« 中国局(BPC)対応の電波腕時計WVA-M630L-1A2JF(5161*JA)を買いました | トップページ | コンラッド香港の56Fに泊まりました »

2019年1月12日 (土)

キャセイパシフィック航空(B777-300)の電子機器利用環境

    飛行機に長時間乗る場合には、GPSやADSB-Bの受信端末で時間を潰すことがあります。
 日本の航空会社の場合は、受信機の機内使用OKの場合が多いですが、外国の航空会社の場合には受信機の使用が制限されている場合が結構あります。

 たとえば、ハワイアン航空では、GPSはOKですが、ラジオはNGです。

  ハワイアン航空
  使用可能なポータブル電子機器
  http://hawaiianair-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2312/~/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%A9%9F%E5%99%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6#Approved
  ( 以下、上記URLから抜粋)
--------------------------------------------------
ハワイアン航空のお客様は国内線出発ゲートから到着ゲートまでの全フライト行程または国際線フライトのほぼ全行程で、次の端末をご使用いただけます。
スマートフォン(通信サービスをオフにするか、「機内モード」をオンにして使用)
(抜粋)
・GPS機能のついた端末

使用が禁止されている電子機器
以下の機器は、いかなる場合も機内での使用を禁止されています。
・客室乗務員が航空に支障をきたすとみなす全端末
・ワイヤレス装置(キーボード、マウス等)
・電子タバコ *
・無線送信機(アマチュア無線、市民無線等)
・電池または電気コードつきラジオ(AM/FM/VHF)
・双方向無線装置(例:トランシーバー)
・双方向ポケットベル
・リモコンで動くおもちゃ
・テレビセット
--------------------------------------------------

 また、カンタス航空では、場合によってはラジオは禁止される可能性があるようですが、GPSは明示的に禁止されています。

  カンタス航空
  機内の通信環境
  https://www.qantas.com/jp/ja/qantas-experience/onboard/communication.html?int_cam=jp%3Aonboard%3Aarticle%3A-------%3Aja%3Ann
  ( 以下、上記URLから抜粋)
--------------------------------------------------
航空機の通信および航行システムの妨げとなる恐れがあるため、個人用通信デバイス(トランシーバー、双方向ポケベル、GPSを含む)を使用した無線通信は、フライトのすべての段階で禁止されています。
--------------------------------------------------

  QANTAS
    https://www.qantas.com/jp/en.html
    Home>Book>Flights
  Conditions of Carriage
  https://www.qantas.com/travel/airlines/conditions-carriage/global/en
  ( 以下、上記URLから抜粋)
--------------------------------------------------
11. Conduct During Flight
11.1 Obey Directions
We may also ask you not to operate any electronic devices including cellular telephones, laptop computers, recorders, radios, CD players, electronic games, laser products or transmitting devices, remote or radio controlled toys that could interfere with the flight.
--------------------------------------------------

 GPSが個人用通信デバイスに含まれているのがよく理解できませんが、「北斗1号(Beidou 1)」のような送信可能な端末を想定?(単なる妄想です)

 余談ですが、ネット上に、以下のような書き込みがありました。

  GPS on QANTAS
  https://forums.whirlpool.net.au/archive/775785

      ・
    ・
    ・

  前置きが長くなりましたが、目的のキャセイパシフィック航空について調べてみました。

   キャセイパシフィック航空
  機内で使用できる電子機器にはどのようなものがありますか?
  http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/inflight/using-electronic-devices/portable-electronic-devices.html

( 以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------------------------
小型の電子機器
以下の電子機器は、地上走行中、離陸時、飛行中、着陸時にも機内でご使用いただけます。
・スマートフォンおよび携帯電話
・タブレット

大型の電子機器
以下の電子機器は機内でご使用いただけますが、地上走行中、および離着陸時は電源をお切りください。
・ノート型PC
・ラップトップPC

使用禁止
次に挙げる携帯用電子機器は、一切ご使用になれませんのでご了承ください。
・家庭用電化製品:電源タップ、加湿器、ヒーター、電気毛布、ヘアドライヤー、電気変圧器または変換器など
・無線機および送信機:テレビ、AM/FMラジオ、デジタルラジオ、トランシーバー、アマチュア無線機およびトランシーバー、シチズンバンド(CB)ラジオおよびスキャナー、リモコンを使用する玩具や機器など
・ネットワークおよび接続デバイス:無線LANデバイスなど
--------------------------------------------------

 GPSについては明記されていませんが、受信機である「テレビ、AM/FMラジオ、デジタルラジオ」が使用禁止であるということは、GPSの受信端末も使用禁止であると考えるのが妥当だと思われます。

 キャセイパシフィック航空のサイトの説明には、「A350型機の機内では、機内モードでWi-FiおよびBluetoothをご使用いただけます。」と書いてあるので、Wi-FiやBluetoothよりも送信(漏洩)信号のレベルが低いと思われるGPSはOKである可能性はありますが(単なる希望的想像です)、今回利用する機材はB777-300なので関係ありません。

 結論としては、残念ながらGPSもADSB-Bもだめなようです。

 仕方がないので、映画でも見て時間を潰したいところですが、今までの経験では、外国の航空会社の便では、外国映画で日本語の字幕が付いているものが少なかったので、今回はAmazon Prime Videoから、日本語字幕付きの洋画を何本かタブレットPC(Ployer momo8w)にダウンロードして持っていくことにしました。

 タブレットPCのバッテリはあまり長くもたないので、利用機材のシート電源(エコノミー)を調べてみました。
 5V500mAのUSBポートが使えるようですが、タブレットPCを充電するのは厳しい感じがします。動作時間を長くすることは出来そうです。
 機内で結構デジカメで動画を撮るので、デジカメの充電用に分配器を使おうと思っていたら、使用禁止になっていました、
 キャセイパシフィック航空のサイトの説明では以下のようになっていました。
 「安全上の問題が発生する恐れがあるため、充電をする個人用電子機器は、座席備え付けの電源/USBポート/携帯用充電器1つにつき1台に留めてください。電源タップやUSBマルチポートハブなど、個人用電子機器を充電するための製品の使用は禁止されています」

 USBポートは、個人用モニタの画面に下側にありました。
【B777-300 USBポート(エコノミー)】
B777300usb_porteconomy

 結局、機内ではmomo8wをUSBポートから充電しながら映画を見るというパターンで時間を潰しました。

【機内安全ビデオ】
"If any electronic devices bocome trappted in your seat,..."
B777300safety_video
  アニメのキャラクタに気をとられて、どのように対処すべきかの指示の記憶が・・・・・

【2019.01.13追記】
 機内で撮影した動画をチェックしていたら、指示が判りました。
B777300safety_video_2

"please don't adjust your seat and ask our crew to help you."ということだそうです。

余談:
 ・シート配列が、3-4-3だったので、通路が非常に狭く、普通の人はカートの横を通過することが不可能です。細身のCAさんが体を凹ませながら、どうにかすれ違っていました。
 ・コップ固定用の孔が設けられたサブトレイが便利でした。

【参考外部リンク】
 キャセイパシフィック航空が機内座席数を増加
 更新日:2018年04月11日
 https://hongkong-bs.com/topics/20180411/

|

« 中国局(BPC)対応の電波腕時計WVA-M630L-1A2JF(5161*JA)を買いました | トップページ | コンラッド香港の56Fに泊まりました »

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/67584695

この記事へのトラックバック一覧です: キャセイパシフィック航空(B777-300)の電子機器利用環境:

« 中国局(BPC)対応の電波腕時計WVA-M630L-1A2JF(5161*JA)を買いました | トップページ | コンラッド香港の56Fに泊まりました »