« rinex ONで各国の測位衛星の勢力分布を表示してみました | トップページ | UltraSound Detectorで見たセミの鳴き声のスペクトラム(1~24kHz) »

2019年8月23日 (金)

「Alexa Skill Blueprints」でHAL9000の真似をしてみました

  Alexa Skill BlueprintでAmazon Echoの会話をカスタム化できるということを最近知ったので、試してみました。

  Amazon Alexa|Skill Blueprints
  https://blueprints.amazon.co.jp/

 何とかの一つ覚えで芸がないのですが、HAL9000がらみの会話を作ってみました。
 最初は、英語版を作ろうと思ったのですが、英語版のサイトにはログインできませんでした。

  Blueprints
  https://blueprints.amazon.com/

 日本と米国でメールアドレスとパスワードが同じだとうまくないという話を聞きましたが、これと関係あるのかもしれません。

 仕方がないので、下記の会話の日本語版を作ってみました。(一部改変翻訳)

  DAVE: Open the pod bay doors, HAL.
  HAL: I’m sorry, Dave. I’m afraid I can’t do that.

  (DAVE:David Bowman)

日本語版のAmazon Echo Show 5は、英語を聞き取ってくれないようなので、翻訳文もどきの会話になりました。
 色々な単語"ドア"等が、Stop Wordになっているようで、会話に使える単語が結構制限されます。

 試行錯誤でどうにか動くようになりました。

【Alexa Skill BlueprintsによるHAL9000もどき】

そのうち、英語版を試してみたいと思います。

|

« rinex ONで各国の測位衛星の勢力分布を表示してみました | トップページ | UltraSound Detectorで見たセミの鳴き声のスペクトラム(1~24kHz) »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« rinex ONで各国の測位衛星の勢力分布を表示してみました | トップページ | UltraSound Detectorで見たセミの鳴き声のスペクトラム(1~24kHz) »