« 関東上空を高度43523ftで飛行する小型双発ジェット | トップページ | Huawei P10とG-RitZ Loggerで擬似距離をリアルタイム表示 »

2020年11月21日 (土)

同じSquawkの機体が2機?

  100000ft超えの信号を探すためにdump1090(modeacコマンド追加版)を眺めていたら、125800ftの信号がありました。
 
【Sqwk 0442】
Sqwk-0442-mode_a
 
 
 mode-A/Cの信号を受信し始めた頃は、100000ft超えの信号は珍しいと思っていたのですが、しばらく見ていると、毎日(毎朝?)のように表示されています。
 正体はよく判りませんが、高度40kmというと気球位しか思いつきません。
 この125800ftの信号は、モードの欄はブランクですが"a"の表示があり、Squawkは"0442"となっています。(mode-Aのようにも思えますが、高度情報が表示されているので、機能的にはmode-C ?)
 ところが、直ぐ下の行のmode-Sで送信されているJAL103のSquawkも"0442"です。
 同じ管制区域ではSquawkの値はユニーク(他に同じものが存在しない)であると思っていたので、一寸不思議な感じです。
 レーダの画面はどうなるのでしょうか?
 "a"の125800ftは高度情報しかないけれども、mode-SのJAL103は座標情報があるので、区別できるのでしょうか?(素人の想像です。)
 あるいは、単なる受信側の誤動作で同じSquawkが表示された?
  
 dump1090をぼんやり眺めていると、時々不思議なデータや見慣れないデータが表示されるので結構面白いです。
 
【参考外部リンク】
Is a squawk code only unique for the ATC station which assigned it?
https://www.quora.com/Is-a-squawk-code-only-unique-for-the-ATC-station-which-assigned-it

 

|

« 関東上空を高度43523ftで飛行する小型双発ジェット | トップページ | Huawei P10とG-RitZ Loggerで擬似距離をリアルタイム表示 »

ADS-B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関東上空を高度43523ftで飛行する小型双発ジェット | トップページ | Huawei P10とG-RitZ Loggerで擬似距離をリアルタイム表示 »