« SDRunoのWaterfallで見たADS-B(1090MHz)の信号 | トップページ | ループアンテナを60kHz同調型に改造しようとしましたが・・・ »

2019年4月22日 (月)

adsbSCOPEのGPX-Overlayを使ってみました

 adsbScopeのマニュアルを見ていたら、GPX-Overlayに関係がありそうな説明がありました。
  
  Manual for the adsbScope Software V2.7 & adsbPIC Decoder V2 Fw14
  /adsb_all/adsb_all/adsbScope27_en.pdf

  6 PC-Software adsbScope
  6.1 Installation
      6.1.1 Subdirectories
  6.1.1.8 /gpx
  The software can show simple topographic data from gpx-files in the graphic display. Only gpx-files from the /gpx-subdirectory will be used.


 /gpxのディレクトリにgpxファイルを置いておけば、地図上にトラックが表示されるような雰囲気です。

【(1)ディレクトリ】
1


 以前遊覧ヘリに乗ったときのgpxデータを使ってみました。

  2015年9月26日 (土)
  ヘリ遊覧(DHCヘリコプタークルージング)付きバスツアーに行ってきました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/09/dhc-ff88.html

  ルートラボ
  DHCヘリコプタークルージング(東京)
  https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=14903eb5aed9f5122cfad91d9f44a0e1


今回は、gpxファイルのファイル名をDHC_Heliにして以下の場所に置きました。
 
\adsb_all\adsb_all\pc_software\adsbscope\27\gpx\DHC_Heli

 View→GPX-Overlayにチェックを入れると、gpxデータに応じたトラックが表示されました。

【(2)GPX-Overlayの表示例】
2gpxoverlay


地図の上の方に見える競技トラックのような赤いパターンがgpxデータによるトラックです。
 gpxデータによる表示ができることは分りましたが、どのように活用できるのかが今のところよくわかりりません。

|

« SDRunoのWaterfallで見たADS-B(1090MHz)の信号 | トップページ | ループアンテナを60kHz同調型に改造しようとしましたが・・・ »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDRunoのWaterfallで見たADS-B(1090MHz)の信号 | トップページ | ループアンテナを60kHz同調型に改造しようとしましたが・・・ »