« 中国SF映画「流浪地球]が面白そうです | トップページ | スクリーニング前のADS-B信号を受信(SDRPlay編) »

2019年2月24日 (日)

スクリーニング前のADS-B信号を受信

 Gigazineで以下の記事をみかけました。
 
  2019年02月19日
  リアルタイムで飛行機の位置を表示する「Flightradar24」を自作する方法
 
 自作すると、Flightradar24によってスクリーニングされる前の飛行データを見ることができるようです。
 記事には「非常に簡単です。」と書いてありますが、Raspberry Piの話が出てきた時点で、自分にとっては一寸敷居が高いような感じがします。
 ネット情報によれば、ICAO Hexの最初の二桁で、機体の種類がある程度判別できるようなので、Android用のADS-B受信アプリ”Avare ADSB Pro”をPloyer momo8w(Androidモード)に入れて試してみました。
 
  ADSB Receiver Pro(Avare ADSB Pro)
 
 なお、自作のコリニアアンテナと古いDVB-Tチューナを使いました。
【Avare ADSB Proによる表示】
1_adsb_receiver_pro_
【AE**** HOOKY11】
2_hooky_
 画面をぼーっと眺めているとそれらしいICAO Hexが短時間だけ見えました。(スクショ間に合わず)
【V22】
3_v22_
  AE****で調べてみたらV22でした。
 その気になれば、時間をかければ結構簡単にわかってしまうかもしれません。
 テキストストリームを文字検索すればリアルタイムのアラームができる?

|

« 中国SF映画「流浪地球]が面白そうです | トップページ | スクリーニング前のADS-B信号を受信(SDRPlay編) »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリーニング前のADS-B信号を受信:

« 中国SF映画「流浪地球]が面白そうです | トップページ | スクリーニング前のADS-B信号を受信(SDRPlay編) »