« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月22日 (水)

”Gabriel's Oboe”の意味

 下記の記事で紹介されていた動画を見てみました。

  朝日新聞デジタル
  感染集中の街、響いたバイオリン 病院屋上から届けた音
  2020年4月19日 16時15分
  https://www.asahi.com/articles/ASN4M4VD4N4LUHBI00W.html


  Audizione a Cremona" | Gabriel's Oboe - Ennio Morricone | by Lena Yokoyama | PRO CREMONA
  Apr 17, 2020
  https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=af1c_zEemvQ&feature=emb_logo

 当方は音楽に疎いし感性も鈍いほうですが、この演奏を聴いてなぜか涙腺が緩みそうになりました。
 バイオリンの音がこんなに綺麗なものだとは知りませんでした。
 バイオリンの奏者については全く知らなかったのですが、色々な意味での危険を冒しての演奏だと思われるので、勇気に敬服です。
Cremona-hospital

 

 どこかで聞いたことがあるようなメロディーのような気がします。
 動画のクレジットを見ると"Gabriel's Oboe"となっています。
 "Gabriel's Oboe"という曲名だけだと、どういう意味(情況)なのか良くわかりません。

 調べてみたら、映画「ミッション」の中で使われた曲のようです。


  ミッション (映画) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

  The Mission (1986) - IMDb
  https://www.imdb.com/title/tt0091530/


 下記のシーンを見ると、”Gabriel's Oboe”の意味が判ってきます。

  The Mission (1986) - 'Gabriel's Oboe' scene
  May 22, 2017
  https://www.youtube.com/watch?v=pTsitO4TXF8

(以下、上記URLから抜粋引用)
---------------------------------
 One of Ennio Morricone's most beautiful and famous creations - the simple melody that Father Gabriel plays on his oboe - is first heard in a tense scene that manages several highs and lows in a matter of minutes. If the filmmakers were going to convince us that music could be used to bridge a vast language and cultural gap, it needed to be a sublime melody - and Morricone delivered.
【DeepL翻訳】エンニオ・モリコーネの最も美しく有名な作品の一つである、ガブリエル神父がオーボエで奏でるシンプルなメロディーは、緊張感のあるシーンで初めて聞かれる。音楽が広大な言語と文化のギャップを埋めるために使われることを納得させるためには、崇高なメロディが必要であり、モリコネはそれを実現した。
---------------------------------

 この曲の背景まで考慮してこの曲を選んだのかもしれません。
 まさに「音楽は世界をつなぐ」です。

【2020.04.24追記】
 安全対策は十分行われていたようです。
 https://twitter.com/lenayokoyama/status/1251982815576629254

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

客室のテレビのHDMI端子が利用できたホテル

 現在の状況では、とても旅行を楽しむ雰囲気ではありませんが、自分のブログのランキングに下記の記事が出てくることがたまにあります。

  2016年7月 9日 (土)
  テレビの外部入力端子(HDMI等)が宿泊客に開放されているホテル
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/07/hdmi-b462.html


 上記記事を書いた後に、いくつかのホテルで実際に試してみたので、自分のメモ用に整理してみました。


----------------------------------------------
 2018年12月23日 (日)
 モアナ・サーフライダー(タワーウィング)で日本のTV番組をリモート視聴
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2018/12/tv-e324.html

 ホテル:Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa
 テレビ:Philips 37HFL5682L/F7

----------------------------------------------
 2017年12月17日 (日)
 ワイキキのホテルで日本のテレビ番組をリモート視聴
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/12/post-6402.html

 ホテル:Outrigger Reef Waikiki Beach Resort
 テレビ:LG 55LX570H

----------------------------------------------
 2017年2月 4日 (土)
 ホノルルのホテルのTVで日本の番組をリモート視聴(HDMI経由)
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/02/tvhdmi-05ea.html

 ホテル:Embassy Suites by Hilton Waikiki Beach Walkiki
 テレビ:LG 37LD655H

 

----------------------------------------------
 2017年1月12日 (木)
 釜山のホテルのTVで日本の番組をリモート視聴(HDMI経由)
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/01/tvhdmi-edc5.html

 ホテル:Busan Business Hotel
 テレビ:Samsung(モデル名不明)

----------------------------------------------


   リモート視聴とHDMI入力の組み合わせが使えると、日本のテレビ番組を大画面で視聴できるので、結構楽しいです。
 ただし、時期や客室の種類によっては、テレビのモデルが異なるかもしれません。
 また、宿泊客がHDMI端子を使用することが想定されていない場合が多いようなので、万一故障等の不都合が発生した場合には、責任を問われる可能性があるかもしれません。
 好奇心はトラブルの元!?

 

【失敗編】
----------------------------------------------
  2018年1月25日 (木)
  マリナ・ベイ・サンズの電子機器利用環境
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2018/01/post-bd70.html

 ホテル:Marina Bay Sands
 テレビ:Philips(モデル名不明)

----------------------------------------------

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

Web会議用「モノスコ」もどきを作ってみました

 このご時世なので、Web会議に参加することになりました。
 会議開始前に回線接続処理を行うことになりますが、会議開始時刻まで接続状態のまま離席することがあります。
 このような場合には、無人の部屋が映ることになりますが、そのような映像は見せたくないし、また、他の人は見たくないかもしれません。


 Zoomであれば、バーチャル背景が可能なようですが、当方が利用しているWebexでは、Windows環境でのバーチャル背景は使用できないようです。

  Zoom ヘルプセンター
  バーチャル背景 –
  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/210707503-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E8%83%8C%E6%99%AF

  テレワークを快適にする Cisco Webex TIPS集
  Webex Meetingsに入るときは背景もこだわろう
  https://www.cisco.com/c/dam/m/ja_jp/solutions/webex/pdf/cisco-webex-tips-japanese.pdf
  . (iPhone/iPadなら)背景をぼかしたりバーチャル背景を設定可能


 会議が始まるまでカメラをオフにしておけばよいのですが、オンに戻すのを忘れる可能性があります。
 カメラのレンズの前にポストイットを貼り付けて、一時的に目隠しをするという手もありますが、単一色の映像だと故障と間違われるかもしれません。

 目隠しをするのであれば、代わりに何か意味のある画像を使ってみようということで、「モノスコープ(Monoscpoe」もどきを作ってみました。

  モノスコープ
  https://kotobank.jp/word/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97-1601020

  Monoscope - Wikipedia
   https://en.wikipedia.org/wiki/Monoscope
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------
A monoscope was a special form of video camera tube which displayed a single still video image. The image was built into the tube, hence the name.
------------------------------

 今まで、なぜ「モノスコ」と呼ばれるのかを考えることはありませんでしたが、一つ(mono)の画像(テストパターン)のみを撮影する特殊撮像管ということで納得です。
 今回は、大昔に見かけたことがあるRCAのテストパターンを使ってみました。

  File:RCA Indian Head test pattern.JPG
  https://commons.wikimedia.org/wiki/File:RCA_Indian_Head_test_pattern.JPG

  Indian_Head_Test_Pattern_with_Labels
  https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ac/Indian_Head_Test_Pattern_with_Labels.png/240px-Indian_Head_Test_Pattern_with_Labels.png


 実際に実用性があるかどうかは、かなり怪しいですが、構造が超簡単なので、気分転換を兼ねて作ってみました。


【(01)「モノスコ」もどきの材料】
01_20200417224001

・100均で買ったスマホ用魚眼レンズのクリップ部分
・金属プレート(ジャンク)
・蓑虫クリップ(ジャンク)
・テストパタ―ンを印刷したL版プリント

 

【(02)「モノスコ」もどき完成品(天地逆)】
02_20200417224001

 

 金属プレートの両端に各クリップを瞬間接着剤で接着するだけなので超簡単です。
 写真の位置の調整に一寸手間がかかる程度です。
 なお、手持ちの金属プレートを使ったので、焦点調整は適当(いい加減)です。


 自分が、主催者(ThinkPad X250)と参加者(Huawei P10)になってテストしてみました。


【(03)ノートPCのカメラ部分に取り付けた「モノスコ」もどき】
03pc


【(04)ノートPCのカメラ部分に取り付けた「モノスコ」もどき(拡大)】
04pc

 


【(05)参加者(Huawei P10)側の画像】
Screenshot_20200416_222332_com.cisco.webex.meetings
05huawei-p10


 このテストでは、主催者側がテストパターンを送信するようになっていますが、実際は参加者がThinkPad X250を使用するので、相手側にテストパターンが表示されることになります。

 しかしながら、公式の会議でこれを使用したら、「あいつはなんだ」ということになりそうなので、仲間うちのお遊び程度にしか使えないかもしれません。

 

 今回のテストでは、画像としてテストパターンを使用しましたが、自画像や自分のIDとなるようなアイコン(LINEのユーザアイコンのようなもの?)の画像を使用すれば、参加者が離席していても一目で人物の特定ができるかもしれません。
 写真はクリップで挟んでいるだけなので交換は簡単です。モノスコとは言えなくなりますが・・・

 

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

今日のSBAS(MSAS S137)

一寸旧聞になりますが、以下のSBASに関するNikonからのお知らせを見かけました。


  NIKON > HOME > お知らせ一覧 
  2020.03.31
  MTSAT SBAS配信サービスのみちびき3号機への移行について
  https://www.nikon-trimble.co.jp/info/news_detail.html?infoid=217

 このお知らせを見る限りでは、3月末の時点でMSAS対応製品の動作確認がまだできていないような感じです。
 お知らせの中で引用されているリンク先の記事を見ると、「2020年頃から正式に配信を開始する予定」と書いてあります。
 また、このリンク先の記事の最後のほうを見ると「みちびき3号機SBAS(L1Sb)信号によるSBASサービスは、2020年4月からサービスを開始する予定です。」と書いてあります。

 みちびきのサイトの「衛星運用状況」(Update: 2020/04/14)を見ると、"PTV L1Sb 137"に関しては、In Operationとなっています。

  みちびき
  https://qzss.go.jp/index.html

  衛星運用状況
  https://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html

 また、NAQU情報を見てみましたが、L1Sbに関する最近の情報は無いようです。

  NAQU情報
  https://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html


 これらの情報から考えると、サービスが開始されていても良いように思われますが、実際の運用状況がどうなっているのかよくわかりません。

 実際に受信してみました。

【BASIO3+GPSTest(barbeauDev)】
Screenshot_20200415-170308
Screenshot_20200415170308

 

【BASIO3+GPS Test(Chartcross Limited)】
Screenshot_20200415-170129
Screenshot_20200415170129

 

【GR-8015U+u-center(20.01)】
UBX-NAV-SVINFO
Svinfo

3d_dgnss

 

 受信結果を見ると、S137の搬送波は確かに受信されているようですが、DGNSSはまだ正常には機能していないような感じです。
 なお、BASIO3はQZSSには対応しておらず、受信のみのようです、

 

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

腕時計型テレビ(?)でNHK PLUSを視聴

   在宅作業が続くとストレスが溜まるので、気分転換に怪しい実験をしてみました。
 怪しさ満載なので、突っ込みはご容赦願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

人影が殆ど見えないワイキキビーチ(WebCam-GIF)

  2020.04.06 16:00HST頃のワイキキビーチの様子をGIFアニメ化してみました。

【(01)WebCamdで見たワイキキビーチ(GIF)】
(画像を左クリックでアニメーション開始)
01waikiki-beach-webcam_gif

 殆ど人影は見えません。
 映画の1シーンのようです。

 ソースは、以下のWebCamですが、現時点ではサービスは休止しているようです。

 Live Webcam View from Sheraton Waikiki
 https://www.marriotthawaii.com/webcams/sheraton-waikiki/

 

 画面の左下をよく見ると、木の下を歩いている人がいました。

【(02)人影】
02waikiki-beach-webcam_marked

 


 普通はこんな(↓)感じです。

【(03)シェラトン・ワイキキ22Fからの景色(2016.04)】
03waikiki_beach_201604

 


COVID-19が早く終息するといいのですが・・・

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

Googleの位置履歴による最近の外出データが公表されてました

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  ロイター
  テクノロジー2020年4月3日
  グーグル、131カ国の外出データを公表 新型コロナ対策
  https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-google-idJPKBN21L1EY?utm_source=rcom&utm_medium=jpranking
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------
ユーザーの携帯電話の位置情報を分析したもので、各国政府が外出制限の順守状況を確認できる最大規模の公表データとなる。
(中略)
日本では、小売り・娯楽施設を訪れた人は26%減少。職場を訪れた人は9%の減少にとどまった。
--------------------------------


 COVID-19によって人の行動がどのように変化したのかを調査したようです。
 具体的には、店舗・公園・職場等への移動が減っているかどうかのデータが公開されています。
 上記記事では、日本の平均値か書かれていますが、ソースでは47都道府県のデータが開示されています。

  Google is now publishing coronavirus mobility reports, feeding off users’ location history
  Natasha Lomas@riptari / 10:19 pm JST • April 3, 2020
  https://techcrunch.com/2020/04/03/google-is-now-publishing-coronavirus-mobility-reports-feeding-off-users-location-history/

  COVID-19 Community Mobility Reports
  https://www.google.com/covid19/mobility/

  Japan March 29, 2020
  Mobility changes
  https://www.gstatic.com/covid19/mobility/2020-03-29_JP_Mobility_Report_en.pdf
(以下上記URLから抜粋引用)
-----------------------------
About this data
We calculate these insights based on data from users who have opted-in to Location History for their Google Account, so the data represents a sample of our users.
-----------------------------


 東京の場合は、小売り・娯楽施設を訪れた人は63%減少、職場を訪れた人は27%の減少となっています。

【Mobility changes】
Mobility-changes-tokyo

 

 テレワークの影響もあるのかもしれませんが、人口が多い地域での移動度の低下が顕著のようです。
 なんとなくそのような印象はありましたが、実際のデータを見せられると説得力があります。
 やっぱり、「データでものを言え!」ということでしょうか?

 データの出所は、Googleのアカウントを持っており、かつ位置履歴の利用に同意したユーザの位置情報のようです。
 当方も、Location Historyの設定をオンにしているので、自分では意識しないうちに全行動が記録されています。

  2017年3月22日 (水)
  Googleマップのタイムラインを利用して移動経路をアニメーション表示
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/03/google-b645.html

 2週間前の行動を聞かれても、普段の生活ではほとんど記憶していないので、今回のような場合は役に立つかもしれません。
 しかしながら、位置座標だけでなく、その場所の属性(店舗名等)も把握されているので、一寸恐ろしいような気がしないでもありません。

 例えば、ホノルルの 88Tees は、かなり小さな店舗ですが、きっちり把握されていました。

【Location Historyの一例】
Location-history

 

 いずれにしても、しばらくは家でおとなしくしているしかないようです。

【2020.04.07追記】
 Location Historyの一例を追加しました。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

添付フォルダをCドライブ直下に?

 時代の流れというか、今のご時世ではテレワークは避けられないようです。
 当方もやむなくテレワークで作業を行うことになりましたが、古希過ぎの老人には結構ハードルが高いです。
 当方の場合は、BYOBをもじったBYOD(Bring your own device)の環境で作業を行うことになります。
 出先の仕事場と自宅では作業環境が大きく異なるので、テレワークを行うための環境を整えるために結構手間がかかります。
 また、作業に必要なソフトウエアも自前で調達する必要があります。

 自宅では、ThinkPad X250(Windows 10 Pro, 64 bit)を使っていますが、画面が小さい(文字も小さい)ので、これを一日中眺めているのは一寸つらいです。
 外付けディスプレイを購入しようと思いましたが、大きなサイズのものはそこそこの値段がします。
 なにか良い手はないかと考えていたら、以前中華PadのHDMI出力確認用に外付けモニタを買ったことがあるのを思い出しました。
 このモニタは、動作確認後は使用する機会がなかったので、地下室のトランクルームで眠っていました。
  
  2012年2月21日 (火)
  T760(V3.07)のHDMI出力確認用にBENQのモニタ(VW2220H)を買いました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/02/t760v307hdmiben.html

 画面サイズはそれほど大きくはありませんが、X250の12.5インチよりも見やすくなるはずです。
 トランクルームから引っ張り出してきてX25に繋いでみました。

【ThinkPad X250+BENQ VW2220H】
Thinkpad-x250benq-vw2220h


 画面が大きいとやっぱり見やすいです。
 見やすいのは良いのですが、机の上の面積をかなり占有するので、実際の作業に際しては、配置を考える必要がありそうです。

 ディスプレイの問題はとりあえず解決しましたが、ソフトウエアの問題が残っています。
 出先の仕事場では、Access上で動作するツールを使っていたのですが、自宅環境にはAccessはありません。
 Accessをどこからか入手する必要がありますが、新規に購入するとなるとそこそこの費用がかかります。
 Accessは、個人で利用する可能性は殆どないので、購入は一寸躊躇します。
 費用を掛けずにAccess用のデータを処理できる方法はないかと探してみたら、無償で提供されるAccess Runtimeというのを利用すれば対応できそうな雰囲気です。

 調べてみると、色々なバージョンがあるようです。


  Microsoft サポート
  Access ランタイムを理解してダウンロードする
  https://support.microsoft.com/ja-jp/office/access-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E5%B1%95%E9%96%8B%E3%81%99%E3%82%8B-7bb4f2ba-30ee-458c-a673-102dc34bf14f#bm1
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------------------------------
Access Runtime をダウンロードする
Microsoft ダウンロード センターから Access Runtime をダウンロードするには、お使いのバージョンに該当する以下のリンクをクリックしてください。
Office 365 Access Runtime をダウンロードしてインストールする
注 この Access ランタイムは、Access 2019 にも適用されます。
Microsoft Access 2016 Runtime をダウンロードしてインストールする
Microsoft Access 2013 Runtime をダウンロードしてインストールする
Microsoft Access 2010 Runtime をダウンロードしてインストールする
Access Runtime をダウンロード、使用、または再配布するために購入する必要はなく、Runtime を配布する相手のユーザーの数に制限はありません。
--------------------------------------------------------

 当方が使用しているのは、Office 2000という昔のバージョンのソフトなので、どのランタイムを使用すればよいかよくわかりません。
 とりあえず、一番古そうなMicrosoft Access 2010 Runtimeを使ってみました。

 ダウンロードとイントールはとりあえずできましたが、起動させてみると、「指定されたパスがみつかりません。」というエラーメッセージが出ます。

【指定されたパスがみつかりません】
Photo_20200404180101


 「パス」という単語を見ると、昔一寸かじって直ぐに挫折したMS-DOSを思い出します。
 一寸調べてみましたがエラー発生の要因は沢山あるようでよくわかりません。
 仕方がないのでPCに詳しそうな人に動作環境を説明して対応を聞いてみると、「添付フォルダをCドライブ直下に置けばよい。」とのことです。
 PCに疎いので、添付フォルダは聞いたことがありません。
 添付フォルダって何?
 そのフォルダってどのに添付されているの?
 メールにフォルダが添付されている?
 添付ファイルフォルダのこと?

 よく聞いてみると、「添付フォルダ」ではなくて「Tempフォルダ」でした。
 結局、Cドライブの直下に「Temp」という名称のフォルダを新たに作成すればよいということでした。

【Cドライブ直下】
Photo_20200404072601

 

 Tempフォルダを作成したら、無事に動作しました。
 後で調べてみたら、今回使用するツールの場合は、「Tempフォルダ」はツールによる処理結果のデータを格納するためのフォルダでした。
 ツールを作った人(最初に聞いた人とは別の人)の話によれば、データの書き込み先がPCの動作環境によって変わらないように、Cドライブの直下にフォルダを置いたとのことでした。
 普通はデフォルトでTempフォルダが存在しているようですが、当方のPC(再インストール中古品)の場合は無かったようです、
 とりあえず1件落着でツールが使えるようになりました。

 

追記:
 テストを1回だけして、正常な結果が出力されたので、動作OKと思っていたのですが、よく見ると、結果出力後にエラー表示が出ていました。

【実行時エラーが発生】
Photo_20200404180601


 とりあえず結果が得られるので、一応目的は達しますが、処理のたびにアプリケーションを再起動する必要があります。
 常時使用するツールではありませんが、一寸不便なので要対策です。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »