« 2036年の宇宙天気予報(?) | トップページ | 久しぶりにu-centerを起動してQZSSを受信 »

2018年9月 1日 (土)

60kHz付近で見えた天に昇る龍のような奇妙な信号

 SDRPlayで60kHzのJJYを受信していたら、SDRunoの"AUX SP"のウィンドウに、周波数がふらふら変動している二つの信号が表示されました。
  二頭の龍が絡み合いながら天に昇っているように見えないこともありません。

Weird_two_signals_drifting_near_60k

 周波数ドリフトのパターンとしては周波数安定度が悪い自励発信器の出力のような感じです。

 常時表示される訳ではなくて、たまにしか表示されません。
 二つの信号の周波数が独立してドリフトし途中で交差することもあり、また、周波数の変化の幅が最大でも数百Hz程度というのが不思議です。
 JJYの60.000kHzの真上(AUX SP画面では700Hz付近)を通過することもあるので、一寸邪魔です。
 何かのインバータからの漏洩信号のような気もしますが、正体はよく判りません。

|

« 2036年の宇宙天気予報(?) | トップページ | 久しぶりにu-centerを起動してQZSSを受信 »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60kHz付近で見えた天に昇る龍のような奇妙な信号:

« 2036年の宇宙天気予報(?) | トップページ | 久しぶりにu-centerを起動してQZSSを受信 »