« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月24日 (日)

スクリーニング前のADS-B信号を受信

 Gigazineで以下の記事をみかけました。
 
  2019年02月19日
  リアルタイムで飛行機の位置を表示する「Flightradar24」を自作する方法
 
 自作すると、Flightradar24によってスクリーニングされる前の飛行データを見ることができるようです。
 記事には「非常に簡単です。」と書いてありますが、Raspberry Piの話が出てきた時点で、自分にとっては一寸敷居が高いような感じがします。
 ネット情報によれば、ICAO Hexの最初の二桁で、機体の種類がある程度判別できるようなので、Android用のADS-B受信アプリ”Avare ADSB Pro”をPloyer momo8w(Androidモード)に入れて試してみました。
 
  ADSB Receiver Pro(Avare ADSB Pro)
 
 なお、自作のコリニアアンテナと古いDVB-Tチューナを使いました。
【Avare ADSB Proによる表示】
1_adsb_receiver_pro_
【AE**** HOOKY11】
2_hooky_
 画面をぼーっと眺めているとそれらしいICAO Hexが短時間だけ見えました。(スクショ間に合わず)
【V22】
3_v22_
  AE****で調べてみたらV22でした。
 その気になれば、時間をかければ結構簡単にわかってしまうかもしれません。
 テキストストリームを文字検索すればリアルタイムのアラームができる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

中国SF映画「流浪地球]が面白そうです

 中国映画はあまり見たことがありませんが、「流浪地球(The Wandering Earth)」が一寸気になります。

THE WANDERING EARTH Trailer (2019) Sci-Fi Action Movie HD

 人類を救うために2500年かけてプロキシマ・ケンタウリまで移動するという壮大な話のようです。

 こんな感じになるのでしょうか?

 A journey to Alpha Centauri

    The Crazy Plan to Get to Alpha Centauri
    https://www.seeker.com/videos/space/the-crazy-plan-to-get-to-alpha-centauri

 

  7日間で興収400億円! 中国発「SF超大作映画」の意外な実力
  2/16(土) 19:00配信
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00000005-courrier-cn&p=1

  太陽が滅びるのはいつ?中国のSF映画「流浪地球」を科学的に解説
  人民網日本語版 2019年02月15日14:55
  http://j.people.com.cn/n3/2019/0215/c94689-9546725.html

    The Wandering Earth - IMDb
    https://www.imdb.com/title/tt7605074/
    https://www.imdb.com/title/tt7605074/videoplayer/vi2657663513?ref_=tt_ov_vi

  The Wandering Earth - Wikipedia
  https://en.wikipedia.org/wiki/The_Wandering_Earth

*

【参考外部リンク】
 2015年03月04日 06時00分
 人類を滅亡させるかもしれない12の事象
 https://gigazine.net/news/20150304-12-risks-threaten-human-civilisation/

 地球滅亡は76億年後、回避策は2つ
 2008年2月22日 18:17
 http://www.afpbb.com/articles/-/2354337

 居住するのに適した太陽系外惑星の一覧
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%85%E4%BD%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AB%E9%81%A9%E3%81%97%E3%81%9F%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E5%A4%96%E6%83%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

一見違法アップロード、実は合法コンテンツ?

 著作権法がまた改正されるようです。
 
  著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定
  2019年2月13日17時09分
 
 違法アップロードされたコンテンツが前提となりますが、違法アップロードか否か判断に悩む場合があります。
 以前、一見違法アップロードのように見えるけれども、実は公認のコンテンツである場合があるという記事を見かけたので、探してみました。
 以下の記事が該当する記事と思われます。
 
    ITMEDIA
    2009年02月23日 17時01分 更新
    角川だけじゃない、YouTube“違法”動画の収益化 個人ビデオ+BGMの公認も
 
 この記事で紹介されている下記の動画を見ると、いかにも違法にアップロードされコンテンツのように見えます。
 
  涼宮ハルヒのきしめん 
  Published on Apr 3, 2007
 
 ところが、記事の内容を見ると、2009年の時点では、この動画は角川グループから公認されているようです。
 この記事によれば、”右側に広告が表示され、「次からのコンテンツを含む」として、角川のロゴが掲載されている”とのことですが、現時点(2019/02/14)ではそのような表記は見当たりません。
 youtubeだからエルマークは無関係?
 
 記事が掲載された時点での再生回数は300万回以上となっています。
 その後の再生回数も以下のように増加しています。
     5,987,078回(16:34 2012/11/01)
     6,201,692回( 7:51 2019/02/14)
 
 現時点でも継続して再生が可能であるということは、合法と見なされているということでしょうか?  あるいは黙認?
 ということであれば、この動画に関しては(改正後も)スクショはOK?
 
【蛇足】
Gigazine
2019年02月13日
「著作権侵害だから」という理由で「スクリーンショットを規制」するとマジで死ぬというのをかつて証明した実例がある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

WWVBをSDR.HU経由でリモート受信

 短波のWWV, WWVHは受信したことがありますが、長波のWWVB(60kHz)は受信したことがありません。
 WWVBがあるフォート・コリンズ(Fort Collins)から東京までは9000km以上あるし、JJYの九州局と周波数が同じなので、日本で受信できる可能性は極めて低いように思われます。
 
01_japanfort_collins
 
  ハワイであれば距離が近くなるし、JJYの影響も少なくなるので、受信できるかもしれないと思って何度が試してみましたが、WWVBは受信できたことはありません。
 
  2012年10月16日 (火)
  [HNL6]ホノルルで米国本土の標準電波WWVB(60kHz)の受信に挑戦しましたが・・・・
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/10/hnl6wwvb60khz-f.html
 
  2017年2月18日 (土)
  JJY/WWVB受信失敗@ハワイ
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/02/jjywwvb-7a42.html
 
  2018年12月22日 (土)
  ハワイでJJYのモールスを受信
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2018/12/jjy-29ae.html
 
 ハワイであれば、運が良ければWWVBが受信できてもいいような気がしますが、もし60kHzでJJY以外の信号が受信できたとしても、それがWWVBであるという確証がありません。
  以下の資料によれば、位相変調信号自体がIDになっているようですが、素人が耳で聞いて判別できるようなものではありません。
 
  NIST
  Enhanced WWVB Broadcast Format
  November 6, 2013
  https://www.nist.gov/document/nist-enhanced-wwvb-broadcast-format-101-2013-11-06pdf
  "station identification becomes possible based on the many unique signatures in its new PM code, which distinguish it from other broadcasts. "
 
 もし耳で聞いて他の標準信号と区別ができるのであれば、それが一番簡単です。
 今までWWVBの録音は聞いたことがあるのですが、現在送信されている信号がどのようなものかをリアルタイムで聞いたことがありません。
 幸いなことに、現在では世界の各地に点在している他人の受信機(インターネット経由で公開されている)を遠隔操作して希望の周波数と復調モードで受信することが可能な場合があります。
 WWVBは長波なので、利用できる受信機は制限されますが、以下のサイトで紹介されている受信機の多くは長波が受信できるようです。
 
    SDR.HU
    https://sdr.hu/
"On sdr.hu, you can find SDR receivers that amateur radio operators shared, so you can listen to radio signals without even having to buy any SDR hardware! In fact, amateur radio is a great thing and also lets you experiment with transmitting on the air, by using various frequency bands and modulations."
 
 今回はWWVBの信号を受信したいので、地図でフォート・コリンズに近い受信機を探しました。
02_wwvb1
 

03_wwvb2
 

04_wwvb3
 

   Receivers on a map
   https://sdr.hu/map
 
05_sdrhu_fort_collins
 

   近くに4台受信機がありましたが、"Observatory"に惹かれて以下の受信機を使わせてもらいました。
 
  0-30 MHz SDR, Little Thompson Observatory - www.starkids.org |
  Berthoud, Colorado USA
  HFKiwiSDR v1.262
    http://w0air.ddns.net:8073/
 
  場所の特殊性が理由だと思われますが、WWVかWWVBが受信されていることが多いです。
 実際に60kHzをリモート受信してみました。
 さすがに強力に受信されています。
 タイムコードなので、基本的に1秒周期の信号なのですが、JJYのようにリズミカルではなくて、途中で躓きそうな感じです。
 大昔に学校の音楽の授業で聞いた" シンコペーテッド・クロック"を連想しました。
 
  Leroy Anderson - The Syncopated Clock - YouTube
  https://www.youtube.com/watch?v=CrpdQngwk2g
 
 聞いた印象がJJYとWWVBではかなり異なります。
 
 WWVBでは、ビットによって信号の立ち上がりのタイミング(可聴音の開始時点)が前後に移動するので、耳で聞いたときに違和感があるのかもしれません。 
 
  標準電波に関するQ&A - JJY - NICT
  Q タイムコード
  http://jjy.nict.go.jp/QandA/FAQ/jjy_qa.html#q12
  以下、上記URLから抜粋引用
------------------------------------------
  ・正しい秒の位置はJJYが電波(パルス)の立ち上がりでWWVBが電波(パルス)の立下りで表す
  ・各情報ビットの意味のあるなしは、JJYが電波の出ている時間(パルス幅)で表すのに対し、WWVBは電波の出ていない時間で表す等があります。
------------------------------------------
 
 聞いた感じはかなり異なるので、もし信号が受信できれば判別できそうです。
 ただし、WWVBも経費節減で廃止される可能性があるようなので、永久に受信できないかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »