« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月26日 (火)

German Aerospace Center, DLRによるはやぶさ2のアニメ

 ニュースを見て久しぶりに思い出しました。
 打ち上げられてから3年以上経過したのですね。

  朝日新聞デジタル
  はやぶさ2、あす午前リュウグウ到着 クレーター鮮明に
  2018年6月26日12時32分
  https://www.asahi.com/articles/ASL6V3FD3L6VULBJ007.html

 全体の様子が簡単に見える資料がないかと思って探してみたら、以下の動画が有りました。
 宇宙の知識が殆ど無い当方でもなんとなく雰囲気が判るような気がします。

  Animation: Asteroidlander MASCOT on board Hayabusa2 
  German Aerospace Center, DLR
  Published on May 16, 2018

  

 素人無銭家の感覚で考えると、約3億キロ離れて通信できるのはすごいです。

 以下のページに通信に関する記載がありました。

  3Dでみる「はやぶさ2」
  http://www.asahi.com/special/rocket/hayabusa2_3d/?iref=pc_extlink
  通信アンテナ

 「通信速度は1号機より向上したが、地上に比べると格段に遅い。」と書いてあります。
 「格段に遅い」とはどの程度なのでしょうか?

 以下の資料に関係がありそうな記載がありました。

  HAYABUSA2, THE NEW CHALLENGE BASED ON THE LESSONS LEARNED OF HAYABUSA
  https://ssed.gsfc.nasa.gov/IPM/PDF/1050.pdf

  以下、上記URLから抜粋引用。
-----------------------------
"In the daily operation, we use the X-band, but when we download the observation data of the asteroid, we use the Ka-band, because the Ka-band communication is about four times faster
than the X-band. The bit rate is up to 32 Kbps."
-----------------------------

 32kbpsということは、昔のISDNより遅いということですね。大昔に使っていたKansas City Standard(300 baud)よりは速いですが・・・
 誤り訂正手段が山盛りなんでしょうね。

 アマチュア無線でも最新はJT65とかJT9が使われているようです。
 一寸興味はありますが、HFのリグとアンテナが・・・

【参考外部リンク】
 Asteroid Explorer "Hayabusa2"
 Topics
 Home> Missions> Satellites and Spacecraft> Asteroid Explorer "Hayabusa2"> Project Topics
 http://global.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/topics.html

  「はやぶさ2」ミッションスケジュール暫定版
  http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/mission_schedule/

 To Ryugu リュウグウまであと
 http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

 JAXAウェブ
 https://twitter.com/JAXA_jp
 https://twitter.com/i/web/status/1010020903000764416

 Vacuum Magazine
 2016年5月23日/Interview,/
 「劣勢」はイノベーションを 生み出すチャンス
 https://www.ulvac.co.jp/wiki/jaxa-interview/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

RKB(福岡1278kHz)の24H信号強度変化@関東

  しばらく前に、物干し用のハンガーを改造して簡易ループアンテナを作ったので、SDRPlay RSP2とSDRunoの組み合わせで時々中波放送を受信しています。

  夜間であれば、昔住んだことがある福岡のKBCラジオやRKBラジオが受信できます。
 ただし、KBCはラジオ日本(1422kHz)のサイドを被ってジャリジャリというノイズが入ります。

 以前、1kHz~9MHzの帯域で24時間の受信状態の変化を調べたことがあるですが、今回はRKBラジオ(福岡1278kHz)を中心にして調べてみました。

  RKBラジオ
  http://rkbr.jp/
  JOFR 福岡 1278kHz  50kW
  http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=H&DFCD=0000014623&DD=1&styleNumber=01

   2018/06/22 06:00JST~2018/06/23 06:00JSTを記録してみました。

【SDRPlay RSP2+SDRunoで見たRKB(福岡1278kHz)の信号強度変化】
(画像を左クリックで拡大表示)
Rkb1278khz

 昼間は、ニッポン放送程度しか受信できませんが、夜になると雨後の筍(?)のようにノイズフロア(S3程度)から浮き上がってきます。
 
 ニッポン放送(1242kHz)は当然強いですが、36kHz(=9kHzx4)離れているので、RKBの受信には問題ないようです。
 ニッポン放送のように常時S9+5dBとはいきませんが、今回の受信ではRKBは20:30~04:00でS6~S7で受信できました。
 快適とはいえませんが、内容を理解するには十分な信号品質でした。
 全体的には、18:00~06:00の時間帯で電離層反射の局が受信できているようです。

  日本国内での1278kHzの割り当てはRKB福岡の1局だけなので、あまり混信の影響を受けずに受信できます。

  HOME> 無線局情報検索> 無線局等情報検索> エキスパート検索(免許情報)
  http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SC=1&pageID=3&SelectID=5&CONFIRM=0&OW=BC+0&IT=&HC=&HV=&MK=&TSNJK=&KHS=&FF=1278&TF=1278&HZ=2&NA=&DFY=&DFM=&DFD=&DTY=&DTM=&DTD=&SK=2&DC=100&as_fid=AAMImZ1vDxi8Qjjbt6Uc

  なお、上限周波数の1602kHzには、とっても沢山の局が割り当てられています。http://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SC=1&pageID=3&SelectID=5&CONFIRM=0&OW=BC+0&IT=&HC=&HV=&MK=&TSNJK=&KHS=&FF=1602&TF=1602&HZ=2&NA=&DFY=&DFM=&DFD=&DTY=&DTM=&DTD=&SK=2&DC=100&as_fid=2eWYGaVSIY0NYZlsn21I

  AMラジオ(中波放送)
  周波数531kHz~1602kHz(中波帯)までの9kHz間隔の周波数
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000229155.pdf  
  (4/69参照)

 アジアでは1278kHzに割り当てられている放送局もありますが、50kWクラスの局は少ないようです。(300 kWの局もありますが・・・)

  All known radio stations in Asia using 1278-1299 kHz
  https://www.asiawaves.net/mediumwave-1278.htm

  Shortwave broadcasts live now on 1278 kHz
  http://www.shortwaveschedule.com/index.php?freq=1278

 受信条件的にはRKBは結構恵まれているのかもしれません。

 現在は、ラジコプレミアム会員であれば、全国の殆どの放送局の番組が聴取できるようなので、敢えて空中波で受信する意味は無いかもしれませんが、フェーディングや混信を伴って受信する放送も独特の雰囲気があって面白いかも・・・・。(無銭家にとっては無料というのも重要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

旧聞ですがCA61の飛行経路をGIF動画化

 約1週間遅れのネタになりますが、FlightRadar24の画像を拝借してCA61/CCA061の航路をGIFアニメ化してみました。

Ca61

  無料版なので画素が粗いのはご容赦願います。

 画像は以下のデータを利用しました。

    Playback of Air China flight CA61 / CCA061
    https://www.flightradar24.com/data/flights/ca61/#11ac2ef5

Ca61_playbck_2

【参考外部リンク】
 金正恩專機降落新加坡 專機飛航呼號「CCA061」引關注
 https://www.msn.com/zh-tw/news/world/%E9%87%91%E6%AD%A3%E6%81%A9%E5%B0%88%E6%A9%9F%E9%99%8D%E8%90%BD%E6%96%B0%E5%8A%A0%E5%9D%A1-%E5%B0%88%E6%A9%9F%E9%A3%9B%E8%88%AA%E5%91%BC%E8%99%9F%E3%80%8Ccca061%E3%80%8D%E5%BC%95%E9%97%9C%E6%B3%A8/ar-AAyrD3w?WT.mc_id=smbexpress0805edm

 How Kim Jong Un and the North Korean Delegation Traveled to the Singapore Summit
Posted on:  2018-06-11
https://www.flightradar24.com/blog/how-kim-jong-un-and-the-north-korean-delegation-traveled-to-the-singapore-summit/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

チャンギ国際空港(SIN/WSSS)のNOTAM

  米朝会談に関連して、付近を飛行する航空機に影響がでるようです。

  会談ホテルは空撮不可=最高度の警備-シンガポール
  (2018/06/06-18:44)
  https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060601022&g=int

 詳細をFAA(Federal Aviation Administration)のサイトで確認してみました。

  Federal Aviation Administration
  NOTAM
  WSSS   SINGAPORE CHANGI INTL
  https://pilotweb.nas.faa.gov/PilotWeb/notamRetrievalByICAOAction.do?method=displayByICAOs&reportType=RAW&formatType=DOMESTIC&retrieveLocId=WSSS&actionType=notamRetrievalByICAOs

 "2113/18 NOTAMN"が関係ありそうです。
 チャンギ空港から半径40NM以内または高度1万フィート以下では、250ノット以下が要求されています。

 会議が決まる前にこの時期のツアーを計画した人は、予期せぬ影響があるかもしれませんね。

【参考外部リンク】
 Trump-Kim Singapore summit
 Sentosa Island declared 'special event area' as well
 https://www.straitstimes.com/singapore/sentosa-island-declared-special-event-area-as-well

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

映画/ドラマ「Frequency」,「시그널」,「シグナル」に出てきた無線機

 現在放送中のTVドラマ『シグナル』には、時間を超越して通信可能なトランシーバが出てくるということで、素人無線家としては一寸興味があります。

 ネット情報によれば、レトロな感じのハンディトランシーバは、IC-3N改の可能性があるようです。

  <謎のハンディ機はIC-3Nか!?>
  https://www.hamlife.jp/2018/03/29/kantele-drama-signal/

  <ハンディ機IC-3Nを改造>
  https://www.hamlife.jp/2018/05/07/kantele-drama-signal-ic3n/

  全国フジテレビ系列ドラマ『シグナル』にアイコムの無線機が登場しています。
  http://www.icom.co.jp/topics/20180515/

 昔、IC-2Nを使っていましたが、広帯域で水晶の精度というPLLに感激しました。

 時間を超越(Time Warp?)した通信が出てくる映画やドラマはいくつかありますが、素人無線家の好奇心でどのような無線機が使用されているのかを調べてみました。

(1)Frequency (2000) - IMDb
   https://www.imdb.com/title/tt0186151/

   Frequency (2000) - Goofs - IMDb
   https://www.imdb.com/title/tt0186151/goofs
   "The radio was a Heathkit SB301 which is only a receiver. The SB401 is the transmitter."

Frequency Original Movie Trailer

  画面に出てきたのはHeathkit SB301(受信機)だったようです。

 

 

(2)Frequency (TV Series 2016-2017) - IMDb
   https://www.imdb.com/title/tt5531470/

  eHam Forums => Boat Anchors => Topic started by: KO4JY on August 21, 2016, 11:22:23 AM
  Title: Can anyone ID the radio from the new TV show Frequency?
  Post by: KO4JY on August 21, 2016, 11:22:23 AM
  https://www.eham.net/ehamforum/smf/index.php?action=printpage;topic=110798.0

 画像を参考にして一寸調べてみましたが、よく判りませんでした。
Tv_dram_frequency_20162017

(上記IMDbの動画から抜粋引用)

 ダイヤルの表示が普通の通信型受信機ではないような気が・・・ 測定器? CRTバンドスコープ付き?

 

 

(3) 시그널 (드라마)


 Signal (TV series) - Wikipedia

[MV] Signal (시그널 ) | I Want You to Be Happy, Detective |

 動画の1:58付近で「KUK JAE PC-4312」という文字が見えます。
Pc4312


 オリジナルのPC-4312にはメータは付いていないので、撮影用の改造品と思われます。

 

 

 시그널(드라마)

과거와 연결되는 무전기의 모델명은 국제 pc-4312 이다. 다만 실제 모델에는 불이 들어오는 주파수 미터가 없다.

【Google翻訳】
•過去と接続された無線機のモデルは、国際pc-4312である。ただし実際のモデルには、点灯周波数計がない。

 

【比較バージョン】
일본판드라마 [시그널] 한국판과 비슷한 장면모음 [ドラマシグナル]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

モアナ・サーフライダー(ヒストリック・バニヤン・オーシャン)に泊まりました

  ハワイ(ホノルル)に遊びに行くときは、殆どの場合はツアーを利用するので、宿泊するホテルはある程度絞られてきます。
 各社のツアーを調べていたら、モアナ・サーフライダーのビーチクラブ(ラウンジ)が利用できるプランがありました。
 このホテルは以前泊まったことがあるのですが、このプランはラウンジが利用できるというのが一寸魅力です。

 説明によれば、「毎日朝6時から夜10時までの間、静かで落ち着いた環境のなか朝食から軽食、各種ドリンクやおつまみをお召し上がりいただけます。」とのことです。

  モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
  http://jp.moana-surfrider.com/LP02.htm?utm_medium=sem&utm_source=Google&utm_campaign=Selective_LP02_A&sem=Google

  Beach Club
  ビーチ・クラブ(ラウンジ)
  http://jp.moana-surfrider.com/beachclub.htm

    Beach Club Lounge
    http://www.moana-surfrider.com/beach-club

 朝からわざわざレストランに出かけて朝食をとるのが億劫な場合があるし、夜にゆっくりビールが飲めるのもよさそうな感じです。

 ということで、今回はこのプランにしました。

 このホテルに泊まるのは2回目ですが、前回はツアー会社により事前にチェックイン処理が済んでおり、ロイヤルハワイアンセンターのツアーデスクでホテルのカギを受け取って、午前11頃には直接部屋に入ることができました。
 今回も事前チェックインが済んでいるかもしれないと思ってツアーデスクで確認してみると、今回は通常通り午後3時からのチェックインということです。
 前回も今回もツアー申し込み時の説明にはアーリーチェックインに関する記載が無かったような気がするのですが、状況によって扱いが変わるのかもしれません。
 ハワイ(ホノルル)へのツアーの場合は、チェックインが午後3時のことが多いので、午前中に空港に到着してから潰すことになりますが、これが結構疲れます。特に70過ぎの老人には・・・

 とりあえず昼食にしようということで、DFSの近くのKen's Kitchenでガーリックシュリンプのランチプレートを食べました。
 この店は前回初めて行ったのですが、ワゴンの横のテーブルは、日よけが無くて暑いし、道路のすぐ横なので、食事の環境としてはあまりよくないのです。しかし食事自体は中々美味しくて当方の好みに合っています。今回はあまりにも暑そうにしているのをスタッフが見かねて、建物の横の日陰のテーブルを利用させてくれました。

 食事の後は特にすることもないので、一寸時間は早い(2PM頃)ですが、もしかしたらチェックインできるかもしれないと思ってホテルに行きました。

【モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ】
01moana_surfrider

 前回泊まった部屋は、ツアー会社指定のヒストリック・バニヤンだったので、海が見えませんでした。
 折角ビーチサイドのホテルに泊まるのであれば、海が見える部屋に泊まってみたいということで、チェックインのときにアップグレードについてフロントで聞いてみました。

 部屋のランクについては、事前にある程度確認していましたが、海が見える部屋といってもかなり幅があります。

  Waikiki Beach Luxury Rooms - Moana Surfrider
  Room Types
  http://www.moana-surfrider.com/data/static-content-block/meeting-spaces-room-types/starlink-374/roomtypes.html

  Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa, Waikiki Beach
  Select Room
  https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/room.html?propertyID=374&departu
reDate=05/12/2018&calendarView=true&IM=SOP_BOOKWIDGET_374_EN_WI_UNITEDSTATES_N
AD&arrivalDate=05/10/2018&localeCode=en_US&numberOfRooms=1&language=en_US&numb
erOfAdults=2&iATANumber=&iataNumber=&numberOfChildren=0

  幸いなことに、日本人用のデスクがあったので、スタッフにこちらの希望(海が見えること、すぐに部屋が使えること)を伝えると、部屋の空き状態と費用を調べてくれました。
 いくつかオプションがありましたが、$100/日の追加でオーシャンフロントの部屋(ヒストリック・バニヤン・オーシャン)が使えそうです。
 想定した予算の範囲内だったのでこの部屋にしました。
 こちらの希望に沿うように、スタッフの方に色々アレンジして貰えたので助かりました。

 鍵をもらって新しい部屋に入ると、ベネシャン・ブラインド越しに外の景色が見えます。
 目の前に海が広がっています。
 部屋が比較的低層の4Fなので、砂浜が間近に見えてビーチフロントといった感じです。
 一寸コストはかかりましたが、アップグレードした価値はありました。
 部屋に入ったときには、当然荷物は未だ来ていませんでしたが、10分程度で届けてもらうことができました。
 
 以下、部屋の写真及び部屋から見た外の景色です。

【ヒストリック バニヤン オーシャン】(Historic Banyan Ocean)
02moana_surfrider_historic_banyan_o

03moana_surfrider_historic_banyan_o

04moana_surfrider_historic_banyan_o

05moana_surfrider_historic_banyan_o

06moana_surfrider_historic_banyan_o

07moana_surfrider_historic_banyan_o

08moana_surfrider_historic_banyan_o

09moana_surfrider_historic_banyan_o

10moana_surfrider_historic_banyan_o


 今回のツアーでは、ホテルのビーチ・クラブ(ラウンジ)が利用可能でした。
 空港のラウンジは何回か利用したことがありますが、ホテルのラウンジは初めてです。

【ビーチ・クラブ(ラウンジ)】(Beach Club Lounge )
11moana_surfrider_beach_club_lounge

12moana_surfrider_beach_club_lounge

13moana_surfrider_beach_club_lounge

14moana_surfrider_beach_club_lounge

15moana_surfrider_beach_club_lounge


 雰囲気としては空港のラウンジのような感じですが、目の前にワイキキビーチが広がっており、窓際であればダイヤモンドヘッドも見えるので、ゆっくりと景色を見ながら食事を楽しむことができました。
 ツアーのときは朝食をどうしようかと迷うことがありますが、ここでは美味しい朝食を食べることができるので便利です。
 日本食もしっかりしたものが提供されていました。
 また夜はビールやワインが飲み放題なので、お酒好きの人にはうれしいかもしれません。
 ビールはスタッフが注いでくれるのですが、最初にグラスをビールで2回濯いで、その後にビールを注ぐという贅沢(?)な注ぎ方で提供してくれます。
 飲み物のグラスが空になりそうになると、「お代わりをお持ちしましょうか?」と声を掛けて貰えるので、一寸優雅な気分になります。
 また、食べた後のお皿も適切なタイミングで下げてくれるので、落ち着いて飲食が楽しめます。
 料理の種類も結構色々あるので、場合によっては、ここで夕食が済んでしまうかもしれません。

 ヒストリック・バニヤン・オーシャンからの景色は素敵でしたが、ビーチ・クラブも中々良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »