« 巡航中の機内でGP-102+を使ってみました | トップページ | Galileoが回復? »

2019年7月15日 (月)

PPP WizLite(Huawei P10)テスト@福博であい橋

 GNSS受信環境としてはそれほど良くありませんが、測位誤差の量が視覚的に分かり易いので、「福博であい橋」の上で測位してみました。

  福博であい橋
  https://www.fukuoka-film.com/locate/243/

 使用スマホはHuawei P10、GNSSソフトはPPP WizLite、測位モードはStaticです。
 また、測位誤差の経時変化が判りやすいようにGIFアニメにしてみました。

【PPP WizLiteによる測位誤差の変化】(Pls Lft Clk)
(画像を左クリックするとGIFアニメーションが開始されます)
Ppp-wizlitehuawei-p10gif

 


 GIFアニメの最後で点滅している場所が実際の測位位置です。
 誤差円の外周ぎりぎりという感じです。
 誤差は、17:21で13.91m、17:24で2.99mなので、約3分で誤差が約3mまで収束しました。
 しかしながら、これ以降は10分程度待っても値は改善されませんでした。
1時間程度粘っていれば、1m以下になったのかもしれませんが、場所が場所なので、不審者として通報されそう・・・

 この測位結果が通常のスマホレベルなのか、補正により改善されているのかは、よくわかりません。
 短時間で1m以下に収束すれば、これは凄いということになると思いますが・・・

 下記の動画の例では、最終的な値は0.91mになっていますが、この値に達するまでに約1時間半を要しているようです。

  Precise Point Positioning on Android with Wiz Lite
  https://www.youtube.com/watch?v=fwufdE7PtMg

 

|

« 巡航中の機内でGP-102+を使ってみました | トップページ | Galileoが回復? »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巡航中の機内でGP-102+を使ってみました | トップページ | Galileoが回復? »