« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

Huawei P10にPPP WizLiteを入れたら測位誤差が75cmに!?

 やっとRAWデータ(コード擬似距離 , 搬送波位相)が取得できるスマホHuawei P10が入手できましたが、実際にどのようにすれば高精度測位ができるのかがよく判りません。
 とりあえず素人の好奇心で関係しそうな資料を探してみました。
  色々あるようですが、ネットで実験例を見かけた以下のアプリを使ってみました。

----------------------------
PPP WizLite - Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jocs.fr.gnss_ppp&hl=ja
更新日:2018年6月29日
サイズ:6.3M
インストール:1,000+
現在のバージョン:2.0
Android 要件:7.0 以上
----------------------------

 以下のような説明があります。
"While classic GPS positionning gives you an approximate location of around 10 meters, PPP WizLite will locate you with an accuracy of around 1 meter."
 精度が10mから1mになるという夢のような話ですが、評価が結構ばらついているのが気になります。
 ネットワーク経由で計算用の外部データを取得する必要があるようなので、サーバ側の知識がないと難しそうですが、とりあえずインストールして動かしてみました。
 なお、サーバへの接続は半自動的に行われたようで、特別な操作は不要でした。

【Huawei P10+PPP WizLiteによる測位結果表示】
Huawei-p10ppp-wizlite


 Huawei P10を数分間窓際に置いていたら、数値が0.75mになりました。
 素晴らしい値ですが、実際の状態とは異なっていました。
 画面に表示された位置マーカー円の中心は、実際の位置から3m程度離れていました。
  また、実際の位置は誤差範囲を示す円の外側に大きく外れていました。


 下記の資料をみると他にも関係しそうなアプリがあるようなので、そのうち試してみたいと思います。

  GNSS Raw Data Measurement from Android Device
  6th Dec 2018
  Android Raw Data Logging APPs
  https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwix1cTLto_jAhVUzIsBHcaHAfcQFjACegQIAhAC&url=https%3A%2F%2Fhome.csis.u-tokyo.ac.jp%2F~dinesh%2FWEBINAR_files%2FMGA_W08_RawDataMeasurement_R2.pdf&usg=AOvVaw3T0oDpFJCl-FJ7nKXWct1v
(Huawei P10は古すぎるのか、対応スマホのリストにはありませんでした。)

 

【追記】
 YouTubeにPPP WizLiteのデモ動画がありました。

  Precise Point Positioning on Android with Wiz Lite
  https://www.youtube.com/watch?v=fwufdE7PtMg

 

【YouTubeの画像をキャプチャ】
Demo1

 

【自宅のHuawei P10で同じ場所を表示】
Demo2_20190630210901

Demo3_20190630211001

  0.91mまで収束したようですが、実際の場所が収束円の中に含まれていたかどうかを確認してみたいです。
 対応する場所(ニース)の衛星写真を見てみると、結構建物が隣接しているので、GNSS的には一寸厳しい受信条件かもしれません。

 なお、自宅の窓際で何回か試した範囲では、1m程度まで収束するものの、実際の位置は収束円の外側という場合が多かったです。
 座標系が違うということはないと思うのですが、原因はよく判りません。

 

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

5システム&高精度測位対応のHuawei P10を買いました

 RAW測定対応スマホの購入候補がある程度決まったので、秋葉原に中古を探しに行ってきました。
 候補の数が多いと無駄に悩むことがあるので、下記の資料の中で実験例が多かったHuawei P10 (GPS, GLONASS, QZSS,GALILEO, BEIDOU, 擬似距離, 搬送波位相対応)を第1候補にすることにしました。

  Performance analysis of GPS+Galileosmartphone raw measurements
  GSA, 30th may2018
     https://www.gsa.europa.eu/sites/default/files/expo/augusto_mazzoni_la_sapienza.pdf

  Huaweiは最近色々話題になっていますが、電話、メール、買い物には使わないので、たぶん問題はないでしょう。

 今まで何回か中古スマホを買ったことがある「けっこう安い」がキャッチコピーの中古スマホ取り扱い店を覗いて見ると、P10 liteは沢山あるのですが、P10は1台しかありません。
 本当は複数の中から選択したいところですが、ざっと見たところ小さな傷はありますが、遊び用なのでとくに問題ありません。
 価格もネットで見かけた価格と同程度の約¥16Kだったので、陳列されていたものを買ってきました。
 レシートには、Huawei P10 VTR-L29 64GB Mystic Silver と書いてありました。

 箱は割と綺麗で、付属品は未使用でした。

【Huawei P10】
01-huawei-p10_1
02-huawei-p10_2
03-huawei-p10_3
04-huawei-p10_4
05-huawei-p10_5

【Android 9】
06-huawei-p10_-6-android-9


 オリジナルはAndroid 7のようですが、アップデートのお知らせが来たので、なにも考えずに実行したらAndroid 9になっていました。
 最新版が最善とは限りませんが、いまのところ問題はないようです。

 

【技術基準適合証明・FCCID】
07-huawei-p10_7
  一寸心配しましたが、技適はOKでした。

  018-170044
  T ADT170044007
  技術基準適合証明等を受けた機器の検索
  https://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

  FCCID:QISVTR-L29
  https://fccid.io/QISVTR-L29

 

 とりあえず、本当に5システムの衛星が受信できるかどうか確認してみました。

【GPSTest (barbeauDev)表示画面】
08-huawei-p10_8-galileo4

 確かに5種類のマーク(上から、GPS, GLONASS, GALILEO, QZSS, BEIDOU) が表示されており、GALILEOに関しては4個の衛星の中の3個にUフラグが立っています。
 フラグの意味を以下の資料で確認しました。

  GNSS TESTING: A GLOSSARY
  https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=19&ved=2ahUKEwiN0MyKoY3jAhXIgrwKHTyaCkcQFjASegQIARAC&url=https%3A%2F%2Fwww.gsa.europa.eu%2Fsites%2Fdefault%2Ffiles%2Fgps-test-app-definition.pdf&usg=AOvVaw0pqEUCHgJehshsnSQ2FpsH
  Flags: Indicates the different data acquired from the given satellite. “E”-flag: the GNSS engine has the ephemeris data for the satellite, the “A”-flag: the GNSS engine has almanac data for the satellite, and the “U”-flag: the satellite was used by the GNSS engine when calculating the most recent position fix.

 今まではGALILEO対応の端末は持っていなかったので、GALILEOのマークが新鮮な感じがします。

 中古なので一寸心配しましたが、基本的な機能が確認できたので一安心です。
 これでやっと本題の高精度測位を目指して遊ぶことができます。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

RAW測定対応のスマホを調べてみました

 先日見かけた以下のスマホによる高精度測位の資料では、スマホとしてHuawei P10とSamsung S8が使用されています。

  Performance analysis of GPS+Galileosmartphone raw measurements
  GSA, 30th may2018
  https://www.gsa.europa.eu/sites/default/files/expo/augusto_mazzoni_la_sapienza.pdf

 資料を読んでいるだけでは実感がわかないので、やはり現物を触ってみたいです。
 上記資料の中で使用されているモデルは、中古であればそれ程高くないので、手が届きそうな感じがします。
 しかしながら折角買うのであれば、他の条件も考慮して判断したいということで、この他にどのようなRAW測定対応のスマホがあるのか調べてみました。

 下記のサイトに綺麗に纏められていました。

  Raw GNSS Measurements
  Android devices that support raw GNSS measurements
  https://developer.android.com/guide/topics/sensors/gnss.html#analyze

 結構沢山あるようです。
 折角なのでQZSS対応が望ましいです。
 ブラウザで"QZS"を検索すれば対応モデルは判りますが、一寸見にくいです。
 全体が見やすいように、Excelに貼り付けて、置換処理で"QZS"のセルに赤色を付けてみました。
 一寸欲張りですが、主要5システム(GPS,GLONASS,QZSS,GALILEO,BEIDOU)に対応してると嬉しいので、対応モデルのセルを黄色で塗ってみました。
 表は長いので末尾につけました。


 表に記載されている50モデルの中でQZSSに対応しているのは14モデルしかないようです。
 この中で主要5システム(GPS,GLONASS,QZSS,GALILEO,BEIDOU)に対応してるモデルは更に少なくなって以下の5モデルしかありません。

  Xiaomi Mi 8
  Google Pixel 2 XL
  Google Pixel 2
  Samsung S8 (Exynos)- EMEA devices, Models: G950F or G955F
  Huawei P10


 他の資料がないか調べてみたら、以下のアプリの説明の中に関係しそうな情報がありました。

  G-RitZ Logger
  Information & Communication Lab, Ritsumeikan Univ
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kubolab.gnss.gnssloggerR&hl=ja
(以下、上記アプリのURLから抜粋引用)
----------------------------
 端末名 [測位可能衛星] [取得可能データ]
 Motorola Nexus6 [GPS] [コード擬似距離]
 HTC Nexus9 [GPS , GLONASS , QZSS] [コード擬似距離 , 搬送波位相]
 Sony Xperia XZ [GPS] [コード擬似距離]
 Sony Xperia XZ1 [GPS, GLONASS, GALILEO, BEIDOU][コード擬似距離]
 Huawei P10 [GPS , GLONASS , QZSS , GALILEO , BEIDOU] [コード擬似距離 , 搬送波位相]
----------------------------
 
 ある程度候補が絞られてきたので、安い中古のモデルを目標にして探してみたいと思います。
 当方は、現物が確認できるリアル店舗が好みなので、多分秋葉原の中古ショップを徘徊することになると思います。

 


【RAW測定対応スマホ一覧表】(上記Raw GNSS Measurementsの表を加工)
 Raw-gnss-org

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

HUAWEI P10のGPS RAWデータで一筆書きが可能!?

 GNSS(GPS等)を使用した高精度測位に一寸興味がありますが、現時点では手軽に試してみるという訳にはいかないようです。

 以下の資料では、受信機としてTRIMBLE NETR9を使用していますが、結構なお値段です。

  Feb. 1, 2019(第11回SAPT懇話会)
  G-RitZによる測位精度の検証
  http://jsapt.net/ja/download/18055/

  TRIMBLE NETR9
  http://www.tp-touhoku.com/_src/5253964/cam2018_netr9ti1.pdf
  218万円(税別)

 個人レベルでは一寸手が出ません。
 安いスマホで高精度測位が出来る方法は何かないのと探していたら、関係しそうな下記の資料を見かけました。

  Performance analysis of GPS+Galileosmartphone raw measurements
  GSA, 30th may2018
  https://www.gsa.europa.eu/sites/default/files/expo/augusto_mazzoni_la_sapienza.pdf

 この資料のp19の図を見ると、以前JAXAの高精度測位のデモで見たような一筆書き(お絵描きだったかもしれません)のような例が記載されています。
 トラ技(2018.01)の第4話も似ているかも・・・

Huawei P10 and gestures with VADASE kinematic
Carrier Phase only - L1
Huawei-p10-and-gestures-with-vadase-kine

 このページから判断する限りでは、HUAWEI P10でL1の搬送波位相情報を取得するだけで数cmレベルの測位精度が確保できているように見えます。
 もしこのようなことが簡単にできるのであれば、一寸試して見たいです。
 資料をざっと見てみると、"VADASE"というソフトウエアを使っているようです。

 "VADASE"の中身がよく判りませんが、下の記事には「Leica VADASE (Velocity and Displacement Autonomous Solution Engine)は、ユニークな処理アルゴリズムを使用して、高速な動きに関する詳細データを提供します。」と書いてありました。

  モニタリング用 Leica GM30 GNSS 受信機
  https://leica-geosystems.com/ja-jp/products/gnss-systems/receivers/leica-gm30

 無料でどこからかダウンロードできるのかと思ったのですが、GSAの資料には。"The approach is implemented in VADASE software, developed and patented by Sapienza University of Rome"と書いてあったので、手軽に無料で入手するという訳にはいかないかもしれません。

 解析ソフトの話はとりあえず脇に置いといて、スマホに着目すると、HUAWEI P10のRAWデータを使用すれば高精度測位が可能な雰囲気です。(希望的観測ですが・・・)

 処理の複雑さに起因する処理の遅れ、装置の大型化、消費電力の増大等の問題は、技術の発達が解決してくれることが多い(MPEG4,OFDM等)ので、そのうちGoogle Playからダウンロードできるようになるかもしれません。

 HUAWEI P10であれば、少し前のモデルなので、中古であれば手が届くかも・・・・・

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

「i-dio」の行方は?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  朝日新聞デジタル
  ラジオのデジタル放送、存続か撤退か 対応端末まだゼロ
  2019年6月24日08時00分
  https://www.asahi.com/articles/ASM6N6J6CM6NUCVL014.html?iref=comtop_8_06


 試験放送のころからブログのネタにしてきましたが、経営的には難しいようです。
 仕事場の周りの数人に聞いても誰も知りませんでした。
 マルチメディアに拘泥せずに高音質音楽「放送」サービスに特化した方が良かったかも・・・

 音は非常に良いですが、FMラジオ並みに簡単に操作できるという感じではないです。
 電源スイッチを入れたらすぐに音楽が流れてくると嬉しいのですが・・・

-------------------------------------------
  Google Play
  i-dio
  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.gigno.vlow.idio
[2016.03.01現在]
  アップデート 2016年2月29日
  サイズ 31M
  インストール 10,000~50,000
  現在のバージョン 1.0.1
  Android 要件 4.0.3 以上
[2019.06.24現在](近日公開終了とのこと)
  更新日:2018年8月13日
  サイズ:23M
  インストール:50,000+
  現在のバージョン:3.0.5
  Android 要件:4.2 以上

  TS PLAY by i-dio
  https://play.google.com/store/apps/details?id=style.cast.tsplay
  [2019.06.24現在]
  更新日:2019年4月1日
  サイズ:25M
  インストール:100,000+
  現在のバージョン:4.1.7
  Android 要件:4.2 以上
-------------------------------------------

 


【関連内部リンク】
2016年1月21日 (木)
SDR Touchで見たVHF-Low新放送「i-dio」の試験電波(ISDB-Tsb)
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/01/sdr-touchvhf-lo.html

2016年2月 6日 (土)
モニタ用の「i-dio」Wi-Fiチューナが届きましたが・・・
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/02/i-diowi-fi-00cb.html

2016年3月 1日 (火)
V-Lowマルチメディア放送「i-dio」を受信してみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/v-lowi-dio-a720.html

2016年3月 2日 (水)
100円イヤホンを「i-dio」Wi-Fiチューナの外付けアンテナに改造
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/100i-diowi-fi-4.html

2016年3月 3日 (木)
i-dioアプリでWi-Fiチューナの受信状況とバッテリ残量を表示
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/i-diowi-fi-b650.html

2016年3月 5日 (土)
「i-dio」Wi-Fiチューナにネックストラップアンテナを外付け
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/i-diowi-fi-9dbd.html

2016年3月 7日 (月)
「i-dio」Wi-Fiチューナに144/430MHz用ホイップアンテナを繋いでみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/i-diowi-fi14443.html

2016年3月18日 (金)
i-dio用Wi-Fiチューナの根本が細いテレスコピックアンテナ
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/03/i-diowi-fi-ec0a.html

2016年6月30日 (木)
SDR Touchで見たNOTTVの跡地
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/06/sdr-touchnottv-.html

 

 

【参考外部リンク】
V-High帯域の諸外国における利用動向
平成31年3月1日
http://www.soumu.go.jp/main_content/000604460.pdf

 

| | コメント (4)

2019年6月17日 (月)

GNSS(GPS等)のPRNと信号レベルが判るAndroidアプリ色々

 スマホやタブレットを買ったときに、GNSS(GPS等)の衛星捕捉特性がどの程度のものであるか確認してみたいです。
 また、海外に遊びに行ったときに、QZSSの信号がどの程度受信できるのかも一寸興味があります。
 現在は、スマホ用では定番の”GPS Test (Chartcross Limited)”や”AndroiTS”を利用することが多いのですが、その他にも色々あるようなので、一寸調べてみました。
GNSS(GPS)関連のAndroidアプリは非常に沢山あるので、以下の項目が確認できるものに着目しました。

  ・PRN
  ・信号レベル(C/N, SNR, Strength等)
  ・方位(Azimuth, Elevation)
  ・測位への寄与(In Use, Used)

 今までは、PRNとして、193, 194, 195が表示されていたり、方位データが表示されていると、それだけでQZSSに対応していると勘違いしていましたが、In Useの確認が必要なようです。

 QZSS対応スマホのCovia FLEAZ Que CP-L45sを使用して、関係しそうなアプリを試してみました。
 なお、基本的には、Google Playからダウンロードできるものを選びましたが、以前はダウンロードできたけれども、現在は不可能になっているもの、あるいは、メーカーサイトから直接ダウンロードしたものも含まれています。
 似たような名称のアプリがいくつかあるので紛らわしいです。
 これ以外にも色々あると思いますが、素人の好奇心で一寸調べただけのものですので、漏れや誤りはご容赦の程を・・・

【GNSS(GPS等)用アプリ色々】
00-gnssgps-monitor-applications


-------------------------------------------------------
(01) GPS Test (Chartcross Limited)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chartcross.gpstest&hl=ja
更新日:2018年10月5日
サイズ:3.7M
インストール:10,000,000+
現在のバージョン:1.5.8
Android 要件:4.0 以上
Supports GPS, GLONASS, GALILEO, SBAS, BEIDOU and QZSS satellites.
(定番ですが、QZSSは測位レベルでは対応していない?)

01-gps-test-chartcross-limited

-------------------------------------------------------
(02) GPSTest (barbeauDev)  (アイコン:電波と山)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.gpstest&hl=ja
更新日:2019年6月4日
サイズ:デバイスにより異なります
インストール:100,000+
現在のバージョン:デバイスにより異なります
Android 要件:デバイスにより異なります
Supports dual-frequency* GNSS for:
- GPS (USA Navstar) (L1, L2, L3, L4, L5)
- Galileo (European Union) (E1, E5, E5a, E5b, E6)
- GLONASS (Russia) (L1, L2, L3, L5)
- QZSS (Japan) (L1, L2, L5, L6)
- BeiDou/COMPASS (China) (B1, B1-2, B2, B2a, B3)
- Various satellite-based augmentation systems SBAS (e.g., GAGAN, Anik F1, Galaxy 15, Inmarsat 3-F2, Inmarsat 4-F3, SES-5) (L1, L5)
(日の丸3、Uフラグ2なのでQZSSに対応している?)

02-gpstest-barbeaudev

-------------------------------------------------------
(03) GPSTest (Cache.Wind)  [GPSテスト - テストおよび修理](アイコン:パラボラ)
https://play.google.com/store/apps/details?id=cache.wind.gps
更新日:2018年7月28日
サイズ:1.7M
インストール:100,000+
現在のバージョン:1.1.9
Android 要件:4.0 以上
サポート:
GPS(米国)
GLONASS(ロシア)
QZSS(日本)
北斗(中国)
(実装はGPSのみ?)

03-gpstest-cachewind

-------------------------------------------------------
(04) GPS Status (khaled habbachi)  (アイコン:スカイプロット)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.khalnadj.khaledhabbachi.gpsstatus&hl=ja
更新日:2019年3月8日
サイズ:2.0M
インストール:100,000+
現在のバージョン:1.1.6
Android 要件:4.0 以上
(衛星フィルタ?:●GPS、▲未実装?、■QZSS)

04-gps-status-khaled-habbachi

-------------------------------------------------------
(05) GNSS Commander - GPS status (PilaBlu)
https://play.google.com/store/apps/details?id=de.pilablu.gnsscommander&hl=ja
更新日:2018年9月5日
サイズ:3.1M
インストール:10,000+
現在のバージョン:2.6.0.2
Android 要件:4.0.3 以上
+ Satellite list & Sky-Plot with subsystems like GPS, Glonass or Galileo
(“2019年6月15日 Why is QZSS displayed as GPS?”という書き込みがありますが、「QZ InUse」と表示されました。)

05-gnss-commander-gps-statuspilablu

-------------------------------------------------------
(06) Z - Device Test (ZAUSAN Innovacion Tecnologica)
https://play.google.com/store/apps/details?id=zausan.zdevicetest&hl=ja
更新日:2017年3月13日
サイズ:5.5M
インストール:1,000,000+
現在のバージョン:1.8
Android 要件:3.0 以上
(GNSS専用アプリではないので、PrnとSnrの関係が判りにくいです。)

06-z-device-test-zausan-innovacion-tecno

-------------------------------------------------------
(07) GPS Info & NMEA Logging Pro (RB Games) 有料
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lrbgames.gps_info_logging_paid
更新日:2017年3月9日
サイズ:1.1M
インストール:100+
現在のバージョン:1.0.2_Paid
Android 要件:2.3 以上
- View the Satellite Signal strength, the PRN number, and the type (GPS, GLONASS, SBAS or BEIDOU)
(説明ではQZSS非対応のように思えますが、usedに193, 104, 195が含まれていました。)

07-gps-info-nmea-logging-pro-rb-games

-------------------------------------------------------
(08) GPS Data - location status fix (Propane Apps)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pierwiastek.gpsdata
更新日:2019年3月15日
サイズ:4.3M
インストール:1,000,000+
現在のバージョン:4.0
Android 要件:4.4 以上
"you get all details about satellite prn number, info about satellite fix, signal strength and type: NAVSTAR, GLONASS, QZSS, Galileo, BeiDou. Elevation and altitude is available in landscape mode.
(fixがin useに対応? PRN193はfixなし)

08-gps-data-location-status-fixpropane-a

-------------------------------------------------------
(09) Gnss Logger
[現在はGoogle Playにないので下記サイトからダウンロード]
https://github.com/google/gps-measurement-tools/releases/tag/2.0.0.1
(信号のレベル変化をリアルタイムでグラフ表示できるので見ていて面白いです。左側は窓際で、右側は部屋の中。)

09-gnss-logger

-------------------------------------------------------
(10) AndroiTS
[現在はGoogle Playにないので下記サイトからダウンロード]
AndroiTS GPS Test Pro 1.48  
https://ja.apkhere.com/down/com.androits.gps.test.pro_1.48_paid
最新バージョン: 1.48
ファイルサイズ: 2.33 MB
更新した: 2017-01-06
(定番なので説明省略。QZSSは非対応?)

10-androits-gps-test-pro-148

-------------------------------------------------------
(11) u-center
2015年11月15日
http://qzss.go.jp/usage/products/u-blox_151115.html
(現在は、直接u-bloxからダウンロードはできないようです)
u-center for Android - u-blox Portal
https://portal.u-blox.com/s/question/0D52p00008HKDu2CAH/ucenter-for-android
"I wrote to U-blox support and they sent me the APK file"
(193の信号は結構強いですが、ueaのフラグは立っていません。)
Ucenter-prn193
(写真差し替え)

【2019.06.22追加】
-------------------------------------------------------
(12)GPS Benchmark (barbeauDev)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gpsbenchmark.android&rdid=com.gpsbenchmark.android
更新日:2013年7月8日
サイズ:710k
インストール:10,000+
現在のバージョン:1.2.0
Android 要件:
1.6 以上
(かなり地味ですが、QZSS PRN193のフラグがUです)
Gps-benchmark-prn193  

-------------------------------------------------------

 今回試したみた範囲では、以下のアプリを使用すれば、QZSSが測位に使用されているか否かが確認できそうです。

    GPSTest (barbeauDev)
    GNSS Commander (PilaBlu)
    GPS Info & NMEA Logging Pro (RB Games)
    GPS Benchmark (barbeauDev)

 なお、ダウンロード/インストールは自己責任ということで・・・

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

カード入れが18個あるエミレーツのトラベル・ウォレット

   仕事で貰ったという知り合いから譲り受けました。
 エミレーツということで、いかにも高級そうです。
 サイズが結構大きいので最初はタブレットホルダーかと思いましたが、ラクダ革の財布でした。
 カード入れが18個もある財布は初めて見ました。
 全部入れるとどんな感じになるのかと思って、家にあるカードをかき集めて差し込んでみました。
 自分が持ち歩いているのは、クレジット+他のサービスでせいぜい5~6枚ですが、エミレーツを利用するような人はこの程度は必要ということでしょうか?
なお、革の模様はA380のエンジン・ブレードをデザインしたものということです。
 たぶん、エミレーツを利用することはないと思いますが・・・(遠いと体にこたえます)

【Emirates Travel Wallet】
Emirates-travel-wallet_2

Emirates-travel-wallet_3

Emirates-travel-wallet_4

Emirates-travel-wallet_5

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

古いバージョンのu-centerをu-bloxからダウンロード

  QZSSの受信状態をチェックするために、u-bloxから提供されているWindows版GNSS評価ソフトウェアu-centerを使用しています。
 u-centerは割と頻繁にバージョンアップが行われており、現在(2019/06/08)のバージョンはv19.05のようです。

  u-center
  Windows版GNSS評価ソフトウェア
  https://www.u-blox.com/ja/product/u-center

  u-center for Windows, v19.05
  https://www.u-blox.com/sites/default/files/u-centersetup_v19.05.zip

 QZSSの衛星を表示する場合には、QZSSだけを選択して表示した方が情報が見やすいです。
 最新のv19.05の場合、デフォルトの衛星選択状態では特に問題がないのですが、QZSSだけを選択すると表示がおかしくなります。
  使用PCはThinkPad X250 (Windows 10 Pro 64bit)です。

【u-center v19.05 default】
1-ucenter-1905-default

【u-center v19.05 QZSS】
2-ucenter-1905-qzss

 以前は正常に表示されていたので、u-centerの古いバージョンを探してみました。
 理由はよく判りませんが、世の中には古いバージョンを必要とする人がいるようで、uboxのサイトのQ&Aのページにv8.29のダウンロードの方法が書いてありました。

  u-blox
  October 1, 2018 at 12:03 PM
  Where can I download older versions of u-center from? Need v8.29
  https://portal.u-blox.com/s/question/0D52p00008HKE1cCAH/where-can-i-download-older-versions-of-ucenter-from-need-v829

 ここに出てくるv8.29が希望に沿ったものかどうかは判りませんが、とりあえずダウンロードしてみることにしました。
 u-centersetup_v19.05.zipがダウンロードできました。
 解凍して走らせてみると、ほぼ期待したような表示になりました。


【u-center v8.29 default】
3-ucenter-829-default

【u-center v8.29 QZSS】
4-ucenterv829-qzss

 QZSSのlevel historyがもう少し大きき表示されるとうれしいのですが、とりあえずこれでOKです。


 別の古いバージョンもあるようですが、さすがにこれは古すぎるかも・・・

  August 28, 2015 at 12:31 AM
  u-center 8.16 or previous version (XP compatible)
  https://portal.u-blox.com/s/question/0D52p00008HKCDGCA5/ucenter-816-or-previous-version-xp-compatible

 

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

BASIO3(KYV43)のQZSS表示が変(PRN196?)

 先日、AUの端末をガラケーCA007からスマホBASIO3(KYV43)に機種変更しましたが、まだ慣れません。
 通話やメールする際に手間が増えたような気がします。(単に慣れてないので、もたついているだけかもしれませんが・・・)
 今まで通話/メール用のCA007とインターネット用のSH-01Fの2台持ちだったのが1台になったので、荷物が減った点では都合が良いです。

 もともと、携帯の通話やメールはあまりしないので、殆どがデータ通信になりますが、老人向け(?)の必要以上に大きいと思われるアイコンやラジオボタンが沢山あって操作性があまり良くないような気がします。
 起動画面の編集はできるようですが、今のところ希望のレイアウトにはできていません。
 希望としてはキャリア(AU)特有の操作画面と、後からインストールした一般的なアプリの操作画面とを別画面にしたいのですが、編集が難しいです。


   話は変わってGNSS関連です。
 当方はQZSSに一寸興味があるので、このBASIO3が対応しているかどうか確認してみました。
 公式のみちびき対応製品リストには、BASIO3は含まれていないようです。

  みちびき対応製品リスト
  2019年05月23日
  スマホ・タブレットPC
  http://qzss.go.jp/usage/products/list.html#smartphone-tabletpc

 

 BASIO3ですが、GNSS関係の仕様を調べてみると以下のような資料がありました。

  Kyocera Basio 3 - Specifications
  https://www.devicespecifications.com/en/model/92044802

  SoC: Qualcomm Snapdragon 430 MSM8937

  Tracking/Positioning
   The tracking/positioning service is provided by various satellite navigation systems, which track the autonomous geo-spatial positioning of the device that supports them. The most common satellite navigation systems are the GPS and the GLONASS. There are also non-satellite technologies for locating mobile devices such as the Enhanced Observed Time Difference, Enhanced 911, GSM Cell ID.


 この資料を見ると、GPSとGLONASSしか対応していないような感じです。
 実際に確認してみました。
 表示アプリは、AndroiTSを使いました。

 受信結果は以下の通りです。

【BASIO3/AndroiTS/sky】
02-basio3_androits_skyplot

【BASIO3/AndroiTS/level】
03-basio3_androits_levelplot


 スカイプロットの画面をざっと見ると米9,露8,日1となっているので、GPS, GLONASS, QZSSが受信できているように見えます。
また、レベルプロットの画面では、QZSSとしてPRN 193, 194, 195が表示されています。
 しかしながら、方位データ(Azimuth, Elevation)の値がゼロになっています。
 また、スカイプロットの画面を見ると、衛星の位置が北の水平線に貼りついています。
 この状態では、QZSSは測位に寄与していないと思われます。

 方位データがゼロとなっている理由としては、送信側と受信側の両方が考えられます。
 GPSの衛星であるNAVSTARでも、特定の衛星の方位データがゼロになっていることがあります。
 QZSSの送信側の状態をNAQU情報(http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html)で調べてみましたが、受信時点におけるPRN 193, 104, 195に関する情報はないようです。

 試験運用期間中は、QZSS対応の FLEAZ Que で受信しても、ときどき方位データがゼロになっていましたが、最近はあまり見かけないような気がします。
 正確なところはよく判りませんが、今回のBASIO3での現象は、送信側が原因では無いような感じがします。

 ということは、受信側に原因がある可能性が高いですが、中途半端に受信できているというのが一寸気持ちが悪いです。
 ネットで関連しそうな情報を探していたら、同じ症状を呈するスマホに関する以下の書き込み(2017)がありました。

  『QZSS(みちびき)に対応してますか?』のクチコミ掲示板
  ZenFone 3 SIMフリー
  https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000021762/SortID=20853868/

 書き込みの内容を見ると、BASIO3はZenFone 3と同じ症状のように思われます。
 あらためてみちびき対応製品リストを見てみると、ZenFone 2はリストに含まれていますが、ZenFone 3は含まれていません。
ZenFone 3はSnapdragon 625を使用し、BASIO3(KYV43)はSnapdragon 430を使用しているようです。

 どのチップがQZSSに対応しているのかを調べてみると、以下のような資料がありました。

  みちびき対応スマートフォンは少ない。対応するSnapdragonはどれか?
  << 作成日時 : 2017/06/05 08:32 >>
  https://powerpro.at.webry.info/201706/article_3.html

 これによれば、「みちびき非対応の型番については、Snapdragon200シリーズ、400シリーズ、 610~626までの型番、650は非対応である。」とのことなので、話は合っています。

 色々調べてみましたが、残念ながらBASIO3はみちびき非対応のようです。

 以上、色々と書いてきましたが、ここまでの話は仕様がそうなっているということなので、別に不思議な話ではありません。

 

 ここからが本題です。
 QZSSの信号をQZSS対応のFLEAZ Queに入れたGNSS表示アプリで表示した場合には、QZSのPRNとして193, 194, 195が表示されます。
 先日、ハワイに遊びに行ったときに、同行者が88TEESで買い物をしているときに暇つぶしでBASIO3に入れたGPS TESTを見ていました。

 画面を見ると、レベルバーの下に、193, 194, 195, 196と表示されています。
 スカイプロットには、北の水平線に196だけが表示されています。

【QZSS PRN 193, 194, 195, 196】@HNL, 88TEES 2F
04basio3-gps-test-level-prn196_1
地図が小さくて見にくいですが、現在地はハワイです。

06-basio3-gps-test-sky-prn196_

 四つともPRNの数字の背景が黒なので、測位には使用されていません。
  PRN196という表示は初めて見ました。これは何でしょうか?
 下記資料によれば、196はみちびき2号機(QZS-2)のL5Sに割り当てられたPRNのようです。

  みちびき
  http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html#QZSS

 L5Sはあまり聞いたことがないので調べてみました。
 下記の資料によれば、L5Sは1176.45MHzで送信される測位技術実証サービス用の測位信号のようです。

  送信信号一覧
  http://qzss.go.jp/overview/services/sv03_signals.html

  測位技術実証サービス
  http://qzss.go.jp/overview/services/sv07_tv.html
  「衛星からのデータは、L5信号と同じ形式であるL5S信号の受信機で利用することができます。」

 整理すると以下のようになります。

  193   1号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
  194   2号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
  195 4号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
  196 2号機 L5S                        1176.45MHz

 L5Sの周波数(1176.45MHz)はL1C/Aの周波数(1575.42MHz)とは約400MHzも違っているので、入口のL1C/A用のアンテナで減衰して信号自体が受信できないような気がします。
 GNSS受信端末におけるエラーとしては、マルチパスや信号劣化の影響で、現在位置がとんでもない場所になることがありますが、今回のようなエラー(?)は見たことがありません。
 でたらめな数字が表示されるのであれば、なんとなく納得できますが、それらしい数字が表示されるのが不思議です。
 

 PRN196に関する情報はあまりないのですが、以下の資料に関係ありそうな情報が書いてありました。

  u-blox 8 / u-blox M8 
  Receiver Description Including Protocol Specification
  Revision and date R17 (5321fe3) 17 May 2019
  https://www.u-blox.com/sites/default/files/products/documents/u-blox8-M8_ReceiverDescrProtSpec_%28UBX-13003221%29_Public.pdf

    A Satellite Numbering(Page 394 of 407)
    GNSS Type  SV range   UBX gnssId:svId  UBX svId
    QZSS     Q1-Q5    5:1-5        193-197

  SV rangeがQ1-Q5で、UBX svIdが193-197であるということは、単純に考えると以下のようになります。

    Q1 193 1号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
    Q2 194 2号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
    Q3 195 4号機 L1C/A, L1C, L2C, L5 1575.42MHz
    Q4 196 2号機 L5S                        1176.45MHz
    Q5 197 3号機 L5S                        1176.45MHz

    Q5という文字を見て思い出したのですが、以前U-bloxの表示ソフトu-centerで「QZSS Q4」、「QZSS Q5」という表示(方位データなし)を見たことがあります。
 なお、使用した GNSSレシーバはu-blox7/G7020でした。

【QZSS Q4, QZSS Q5】
07-ucenter_827_qzss_q4_q5

Qzss-q4-q5


 普通のGNSSレシーバで受信できるL1C/Aの信号は、QZSSでは3波しか無い筈なのに、5波も表示されているのが不思議でした。


     みちびき 準天頂衛星システム 3号機(199)受信不可について
     https://support.garmin.com/ja-JP/?faq=Gz0iRDAbibAKYZV9teLnq9

     GPS受信モジュール(1PPS出力付き) 「みちびき」3機受信対応の質問と回答
     http://akizukidenshi.com/catalog/faq/goodsfaq.aspx?goods=M-09990 


  KiwiSDRならL1C/A等が変則仕様(?)の3号機(PRN199)にも対応しているようですが・・・

     KiwiSDR
    http://kiwisdr.com/

  『ど』 の ぺえじ
  みちびき 久しぶりの4機同時受信 [GNSS]
  https://radio-dxing.blog.so-net.ne.jp/2018-09-10


 u-centerでQ4, Q5が表示される理由は今もよく判りません。
 u-centerで表示された「QZSS Q4」がBASIO3で表示された「196」と何か関係があるのでしょうか? 素人には想像もつきません。


 PRN情報がどのようにして伝送されているのかよく判りませんが、他の信号に共通データ(アルマナック?)として含まれていたり、ネットワーク経由で伝送されているのであれば、どこかの経路を通って「196」という数字が漏れ出てくることはあるのでしょうか? 
 受信していた場所は、2階の室内で雑音となりそうなものが沢山あったので、ノイズが飛び込んで誤動作したとか?
 あるいは近くで誰かがGNSSシミュレータで遊んでいたとか?

 

 QZSSを目的としてBASIO3を購入した訳ではないので、もし受信できたらラッキーという程度だったですが、QZSSのPRNが表示されたので、一寸期待してしまいました。
 残念ながら、BASIO3はQSZSに対応していませんが、C/Nは表示されているので、QZSS信号チェッカとしては利用できるかもしれません。

 

【蛇足】
 ホノルルから見たQZSSのスカイプロット

  GNSS View
  http://app.qzss.go.jp/GNSSView/gnssview.html?t=1559693991764
 
Gnss-view-hnl  
 低い仰角で移動しているので、受信環境としてはあまりよくないかもしれません。

| | コメント (2)

2019年6月 2日 (日)

懲りずに3台目の中華Android Watch(X02S)を買いました

  以前、新宿西口のヨドバシカメラで試用させてもらったGarminのGPS付腕時計(fenix5x?)が面白そうだったのですが、遊び用としては一寸手が出ないお値段でした。

 同じような機能で安いもの(Poor man's Garmin GPS Watch ?)がないかと探していて、衝動買いしたのがFinow Q7 Plusです。
 結果的には、今まで一度もGPS連動のアプリが動いたことはありません。
 不思議なことに、RFO BASICで座標データを読み出してみると、まともな値が取得できているようです。

 Finow Q7 Plusは画素が240×240で粗すぎたので、次に400×400に惹かれてFinow X5 Airを買いました。
 しかしながら、両方ともGPSの受信は出来ませんでした。
 両方とも、チップがMT6580ということに関係しいるのかもしれませんが、詳細はよく判りません、

  How to Fix Slow GPS Lock on Mediatek MT65xx based Smartphones
  https://www.cnx-software.com/2013/11/27/how-to-fix-slow-gps-lock-on-mediatek-mt65xx-based-smartphones/


 中華GPSウォッチは実用になりそうにないということで、興味をなくしていたのですが、最近アマゾンからの購買履歴参照型広告メールの中に、角型の「STK GPS測位スマートウォッチ」というがありました。

https://www.amazon.co.jp/STK-GPS%E6%B8%AC%E4%BD%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E5%AF%BE%E5%BF%9C-Bluetooth%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81-Android%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0/dp/B0156V278K

 Amazonの説明ではチップの種類は判らなかったのですが、昔よりは良くなっているかもしれません。

 
 以前購入したQ7 PlusやX5 Airは丸形でしたが、Android端末として使用する場合には、デフォルトの表示モードでは四隅が欠けてしまって使いにくいです。縮小モードにすれば全体が見えますが、文字がかなり小さくなってしまいます。
 また、地図も角型の方が見やすいです。

 ということで、今回は角型表示に惹かれてX02Sを買ってしまいました。

【X02S】
01
01-x02s_1

02
02-x02s_2


 
【充電端子】
03
03-x02s_charge1

04
04-x02s_charge2

 Finow Q7 Plusと同様に端子部分だけが磁石で吸着される方式です。
 接触不良になりやすいです。

【GPS TEST】
05
05-x02s_gps1

06
06-x02s_gps2  

 購入した後で、チップがMTK6580(=MT6580?)であるとわかりましたが、とりあえずGPSを試してみました。
 衛星測位性能はあまりよくないようですが、10分程度で測位可能になりました。
Q7 PlusやX5 Airと同じチップなのに差が出るのが不思議ですが、ソフト的に改善されたのでしょうか?
 なお、使用開始直後は割と衛星を捕捉していたのですが、最近は殆ど掴まなくなりました。
 原因はよく判りません。

【SIM】
07
07-x02s_sim1

08
08-x02s_sim2

09
09-x02s_sim3

10
10-x02s_sim4


【US Naval Observatory Master Clock Time (X02S)】
11

 

 

【United Airlines Personal device entertainment】
腕時計型表示装置による動画視聴は実用的では無いと判っていましたが、話のネタに試してみました。

12
12-x02s_unitedwifi_1

13
13-x02s_unitedwifi_2


 Wi-Fiの接続、サイトへの接続、メニュー選択までは問題がありませんでしたが、最後のタイトル選択の段階で、以下のメッセージが出て再生できませんでした。

14
14-x02s_unitedwifi_3

"Device is not secure. Device has root access, playback is not possible."
「デバイスはセキュリティで保護されていません。デバイスにはルートアクセス権があり、再生はできません。」(Google翻訳)

 使用端末が安全でないので再生できないということでしょうか?
 端末をroot化した覚えはないのですが、ものによっては予めroot化された状態で販売されているものもあるようです。
 念のためrootチェックをしてみましたが、Not Rootedでした。

15
15-x02s_notrooted

 何が問題になったのかよくわかりません。
 最近は機内ネットワークの乗っ取りが問題になっているようなので、SSSSに2回も引っ掛かったような乗客はアクセス拒否するとか・・・(当方の妄想です)
 
 なお、Pokemon Goでもroot化端末は拒否されるようですが、root化端末を非root化端末に偽装するアプリもあるようなので、いたちごっこかも?

【Pokemon Go】
16
16-x02s_pokemon_go

行けそうな雰囲気だったのですが、最終的にはX02Sにはインストールできませんでした。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

ホノルルで見かけたもの

 所謂旅行記は苦手なので、手抜きで略々写真のみです。


【ホテル名入りマカロン】
@モアナ・サーフライダー/ザ・ベランダ/アフターヌーン・ティー
Moana-surfridermacaron_1

Moana-surfridermacaron_2

 全部食べると割と量があります。

 

【ポケストップ "Moana Lions"】
@モアナ サーフライダー 1階
Pokestop-moana-lionsmoana-surfrider_1

Pokestop-moana-lionsmoana-surfrider_2

 

Pokestop-moana-lionsmoana-surfrider_4

Pokestop-moana-lionsmoana-surfrider_5

 ライオンの鼻が光っていました。
 部屋からアクセスできたので、ボールをせっせと貯めました。

 

【ウェディングカップルの記念写真撮影風景】
@アラモアナ・ビーチ・パーク
Wedding-photo-shootala-moana-beach-park
 モアナ・サーフライダーで記念写真の撮影をしているカップルを3組見かけたので、もしかしたら滞在客だったかもしれません。

 

【撮影ポイント】
Scenic-pointhonolulu
 Scenic Pointの標識を見ると、「写真を撮らなければならない」という義務感のようなものが・・・

 

【直線道路】
(GIFアニメ:画像を左クリック)
Long-and-straight-road_gif 
 道路は続くよどこまでも・・・♪♪♪
 ここなら運転が下手な当方でも大丈夫かも?

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »