« Pokemon_Go@ホノルル(モアナ・サーフライダー編) | トップページ | 測位衛星と双方向通信可能なユーザ端末 »

2018年12月31日 (月)

GPS Essentialsで見た国際日付変更線通過(HA821)

  多分これが最後のハワイねたです。
 ハワイアン航空では、「電池または電気コードつきラジオ(AM/FM/VHF)」は機内での使用が禁止されていますが、「GPS機能のついた端末」は国際線フライトのほぼ全行程で使用可能となっているようです。
 区別の判断基準がよく判りませんが、「GPS機能のついた端末」が使用できることが明記されているので、QZSS対応スマホ(Covia FLEAZ Que CP-L45s)にインストールしたGPS Essentialsを使用して、機内で測位してみることにしました。
 単にログを取るだけではあまり変わり映えしないので、国際日付変更線を通過する瞬間を動画に撮ってみることにしました。
 HA821(HNL→NRT)の右窓際のシートのテーブルの上で測位しました。
 受信環境はあまりよくありませんが、使用衛星の数は4~6で辛うじてセーフでした。

【国際日付変更線通過(W→E)】

  出発前に世界地図をキャッシュしたつもりだったのですが、東半球の地図のキャッシュに失敗したみたいで暗黒世界になっています。日本の近くでは表示されたので、縮尺の関係かもしれません。

 GPS(GNSS)に興味が無い人にとっては、単にWがEに変化するだけなので、それがどうした?と言われそうですが、趣味の世界なので・・・

|

« Pokemon_Go@ホノルル(モアナ・サーフライダー編) | トップページ | 測位衛星と双方向通信可能なユーザ端末 »

GPS」カテゴリの記事

航空機」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

FLEAZ Que」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPS Essentialsで見た国際日付変更線通過(HA821):

« Pokemon_Go@ホノルル(モアナ・サーフライダー編) | トップページ | 測位衛星と双方向通信可能なユーザ端末 »