« WWVBが廃止されたら米国の電波時計はどうなるのでしょうか? | トップページ | ハワイでJJYのモールスを受信 »

2018年12月 9日 (日)

JJY(40kHz,60kHz),BPC(68.5kHz)を連続受信

 現在の環境で受信したことがある長波帯の標準周波数報時局は、JJY(40kHz, 60kHz), BPC(68.5kHz)の3波くらいしかありません。
 また、この3波が同時に聞こえることは少なくて、通常1~2波が聞こえる程度です。
 受信地(神奈川)から考えると、距離は福島局(40kHz)が一番近いのですが、常に信号が一番強いとは限らず、60kHzの方が強いことが結構あります。

  下記の資料によれば、関東はBPC(68.5kHz, 90kW)のサービスエリアの外ですが、想像していたよりは聞こえます。60kHzのJJY(50(23ERP)kW) よりも良く聞こえることが結構あります。

  電波の受信できる範囲の目安はどれくらいですか?
  https://support.casio.jp/answer.php?cid=002001005001&qid=42482&num=6

  CASIO Wave Ceptor Watches - on time, all the time
  http://www.javys.com/casio/Wave_Ceptor.htm

 
 珍しく、3波が同時に比較的良好に受信できていたので、記録してみました。
 時間は、2018.12.09 00:45(JST)付近です。

 アンテナは、自作の300φ88ターンのループアンテナ、受信機はSDRPlay RSP2です。

|

« WWVBが廃止されたら米国の電波時計はどうなるのでしょうか? | トップページ | ハワイでJJYのモールスを受信 »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JJY(40kHz,60kHz),BPC(68.5kHz)を連続受信:

« WWVBが廃止されたら米国の電波時計はどうなるのでしょうか? | トップページ | ハワイでJJYのモールスを受信 »