« ADS-B表示用にスマホ(BASIO3)にRadar Stickをインストールしました | トップページ | AI翻訳"DeepL"は「愛の不時着」を知らない? »

2020年10月26日 (月)

1030/1090MHzの信号の音をSDRTouch(AMモード)で聞いてみました

  一寸日付が旧いですが、下記の資料によれば、SSR(Secondary Surveillance Radar) モードA/C, モードSは、質問が1030MHz、応答が1090MHzのようです。

  情報通信審議会 情報通信技術分科会   航空無線通信委員会 報告
「ADS-Bに係る無線設備の技術的条件」(案)
平成 19 年7月 18 日版
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/koukuu_musen/pdf/070718_1_s2.pdf
(page -20- 参照)
Ssr-mode-a-c-s

(上記URLから抜粋引用)

 


 1090MHzの方は、ADS-B用に受信しているのでなじみがありますが、1030MHzの方は聞いたことがありません。
 dump1090等のADS-B用のアプリ(ソフト)は、殆どの場合は受信周波数が1090MHzに固定されているので、1030MHzは受信することが難しいです。

 これに対して、SDRTouch等の汎用のSDRアプリの場合は、外付けチューナの特性に依存しますが、かなり広帯域で受信が可能です。
 今まで1030MHzの信号は聞いたことがなかったので、好奇心でRTLチューナとSDRTouchの組み合わせで受信してみました。
 SDRTouchの場合は、ADS-B用のでコード機能やプロッタ機能はないので、受信してもスペクトラムが見えるだけです。
 これではあまり面白くないので、受信モードをAMにして受信音を耳で聞いてみることにしました。
 SDRTouchは周波数の切り換えが簡単なので、途中で1030MHzから1090MHzに切り換えてみました。

【DVB-T+Huawei P10+SDRTouch】
Dvbthuawei-p10sdrtouch

【SDRTouchで聞いた1030/1090MHzの信号音】

 1030MHzでは何か周期的な信号が受信できているようですが、レーダ波かどうかはよくわかりません。
 1090MHzの方は、時々聞こえるジジッという音がADS-B信号のような感じです。

 音が聞こえたからと言って何かの役に立つわけでありませんが、趣味の世界なので・・・

 

|

« ADS-B表示用にスマホ(BASIO3)にRadar Stickをインストールしました | トップページ | AI翻訳"DeepL"は「愛の不時着」を知らない? »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ADS-B表示用にスマホ(BASIO3)にRadar Stickをインストールしました | トップページ | AI翻訳"DeepL"は「愛の不時着」を知らない? »