« GnssLogger V3.0.0.0を使ってみました | トップページ | Xiaomi MI8のGnssLoggerをV2.0.0.0に戻しました »

2021年2月13日 (土)

Huawei P10のRaw DataをGnssAnalysis(V3.0.3.0)で表示してみました

 先日、2周波対応のXiaomi MI 8を買いましたが、GnssLogerでRaw Dataを出力できる事は確認できました。

 以下のによれば、GNSS AnalysisというPC用のソフトRaw Dataをグラフィカルに表示できるようです。
 面白そうなので試してみました。


  Android デベロッパー>ドキュメント>ガイド
  生の GNSS 測定値
  https://developer.android.com/guide/topics/sensors/gnss.html

  GnssAnalysis (V3.0.3.0)
  インストール ガイドとユーザー マニュアル
  https://github.com/google/gps-measurement-tools/releases/download/V3.0.3.0/Installation.and.User.Manual.GNSS.Analysis.App.v3000.pdf


 PC(ThinkPad X250, Windows 10 Pro, 64bit)にGnssAnalysisをインストールしました。
 当方はgunzipって何? Pathって何?というレベルなので結構手間がかかりました。
 データの種類と流れが一寸判り難いです。

 どうにかインストールできたので、Xiaomi MI 8で取得したRaw Dataを表示しようとしたのですが、エラー発生で処理が進みませんでした。
 crashlogを見ると、8個くらいエラーが発生しています。
 エラーの内容は殆ど理解できませんが、「ファイルと形式文字ベクトルとが一致しません。」というのはデータの型が違うということでしょうか?
 なお、プログラムに付属していたサンプルデータは正常に動作しました。
 サンプルデータのフォーマットとXiaomi MI 8で取得したデータのフォーマットを見比べてみましたが、大幅に異なっています。
 知識がないと手も足も出せないので、Xiaomi MI 8はあきらめて、1周波ですが一応Raw Dataに対応しているHuawei P10で試してみました。
 2F西側の窓の隙間から5分程度受信しました。

 理由はよく判りませんが、無事に処理が進んで、マニュアルに記載されているようなグラフが表示されました。

【(01)GnssAnalysis_Control Panel】
01gnssanalysis_control-panel

【(02)GnssAnalysis_Huawei P10】
02gnssanalysis_huawei-p10

【(03)GnssAnalysis_Positions】
03gnssanalysis_positions

【(04)GnssAnalysis_ADR errors】
04gnssanalysis_adr-errors


 グラフの意味はよく理解していませんが、後処理(フィルタ処理等)でかなり測位精度は改善されるようです。
 ただし、PCの動作を見ていると、かなり負荷が重そうなので、スマホ内でリアルタイムに処理するのは結構ハードルが高いかもしれません。
 技術の進歩は速いので、ハードウエアとアルゴリズムの改良で、それほど遠くないない未来に高精度スマホが実現するとうれしいです。

 なお、Xiaomi MI 8の方は追々勉強する予定です。

|

« GnssLogger V3.0.0.0を使ってみました | トップページ | Xiaomi MI8のGnssLoggerをV2.0.0.0に戻しました »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GnssLogger V3.0.0.0を使ってみました | トップページ | Xiaomi MI8のGnssLoggerをV2.0.0.0に戻しました »