« PPP WizLiteとGPS Testを比べてみました | トップページ | PPP WizLite(Huawei P10)テスト@福博であい橋 »

2019年7月14日 (日)

巡航中の機内でGP-102+を使ってみました

   最近、中古のHuawei P10を購入して色々なGNSSアプリを動かして遊んでいます。
 ハードウエアは同じでも、アプリによって測位誤差の値にかなり違いがあります。
 測位誤差の比較をしようと思って、昔購入したHolux m-241を久しぶりに引っ張り出してみましたが、週ロールオーバーに対応していないようです。

  GPS Week Rollover Issue
  http://market.holux.com/EDM/2019/0429/20190429_weekvalue.html

 手間を掛ければ、使い続けることも可能なようですが、そこまでの元気はないので、代替品を探してみました。

 ネットで調べてみると、m-241からGP-102+に乗り換えた人が結構おられるようです。
 amazonの評価も悪くないです。

 

  Canmore GP-102+ G-PORTER GPS Data Logger (Barometer; Altimeter; Digital Compass; Geotag photo; Weather Station; Pedometer; Travel logger; Gradienter; Find Wayback feature; SiRF 4 GPS chipset, IPX 6 WaterProof)
  http://www.canadagps.com/Canmore_GP-102plus.html

  OPERATING INSTRUCTIONS
  http://www.canadagps.com/Downloads/2014/GP-102plus_user_guide.pdf

 


  GPS(GNSS)ロガーは、巡行中の機内で使用することがあるので、GP-102+の高度と速度の測定可能範囲を確認したいです。

  2013年6月17日 (月)
  GPSデータによる国際線飛行ルートいろいろ(NRT-DPS/HNL/SIN/SYD)
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/06/gpsnrt-dpshnlsi.html

 m-241の場合は、表示は時速999kmまでですが、データ自体は1000km/hを超しても記録されています。

  2011年1月29日 (土)
  999km/h(以上?)で巡航中(機長の再建アナウンス入り)
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2011/01/999kmh-61a1.html

  ルートラボ
  FUK  → HND
  https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=499941dc3cd4ff1b02152fd288bcaa61
 (Bluetooth無しのm-241cで測位しました。四国付近では約1200km/hとなっています。)

 しかしながら、amazonの商品説明では、高度と速度の上限がよくわかりません。
 商品説明によれば、GP-102+のチップはSIRF STAR IVのようなので、多分大丈夫でしょう。

  GPS Module based on SiRF Star IV
  http://www.wi2wi.com/location-and-navigation/gps/w2sg0008i
  Maximum Altitude: < 60,000 feet
  Maximum Velocity: < 1,000 knots

 amazonの商品説明にはVenus6の話も出てくるのですが、チップが異なるモデルがあるのでしょうか?

  Venus6
  http://www.mecomp.com.br/rumo/Venus_CeBIT5.pdf


 もっと詳しい情報はないかと思って探していたら、下記のページにかなり詳しい記載がありました。

  G-PORTER GP-102+ ブルー
  http://cba.sakura.ne.jp/parts01/kit_b21.htm
  (当方の環境ThinPad X250 Windows 10 Pro 64bitでは、Chrome NG, IE OKでした)

  JR7CWK'sぶろぐ
  GPSロガー>GP-102+
  2013.11.29
  http://samidare.jp/jr7cwk/lavo?p=log&lid=339094


 大体様子が判ってきたので、発売から数年遅れになりますが、直接秋葉原の秋月に買いにいきました。

【Canmore GP-102+ G-PORTER】
(01) GP-102+_1
01canmore-gp102-gporter_1_20190714074901

(02) GP-102+_2
02-canmore-gp102-gporter_2_20190714074901

(03) GP-102+_m-241_m-241c_PCQ-HGR3S_GPS-CS3K_eTrex Legend
03-gnssgps-logger

  GP-102+は、今まで使ってきたGPS(GNSS)ロガーの中では最小かもしれません。
 衛星捕捉特性も結構良好な感じがします。


 早速、巡航中の機内で試してみたいとろですが、航空会社によっては受信機の使用が禁止されている場合があります。

  Review: Canmore G-Porter GP-102+ data logger
  Apr 21 '16
  https://robservatory.com/review-canmore-g-porter-gp-102-data-logger/comment-page-1/
"The long flight on Air Canada, they explicitly stated that anything that receives a signal must be disabled. Seems very weird to me, too, and I’m confident that a $50 device in my pocket 100′ from the cockpit can’t possibly interfere with the aviation gear."

 電磁波の挙動は奇々怪々であり、また、機材の電磁波耐性も色々なので、100ft離れているから絶対に安全とは言えないのが悩ましいところです。

  電子機器から発射される電波に対する航空機耐性評価方法
  https://www.mlit.go.jp/common/001031526.pdf


 今回利用するANAの場合を確認してみました。

   電子機器の使用制限[国内線]
   https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/baggage/caution-electronic/inflight-restriction.html

 機材によっては、Bluetooth経由のGNSS(GPS)ロガーは使用禁止の場合があるようですが、今回使用するB777-200の場合はセーフです。
 実際に機内で使ってみました。
 なお、ログの記録は、羽田空港ー福岡空港ーヒルトン福岡シーホークの区間でシームレスに行いました。

【ANA251 HND-FUK】
(04) GP-102+_ANA251
04-gp102_ana251

(05) GP-102+_Huawei P10_ANA251
05-gp102_huawei-p10_ana251

 

【ANA256 FUK-HND】
(06)
06-gp102_ana256_1

(07)
07-gp102_ana256_2

(08)
08-canway_ana256_01

(09)
09-canway_ana256_02

(10) 
10-canway_ana256_03


 巡航中の機内でも、窓際の席であれば問題なく使えるようです。
 昔はGPSロガーを窓に押し付けていなければ測位できなかったので、長時間のログをとるのが結構大変でした。
 今は感度が良くなっているので、シートの背中にぶら下げておけばよいので手間がかかりません。

 

|

« PPP WizLiteとGPS Testを比べてみました | トップページ | PPP WizLite(Huawei P10)テスト@福博であい橋 »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PPP WizLiteとGPS Testを比べてみました | トップページ | PPP WizLite(Huawei P10)テスト@福博であい橋 »