« Alexaにとってかえがえのない存在とは? | トップページ | u-center(10秒間隔キャプチャ)で見たQZSSの衛星 »

2018年3月 3日 (土)

QZSSサービスは11月1日から開始

 下記のお知らせは、ずいぶんあっさりとしています。
 この文章だけ見ると、未定だった開始日が決定されたような印象が・・・

  ホーム>みちびきについて>お知らせ>「みちびき」サービスの開始日について
  http://qzss.go.jp/overview/information/service_180302.html

上記URLから抜粋引用
--------------------------------------
「みちびき」サービスの開始日について
2018年03月02日
内閣府宇宙開発戦略推進事務局
準天頂衛星システム「みちびき」によるサービスを、本年11月1日から開始することといたしましたので、お知らせします。
以上
--------------------------------------

--------------------------------------
Starting Date of QZSS Services
Mar.02,2018
National Space Policy Secretariat, Cabinet Office
Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) services will be launched on November 1, 2018.
END
--------------------------------------
http://qzss.go.jp/en/overview/notices/service_180302.html

 下記の記事を見てやっと事情が判りました。

  測位衛星 「みちびき」運用延期 一部で精度得られず
  毎日新聞2018年3月2日 10時35分(最終更新 3月2日 15時30分)
  https://mainichi.jp/articles/20180302/k00/00e/040/232000c

 「すべてのシステムを同時に始める」ということのようです。

 もうすぐ FY2018になるのにL1C/Aの信号が見えない衛星があると思っていたら、そういう事情が関係してたのかもしれません。

 

  準天頂衛星システム「みちびき」
  
http://qzss.go.jp/overview/download/isos7j0000000bsx-att/panel_01.pdf

 

   以下の2018年03月01日付けの資料では、PRN199(L1C/A)は背景が白「運用中(In Operation)」となっているので、見えてもいいような気がしますが、・・・

 

  各国の測位衛星
  2018年03月01日
  みちびき
  
http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html#QZSS
(以下の図は、上記URLから抜粋引用)
Qzs320180301

 ・・・こちら(↓)の資料(更新時期不明)では、QZS全体の背景は白なので、「In Operation」のようにも見えますが、個別に見ると、GE03 (SVN=003, Block type=IIG)の「Operation」は全部「×」になっています。

 

  Constellation Information
  
http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html
(以下の図は、上記URLから抜粋引用)
Constellation_information_ge03

 この資料であれば、PRN199(L1C/A)が見えないのは納得できますが、上記の毎日新聞の記事によれば、「安否確認システムなど、他の機能は順調に動いている」となっているので、整合性がよく判りません。

 

 好奇心で受信している素人無線家としては、部分的にでも受信できると嬉しいのですが、プロにおまかせしましょう。

(2018.03.07追記:素人の悲しさでL1-C/Aはコンパチと思い込んでいました。仕様が違うよです[*1*2] 。お恥ずかしい次第です。現時点ではQZS-3が受信可能な受信機は非常に少ないようですし、対応スマホの話は聞いたことがないので、しばらくは様子を見るということになりそうです。)

 

 

 以下、独り言です・・・

 NAQU情報(http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html)の操作性がとっても悪いです。
 無駄にスクロールさせられます。特に年末はマウスのホイールを回すのに疲れます。(サイドバーなら回転不要ですが、掴むのが老眼にはつらいので・・・)
 手書きで資料を作成していた時代には、上から下に向けて時系列でデータを記入せざるを得なかったのかもしれませんが、電子文書の時代に、最も重要性が高いと思われる新しい(鮮度が高い)情報が最も見難いところ(遠い位置)にあるというのは合理的には思えません。
 逆時系列にするだけで、かなり操作性が改善されるような気がします。
 職務経歴は「逆時系列で記載するのがトレンド」だそうです。

 もしかしたら、時系列表示には深い意味があるのかもしれませんが・・・

 表の見かけが大きく変化したり、HTMLソースを大幅に修正するのは好ましくないということであれば、トップからボトム(表の最後の行)に飛ぶボタンを追加するという手もあるかもしれません。今のページにも、ボトムからトップに飛ぶボタンがあるので、修正は最小限で済むと思われます。

 贅沢を言わせて頂けるなら、NAQU(NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS)がお手本にした米国のNANU(NOTICE ADVISORY TO NAVSTAR USERS)のように、日替わりで当日の運用情報(GPS CONSTELLATION STATUS FOR dd/mm/yyyy)を提供してもらえると嬉しいです。

【蛇足】
 English Language & Usage
 Symbols for “YES” and “NO” in formal English writing
 https://english.stackexchange.com/questions/397384/symbols-for-yes-and-no-in-formal-english-writing
 ”I thought that X meant Yes because "X marks the spot."

 「×」がYesと解釈される場合もあるようです。

【2018.03.06追記】
 ニュースで報じられているエリアではありませんが、今月(2018年3月)タイのバンコクで行われる予定の実証実験/実証事業は、万全を期してなくても大丈夫なのでしょうか?

  豊田通商が3月にバンコクでみちびきを活用したルートガイダンスの実証実験
  2018年02月06日
  http://qzss.go.jp/news/archive/toyota-tsusho_180206.html

  2018年1月30日
  株式会社ゼンリンデータコム
  タイ国バンコク市で行う準天頂衛星システム「みちびき」を活用した車線単位の高精度ルートガイダンスシステムの実証事業に参加いたします。
  https://www.zenrin-datacom.net/newsrelease/pdf/20180130_01.pdf

  The Japan-Australia QZSS Industrial Utilisation  Workshop
  Feb 2018
  Toyota Tsusho Corporation
  https://www.jetro.go.jp/ext_images/australia/events/YasuhiroFujii.pdf

参考外部リンク
  TSQUARE
  https://www.rtic-thai.info/tsquare/traffic-application/

  TSquare Traffic
  TOYOTA TSUSHO NEXTY ELECTRONICS (THAILAND)CO.,LTD.
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ttet.tsquare.traffic.thai&hl=ja

【2018.03.13追記】
 いつのまにかNAQUが逆時系列になっていました。
Naqu


 こちらの方が使い易いと思います。

 感謝 感謝

|

« Alexaにとってかえがえのない存在とは? | トップページ | u-center(10秒間隔キャプチャ)で見たQZSSの衛星 »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/66456159

この記事へのトラックバック一覧です: QZSSサービスは11月1日から開始:

« Alexaにとってかえがえのない存在とは? | トップページ | u-center(10秒間隔キャプチャ)で見たQZSSの衛星 »