« JR東日本総合車両センター 一般公開(夏休みフェア2018)は8月25日(土) | トップページ | 2036年の宇宙天気予報(?) »

2018年8月26日 (日)

VLFで見えた鉛筆形状のウォーターフォール

  自作ループアンテナ+SDRPlay+SDRunoの組み合わせで、VLF帯を眺めていたら、20~40kHz付近で一寸奇妙なウォーターフォールのパターンが表示されました。

【SDRuno Waterfall】(画像を左クリックで拡大表示)
Pencilshaped_waterfall_1

Pencilshaped_waterfall_2

 最初は単一周波数の信号なのですが、時間の経過とともに二つの周波数に分かれ、下側と上側の両方に同時にスウィープしていきます。
  そして、ある程度時間が経過すると、周波数の変化が停止して、2本の平行線として表示されます。
 周波数が変化している期間は数秒間で、最終的な周波数の隔たりは数kHz程度のようです。
 なんとなく鉛筆の形状に似ているような気がします。
  なお、信号の強さが異なる複数の鉛筆パターンが表示されることがありますが、実際に複数組の信号が送信されているのか、あるいは、イメージや混変調の影響なのかはよく判りません。

 LFやVLFでは正体不明の信号や雑音がよく表示されますが、PCノイズだったり、エアコンや蛍光灯のインバータノイズだったり、Qi等の無線給電装置からの漏洩信号だったりすることが多いです。

 上記の鉛筆形状のウォーターフォールは、頻繁に出現する訳ではありませんが、1週間(総受信時間は1時間程度)で2~3回見かけたので、それ程珍しい信号ではないかもしれません。

 似たような信号の受信レポートがないかと思って探してみたら、YouTubeに一寸雰囲気が似ているパターンがありました。

  What Is This Weird Signal On 16.2 KHz VLF?? 
  KSN's Tech Topics   
  Published on Feb 2, 2018 
  https://www.youtube.com/watch?v=4flJaOYB1DU

162khz_youtube


  周波数とパターンが少し違いますが、似ているといえば似ているような気が・・・

 動画の説明では、結局正体はよく判らないということのようです。

|

« JR東日本総合車両センター 一般公開(夏休みフェア2018)は8月25日(土) | トップページ | 2036年の宇宙天気予報(?) »

無線」カテゴリの記事

SDR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VLFで見えた鉛筆形状のウォーターフォール:

« JR東日本総合車両センター 一般公開(夏休みフェア2018)は8月25日(土) | トップページ | 2036年の宇宙天気予報(?) »