« NaverのAI翻訳Papagoを使ってみました | トップページ | JJY受信不能となった電波時計を処分 »

2020年10月31日 (土)

MQ-9 Guardian UAVのデモ動画

  ネットニュースで以下の記事を見かけました。
 
  朝日新聞デジタル
  外国船監視に大型無人機 「富士山頂から地上わかる」
 
 この記事には、「富士山の頂上から地上の車がわかるほど」と書いてありますが、あまりイメージが湧きません。
 実際に富士山の頂上から見た場合の話なのか、距離(約4000m)の比喩なのかよく判りません。
 機体の性質上、解像度の詳細は公開されないのが普通かもしれません。
 
 下記の資料にはもう少し詳しい説明がありました。
 
  NHK WEB
  「無人航空機」 その目は何を…
  2020年10月31日 5時01分
 
 この記事には、高度3000m以上で撮影したと思われる長さ95メートルの船の写真がありました。
 「倍率を上げると、おおまかな船の構造も見てとることができます。」とのことです。
 なお、この記事では、「具体的な視認精度は言えないが、富士山の頂上から車を識別できる程度の能力はあった」と記載されているので、説明の意味は大体理解できました。
 
 とは言っても、素人の好奇心で実際はどの程度のものか一寸見てみたいです。
 関連ありそうな資料を探していたら、下記の動画を見かけました。
 
 
  MQ-9 Guardian UAV , May 10 Demo Flights , Iki island, Japan - 壱岐諸島 - General Atomics promo video
  May 22, 2018

 

 10:00~10:12の映像(突堤のパターンから判断すると馬渡島?)を見るとズーム比が非常に大きいことが判ります。
 撮影データはマスクされているので、ターゲットとの距離は判りませんが、「24」の世界?
 
 無線お宅的には、ADS-Bが気になりますが、下記の資料によれば、機能としては備えているようです。
 
    MQ-9B SeaGuardian
 
  NHK WEBに書かれている飛行エリアを見る限りでは、信号を出しているとしても自分で受信するのは難しそうですが・・・
 
 

|

« NaverのAI翻訳Papagoを使ってみました | トップページ | JJY受信不能となった電波時計を処分 »

ニュース」カテゴリの記事

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NaverのAI翻訳Papagoを使ってみました | トップページ | JJY受信不能となった電波時計を処分 »