« ADS-B用GPアンテナで高度224ftの信号を受信 | トップページ | 成田空港離陸機の上昇旋回中のADS-B信号を受信 »

2020年7月18日 (土)

Virtual Radarによる羽田離発着機の自動音声アナウンス

  先日作ったADS-B用のGPアンテナは、意外に低高度の機体を拾ってくれるようです。
 Virtual Radarの画面を短時間眺めていた範囲では、600~800ftまで表示されるようですが、全体的に検出高度が下がっているかどうか判りません。
 画面をある程度長く眺めていれば、全体的な様子が判るような気がしますが、手間がかかりそうです。
 羽田空港に着陸機が近づいてきたときに、アラーム音が出るような仕掛けがあれば、他の仕事をしながら、アラーム音が聞こえたときだけVirtual Radarの画面を見ればいので、手抜きができそうです。
 Virtual Radarのメニューを見てみると、希望を満たすような項目があったので、試してみました。
 
    Virtual Radar Server
 
【(01)Menu→Option→General→Audio】
01virtual-radarmenuoptiongeneralaudio
 
 
【(02)Menu→Option→Map→Auto-selection】
02virtual-radarmenuoptionmapautoselectio
 
 
【(03)Menu→Option→Filters】
03virtual-radarmenuoptionfilters
 
 
  上記設定で実際に受信してみました。
  受信環境は以下の通り。
   アンテナ:自作GP 2Fベランダのエアコン室外機の上(天空率20%?)
      受信機:SDRPlay RSP2
      PC:ThinkPad X250 (Windows 10)
      受信ソフト:dump 1090, Virtual Radar Server
 
【Virtual Radarの表示画面とアナウンス】
 ほぼ目的を達しましたが、離陸機が一寸邪魔です。
 高度設定を0~4000ftから0~3000ftに変更すれば離陸機は減りそうですが、着陸機の表示が遅くなるので、痛し痒しです。
 上昇、下降の選択ができれば話は簡単ですが、項目には見当たらないようです。
 
 なお、デフォルトの音声は好みではなかったので、WindowsのDavidに変更しました。声の雰囲気がCTUのJack Bauerに一寸似ているかも・・・
 

|

« ADS-B用GPアンテナで高度224ftの信号を受信 | トップページ | 成田空港離陸機の上昇旋回中のADS-B信号を受信 »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ADS-B用GPアンテナで高度224ftの信号を受信 | トップページ | 成田空港離陸機の上昇旋回中のADS-B信号を受信 »