプに供給すれば、音楽をステレオで楽しめるはずです。
 Amazon Echoの外部端子の出力は、当然ステレオであるような気がしますが、ハードウェアの説明を見ても、ステレオか否かがよくわかりません。

  Echoのハードウェア
  https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202189160

  Echo端末を外部スピーカーに接続する(オーディオ出力)
  https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202011840

 説明では以下のようになっています。(抜粋)
-----------------------------------------
  AUXオーディオ出力(3.5mm):Echoを外部スピーカーやホームエンターテインメントシステムに接続する場合は、オーディオケーブル(別売)を使用します。
-----------------------------------------

 実際に試してみるのが手っ取り早いので、Amazon Echoの外部端子と、リビングのテレビ用に使用しているアクティブスピーカーシステム SRS-D5の入力端子を繋いでみました。
 手元に長いオーディオケーブルが無かったので、2本の短いケーブルのプラグの電極部分を3本の蓑虫リード線で接続して使いました。

 とりあえず音は出ているようですが、チェックしてみると片チャンネルしか出ていません。
 オーディオケーブルと蓑虫リード線は、相当長い間使用していなかったので、表面が酸化して接触不良が発生したのかもしれません。
   もしかしたら、Echoの出力がモノラルなのかもしれません。

 簡単に確認できる方法を探していたら、100円ショップで300円USBミニスピーカーというのを見つけました。
 USB電源のアクティブスピーカのようです。
 これを使えば簡単にチェックできそうです。

 早速買って試してみました。
 なお、電源はモバイルバッテリを使用しました。

【USBミニスピーカー】
Daiso_usb_1

Daiso_usb_2

Daiso_usb_3

Daiso_usb_4


 USBミニスピーカーのUSBケーブルのプラグをAmazon Echoのジャックに差し込んで、適当な音楽を再生すると両方のスピーカから音がでています。
 同じ音が両方から出ている可能性があるので、確認してみましたが、確かに両方のスピーカから別の音がでています。
 これで「AUXオーディオ出力端子」がステレオに対応してることが確認できたので、ステレオアンプに接続してステレオ出力にならない場合は、Amazon Echo以外の部分に原因があると判断できます。
 そのうちに、長いオーディオケーブルを買ってきて、Amazon Echoとステレオアンプを直接接続して試してみたいと思います。

 これで一応問題は解決したのですが、USBミニスピーカーの左右が判らないのは一寸気持ちが悪いです。
 ネットの情報では、ボリュームがある方が左という情報が多いですが逆の情報(パッケージの側面の図はボリュームがある方が右であるように見える)もあります。
 この種の商品は、製造工程で左右の接続を間違えることがあるので、要確認です。(F-2でさえ誤配線あり
 
 Amazon Musicにオーディオチェック用の音源があれば、簡単に左右がチェックできると思って一寸探してみましたが、そのような都合のよいソースを見つけることができませんでした。(見つけることができなかっただけで、どこかにあるのかもしれませんが・・・)

 しかたがないので、Amazon Musicで左右の差がはっきり判るような音源(ピンポンステレオ的音源)を探してみました。

 以下の曲は、昔風のステレオ録音で、左右の区別がつきやすいので、これをサンプルにしました。

  お祭りマンボ 美空ひばり
  収録アルバム: ステレオ録音による美空ひばりベスト
  (Amazonプライム会員特典に含まれています)

 最初に、PCでAmazon Musicの曲を再生して左右の音源のパターンの変化を覚えておき、次に、Amazon Echoでこの曲を再生して、左右の音源のパターンの変化を確認しました。
 結果は、ボリュームがある方が左側でした。
 なお、再生したものが同じ音源であるという保証はありませんが、楽器の方向(実際の方向か、音場操作によるものかはわかりませんが・・)同じであるので、多分左右の関係は同じだと思われます。

 

【追記】
 後で3本の蓑虫リード線をテスタでチェックしたら、その中の1本が外見からは判断できない状態で芯線が断線していました。
 力が加わるところではないので、断線ではないと読み違えていました。
 先にチェックすれば、USBミニスピーカーを買わなくて良かったかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

NAQU2018176(PRN193 UNUSABLE)時のQZS-1受信状態

  NAQU2018176によれば、2018/03/15 19:59 JSTから2018/03/16 18:19 JSTまで、QZS-1のサービスが停止されていたようです。

  NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS (NAQU) 2018176
  http://sys.qzss.go.jp/dod/api/get/naqu?id=2018176
    "CONDITION: QZSS SATELLITE SVN001 (PRN193) WAS UNUSABLE ON JDAY 074 (15 MAR 2018) BEGINNING 1059 ZULU UNTIL JDAY 075 (16 MAR 2018) ENDING 0919 ZULU."

 遅まきながら、該当期間付近をGIFアニメ化してみました。

【2018/03/15 18:00 - 2018/03/16 19:00 (JST)】
Naqu2018176
(画像を左クリックで拡大表示)


 当方の受信環境(GR-8013U+u-center)では、連続的に測位不能になったのは、3/15 21:00頃~3/16 18:20頃でした。なお、10分間隔のキャプチャなので、正確な時刻は不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

「やよいの青色申告」のパッケージの変遷(⑩~⑱)

 本日が確定申告の期限ということで青色申告のネタを・・・

  国税庁
  確定申告特集
  https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/

 当方は、「明日できることは今日しない」というズボラな性格なので、毎年期限が近づくといつもバタバタします。

 自営業を始めたときに、なるべく手抜きをしようということで、「やよいの青色申告」を買いました。
 最初は1度購入すれば、無料または低額でバージョンアップできると思って今のですが、
そうは問屋が卸さない」でした。

 バージョンアップも可能ですが、新規購入とあまり価格差がないので、現物指向の(物欲が強い)当方は、結局、毎年パッケージ版を新規購入しています。
 ダウンロード版もありますが、物が目の前にないとなんとなく不安です。パッケージなら写真もついているし・・・

 以下は、今まで購入したパッケージ版の「やよいの青色申告」(⑩~⑱)です。
 途中でサイズが小さくなり、また、イメージキャラクタが交代(皆藤愛子さん→芳根京子さん)になりました。

やよいの青色申告⑩⑪⑫
Photo


やよいの青色申告⑬⑭
Photo_2


やよいの青色申告⑮⑯
Photo_3


やよいの青色申告⑰⑱
Photo





【参考外部リンク】
2011年03月04日
あなたの街の「弥生」を探そう!「みんなの弥生」キャンペーン
弥生イメージキャラクター皆藤愛子さんの壁紙&スクリーンセーバーをプレゼント
https://www.yayoi-kk.co.jp/news/20110304.html

2017年10月12日
弥生、最新のデスクトップアプリ「弥生 18 シリーズ」10月20日(金)に発売開始
http://www.yayoi-kk.co.jp/news/20171012.html
”「弥生 18 シリーズ」より新イメージキャラクターに女優の芳根京子さんを起用します。”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

Finow X5 Air (Android Watch)のメニュー抜粋

<p><p><p><p><p><p>Finow Air</p></p></p></p></p></p>
   Android Watchが面白そうだということで、しばらく前に、Finow X5 Airというモデルを買いました。
 操作性や視認性にかなり制限がありますが、Android 5.1が走るので、結構遊べます。
 基本的な機能は普通のスマホと同じですが、表示画面が狭いので、メニューの中から目的の機能を探すのに手間がかかります。
 また、メニューの階層が普通のスマホと少し違うような感じがします。
  たとえば[USBデバッグ]を有効にする場合には、
 SH-01F(ビルド番号連打後)では、
  [設定]→[開発者向けオプション]→[USBデバッグ]
 であるのに対して、Finow X5 Airでは、
  [Settings]→[More settings]]→[About equipment]→[Developer options]→[USB debugging]
となり、かなり見通しが悪くなります。
  目的の項目が見つけ易いように、自分が使いそうな機能を抜粋してメニューツリーもどきを作ってみました。
  一寸見難いですが、無いよりはマシかも・・・
 
<p><p>Finow X5 Air</p></p>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
 

Finow X5 Air

 
 

Menu 

 
 

 

 
 

 
 

 
 

Layer 1

 
 

Layer 2

 
 

Layer 3

 
 

Layer 4

 
 

Layer 5

 
 

Settings

 
 

Wi-Fi

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Contact

 
 

Bluetooth

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Cellular networks

 
 

Data connection

 
 

 
 

 
 

 
 

Data roaming

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Preferred network type

 
 

 
 

 
 

 
 

Access point name

 
 

 
 

 
 

 
 

Network operators

 
 

 
 

 
 

Airplane mode

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

GPS

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

VPN

 
 

 
 

 
 

 
 

Emergency Contact

 
 

 
 

 
 

 
 

Date & time

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Display

 
 

Brightness level

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Sleep

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Interface Style

 
 

 
 

 
 

 
 

Sound

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Power saving

 
 

Power saving

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Palming bright screen

 
 

 
 

 
 

 
 

Off screen automatically

 

 disconnected

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Text-to-Speech

 
 

 
 

 
 

 
 

Reset Device

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Uninstall Apps

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

More settings

 
 

Battery

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Language & input

 
 

 
 

 
 

 
 

Security

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Call settings

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Message

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

About equipment

 
 

Wireless Update

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Developer options

 
 

Stay awake

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

USB debugging

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Allow mock locations

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Status

 
 

Battery status

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Battery level

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Sim status

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

IMEI information

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

IP Address

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Wi-Fi MAC address

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Bluetooth address

 
 

Phone

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Contacts

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Messages

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Heart Rate

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Health

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Watch Helper

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Music

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Tools

 
 

Weather

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Alarms

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Sound Recorder

 
 

 
 

 
 

 
 

Calendar

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

File Manager

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Downloads

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Barometer

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Browser

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

AppStore

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Play Store

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Voice Search

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

Google

 
 

 
 

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

SDRPlay RSP2+SDRunoでCWを受信してDSCWでデコード

 SDRPlay RSP2とSDRunoの組み合わせで、久しぶりに短波を聞いていたら、4870kHzで強いCWが聞こえます。
 アンテナは、ミニコンポのAMラジオ用ループアンテナなので、かなり強い局のようです。
 アマチュア無線とJJY以外でモールスを聞くのは久しぶりです。
 普通はDEの後が呼び出し符号なので、RIS9局ということでしょうか?

 下記の資料のMarker tapes samplesの中に"V M8JF M8JF M8JF DE RIS9 RIS9"が含まれているので、そちら系の局のようです。
 4870kHzも周波数リストに含まれています。

  Chinese Military nets
  http://www.numbersoddities.nl/Chinese-military-nets.pdf

 これだけ信号が強ければ、CWデコードソフトが利用できるのではないかと思って、大急ぎでネットを探してみました。
 マイク入力可能なフリーソフト/アプリを何件か探して試してみましたが、殆どデコード出来ないものが多かったです。
 耳では全く問題なく聞き取れていても、検出波形を見るとノイズまみれになっています。
 PCのスピーカの音を同じPCのマイクで拾うという構成なので、伝達条件はかなり悪いです。
 
 その中で下記のソフトのデコード率がかなり高かったです。

  DSCW (Didital Sound CW)
  http://www.geocities.jp/JA3CLM/

 以下、デコードの様子です。

【DSCWによるCWデコード】

 信号直結にすれば更に改善されるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

u-center(10秒間隔キャプチャ)で見たQZSSの衛星

  みちびき(QZSS)の衛星の受信状態を10秒間隔でキャプチャしてGIFアニメにしてみました。

  GNSS受信機:GR-8013U(u-blox M8) 
   設置場所:2Fベランダのエアコン室外機の上
  使用PC:Let's note CF-W4
  表示ソフト:UBlox u-center
  キャプチャソフト:画面ライター
  GIFアニメ化ソフト:Giam
  記録期間:2018/03/08  20:29:00-20:47:40 JST

【QZSS衛星搬送波レベル変化】(画像を左クリックで拡大表示)
Qzss_level_history20180308


  結構短時間で頻繁に変化している場合もあるようです。

  Q1→QZS-1, Q2→QZS-2, Q3→QZS-4と思われますが、他のQnは何でしょうか?
 C/Nの値が表示されているということは、何らかの搬送波が存在しているということ?

  下記の画像は、別のタイミングでキャプチャしたものですが、Q5があったり、Q1が二つあったりしてよく判りません。(画像を左クリックで拡大表示)
Qzss_dreen_cyan_blue

Qzss_cyan_blue_red


 
 なお、u-centerのユーザガイドによれば、衛星の色の意味は以下のようになっているようです。

  u-center_UserGuide_(UBX-13005250)
  https://www.u-blox.com/sites/default/files/u-center_UserGuide_%28UBX-13005250%29.pdf
(以下、上記URLから抜粋引用。一部追加あり。)

Color Green: Satellite used in navigation (with Ephemeris)
 Olive: Satellite used in navigation (with Ephemeris and PPP)
 Dark Green: Satellite used in navigation (with aiding data: AssistNow Autonomous, AssistNow Online/Offline)
 Cyan: Satellite signal available, available for use in navigation
 Blue: Satellite signal available, not available for use in navigation
 Red: Satellite signal not available

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

QZSSサービスは11月1日から開始

 下記のお知らせは、ずいぶんあっさりとしています。
 この文章だけ見ると、未定だった開始日が決定されたような印象が・・・

  ホーム>みちびきについて>お知らせ>「みちびき」サービスの開始日について
  http://qzss.go.jp/overview/information/service_180302.html

上記URLから抜粋引用
--------------------------------------
「みちびき」サービスの開始日について
2018年03月02日
内閣府宇宙開発戦略推進事務局
準天頂衛星システム「みちびき」によるサービスを、本年11月1日から開始することといたしましたので、お知らせします。
以上
--------------------------------------

--------------------------------------
Starting Date of QZSS Services
Mar.02,2018
National Space Policy Secretariat, Cabinet Office
Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) services will be launched on November 1, 2018.
END
--------------------------------------
http://qzss.go.jp/en/overview/notices/service_180302.html

 下記の記事を見てやっと事情が判りました。

  測位衛星 「みちびき」運用延期 一部で精度得られず
  毎日新聞2018年3月2日 10時35分(最終更新 3月2日 15時30分)
  https://mainichi.jp/articles/20180302/k00/00e/040/232000c

 「すべてのシステムを同時に始める」ということのようです。

 もうすぐ FY2018になるのにL1C/Aの信号が見えない衛星があると思っていたら、そういう事情が関係してたのかもしれません。

 

  準天頂衛星システム「みちびき」
  
http://qzss.go.jp/overview/download/isos7j0000000bsx-att/panel_01.pdf

 

   以下の2018年03月01日付けの資料では、PRN199(L1C/A)は背景が白「運用中(In Operation)」となっているので、見えてもいいような気がしますが、・・・

 

  各国の測位衛星
  2018年03月01日
  みちびき
  
http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html#QZSS
(以下の図は、上記URLから抜粋引用)
Qzs320180301

 ・・・こちら(↓)の資料(更新時期不明)では、QZS全体の背景は白なので、「In Operation」のようにも見えますが、個別に見ると、GE03 (SVN=003, Block type=IIG)の「Operation」は全部「×」になっています。

 

  Constellation Information
  
http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html
(以下の図は、上記URLから抜粋引用)
Constellation_information_ge03

 この資料であれば、PRN199(L1C/A)が見えないのは納得できますが、上記の毎日新聞の記事によれば、「安否確認システムなど、他の機能は順調に動いている」となっているので、整合性がよく判りません。

 

 好奇心で受信している素人無線家としては、部分的にでも受信できると嬉しいのですが、プロにおまかせしましょう。

(2018.03.07追記:素人の悲しさでL1-C/Aはコンパチと思い込んでいました。仕様が違うよです[*1*2] 。お恥ずかしい次第です。現時点ではQZS-3が受信可能な受信機は非常に少ないようですし、対応スマホの話は聞いたことがないので、しばらくは様子を見るということになりそうです。)

 

 

 以下、独り言です・・・

 NAQU情報(http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html)の操作性がとっても悪いです。
 無駄にスクロールさせられます。特に年末はマウスのホイールを回すのに疲れます。(サイドバーなら回転不要ですが、掴むのが老眼にはつらいので・・・)
 手書きで資料を作成していた時代には、上から下に向けて時系列でデータを記入せざるを得なかったのかもしれませんが、電子文書の時代に、最も重要性が高いと思われる新しい(鮮度が高い)情報が最も見難いところ(遠い位置)にあるというのは合理的には思えません。
 逆時系列にするだけで、かなり操作性が改善されるような気がします。
 職務経歴は「逆時系列で記載するのがトレンド」だそうです。

 もしかしたら、時系列表示には深い意味があるのかもしれませんが・・・

 表の見かけが大きく変化したり、HTMLソースを大幅に修正するのは好ましくないということであれば、トップからボトム(表の最後の行)に飛ぶボタンを追加するという手もあるかもしれません。今のページにも、ボトムからトップに飛ぶボタンがあるので、修正は最小限で済むと思われます。

 贅沢を言わせて頂けるなら、NAQU(NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS)がお手本にした米国のNANU(NOTICE ADVISORY TO NAVSTAR USERS)のように、日替わりで当日の運用情報(GPS CONSTELLATION STATUS FOR dd/mm/yyyy)を提供してもらえると嬉しいです。

【蛇足】
 English Language & Usage
 Symbols for “YES” and “NO” in formal English writing
 https://english.stackexchange.com/questions/397384/symbols-for-yes-and-no-in-formal-english-writing
 ”I thought that X meant Yes because "X marks the spot."

 「×」がYesと解釈される場合もあるようです。

【2018.03.06追記】
 ニュースで報じられているエリアではありませんが、今月(2018年3月)タイのバンコクで行われる予定の実証実験/実証事業は、万全を期してなくても大丈夫なのでしょうか?

  豊田通商が3月にバンコクでみちびきを活用したルートガイダンスの実証実験
  2018年02月06日
  http://qzss.go.jp/news/archive/toyota-tsusho_180206.html

  2018年1月30日
  株式会社ゼンリンデータコム
  タイ国バンコク市で行う準天頂衛星システム「みちびき」を活用した車線単位の高精度ルートガイダンスシステムの実証事業に参加いたします。
  https://www.zenrin-datacom.net/newsrelease/pdf/20180130_01.pdf

  The Japan-Australia QZSS Industrial Utilisation  Workshop
  Feb 2018
  Toyota Tsusho Corporation
  https://www.jetro.go.jp/ext_images/australia/events/YasuhiroFujii.pdf

参考外部リンク
  TSQUARE
  https://www.rtic-thai.info/tsquare/traffic-application/

  TSquare Traffic
  TOYOTA TSUSHO NEXTY ELECTRONICS (THAILAND)CO.,LTD.
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ttet.tsquare.traffic.thai&hl=ja

【2018.03.13追記】
 いつのまにかNAQUが逆時系列になっていました。
Naqu


 こちらの方が使い易いと思います。

 感謝 感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »