« 2022年6月 | トップページ

2022年7月 7日 (木)

アフリカ上空を通過するKSLV-IIのCubeSat

  KSLV-IIで打ち上げられたCubeSatの軌道情報が利用可能になったようです。
 
【KSLV-II CubeSat Map】
Kslviicubesat-map
 
 
【KSLV-II CubeSat List】
Kslviicubesat-list
 
 
 
    Parmalink
 
 
  下記の資料によれば、SNUGLITEは、モードは不明ですが、アマチュア無線の周波数を使っているようので、機会(機械?)があれば試してみたいです。
 
    Gunter's Space Page
    SNUGLITE 2
 
    SNUGLITE Amateur Radio and Technical Demonstration from Seoul National University

 

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

本日(7月2日)はWorld UFO Dayだそうです

 最近、公的なUFO情報を時々見かけます。
    
    Wasington Post
    UFO hearing features historic testimony from Pentagon officials
    May 17, 2022 at 1:30 p.m. EDT
 
 ネット情報(英語)によれば、7月2日は"World UFO Day"だそうです
 トンデモ系の話は嫌いではないので、所以について調べてみました。
 
  World UFO Day - Wikipedia
(上記URLから抜粋引用)
---------------------------------------------------
The day is celebrated by some on June 24, and others on July 2.
---------------------------------------------------
 
 記念日(?)は二つあるようです。目撃日と墜落日?
 日本語の「UFOの日」の検索では殆どが6月24日となっています。
 
 ところが"UFO Day"で検索すると、7月2日が主流になっているようにみえます。
 一寸不思議です。
 下記の資料には、"2022 International Sat, Jul 2"と書いてあります。
 
  WORLD UFO DAY
 
 "International"ではない"Local"の記念日があるのでしょうか?
 
 
  WORLD UFO DAY
  (2021年版ですが公式サイト?)
 
 
  以下の資料には、両日が併記されていますが、6月24日は少数派の雰囲気が・・・("Some Celebrate This Day On 24 June Also.")
 
  World UFO Day 2021: History, Significance and Key Facts
(上記URLから抜粋引用)
---------------------------------------------------
1. Kenneth Arnold, 1947: The UFO origination can be traced back to a civilian pilot Kenneth Arnold. On 24 June, 1947, when he was flying his aircraft near Washington's Mount Rainier, he claimed to have seen nine blue, glowing objects flying fast with an estimated speed of 1,700 miles per hour in a V formation. Also, various reports have also surfaced 9 UFOs but the government never sighted the true explanation and suggested it as a hallucination.
 
FAQ
Why is World UFO Day celebrated on 2nd July?
 World UFO Day Is Observed On 2 July To Commemorate The Supposed UFO Crash Of Roswell UFO Incident In 1947.
 Some Celebrate This Day On 24 June Also. It Is The Date When Aviator Kenneth Arnold Reported A First-Time Unidentified Flying Object Sighting In The United States
---------------------------------------------------
  6月24日は少数派の雰囲気?
  6月24日の証言は、公的には幻覚(hallucination)と見なされて信頼度が低かったから?
 
 
 調べ初めたついでに、6月24日の目撃の経過を調べてみたら、墜落したC-46発見の賞金稼ぎのために飛行ルートを変更したことが発端のようです。さすがに飛行機の国!
 
Kenneth Arnold UFO sighting - Wikipedia
(上記URLから抜粋引用)
---------------------------------------------------
On June 24, 1947, Arnold was flying from Chehalis, Washington, to Yakima, Washington, in a CallAir A-2 on a business trip. He made a brief detour after learning of a $5,000 reward (equivalent to $61,000 today) for the discovery of a U.S. Marine Corps C-46 transport airplane that had crashed near Mount Rainier.[1] The skies were completely clear and there was a mild wind.[2]
(上記URLから抜粋引用)
---------------------------------------------------
  通常よりは注意して見ていたと思いますが・・・
 
 
 
 
【蛇足】
 実施可能要件違反の拒絶理由を、権威ある研究者の証明書でクリアして登録されたUFO(?)特許(権利消滅)
【(01)特許2936858「飛翔体の推進装置」】
12936858
 
【(02)拒絶理由通知書】
02_20220701222401
【(03)意見書】
3_20220701222501
【(04)証明書】
4_20220701222501
 
 
 
  普通はこの種の特許は、以下の判決のようなパターンで拒絶されることが多いです。
 
  UFOの飛行原理の実施可能要件に関する「UFO飛行装置」事件審決取消訴訟知財高裁判決について
  2020年1月15日

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ