« 千代田区の通信抑止装置について調べてみました | トップページ | ドローン用「ジャミングガン」の周波数はアマチュアバンド(430MHz帯)のど真ん中? »

2019年4月 7日 (日)

100円ケースをADS-Bアンテナ用マグネットベースに改造

 最近、SDRPlay RSP2でADS-Bを受信するようになったのですが、SDRPlayのSMAコネクタに接続できるようなアンテナが144/430MHz用ホイップしかなかったので、これを代用アンテナとして使っていました。
 当然受信感度が悪いので、ADS-B専用のアンテナを作ることにしました。
 以前、ADS-Bの受信にRTL-SDRチューナを使用していたときには、錫メッキ線の針金細工でコリニアアンテナを作ったのですが、コネクタがMCXだったのでそのままでは使えないし、変換コネクタを買うほどではありません。

 前回、コリニアアンテナを作ったときは、下記のサイトを参考にしたのですが、残念ながら、現在はリンクが切れているようです。

 How tu build antenna for sbs-1?
 http://www.kineticavionics.co.uk/forums/viewtopic.php?f=1&t=7489&sid=a97d41478e66511dd5cf715ee7c88df0&start=24 (リンク切れ)

何か適当なものがないかと調べていたら、以下の資料の"5.1 Antenna"にコリニアアンテナに関する説明がありました。

  Manual for the adsbScope Software V2.7 & adsbPIC Decoder V2 Fw14
  /adsb_all/adsb_all/adsbScope27_en.pdf

どこかで見たことがあるアンテナの図面だと思ったら、以下の資料に記載の図面でした。

  ADS-B Decoder and Software with PIC18F2550
  http://www.sprut.de/electronic/pic/projekte/adsb/adsb_en.html
  http://www.sprut.de/electronic/pic/projekte/adsb/adsb2.gif

 実際の性能はよくわかりませんがが、マニュアルで紹介している位なので、ある程度の性能は期待できるであろうということで、これを作ってみることにしました。

    アンテナ自体は非常に簡単なので、すぐに作れそうですが、取り付け機構が一寸問題です。
 現在住んでいるマンションは、手すりに何かを取り付けることが禁止されているので、アンテナの固定に一寸細工が必要です。

 RTL-SDRチューナの場合は、チューナに付属していたアンテナがマグネットベースだったので、エアコンの室外機の天板に吸着させて固定することができたのですが、マグネットベースを自作するのは一寸面倒そうです。

 何か簡単な方法はないかと考えていたら、使えそうな商品を100円ショップで見つけたので、これをマグネットベースもどきに改造してみました。

 使用材料は以下の通りです。
 
・マグネットケース(DAISO)
・錫メッキ線(1m程度) 
・SMAコネクタ(SMA-J パネル用)
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-02939/
・中継コネクタ(SMA-J⇔SMA-J)
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-08430/
・両端SMAケーブル RG-316(1.5m)
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01819/

 アンテナの構造は非常に簡単なので、手元にあった1.2φ程度のスズメッキ線を折り曲げて作りました。 
 線材が細いのでかなりフニャフニャの状態ですが、どうにか形状は維持しています。
 アンテナの基端側に、パネル用のSMAコネクタ(J)の芯部を半田付けして、マグネットベースに取り付けることができるようにしました。
   なお、ラジアルは手抜きで省略しました。


(01)マグネットケース(蓋)
01  

(02)マグネットシート(底)
02   

 蓋の中央部分が透明プラスチックになっており、底面にマグネットシートが張り付けられています。
 もともとは垂直な壁などに吸着させて、ケースの保管面積を減らすことが目的のようです。

 底面のマグネットシートを引き剥がして蓋の透明プラスチック部分に貼り付け、底面にSMA中継コネクタを取り付けました。
 プラスチックの強度や耐久性はあまり期待できませんが、壊れても簡単に金属板に交換できそうです。
 ということで、とりあえず作ってみました。

(03)マグネットシートを蓋側に貼り換え
03  

(04)ケースの底板に取り付けた中継コネクタ(内側)
04

(05)延長ケーブルを接続
05

(06)ケースの底板に取り付けた中継コネクタ(外側)
06

(07)中継コネクタにADS-Bアンテナを接続
07adsb

(08)マグネットベース全体(上)
08

(09)マグネットベース全体(下)
09

(10)窓際で受信テスト
10

(11)dump 1090による表示
11dump-1090

(12)エアコンの室外機の天板に設置
12

(13)ケーブルの引き込み
13


(14)adsbSCOPE 2.7 GIF (10分間分)
画像を左クリックでアニメーション開始。
右上の「X」で戻る。
14adsbscope-27-gif


(15)adsbSCOPE 1H
15adsbscope-10h 
約1時間分の記録です。なお、飛行位置予測機能はOFFにしてあります。

  
 見かけは貧弱ですが、一寸使ってみた感じでは、144/430MHz用ホイップよりは良さそうです。

 

|

« 千代田区の通信抑止装置について調べてみました | トップページ | ドローン用「ジャミングガン」の周波数はアマチュアバンド(430MHz帯)のど真ん中? »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千代田区の通信抑止装置について調べてみました | トップページ | ドローン用「ジャミングガン」の周波数はアマチュアバンド(430MHz帯)のど真ん中? »