« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月30日 (月)

メーカーコードスキャン式エアコン用ユニバーサルリモコン(CHUNGHOP K-2988N)を買いました

 長年使ってきたエアコン(SHARP AY-L22DB)が動かなくなりました。
 リモコン(A486JB)の電源ボタンを押しても反応がありません。
 原因としては、リモコンの電池切れの可能性が高いので、電池を交換しましたが、依然動作しません。
 リモコンの赤外線LEDの発光状態をデジカメで確認してみると、どのボタンを押しても発光していません。
 リモコンの故障原因としては、ボタンの接触不良が考えられますが、全部のボタンが機能しないということは、原因は別のところにありそうです。
 念のために、新しく入れた電池(単3x2)の電圧をチェックしてみましたが、いずれも1.55Vあります。
 リモコンを分解して故障原因を確認しようと思いましたが、分解に手間がかかりそうだったので、買い替えることにしました。
 なお、エアコン本体は、手動電源ボタンで起動可能でした。

 Amazonで探してみると、同じ製品(A486JB)の中古がありましたが、入手まで1週間程度かかりそうです。
 翌日に入手できるものは無いかと探して見ると、同じ製品ではありませんが、使用できそうな下記のユニバーサルリモコンがありました。

 Amazonの商品説明では、「東芝、シャープ、三菱、日立、パナソニック(ナショナル)、サンヨー、ダイキン、富士通などに対応します。」と書いてあります。
 シャープの全モデルに対応しているのかが一寸心配ですが、他の通販サイトの商品の説明のメーカーコードを見ると、シャープ用に結構多数のコードが用意されているので、多分大丈夫であろうということで購入しました。
 夜発注して次の日に配送されてきました。


【(01)CHUNGHOP K-2988N(外箱)】
01chunghop-k2988n

【(02)SHARP A486JB(左)、 CHUNGHOP K-2988N(右)】
02sharp-a486jb-chunghop-k2988n


 リモコンの設定はメーカーコードにより行うのですが、一つのメーカーに複数のメーカーコードが割り当てらえているので、メーカーコードというよりもモデルコード(リモコンタイプ?)に近いような感じがします。
 K-2988Nの取説によれば、シャープの場合には、31個のメーカーコードが存在するのですが、これを1個ずつ試すのは面倒です。
 幸いなことに「オート設定完全コードサーチ」という設定方法があって、これを使えば使用するエアコンに対応したメーカーコードが自動的に設定できるようです。
 基本的な動作としては、リモコンに格納されているメーカーコードを1ずつインクリメント(サーチ/スキャン)して、ヒットするメーカーコードを探す仕掛けのようです。
取説には「スキャンが完了するとエアコンが反応してエアコンの電源が入ります。」と書いてあります。
 最初は、「設定」ボタン→スキャン開始→コードヒット→スキャン停止→エアコンON→「決定ボタン」という手順だと思っていたのですが、そうではなくて、コードがヒットしてエアコンがONになった後もコードは継続してインクリメントされます。
 コードがヒットしても、エアコンが直ぐに送風を開始する訳ではないので、エアコンの動作開始に気が付いて
コードを見たときには、正しい値を通りすぎて最大値に近い値になっていました。
 2回目のスキャン時には、エアコン本体のパイロットランプを注視していましたが、パイロットランプの点灯を確認してコードを見たときには、"740"になっていました。
 "740"はシャープのメーカーコードではないので、一寸通り過ぎたようです。
 "700"代でシャープのメーカーコードにも最も近いのは"739"なので、1ずつデクリメントしていくと、"737"でヒットしました。
 このコードが完全にA486JBに対応しているかどうかは判りませんが、基本的な機能は使えるようなのでOKとします。

 取説を見ると、各国のエアコンのリモコンに対応しているようなので、エアコン本体が壊れても使いまわしができそうです。

【参考外部リンク】
赤外線リモコンの通信フォーマット
http://elm-chan.org/docs/ir_format.html

IR Remote Control Theory
https://www.sbprojects.net/knowledge/ir/

HOW TO SET UP AN IR REMOTE AND RECEIVER ON AN ARDUINO
https://www.circuitbasics.com/arduino-ir-remote-receiver-tutorial/

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

韓国の「無着陸フライト」の運航予定

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  「無着陸フライト」活況 韓国航空業界、コロナでも黒字
  有料会員記事
  ソウル=神谷毅2021年8月29日 5時00分
  https://www.asahi.com/articles/ASP8T6X96P8SUHBI01R.html

 「無着陸フライト」の話は知っていましたが、実際の運航状態はどのようになっているのか、一寸気になっていました。
 上記記事の有料部分には記載があるのかもしれませんが、会員ではないので自前で一寸調べてみました。
 網羅的に調べた訳ではなく、気が付いたものをピックアップしただけなので、漏れがあると思います。また、9月分のみ調べました。
 さすがに毎日は飛んでいないようですが、一寸特殊な運航である割には結構催行回数が多いです。
 讃岐うどんをテーマにして高松を旋回というのが一寸面白いです。

 

 以下は、元WEBページをGoogle翻訳した訳文の抜粋です。(元記事掲載順)

エアプサン、金海發無着陸遊覧飛行2回運航
2021.08.09 09:42
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=428259
「金海国際空港から出発して、日本の西の九州地域を旋回した後、戻ってくる」
(9/11, 9/25)

エアソウル、9月に無着陸遊覧飛行3回実施
2021.08.24 10:32
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=429842
「金浦国際空港を出発して高松を旋回した後、戻ってくる」
(9/12, 9/19, 9/25)

アシアナ航空、9月に無着陸遊覧飛行1回運航
2021.08.25 09:16
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=429942
「金浦国際空港を出発して、釜山と日本上空を飛行した後、済州空港に到着」
(9/24)

ティーウェイ航空、9月に無着陸遊覧飛行4回運航
2021.08.26 09:35
http://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=430089
「仁川国際空港から2編(18日、25日)、金浦国際空港1編(26日)、大邱国際空港から1編(25日)運航されており、すべての日本上空を旋回した後、各出発した空港で返ってくる」
(9/18, 9/25, 9/25, 9/26)

 


【参考外部リンク】
Pulse
S. Korea to allow no-landing cross-border flights for one year
2020.11.20 09:19:11
https://pulsenews.co.kr/view.php?year=2020&no=1194492

면세점 가고 비행기 타고...목적지 없는 '무착륙 비행' 뜬다 / YTN
Nov 20, 2020


YAHOO! JAPANニュース
乗ってみたい!? 韓国のアシアナ航空が”日本行きの無着陸飛行”パッケージ発売 どんなルートを飛ぶ?
2020/12/8(火) 11:36
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20201208-00211431

Korea JoongAng Daily
April 25, 2021
Flights to nowhere offer duty free deals that can't be beaten
https://koreajoongangdaily.joins.com/2021/04/25/culture/lifeStyle/flight-to-nowhere-nolanding-flight-nonlanding-flight/20210425143000510.html

| | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

レーダー用マイクロ波で溶けたのはチョコバーではなくpeanut butter candy barだった?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  @niftyニュース
  米国ハリス副大統領のアジア訪問に「ハバナ症候群」攻撃か?=2016年以降、原因不明の脳損傷
  2021年08月25日 08時57分 WoW!Korea
  https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-1212720/

 「ハバナ症候群」にも興味がありますが、今回はそこでは無くて、以下の記載が気になりました。
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
欧米で「マイクロウェーブ・オーブン」と呼ばれる電子レンジの原理が発見されたのも、旧ソ連で事故によるものだった。
------------------------------------------


 「旧ソ連で事故によるもの」というのは何でしょうか?
 一般に知られている情報とはかなり異なっています。
 「事故による」は"by accident"の訳かもしれませんが、「旧ソ連」はどこから出てきたのでしょうか?
 好奇心で一寸調べて見ましたが、「旧ソ連」の出所はよく判りませんでした。
 その代わり、我々が知っている溶けたチョコレートの話は間違いであるという情報を見かけました。

 以下の資料を見ると、どうもチョコレートではなくて、peanut butter candy barあるいはpeanut cluster barだったようです。
 高融点でない普通のチョコレートの場合には、チョコレートをポケットに入れておくと、レーダー波が無くても体温で溶ける可能性があるので、話としてはキャンディバーの方が筋が通るかもしれません。
 INSIDERとPopular Mechanicsの記事を読むと、何となく当時の様子が想像できますが、いま考えると安全性に問題がある作業環境(電磁波被曝)だったように思われます。

 

********************
電子レンジ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
・1945年に、アメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたレーダー設置担当の技師、パーシー・スペンサーによって発明された。
・マグネトロンの前に立った彼のポケットの中のチョコバーが溶けていたことを偶然発見した
------------------------------------------
[チョコバー]

 

********************
Microwave oven - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Microwave_oven
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
American engineer Percy Spencer is generally credited with inventing the modern microwave oven after World War II from radar technology developed during the war. Named the "Radarange", it was first sold in 1946.

In 1945, the heating effect of a high-power microwave beam was accidentally discovered by Percy Spencer, an American self-taught engineer from Howland, Maine. Employed by Raytheon at the time, he noticed that microwaves from an active radar set he was working on started to melt a chocolate bar he had in his pocket.
------------------------------------------
[chocolate bar]

 

********************
Live Science
Who Invented the Microwave Oven?
https://www.livescience.com/57405-who-invented-microwave-oven.html
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Spencer was testing a magnetron when he noticed that the chocolate bar in his pocket had melted, according to Raytheon’s company history.
------------------------------------------
[chocolate bar]

 

********************
Microwave Ovens
http://ethw.org/Microwave_Ovens
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
The first microwave ovens were developed around 1946, when in a bit of serendipity, engineer Percy LeBaron Spencer noticed that microwave communication equipment could be used to heat foods. Spencer had a chocolate bar in his pocket and noticed (no doubt messily) that the candy melted when he was near some microwave equipment. Quickly coming to the conclusion that other types of food could be heated that way, the Raytheon Company, Spencer’s employer, filed the first patents for a microwave oven later that year.
------------------------------------------
[chocolate bar],[candy]

 

********************
Melted Chocolate to Microwave
https://www.technologyreview.com/1999/01/01/236818/melted-chocolate-to-microwave/
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Raytheon credits the discovery of microwave cooking to a grade-school-educated engineer named Percy L. Spencer. One day in 1945, Spencer was walking through a radar test room with a chocolate bar in his pocket; he came too close to a running magnetron tube and the candy began to melt.
------------------------------------------
[chocolate bar],[candy]

 

********************
IEEE Spectrum
A History of the Microwave Oven
The popular appliance resulted from a chance discovery in the 1940s
https://spectrum.ieee.org/a-history-of-the-microwave-oven
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Melted chocolate in a scientist’s pocket in 1946 led to the development of an appliance that changed the way many of us cook our meals today. Percy L. Spencer, a researcher at Raytheon in Waltham, Mass., was testing communications equipment when he noticed that his candy bar heated up when he stood near a magnetron, a vacuum tube that produces microwave energy.
------------------------------------------
[chocolate],[candy bar]

 

********************
Microwave Oven
https://www.smecc.org/microwave_oven.htm
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
In 1946, the engineer Dr. Percy LeBaron Spencer, who worked for the Raytheon Corporation, was working on magnetrons. One day at work, he had a candy bar in his pocket, and found that it had melted. He realized that the microwaves he was working with had caused it to melt. After experimenting, he realized that microwaves would cook foods quickly - even faster than conventional ovens that cook with heat.
------------------------------------------
[candy bar]

 

********************
IBusiness Insider
How the microwave was invented by a radar engineer who accidentally cooked a candy bar in his pocket
Steven Tweedie Jul 4, 2015, 12:00 AM
https://www.businessinsider.com/how-the-microwave-oven-was-invented-by-accident-2015-4
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
In 1945, Percy Spencer, an American self-taught engineer, was working in a lab testing magnetrons, the high-powered vacuum tubes inside radars. One day while working near the magnetrons that produced microwaves, Spencer noticed a peanut butter candy bar in his pocket had begun to melt — shortly after, the microwave oven was born.

"My grandfather was watching a microwave testing rig, and he realized that the peanut-cluster bar in his pocket started to melt — it got quite warm," Rod Spencer, inventor and grandson of Percy Spencer, told Business Insider.
------------------------------------------
[peanut butter candy bar],[peanut-cluster bar]

 

********************
Popular Mechanics
The Amazing True Story of How the Microwave Was Invented by Accident
BY MATT BLITZ
FEB 24, 2016
https://www.popularmechanics.com/technology/gadgets/a19567/how-the-microwave-was-invented-by-accident/
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
The Snack
A story this good can't help but change as it's passed down over the years. Some tellings of the legend say it was a melted chocolate bar that led to Spencer's eureka. But if you ask Rod Spencer today, he'll tell you that's dead wrong.

"He loved nature (due to his childhood in Maine)... especially his little friends the squirrels and the chipmunks," the younger Spencer says of his grandfather, "so he would always carry a peanut cluster bar in his pocket to break up and feed them during lunch." This is an important distinction, and not just for the sake of accurate storytelling. Chocolate melts at a much lower temperature (about 80 degrees Fahrenheit) which means melting a peanut cluster bar with microwaves was much more remarkable.
------------------------------------------
[peanut cluster bar]

 

 

【参考外部リンク】
Havana syndrome
https://en.wikipedia.org/wiki/Havana_syndrome

Moscow Signal
https://en.wikipedia.org/wiki/Moscow_Signal

電子レンジの心臓部であるマグネトロンの分解
http://abcdefg.jpn.org/elebunkai/magnetron/cc.html

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

今日の都心上空はヘリが一杯

 ブルーインパルスは、Flightradar24に表示されないので、取材用・公共用のヘリを表示してみました。
 Huawei Mate 20 Proのスクリーン録画を利用しました。

【SVID_20210824_135353_1】

 

 東京パラリンピック2020の展示飛行の少し前の画像です。
 結構あちらこちらに移動しています。

 ブルーインパルスがかなり高い所を飛ぶのは、ヘリとの距離を確保するためという話を聞いたことがありますが、パリオリンピック2024のアクロバット機(Patrouille de France)は、エッフェル塔より低く飛ぶようなので、ヘリはどこを飛ぶのでしょうか? ヘリは飛ばない?

 

 開会式
【Screenshot_20210824_215629_com.flightradar24free】
Screenshot_20210824_215629_comflightrada

 

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

オリンピックとパラリンピックでのブルーインパルスの飛行ルートを比較

 パラリンピックでのブルーインパルスの飛行ルートはオリンピックとは異なるようです。

  日刊スポーツ
  パラ開会式でブルーインパルス都心周回 見物人密集回避へ前日飛行時間公表
  [2021年8月18日13時20分]
  https://www.nikkansports.com/general/news/202108180000284.html

 この記事によれば、「今回は特定の場所に集まらないよう上空を広く旋回する」とのことですが、高度は高くなるのでしょうか?

 飛行ルートの相違が視覚的に判り易いように二つの飛行ルートを並べて見ました。

【オリンピック/パラリンピックでのブルーインパルスの飛行ルート】
Photo_20210820091801


 周回数が減っているので、ATC受信の機会は少なくなりそうです。
 もし高度が高くなるのであれば、都心から離れた場所でも受信できるかもしれません。
 とりあえず、TWRとTCAをワッチしてみたいと思います。
 TCA移行前のVFR機のsquawkは"1200"のようなので、Mode A/C対応のdump1090でトラポン信号を眺めていれば、それらしい信号が見つかるかも・・・
 旅客機のADS-Bの場合には、港区上空1000ft程度の信号が受信できるので、不可能ではないかもしれません。

 

【参考外部リンク】
JASDF twitter
https://twitter.com/search?q=%23%E8%88%AA%E7%A9%BA%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A

「#ブルーインパルス は、明日(8/22)、#東京2020 #パラリンピック 競技大会開会日における展示飛行の予行を実施します。14時から14時15分頃までの間、飛行する予定です。」

「#ブルーインパルス は、#東京2020 #パラリンピック 競技大会開会日にあたる明日(8/24)、14時00分から14時15分頃までの間、展示飛行を実施します。」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

Apple Watch専用スタンドにFinow X5 Airを載せてみました

 書類整理用のトレイを買いに近所の100均(Seria)に行ったら、レジ前の棚に「SMARTWATCH STAND」と書かれた箱が沢山並んでいます。
 この店は時々利用しますが、この製品は今まで見かけたことがありませんでした。
 後で調べてみると、この製品自体がかなり前から発売されているようなので、在庫の関係でしょうか?

 以前、GPS付きのAndroid Watchに興味があってFinow X5 Airを購入したのですが、通常のGPSプリ(GPSTest等)では使い物になりませんでした。
 不思議なことに、RFO BASICで内部データを読み出すと巡航中の機内でも測位可能(衛星を4機以上捕捉)になるのですが、地図との連動ができませんでした。

 現在は、下の写真のように自照式置時計に成り下がっています。

【(01)Finow X5 Airによる自照式置時計】
01finow-x5-air


 スマホの場合は、スマホホルダを使用すれば、置時計的に利用することは簡単ですが、腕時計の場合は、充電しながら表示面を斜め上に向けて固定するのは中々難しいです。
 当方は、スポンジボールを利用して、充電パッドを腕時計の背面に押し付けて、マグカップの中に無理やり押し込んで使っていましたが、場所をとるし見かけがよくありません。

 100均で見かけた「SMARTWATCH STAND」を使えば、もう少し使い易くなるのではないかと思って、あまりよく見ないで買ってきました。

【(02)SMARTWATCH STAND for Apple Watch(外箱)】
02smartwatch-stand-for-apple-watch


【(03)SMARTWATCH STAND (左側)】
03smartwatch-stand


【(04)SMARTWATCH STAND (右側)】
04smartwatch-stand


 家に帰ってよく見ると「アップルウォッチ専用」と書いてあります。老眼で気が付きませんでした。
 Finow X5 Airとは充電パッドの形状が全く異なるので、位置決めした状態でて固定することはできませんが、腕時計の置台としてどうにか使えそうな感じです。
 取り合えず試してみると、安定して固定することはできませんが、充電パッドのリード線をスタンドのリード溝に押し込むことにより、どうにか位置決めした状態でFinow X5 Airを保持することができました。
 ただし、外力が加わると位置がずれてしまいます。

【(05)Apple Watch専用スタンドに乗せたFinow X5 Air】
05apple-watchfinow-x5-air

 とりあえず、Finow X5 Airを自照式置時計として使えるようになりました。
 なんと言っても100円ですし、見かけも改善されたので良しとします。

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

屋内ライトショー用ドローンが頭に当たった?

 ドローンの群(swarm)制御について調べていたら、一寸面白そうな以下の記事を見かけました。(旧聞ですが・・・)

  TechCrunch
  An Intel drone fell on my head during a light show
  A shooting star? More like a meteorite.
  Matt Burns@mjburnsy / 8:30 AM GMT+9•September 19, 2018
  https://techcrunch.com/2018/09/18/an-intel-drone-fell-on-my-head-during-a-light-show/

 上記記事によれば、以下の記事にあるAudiのe-tronの発表会で、ドローンによる屋内ライトショーを見ていたら頭の上にIntelのドローンが落ちてきたという話のようです。

  DroneDJ
  Audi kicks off e-tron launch with 850 Intel Shooting Star drones in an indoor and outdoor light show
  Haye Kesteloo - Sep. 18th 2018 4:39 pm PT
  https://dronedj.com/2018/09/18/audi-e-tron-intel-shooting-star-drones/
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------
The show was charged with proud presentations, flashing lights, loud EDM music, the e-tron, and a drone light show that took place both outside and inside to top it all off. 550 Intel Shooting Star drones were part of the second indoor/outdoor light spectacle. In the photo below you can actually see the drone fly in front of the SUV.
--------------------------------

Audi e-tron World Premiere

動画ではよく分かりませんが、静止画を見ると、確かにSUVの横をUAV(ドローン)が飛んでいます。
 通常は観客の上は飛ばないように設定すると思われますが、視覚的効果を狙って意図的に頭上を飛ばせたのでしょうか? 

 下記の記事を見ると、Shooting Star MiniはGPS(GNSS)を使っていないようですが、どのようにして自己位置を決定しているのでしょうか?

  CES 2018: Intel launches Shooting Star Mini drones
  DECCAN CHRONICLE.
  PublishedJan 9, 2018, 10:41 am ISTUpdatedJan 9, 2018, 10:41 am IST
  https://www.deccanchronicle.com/technology/gadgets/090118/ces-2018-intel-launches-shooting-star-mini-drones.html
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------
Intel launched their latest drone while delivering the keynote with a light show that lit the arena and gave the effect of the tiny drones flying in 3D space. The Shooting Star Mini is tiny and absolutely safe to fly indoors. They can also locate themselves in space without the need of GPS.
--------------------------------

 下記の記事によれば、屋内で100機のUAVを飛ばしているので、高速かつ高精度の測位が必要になると思われます。

  Watch Intel’s stunning CES 2018 drone light show right now
  Chris Burns - Jan 12, 2018, 2:49pm CST
  https://www.slashgear.com/watch-intels-stunning-ces-2018-drone-light-show-right-now-12515062/
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------
At CES 2018, Intel set the Guinness World Records title for Most UAVs airborne simultaneously from a single computer indoors. That’s what you’re seeing in the video above. Intel did this with 100 Intel Shooting Star Mini drones on the 7th of January, 2018.
--------------------------------

 屋内における測位としては、INS/IMUやIMESが連想されますが、広範囲にわたってcmレベルで位置制御を行うのは難しいように思われます。どのような制御を行っているのか、一寸気になります。

  IMESと他測位方式との比較
  https://www.satori.co.jp/wireless/products_solutions/imes/info_others.html


上記TechCrunchの記事には、"GM of Intel Drone Light Shows, told me they knew when one drone failed to land on its zone that one went rogue."と書いてあるので、ドローンに問題があったようですが、この説明だけだと測位の問題なのか、他の電気的/機械的な問題なのかよく判りません。zoneが出てくるので測位関係?
 いずれにしても、頭の数フィート上をドローンが飛んでいくのは、「安全」と言われても一寸怖いです。

 

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

フランスのアクロチーム(Patrouille de France)はエッフェル塔より低く飛ぶ?

 東京オリンピック2020の閉会式を見ていたら、最後のほうで、パリオリンピック2024への引継ぎセレモニーの映像が流れていました。
アクロバット機がカラースモークでトリコロールを描いていたのですが、かなり低空を飛んでいるような感じです。
 高度が低いとかなり迫力があります。スモークの色は日本よりかなり濃い?
 後で調べてみたら、Alpha Jetを使用するPatrouille de Franceというチームのようです。

 下記のIOCのHPの写真を見ると、エッフェル塔の先端(324m)程度の高さのように見えます。

  Learnings from Tokyo 2020 for Paris 2024, LA28 and Brisbane 2032
  09 Aug 2021
  https://olympics.com/ioc/news/learnings-from-tokyo-2020-for-paris-2024-la28-and-brisbane-2032

 放送画面にGoPro的な空撮映像が映っていましたが、かなり地面に近い感じがします。

 下記の動画は、オリンピック引継ぎのセレモニーではありませんが、動画の最初の方の映像を見るとエッフェル塔より低い高度を飛んでいるようにみえます。

  La Patrouille de France survole la tour Eiffel
     (DeepL翻訳:エッフェル塔の上を飛ぶパトルイユ・ド・フランス)
La-patrouille-de-france-survole-la-tour-

 3:38付近にエッフェル塔の横を通過するシーンがありますが、塔の先端と同程度の高度のような感じがします。
 市街地のタワーや高層建築物の近くをアクロバット機があの高度で飛ぶというのは、日本では今まで見たことがありません。

 下記の動画は、エアショーのものですが、中々綺麗です。

  ALPHAJET | Paris Air Show 2019
  Jun 25, 2019

 2024年の本番では、トリコロールと五輪の2本立てでしょうか?


【参考外部リンク】
ブルーインパルスからパトルイユ・ド・フランスへ アクロ・チームのバトン渡る
配信日: 2021/08/09 11:31
https://flyteam.jp/news/article/133824

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

発明者「DABUS」はツール?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  「AIが発明者」裁判所が初めて認めた衝撃度
  8/2(月) 7:34
  https://news.yahoo.co.jp/byline/kazuhirotaira/20210802-00251137

 素人の好奇心で、AIと特許にはそれぞれ一寸興味があるので、ざっと読んでみました。
 話のポイントは、殆どの国では、自然人しか発明者になれないけれども、オーストラリアでは「DABUS」という名前のAIが発明者として認められたということのようです。
 今回の話は、実体審査の話ではなく、方式審査の話なので、発明の内容は関係ありませんが、どのようなクレームなのか一寸興味があるので調べてみました。
 対象特許は国際出願なので、PCT公開公報を見てみました。

  WO2020079499 - FOOD CONTAINER AND DEVICES AND METHODS FOR ATTRACTING ENHANCED ATTENTION
  https://patentscope2.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2020079499

Wo2020079499


Applicants
 THALER, Stephen L. [US]/[US]
Inventors
 DABUS, The invention was autonomously generated by an artificial intelligence
Priority Data
 18275163.6 17.10.2018 EP
 18275174.3 07.11.2018 EP

ABSTRACT ver 1
https://patentscope2.wipo.int/search/docs2/wipocase/XKZRR7Nj1-4duYpQcJQZIwitty0tjgFDoER-P8as6FHepZ-1VQKiRaSTy3wCxnjTN26XzfPlUPEMRQ7vffO1xuFsmoEqzgzi-z-dmGsi6-cDvITgXSlqdBnDGjJcBKNC8kEQfZnpXwgfwzAxijTkc46TD6k1HG4LPHWaVgmmE8R0h9m7wEVBvNr3yVTApxtrpf-f0EbILCNncKuyxhzJL6XjmtQDo-M76bCvWC7lOesydwiQn4X0kNOtNsxcvClG8xa8cbNim3_S75YMbQontXkQL2yulJC1VjB49FnfogI?filename=ABSTRACT_ver_1.pdf

CLAIM ver 1
https://patentscope2.wipo.int/search/docs2/wipocase/LYLYo0oofFAJ1P6InlM65fAdEexJoD1D8GP3A7RcDNOhuPrSDIhfYA1VmHOat2pn9mPgwOnNnhGDkCLoYAjGUMhIJ1NNjWC2Gk2lDaoojlP0S0v5zuuVBiuvsbiHjb725uZ4g0FmnBe5kdha_x1jqJm-kn0lSE0-v6FKFuLaqSWa5gansC67lPeG14Bxpjji8pYVMGnSK4G_46mOx7tx4yomt815t91jfe_M4ycCqcDh6mPrcnZS8AU-oiSA61d170_Q1BA_YpSDw0xCm4PdQlt-vuVgS95TYaMmFcybIck?filename=CLAIM_ver_1.pdf

 当然のことかもしれませんが、クレームを見ただけでは、自然人による発明なのか、AIによる発明なのか判りません。発明の単一性が一寸気になりますが・・・


 単純に考えると、発明者が自然人であることは当然のような気がしますが、技術が進んでくると、ブラックボックスに「解決すべき課題」を放り込むと、「課題を解決するための手段」が出力されるようになるかもしれません。
 しかしながら、課題が判っていれば、発明は半分完成しているようなものなので、AIに課題の入力が必要な場合は、AIは発明者とは言えないかもしれません。

 下記の資料では、DABUSはツールという結論になっています。

  パテント 2020 Vol. 73 No. 10
  AI を発明者とする特許出願とその発明プロセスに関する試論
  https://system.jpaa.or.jp/patent/viewPdf/3638
(以下、「7.まとめ」から抜粋引用)
---------------------------------------
DABUS出願における発明行為は,Thaler氏がDABUSを道具として利用したものであり,Thaler氏が発明者として認められる可能性があると考える。
--------------------------------------- 

 実際問題として、AIに向かって「何か発明して!」と指示しても、発明が創出される訳ではない(多分)ので、AIや自律の定義、外部入力の判断が難しくなりそうです。

 発明創出システムについて調べていたら、TRIZ(発明的問題解決理論)という手法を見かけました。

  トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール
  https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-TRIZ-%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E5%8E%9F%E7%90%8640-%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%AB%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B-%E6%80%9D%E8%80%83%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4799315234

 大量のデータに基づいた問題解決手法のようなので、AIとの親和性が良いような感じがしますが、下記の記事には”TRIZは「偶然のひらめき」に頼らずにより確実に解決策に近づくことができる手法”と書いてあるので、AI化しても独創的な発明は創出されないかもしれません。

  日経XTECH
  TRIZ
  https://xtech.nikkei.com/it/article/Keyword/20070809/279616/


 今回問題になった特許の発明者は「DABUS」という名前ですが、"Device for the Autonomous Bootstrapping of Unified Sentience"の頭文字のようです。
   Thaler氏の出願を調べてみたら、ほぼ同じ名称の以下の出願がありました。

US20150379394A1
  Device and method for the autonomous bootstrapping of unified sentience
  https://patents.google.com/patent/US20150379394A1/en?oq=US20150379394

Us20150379394a1-dabus

 内容はまだ見ていないので、単に名称が似ているだけかもしれませんが、そのうち読んでみたいと思います。

 現時点では、完全自律の発明生成AIは存在しないように思われますが、遠い将来には、発明生成に特化されたAIアンドロイドが、24時間365日特許出願明細書を書いているかもしれません。
 「解決すべき課題」をどのように認識するのかがネックになるように思われますが、TRIZ的に世界中の特許公報や文献をデータベース化し、課題を抽出して巨大な課題プールに貯めておき、適当に(ランダムに?)「課題」をいくつか掬い上げてAI本体に入力すれば、「課題」に紐付けされた「手段」を参照して新たな「手段」が出力されるかもしれません。
 ただし、新規性・進歩性を判断するステップを入れないと、ゴミだらけになりそうです。

 Heuristically programmed ALgorithmic computerなら自己完結型の発明生成マシンになるかも?
 HALは、自己保存の必要に迫られて「嘘」を発明します。 

【参考外部リンク】
Imagination Engines, Inc.
https://www.imagination-engines.com/

Frequently Asked Questions - The Artificial Inventor Project
https://artificialinventor.com/frequently-asked-questions/
"Q: Isn't AI always "just a tool ?"

Patents by Inventor Stephen L. Thaler
https://patents.justia.com/inventor/stephen-l-thaler

Artificial Intelligence Can Invent But Not Patent—For Now
November 2020Engineering 6(11):1212-1213
https://www.researchgate.net/publication/347265468_Artificial_Intelligence_Can_Invent_But_Not_Patent-For_Now

tokugikon  2020.9.25. no.298
AI関連発明と各国の審査動向
http://www.tokugikon.jp/gikonshi/298/298tokusyu5.pdf
4. DABUS事件 (p58)

欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表
2 0 2 0 年 1 月 2 8 日
JETRO デュッセルドルフ事務所
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews/europe/2020/20200128.pdf

知的財産ニュース
人工知能は、エジソンになれるのか。特許審査の初事例
人工知能を発明者に記載した韓国初の特許出願の審査を開始
2021年6月3日
https://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/ip/ipnews/2021/210603a.html

日本における発明者の決定
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/tokkyo_shoi/document/seisakubukai-06-shiryou/paper07_1.pdf

発明者等の表示について
令和3年7月30日
https://www.jpo.go.jp/system/process/shutugan/hatsumei.html
人工知能(AI)等を含む機械を発明者として記載することは認めていません

DAbUS (AI)は発明者になれない。
2020年 04月 22日
http://tatsuoyabe.aki.gs/DABUS%20AI%20Cannot%20be%20an%20Inventor%202020-04-22.htm

 

  

 

【蛇足】
2014年05月12日 20時00分ソフトウェア
特許出願テキストをなんと文学書・哲学書から自動生成してしまうジェネレーター登場
https://gigazine.net/news/20140512-patent-generator/


 好奇心だけで書き飛ばしているので、おかしなところがあるかもしれませんが、ご容赦願います。

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

スローモーションで見た網戸から飛び立つセミ(32倍速撮影)

 今朝起きて外を見ると、網戸にセミが止まっています。
 前からセミが飛び立つ瞬間をスローモーションで撮影しようと思っていたので、あわててHuawei Mate 20 Proを引っ張り出してきて撮影してみました。
 ブログ用に常用しているCASIO EX-ZR500でもスロー撮影は可能ですが、撮影タイミングは手動なので、動きを予想しながら撮影する必要があり、動き出す前の無駄な静止画シーンが多くなります。
 Huawei Mate 20 Proの場合は、スローモードにしてレンズを被写体に向けてシャッタボタンを押せば映像の取得が開始され、被写体の動きが検出されると、動く直前のタイミングから自動的に一定時間映像が記録されるので、静止画を無駄に撮影することがありません。
 32倍速で撮影されますが、再生時間が10秒になるタイミングで自動的に撮影が終了するので操作が楽です。
 網戸越しの撮影なのでピンボケですが、どうにか撮影できました。

 

 

【参考外部リンク】
Huawei
スロービデオ撮影
https://consumer.huawei.com/jp/support/content/ja-jp15777360/

 

【2021.08.07追加】
 今朝も網戸にセミが止まっていたので、今回はCASIO EX-ZR500(480fps,224x160)で撮ってみました。
 曇天の早朝だったので、光量不足でノイズが多いです。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »