« Web会議用にヘッドセット(HS-HP23TBK)を買いましたが・・・ | トップページ | B747(2機)とCessna 525の周回飛行(dump 1090+VirtualRadar) »

2020年6月21日 (日)

dump1090でMode A/CのADS-B信号を受信

 先日、仙台上空に現れた正体不明の気球がニュースになっていました。
 正体不明なのに安全であるという根拠が良く理解できません(大人の事情?)が、通信基地局ではないかという想像もされているようです。
 
  6/18放送 【続報3】謎の白い物体 通信基地局?
  KHB東日本放送
  https://www.youtube.com/watch?v=FZ1reS7JZVQ&list=PLVesthF3Eww-hZ3jp44NCP0qxcw3olkZW


 気球無線中継システム としては、"Project Loon"が知られています。


  日 乗 連 ニ ュ ー ス ALPA Japan NEWS
  Date 2016.7.22 No. 39 – 45
  High Altitude Operations of Unmanned Free Balloons
  = Project Loon =
  https://alpajapan.org/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/ALPAJAPANNEWS39-45.pdf

  Keep Your Eye on the HBAL—Tracking Project Loon Balloons ...
  2016/04/09 -
  https://www.flightradar24.com/blog/keep-your-eye-on-the-hbal-tracking-project-loon-balloons/

 Project Loonの機材には、ADS0-B Mode A/Cのトランスポンダが搭載されているようなので、Mode Cの信号を受信出来れば高度が判るはずです。

 今回の気球のような非公認(?)の運用機材の場合は、ADS-B信号の受信はあまり期待できませんが、Project Loonのようにルールに則って運用されている機材であれば何らかの信号が受信できるかもしれません。

 以前、dump1090のコマンドを書き換えて、Mode A/Cの信号を受信できるようにしていたのですが、しばらく使っていない間にバージョンアップされていたようなので、以下のdump1090の最新版(V1.46)で再設定しました。

  SDRPlay
  Downloads
  https://www.sdrplay.com/downloads/

  ADS-B (DUMP1090) V1.46 (25TH NOV 2019)
  (All RSPs) – Requires API v3.06 install
  http://sdrplay.com/software/SDRplay_ADS-B_Installer_1.46.exe

 コマンドの書き換えについては、下記を参照願います。

  2019年3月 3日 (日)
  sdrplay_dump1090にmode A,Cの表示を追加
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2019/03/sdrplay_dump109.html


 今回のコマンドの書き換えは、以下の通りです。


[before]
-------------------------
@echo off
title CTRL-C to EXIT - v1.46 Std Perf Interactive dump1090
.\DisableClose.exe
.\sdrplay_dump1090.exe --dev-sdrplay --interactive --net
pause
-------------------------

[after]
-------------------------
@echo off
title CTRL-C to EXIT - v1.46 Std Perf Interactive dump1090
.\DisableClose.exe
.\sdrplay_dump1090.exe --dev-sdrplay --modeac --interactive --net
pause
-------------------------

 

書き換え(--modeacの追加)の結果は、以下の通りです。
 本日(2020/06/21)の午前11時頃のスクリーンショットです。

【(1)Dump 1090 Mode A (121300 ft)】
1dump-1090-mode-a-121300-ft


 高度が約12万フィートなので、普通の旅客機の4倍の高さ(約4万メートル)です。
 これは何でしょうか?
 Mode Aなのに、Squawk 以外に高度情報も送信しているのが一寸不思議です。

 

【(2)Dump 1090 Mode A (Sqwk 7777)】
2dump-1090-mode-a-sqwk-7777


 欧米では軍用機用コードだそうですが、日本ではどのような意味でしょうか?


黄色でマーキングした信号は、他の信号に比べて 8~10dBも強いので、通常の旅客機とは異なる環境からの送信の可能性があるかもしれません。


 日本でも、気球無線中継システムの実験をやっているようなので、そのうちに何か受信できるかもしれません。
 日本の場合委には、HAWK 50(固定翼機)の可能性の方が高い?

 


【関連内部リンク】
2019年3月 3日 (日)
sdrplay_dump1090にmode A,Cの表示を追加
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2019/03/sdrplay_dump109.html

2019年3月22日 (金)
DUMP1090 v1.43のstart2I.cmdに"--modeac"を追加
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2019/03/post-6589.html

2019年3月31日 (日)
DUMP1090で表示された~(tilde)付きのADS-B ICAO Hex
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2019/03/post-9046.html

2019年4月13日 (土)
ADS-B (DUMP1090)がV1.44になっていました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2019/04/post-f143f4.html

|

« Web会議用にヘッドセット(HS-HP23TBK)を買いましたが・・・ | トップページ | B747(2機)とCessna 525の周回飛行(dump 1090+VirtualRadar) »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Web会議用にヘッドセット(HS-HP23TBK)を買いましたが・・・ | トップページ | B747(2機)とCessna 525の周回飛行(dump 1090+VirtualRadar) »