« 一部の労働者は電波が聞こえる? | トップページ | 嫦娥五号の国旗掲揚装置(国旗展示系统) »

2020年12月17日 (木)

嫦娥五号帰還モジュール回収時の動画

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。
 
  月のサンプル、44年ぶり地球に 中国の探査機が帰還
  2020年12月17日 3時52分
 
    月の土持ち帰った中国、めざす「宇宙強国」 有人計画も
    2020年12月17日 11時27分
 
 
 
 上記記事には嫦娥五号帰還モジュールの写真が掲載されているのですが、照明が一寸不思議な感じです。
 光は上から当たっているのですが、固定光源ではなくて、ヘリからの照明のような感じもします。
 
 回収時の様子が判る資料がないかと思って探してみたら、以下の動画を見かけました。
 約3時間あります。
 
    YouTube
    [直播]嫦娥五号返回特别报道 [Live]Chang'e-5 Reentry Special Report

    https://www.youtube.com/watch?v=bLW248jCxmc
 
 
 中国語は判らないので、映像から想像しました。
 現時点では2時間バージョンになってました。20:44 2020/12/18)
 括弧内は、2:05:23バージョン。
 
1:17:35(00:28:18) 回収車?
1:20:35(00:31:15) 嫦娥五号帰還モジュール
1:21:37(00:32:14)  動物?(画面右下から左下に移動)
Animal2
  
1:30:06(00:40:46) 作業員(カメラマン?)
1:31:25(00:42:08) ヘリ
1:33:36(00:44:16) ヘリからの照明を受けた帰還モジュール(記事の映像はここから?)
1:44:31(00:54:31) "24"のような赤外線映像?
            (01:01:01) 齧歯類?  砂狐だそうです。
1:51:28(01:02:07) 五星紅旗
2:34:11(01:44:56) パラシュート
 
 国家的事業なので、番組の力の入れ方も相当なものですね。
 回収したサンプルの含水量はどうでしょうか?
 
 
 下記の記事によれば、月面の光が当たっている部分にも水が存在するようです。
 
  Oct. 27, 2020
  NASA’s SOFIA Discovers Water on Sunlit Surface of Moon
 
 
 
 日本も月面燃料工場の構想があるようです。
 
  「月面燃料工場」2030年代に実現 JAXA構想、水から水素製造・現地調達
  2020.9.29 09:10
 
 
 
 
  嫦娥五号の全体の流れが良く分からなかったのですが、下記の資料の絵を見るとなんとなく判るような気がします。
 
  中国首次向月球发起返航任务
  发表于 2020年11月25日 北京时间 星期三 上午 12:34:12
 
 
【2020.12.19追記】
 赤外線画像に写っていた動物は「沙狐」だったようです。
 
  科普了,嫦娥五号着陆时守卫在旁的小精灵,草原的守护者:沙狐 
  [DeepL翻訳]科学、嫦娥5号上陸時に見張りに立ったエルフ、草原の守護者:砂狐 
  2020-12-17 19:05

 

|

« 一部の労働者は電波が聞こえる? | トップページ | 嫦娥五号の国旗掲揚装置(国旗展示系统) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一部の労働者は電波が聞こえる? | トップページ | 嫦娥五号の国旗掲揚装置(国旗展示系统) »