2017年6月10日 (土)

[hnl7]JL785 HNL離陸風景

  多分これが最後のホノルルねたです。
 
 帰りの便のJL785(HNL→NRT,B767-300ER)は窓際の席が確保できたので、機窓撮影とGPS(m-241)のログ記録を行いました。
 出発ラッシュ時刻のようで、前後に離陸待ちの飛行機が並んでいました。

【RWY 8Rから離陸するJL785】



Jl785_hnl_takeoff_1

Jl785_hnl_takeoff_2

Jl785_hnl_takeoff_3

Jl785_hnl_takeoff_4

Jl785_hnl_takeoff_5

Jl785_hnl_takeoff_6

Jl785_hnl_takeoff_7

【轍によるトラック表示】
(スクリーンショット)
Pushback


(アニメーション)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

[hnl6]ホノルル(ワイキキ)の風景編

  ホテル(Moana Surfrider)からクヒオビーチ(Kuhio Beach)の端まで、ワイキキビーチの波打ち際に沿って歩きながら、Cardboard Cameraをインストールしたスマホ(SH-01F)で何枚か360度写真を撮ってみました。

【ワイキキビーチ】

Waikiki Beach (Moana Surfrider)
https://roundme.com/tour/157489/view/398344/

Waikiki Beach (Kuhio Beach Hula Mound) https://roundme.com/tour/157490/view/398345/

Waikiki Beach (Waikiki Wall)
https://roundme.com/tour/157491/view/398346/

 以下は、360度画像以外の映像です。撮影時期は色々。

【プローン・サーフィン】
EX-ZR500(240fps)

【フラショー】
Fura1

Fura2

  ネットの情報は古いことがあるので、最近更新されたサイトを見た方が確実です。

  Kuhio Beach Torchlighting and Hula Show
   http://www.waikikiimprovement.com/waikiki-calendar-of-events/kuhio-beach-hula-show
  Kuhio Beach Hula Show - May 2017
   http://www.waikikiimprovement.com/images/pdf/2017/05_May_2017_KBTHS_schedule.pdf
  Kuhio Beach Hula Show - June 2017
   http://www.waikikiimprovement.com/images/pdf/2017/06_June_2017_KBTHS_schedule.pdf

 観客は日本人の観光客が多いのですが、歴史等の説明(英語)が結構長いです。
 歌と踊りがもっと多いとうれしいのですが、無料なので・・・

【ダイヤモンドヘッド】
Diamond_head_1_2

Diamond_head_2

 頂上からの景色がいいので、一度は登ってみても損はないかもしれません。

【長い坂道(Wilhelmina Rise) 】
Wilhelmina_rise

 ショッピングバスのガイドさんから撮影スポットというアナウンスがあったので、慌てて撮りました。
  坂の名前が判らなかったので調べてみたら複数の表記があるようです。
 Google検索でのヒット件数は以下のようになりました。(2017/06/07現在)

  ウイルヘルミナ・ライズ 約 1,450 件 
  ウィルアミーナ・ライズ 約 620 件 [内容は坂に無関係]
  ウィルアミーナ・ライズ→(redirect)→ウィルアミーア・ライズ 約 320 件   
  ウィルアミーア・ライズ 約 320 件

 件数的には、「ウイルヘルミナ・ライズ」が圧倒的に多いです。

 ところが、Google Mapで「ウイルヘルミナ・ライズ」で検索してもヒットしません。
 「ウィルアミーア・ライズ」で検索すると、正しく目的地が表示されます。

Wilhelmina_risegoogle


 Wilhelminaの字面から想像すると「ウイルヘルミナ」とか「ウイルヘルミーナ」になってもいいような気がしますが、固有名詞(人名等)の読み方は千差万別なのでよくわかりません。
 ネットで米国式の発音を調べてみました。

  How is Wilhelmina pronounced in US -
  https://www.youtube.com/watch?v=T8iAwvFAjp4

  以下のニュースで聞くと「ウイルミナ」に近いような感じがしますが、Google Mapでは、「ウィルアミーア」となっています。

   http://khon2.com/2014/02/26/decomposed-body-found-on-wilhelmina-rise/

 結局よく判りませんでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

[hnl5]ホノルルでの食事編

 今回は食事ネタです。
 ホノルルには何回か来たことがありますが、今回はいつもとは違うメニューにしようということで、今まで行ったことがないところで、よさそうな店を探してみました。

-------------------------------------
【マグロブラザーズ(ワイキキ)】
 ポキ丼は以前食べたことがありますが、旅行会社から貰ったガイドブックを見ていたら評判がよさそうな以下のお店がありました。

  Maguro Brothers
    Facebook
    https://ja-jp.facebook.com/magurobrothershawaii/

 もともとは、チャイナタウンにあるお店ですが、最近ワイキキエリアで夕方からテイクアウト専門で営業を始めたようです。
 夜にチャイナタウンに出かけるのは一寸面倒ですが、ワイキキなら歩いて行けるということで行ってみました。
 地図によれば、カラカウアアベニュー(Kalakaua Avenue)とレワーズストリート(Lewers Street)の交差点を運河側に進んで右側にお店があるということだったのですが、見落としそうになりました。 

 お店がレワーズストリートに面していると思い込んでいたのですが、通りから横に入った路地(?)にありました。

Maguro_brotherswaikiki_1

Maguro_brotherswaikiki_2


 ストリートビューでは、お店は未だありません。
Maguro_brotherswaikiki_5_street_vie


 17:30営業開始ということで、5分前頃に行ったのですが、待っているお客は1名だけでした。

 ポケ丼とチラシ丼を注文して待っていると、7~8名のお客が来ました。
 現地の人が多いような感じでした。

Maguro_brotherswaikiki_3

 ドアの横には「鮪兄弟」の表札が掛かっていました。
 
 持ち帰りのみということで、帰りにビールを買ってホテルで食べました。

Maguro_brotherswaikiki_4

 食材が新鮮でなかなか美味しかったです。

-------------------------------------
IHOPホノルル
  以前、オハナワイキキマリアに泊まったときにIHOPに行ったことがあるのですが、そのときに隣の席で食べていたクリーム山盛りのパンケーキが美味しそうでした。
 一度は食べてみようということで食べてみました。
 二人で行ったので、パンケーキとクレープを注文して分けて食べました。

Ihop_honolulu_1

 美味しかったですが、朝食としては結構なボリュームになります。

Ihop_honolulu_2
 窓から連接バスが見えました。

 
-------------------------------------
【***'s Kichen】
 かなり前のことになりますが、駐車場にワゴンが置いてあった時代のブルーウォーター・シュリンプ&シーフードで、初めてガーリックシュリンプを食べて、予想しなかった美味しさに感激したことがあります。
 その後ワゴンでの営業がなくなって、フードコートの営業になったので、そこでも食べましたが、一寸と雰囲気が違っていました。
 以前、エンバシー・スイーツに泊まったときに、ワゴン営業の店を探してみると、すぐ近くのパウハナ・マーケットにファイブスター・シュリンプがあることが判ったので、そこを利用したこともあります。
 ファイブスターも中々美味しかったのですが、色々なお店を試してみたいということで、他のガーリックシュリンプのお店を探してみました。

 レビューの数が38件で星5個(★★★★★)というありえないような高い評価の店がありました。

  Ken's Kitchen - Food Truck - Home | Facebook
  https://www.facebook.com/Kens-Kitchen-Food-Truck-890054251066093/

 この種の評価は必ずしも信用できないことがありますが、この書き込みが全部ステマとも思えないので、行ってみることにしました。

 場所は、ロイヤルハワイアンアベニューを、カラカウアアベニューから運河側に進んで右側ということだったので、すぐ判るであろうということで、地図を思い出しながらロイヤルハワイアンアベニューに沿って探し始めたのですが、なかなか見つかりません。
 名前が似ていて、ガーリックシュリンプを扱っている店はあったのですが、目的の店の名前ではありません。
 たまたま、店の前に観光客と思われる日本の方がおられたので、Ken's Kitchenを知らないかどうか聞いてみましたが、知らないとのことです。
 どうしようかと思案していると、この方が目の前の店のガーリックシュリンプは非常に美味しくて数も多く、自分も何回か食べたことがあるということで、非常に熱心に勧めます。
 善意で薦められたのだとは思いますが、一瞬関係者ではないのかと思ってしまいました。
 店自体は、テレビの取材受けているようだし、ガイドブックにも載っているようなので、怪しい店ではないようです。
 これからまた探すのも面倒だし、この店のガーリックシュリンプはどんなものか試してみるのも悪くは無いであろうということで、結局この店を利用することにしました。
 シュリンプだけでは一寸寂しいので、コンビニでサラダを買ってホテルに戻りました。
 
 食べてみた印象ですが、期待していたものとは一寸違っていました。
Garlic_shrimp

 確かにシュリンプの数は多いですが、個体のサイズが小さいです。
 また、一匹が丸々殻つきで調理されているのではなくて、背中が開かれています。
 味も普通のような感じです。
 今回は一寸外れだったかもしれません。
 
 Ken's Kitchenの場所は投稿写真とストリートビューで確認したので、次回はぜひトライしてみたいと思います。
 次回はあるのか?という問題はありますが・・・・

-------------------------------------
【ハワイアン・クラウン・プランテーション・カフェ】
 ホノルルに来たときには、アサイボウルをアイランド・ヴィンテージ・コーヒーで食べることが多いのですが、いつも同じではつまらないということで、別のところを探してみました。

 食事処ではないのですが、以下のお店がよさそうなので行ってみました。

  Hawaiian Crown Plantation Cafe
  http://hawaiiancrown.com/

 場所は、オハナイーストの近くですが、小さいので見落としそうになります。
Hawaiian_crown_plantation_cafe

 ラージでは大き過ぎると思ったのでスモールにしましたが、それでも結構量がありました。
Acai_bowlhawaiian_crown_plantation_

 もしかしたら、アイランド・ヴィンテージよりも美味しいかもしれません。混んで無いし・・・
 メニュには軽食的なものもあったのですが、このときは品切れ(?)でありませんでした。

-------------------------------------
【カイマーケット(KAI MARKET)】
 チェックアウトの前日の夕食は一寸張り込んでということで、シェラトン・ワイキキのバーベキューを考えていたのですが、オプショナルツアーで申し込もうとしたら既に締め切られていました。
 個人での利用も検討したのですが、調べてみると一寸面倒なようなので、前回利用したシェラトン・ワイキキのカイマーケットに変更しました。

  営業開始(17:30)直後に行ったので、窓際の席に座れました。
 最初は空いていましたが、30分程度でかなり席は埋まってきました。
Kai_market_sheraton_waikiki

Kai_market_sheraton_waikiki_2


 今回は、蟹中心で1年分(半年分?)を堪能してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

[hnl4]SDRplayテスト@モアナサーフライダー

  最近購入したSDRplay RSP2は、最大8MHz帯域で1kHz~2GHzの受信が可能です。
 なお、周波数のスケールは10MHzで表示されますが、上下端ではかなり感度が低下します。

 中波と短波の放送のスペクトルを同時に表示できるので、短波放送の利用周波数の分布や、信号強度の変化の様子がよく分かります。
 FM放送のスペクトルも同様に表示できますが、関東エリアでは強い局は数局しかありません。

 米国では、多数のAM局やFM局が放送しているという話を聞いていたので、今回ホノルルに遊びに行ったついでに、どんなものか宿泊したホテル(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa)調べてみました。

 最初に、AM放送局を調べてみました。
 事前情報なしでは効率が悪いので、FCCのサイトでホノルルのAM放送局の様子を確認してみました。

    AM Query Broadcast Station Search
    https://www.fcc.gov/media/radio/am-query

  以下の検索条件で19件がヒットしました。

Search Parameters:   
City:  HONOLULU 
State:  HI 
Lower Frequency  530 
Upper Frequency  1700 

*** 19 Records Retrieved ***
https://transition.fcc.gov/fcc-bin/amq?call=&arn=&state=HI&city=Honolulu&freq=530&fre2=1700&single=1&type=3&facid=&class=&list=1&ThisTab=Results+to+This+Page%2FTab&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&NS=N&dlon2=&mlon2=&slon2=&EW=W&size=9

 以下、上記URLから抜粋引用
----------------------------------
KSSK  590 kHz  7.5 kW
KPRP  650 kHz 10 kW
KHNR  690 kHz 10 kW
KGU    760 kHz 10 kW
KHVH  830 kHz 10 kW
KHCM  880 kHz  2 kW
KHCM  880 kHz  2 kW
KIKI     990 kHz  5 kW
KLHT 1040 kHz 10 kW
KLHT 1040 kHz 10 kW
KWAI 1080 kHz  5 kW
KPHI 1130 kHz  1 kW
KPHI 1130 kHz  1 kW
KZOO 1210 kHz  1 kW
KNDI 1270 kHz  5 kW
KKEA 1420 kHz  5 kW
KHKA 1500 kHz  5 kW
KHKA 1500 kHz  5 kW
KREA 1540 kHz  5 kW
----------------------------------

 このうち4局は昼と夜で別カウントされているようなので、周波数的には15局となります。

  下記のJETROの資料によればホノルル市郡の人口は約100万人(関東地方の1/10以下)のようなので、人口に対する放送局の数が結構多いような気がします。

  ホノルルスタイル - ジェトロ(2017年3月)   https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2017/af5fad0bc1d612e9/honolulustyle1-outline.pdf

 しかし、空中線電力が日本より小さいので、単純には比較できないかもしれません。
 たとえば日本のTBSラジオの場合は空中線電力が100kWです。
 放送サービスの考え方が違うのかもしれません。
 1kWで10万人カバーすると考えると計算が合う?

 ホテルの部屋で実際に受信してみました。

 場所:モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ
    ヒストリック・バニヤン・ルーム 5F 西側ウィング
    受信機:SDRplay RSP2+Teclast X80 Power(Windowsモード)
    SDRアプリ:SDRuno
    AM用アンテナ:AMラジオ用ループアンテナ(北側窓の内側に取り付け)
    FM用アンテナ:430MHz用λ/4ホイップ(同上)

【SDRplay RSP2+Teclast X80 Power+SDRuno】
1am_radio_loop_ant_and_430mhz4_ant

2sdrplay_rsp2teclast_x80_powersdrun

【ホノルルのAM放送を受信中】
3am_broadcasthonolulu_1

4am_broadcasthonolulu_2

5am_broadcasthonolulu_3

 リストにある590kHzから1540kHz間での14個の周波数の中の1130kHz(KPHI)以外の周波数は全部受信できました。
 なお、周波数の確認はしましたが、IDの確認はしていないので、同一周波数の他局の可能性がありますが、多分大丈夫でしょう。
 1210kHz(KZOO)では、日本のポップスを流していました。

  次に、FM放送を受信してみました。
 FM放送についても、事前にホノルルのFM放送局の様子を確認しました。

  FM Query Broadcast Station Search
  https://www.fcc.gov/media/radio/fm-query

 下記の検索条件で14局ヒットしました。

Search Parameters:   
City:  HONOLULU 
State:  HI 
Service:  FM 
Lower Channel  200 
Upper Channel  300 

*** 14 Records Retrieved ***
https://transition.fcc.gov/fcc-bin/fmq?call=&arn=&state=HI&city=Honolulu&freq=0.0&fre2=107.9&single=1&serv=FM&vac=&facid=&asrn=&class=&list=1&ThisTab=Results+to+This+Page%2FTab&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&NS=N&dlon2=&mlon2=&slon2=&EW=W&size=9

 以下、上記URLから抜粋引用
----------------------------------
Call           Frequency     ERP
KHPR           88.1 MHz  39 kW
KIPO            89.3 MHz  38.5 kW
KTUH           90.1 MHz   7 kW
KLHT-FM     91.5 MHz 100 kW
KQMQ-FM    93.1 MHz 100 kW
KUBT           93.9 MHz 100 kW
KUMU-FM     94.7 MHz 100 kW
KAIM-FM      95.5 MHz 100 kW
KHCM-FM    97.5 MHz  80 kW
KDNN          98.5 MHz  51 kW
KGU-FM      99.5 MHz 100 kW
KCCN-FM  100.3 MHz 100 kW
KINE-FM   105.1 MHz 100 kW
KPOI-FM   105.9 MHz 100 kW
----------------------------------

 20MHz分の帯域は1度には表示できないので、分割して表示しました。
 また、SR(sample rate)を10MHzにすると音声が断続するので、音声受信時はSRを4MHzにしました。

 FM放送の受信結果は以下の通りです。

【ホノルルのFM放送を受信中】
6fm_broadcasthonolulu_1

7fm_broadcasthonolulu_2

8fm_broadcasthonolulu_3


  写真は、88.1MHz(KHPR)を受信しているところです。
 スペクトルの高さで見ると、それ程レベルは高くないように思われますが、A/Dコンバータは過負荷(オーバーフロー?)になっているようです。あとでLNAの利得を下げました。
 スペクトル波形ではよく判りませんが、ウォーターフォールの画面で縦筋になっている部分はFM放送波です。
  信号レベルの差はありますが、上記14局は全部受信できました。
 上記の局の他に、106.7MHz,107.5MHz,107.9MHzで信号が受信できました。
 リストに含まれていない局も結構受信できているようです。
 ステレオ放送はちゃんとステレオで聞こえました。(現在では当たり前ですが、昔はモノラル再生オンリーのSDRアプリもありました)
 ざっと聞いた範囲では、音楽、ニュース、宗教などの内容が多かったようです。
 局数が多いということは、選択肢が増えるということなので、リスナにとってはうれしいことです。

 ちなみに、関東で受信したFM放送のスペクトルは以下のようになっていました。
 なお、受信条件は以下の通り。

    受信機:SDRplay RSP2+ThinkPad X230
    SDRアプリ:SDRuno
    FM用アンテナ:COMET CA-2X4M(2Fべランダのエアコン室外機に設置)

【関東のFM放送を受信中】
Jp_fm_broadcast

【余談】
 なぜか、Teclast X80 PowerのWindowsモードでは、スクリーンショットが撮れなくなっていたので、画面をデジカメで撮影しました。
 最初は音量ダウン+電源オンで撮影できていたのですが、色々触っていたらおかしくなりました。
 ネット情報によれば、ファームウエアを拾ってきて入れなおせば、修復できるようなので、そのうち試してみたいと思いますす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

[hnl3]モアナ・サーフライダーに泊まりました

 ツアーでホノルルに宿泊する場合には、種々の条件を考慮して、ツアー会社が用意したいくつかの選択肢の中から選ぶことが多いです。
 ワイキキには沢山ホテルがありますが、一番歴史があるホテルはモアナ・サーフライダー(1901年創業)だそうです。
 以前他のホテルに泊まっているときに、前を何度か通りましたが、いかにも歴史があるという感じでした。
 ホテルの前でウェディングドレス姿の女性を何回かみかけましたが、結婚式ができるようです。
 家人が一度泊まってみたいと言っていたのですが、中々適当なツアーがありませんでした。
 今回たまたま希望に合うツアーがあったので、体力と歳を考えると次はいつ行けるか判らないということで、思い切って行ってきました。

  Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa
  http://jp.moana-surfrider.com/

 日本からのホノルル便は、結構朝早く到着します。

  成田(東京) - ホノルル 時刻表
  http://flyteam.jp/airline_route/nrt_hnl/flight_schedule

 今回利用したJL786 の場合は午前8時頃到着しました。
 できれば、ホテルに直行してシャワーを浴びて一寸休憩してから遊びに出かけたいところですが、モアナ・サーフライダのチェックイン時刻は15:00です。

 今までのツアーでは、送迎バスでツアー会社のラウンジまで行ってそこから各自ホテルに行くか、バスで各ホテルに順次立ち寄ってホテル別に降ろしてもらうか、あるいは、リムジンで直接ホテルに行くかして、チェックインは各自で行うようになっていました。
 普通はホテルのフロントに荷物を預けて、チェックイン時刻まで外で時間をつぶすことが多いです。
 今回のツアーでは、幸いなことにツアー会社によりスマートチェックインの手続きが完了していたので、ツアー会社のラウンジでホテルのキーを受け取ることができました。
 このため、追加料金なしで、午前10時頃にはホテルの部屋を利用することができ、非常に便利でした。
 なお、今回のツアーの場合には、スマートチェックインが可能なホテルは、モアナサーフライダ、ロイヤルハワイアン、シェラトンプリンセスカイウラニ、シェラトンワイキキの四つでした。
 普通にホテルに依頼して10時にチェックできるようにするためには、結構な費用がかかるようです。

  【アーリーチェックイン確約料金のご案内】
  http://jp.moana-surfrider.com/qa.htm#Q12

【モアナ・サーフライダ】
Moana_surfrider_1

Moana_surfrider_2

Moana_surfrider_3


  宿泊した部屋は5Fのヒストリック・バニヤン・ルームでした。
 建物は歴史を感じさせる作りになっていますが、内装もクラシックな感じでまとめれています。
 化粧室の窓枠は上部がアーチ状になっており、その内側には昔懐かしい1枚づつ角度が調整できるのベネシャン・ブラインドが設けられていました。

 以下、手抜きで写真中心です。

【窓から見た景色】
Moana_surfrider_window_view_1

Moana_surfrider_window_view_2


【エントランスの夜景】
Moana_surfrider_4
 ウェディングドレスの女性が見えます。

【朝食】
  the veranda
  ザ・ベランダ
  http://jp.moana-surfrider.com/veranda.htm
  朝食メニュー
  http://jp.moana-surfrider.com/PDF/veranda_breakfast.pdf

  american breakfast アメリカンブレックファースト
Moana_surfrider_the_veranda_1


 目の前には海が広がっており、ゆったりとした雰囲気で食事を楽しむことができます。
Moana_surfrider_the_veranda_2

 
 以下、電気オタク的な記事になります。

【電子機器利用環境】
[Wi-Fi]
  部屋番号と名前でログインする一般的な方式です。

SSID:WestinMoanaWireless
Westinmoanawireless


 速度も十分出ており、日本のテレビ番組をリモート視聴しましたが、まったく問題はありませんでした。
[電源]
 AC電源(二口)とUSB電源(二口)が設けられた電源ユニット(ChargePort)が机の上に置いてありました。
Chargeport_and_ipad
  iPadも置いてありました。

 当方の場合、充電すべき端末が多いので、ACアアウトレットにもUSB用のACダプタを接続して使いました。

[テレビ]
 最近のホテルでは、HDMI端子を備えたテレビがおいてあることが多いので、タブレットに表示されたリモート視聴している日本のテレビ番組の映像をホテルのテレビで拡大して見ることができます。
 今回はHDMI出力端子付のタブレットとして、Teclast X80 Power(Windows 10 Home 64bit,Android 5.1)を持って来ていたので、このタブレットとホテルのテレビをHDMIケーブルで接続するつもりでした。
 ホテルのテレビはLG製の32LC??でした.
 外部入力端子を確認してみると、HDMI端子はなく、S端子とコンポジット端子しかありませんでした。

【テレビの外部入力端子】
Tv_ext_input
 残念ながら拡大表示はできずませんでしたが、Teclast X80 Powerによるリモート視聴自体は問題なくできました。
 画面が8インチなので一寸小さいですが、ベッドに入って見る分には、それほど不便ではありませんでした。
 次回は、HDMIケーブルと、HDMI→S/コンポジット変換アダプタと、アナログケーブルを持っていけば万全?
 多分、今後はHDMIになるでしょうから、こんな心配は無用かもしれません。

 

 

 なんか記事のテイストがぐちゃぐちゃ(というか手抜き)ですがご容赦のほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

[hnl2]Avare ADSB Proで見たJL786のHNLへの着陸の様子

  今回利用したJL786(NRT→HNL,B767-300ER,Y)の座席は、2-3-2配列の左から3列目ということで、残念ながら自前のGNSS(GPS等)では飛行位置を確認できませんでした。
 自機が送信しているADS-B信号が受信できれば、座標が確認できる筈です。
 以前何回か試して、中央の座席でも受信できることは確認していますが、全部の機材がADSB-信号を送信している訳ではないようです。
 
 搭乗機がダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)に着陸するときの表示画面をキャプチャしてみました。
 なお、機内アナウンスは、パイロット、CA共に「ホノルル国際空港」でした。

 受信装置
  アンテナ:自作ネックストラップアンテナ
  USBチューナ:DVB-T+DAB+FM (R820T)改
   スマートホン:AQUOS PHONE ZETA SH-01F
   ADS-Bアプリ:RadarStick+RadarMaps、Avare ADSB Pro

Adsb_receiver_1

Adsb_receiver_2

  RadarStick+RadarMapsとAvare ADSB Proの両方で試してみましたが、RadarStick+RadarMapsの方は地図がうまく表示できませんでした。

 結果は以下の通りです。

Jal78635000ftmonitor

Jal78635000ft

Jal78632775ft

Jal78620650ft

Jal78610000ft

Jal7864950ft

Jal786950ft

Jal786475ft

Jal786100ft

Jal786175ft


  35000ftから徐々に高度が下がりますが、直陸の前後の高度表示がマイナスになっています。
 -100ftは直陸直前で、-175ftは着陸直後(on ground)です。
 GPSによる鉛直方向の測位精度は水平方向より低下しますが、175フィート(約53メートル)というのは大きすぎるような気がします。

 空港の標高データはどのようになっているのか、"hnl elevation feet"でGoogle検索してみました。
 結果は、「ダニエル・K・イノウエ国際空港/標高 13.1 ft」となりました。
 Wikipediaでも「標高4 m (13 ft)  」となっています。

 念のため別のサイトでも確認してみました。

  HNL - Daniel K Inouye International Airport | SkyVector
  https://skyvector.com/airport/HNL/Daniel-K-Inouye-International-Airport
以下上記URLから抜粋引用
----------------------------
        Runway 08L  Runway 26R
Elevation:   11.6      8.4

        Runway 08R  Runway 26L
Elevation:   10.0      10.0
----------------------------

   DANIEL K INOUYE INTL Airport (PHNL)
  https://www.globalair.com/airport/apt.weather.aspx?aptcode=HNL
    AIRPORT DIAGRAM
    https://resources.globalair.com/dtpp/globalair_00754ad.pdf

以下上記URLから転載(赤丸は後から追記)
Hnl_elevation_2


 正確な数値はよく判りませんが、10フィート程度と考えてよいようです。
 着陸後にAvare ADSB Proで表示された-175フィートとはかなり異なります。

  ADS-Bの高度データは何を意味しているのでしょうか?
 下記のFAAの資料によれば、2種類のデータが送信されているようです。

  Frequently Asked Questions (FAQs)
  https://www.faa.gov/nextgen/programs/adsb/faq/

以下上記URLから抜粋引用
----------------------------
ADS-B
 ADS-B provides altitude, aircraft number, and vertical air speed. Will it also furnish horizontal air speed?

 In fact, ADS-B reports two kinds of altitudes: barometric and geometric. Barometric or pressure altitude is the one pilots know best ? this is the altitude that is displayed on the altimeter in the aircraft. Geometric altitude is calculated by GPS (Global Positioning Satellites) as the height of the aircraft above the earth ellipsoid. These two altitudes are not the same, but having both allows for applications that require one or the other as an altitude source and provides a means of verifying correct pressure altitude reporting from aircraft.
----------------------------

 下記の資料によれば、GPS等では地球の楕円体高を測定し、ジオイドマップを使用してジオイド高を求め、ジオイド高を基準にして標高を求めているようですが、これと関係あるのでしょうか?

  電子航法研究所報告 No.114 2005.3
  気圧高度計による高度測定誤差とその補正
  https://www.enri.go.jp/report/kenichi/pdf/114_1.pdf

 もしかしたら、他のADS-Bアプリ(RadarStick)なら別の表示になった可能性はあるのでしょうか?

【RadarStick】
[機内(JL786)で受信]
Screenshot_20170518020657


[空港(HNL)で受信]
Screenshot_20170521045509
 "on ground"が表示されています。

 高度の表示方法が切り替えられているようですが、結局よく判りませんでした。

 飛行情報は機内モニタの画面を見れば判ることなのに、何が面白いのと言われそうですが、趣味の世界なので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

[hnl1]JL786(B767-300ER, エコノミー)の電子機器利用環境

  ストレス解消のために、たまにハワイ(ホノルル)に遊びに行っています。
 所要時間は7~9時間なので、機内では暇です。
 機内ビデオで映画の鑑賞が可能ですが、好みの映画があるとはかぎりません。
 機内でGPSやADS-B受信機が使えると暇つぶしになるのですが、外国の航空会社の場合は、受信機の使用が常時禁止されていることが結構あります。

 今回は、幸いなことに利用便が日本航空のJL786/JL785(B767-300ER,Y)だったので、GPS(m-241)とDVB-T(R820T)チューナを機内に持ち込むことにしました。
 ADS-B用の端末としては、SH-01Fを使用しました。

    https://www.jal.co.jp/inter/baggage/electronics/

 JALのカウンタで座席を確認してみると、今回はB767-300ERの2-3-2配列の左から3列目ということで、残念ながら窓際のシートは確保できませんでした。
 GNSS(GPS等)の利用は難しそうです。
 
  B767-300ER 機内座席配置
  https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/763.html

 今までのツアーでは、特に指定はしなくても殆ど窓際だったので、あまり座席の位置については、考えなかったのですが、出発72時間前から指定が可能ということなので、次回からは確認した方がいいかもしれません。(窓際は指定済の可能性が高いですが・・・)

 以下、出発待ち、機内の様子等の写真です。

【NRT Gate 65付近】
Nrt_gate65_1

Nrt_gate65_2

Nrt_gate65_3

【Wi-Fi関係】
 今回利用する便は、JL786(NRT→HNL,B767-300ER,Y)とJL785(HNL→NRT,B767-300ER,Y)ですが、Wi-Fiが使えるようなので試してみました。
 料金を確認してみました。

  Wi-Fiのご利用(国際線 機内Wi-Fiサービス)
  https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/
  (以下、上記URLから抜粋引用)
-------------------------------------------------------
  対象機材          導入路線 東京(成田)路線
  ボーイング767-300ER型機  ホノルル(JL784/783、JL786/785)
  (JAL SKY SUITE 767)
-------------------------------------------------------
  料金プラン
  利用プラン  利用時間  料金 JALカード料金
  1時間プラン  1時間  $10.15  $9.15
  3時間プラン  3時間     $14.40  $12.95
  フライトプラン 24時間 $18.80  $16.80
  「データ使用量は無制限となります。」
-------------------------------------------------------

 3時間プランにするかフライトプランにするか迷いましたが、インターネットに常時接続することを考えてフライトプラン(JALカード決済)にしました。
 実際に使った感じでは、3時間プランでも十分だったかもしれません。

  下記の記事によれば、Kuバンドを使用するPanasonic Avionics社の「eXConnect」というシステムを使用しており、最大帯域は30Mbps程度のようです。

  Panasonic Avionics
  https://www.panasonic.aero/about-us/

  eXConnect
  https://www.panasonic.aero/inflight-connectivity/global-communications-services/broadband-connectivity/

    Impress
    容量無制限、空飛ぶインターネット「JAL SKY Wi-Fi」を使ってみた)
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/20140228_636970.html(2014/2/28 00:00)
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/637173.html (2014/3/3 00:00)

 スマホ(機内モードのSH-01F)のWi-Fi Analyzerで信号をチェックしてみると、SSIDが見えます。

[Wi-Fi SSID (Japan Airlines)]
Wifi_ssidjapan_airlines



 以下のFAQによれば、動画の再生自体は禁止されていないようです。

  よくあるご質問(国際線 機内Wi-Fiサービス)
  https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/qa/index.html#faq03

 接続して動画を再生してみると、最大で3Mbps程度は出ているようです。

[動画再生中]
Wifi_27mbps


 最初は結構速度が出ていたのですが、徐々に遅くなって200kbps程度になり、最後には50kbps以下になってしまいました。
 メールがどうにか使える程度です。
 回線の幅の問題なのか、機内/機外電波伝播の問題なのかよく分かりません。
  以下の記事には、通信速度は1基の衛星が処理する航空機の数に依存するようなことが書いてありますが、詳細はよく分かりません。

  How Does In-Flight Wi-Fi Really Work?
  https://thepointsguy.com/2015/11/how-in-flight-wi-fi-works/
  "Once the antenna picks up the satellite signal, the plane provides users with Wi-Fi speeds of up to 30-40 Mbps. Although this is much improved over the ATG system, speeds depend on how many aircraft one satellite is serving."
 
 Wi-Fi対応の機材であれば、ほとんどシームレスでインターネットを利用できそうです。
 なお、帰りの便(JL785)でも試してみましたが、通信速度の変化は行きと同様でした。

【電源関係】
 インターネットが常時接続可能になっても電源の問題がありますが、今回利用した機材では、前のシートの背もたれの左端に、USB端子とスマホポケットが設けられていました。
 電流容量はよく分かりませんが、スマホではアプリを使用しながら充電が可能でした。

[機内でスマホをUSB充電中]
Photo



【GPS関係】
 m-241とSH-01Fで試してみましたが、衛星は一つも見えませんでした。
 通路を挟んで窓から3列目なので仕方ないです。
 帰りに期待することにします。

【ADS-B関係】
 (次回記事に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ホノルル国際空港がイノウエ国際空港に改名

  いつの間にかホノルル国際空港がダニエル・K・イノウエ国際空港に改名されていました。
 滑舌が悪いと機内アナウンスがしにくいかも・・・

  Honolulu airport renamed after late Sen. Daniel Inouye
  Published: April 28, 2017, 6:13 pm  |  Updated: April 28, 2017, 9:51 pm
  http://khon2.com/2017/04/28/honolulu-airport-renamed-after-late-sen-daniel-inouye/

   改名履歴
   1927  John Rodgers Airport
   1947  Honolulu Airport
   1951  Honolulu International Airport
   2017  Daniel K. Inouye International Airport

  Honolulu Airport Renamed for Inouye
  May 1, 2017, at 10:38 a.m.
  https://www.usnews.com/news/best-states/hawaii/articles/2017-05-01/honolulu-airport-renamed-after-late-sen-daniel-inouye

  ホノルル空港、イノウエ空港に改名 日系人議員にちなみ
  2017年5月2日20時32分
  http://www.asahi.com/articles/ASK5264GPK52UHBI02Z.html

 この種のニュースは同日か翌日に日本で報道されることが多いと思いますが、このケースは結構遅くなっているのはハワイ→米国本土→日本と伝わってきたからでしょうか?

 空港データも更新されていました。

  DANIEL K INOUYE INTL Airport (PHNL)
  https://www.globalair.com/airport/apt.weather.aspx?aptcode=HNL

    AIRPORT DIAGRAM
    https://resources.globalair.com/dtpp/globalair_00754ad.pdf

 空港の公式サイトには繋がりませんでしたが、アクセス集中でしょうか?

Daniel K. Inouye International Airport (HNL)
http://airports.hawaii.gov/hnl/
Daniel_k_inouye_international_airpo


 たまにホノルルに遊びに行くので、次の機会に機内アナウンスを録音してこなくては・・・

旧(!)ホノルル国際空港着陸風景 (7分29秒)
 5:50付近から日本語のアナウンスが始まります。

 現在は、「ホノルル国際空港」→「ダニエル・K・イノウエ国際空港」となっているのでしょうか?

余談:改名もいいけれどもターミナルをどうにかしてほしいです。

蛇足:井上空港前センターというのは何でしょうか?
   https://www.houjin.info/detail/7470002001050/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

JJY/WWVB受信失敗@ハワイ

  多分これが最後のハワイ(ホノルル)ネタです。

  以前、ハワイで電波時計が日本時間になったという記事を見かけたことがあります。

  天文月報 2004年12月
  JJY受信電波時計がハワイで動作!?
  http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/papers/article/200412%20JJY%20172.pdf

  記載内容から判断するとJJYの受信はかなり稀な現象のようです。


 ハワイより遠いJJYの長距離受信の例を探してみたら、以下のような記事がありました。

    Time signals: JJY, BPM, BPC, WWV, WWVH, WWVB ... - Genesis Radio
    Receiving, identifying and decoding LF/HF radio time signals
    http://genesisradio.com.au/VK2DX/time_signals.html

 VK2DX局の位置はシドニーのようなので、JJY福島局との距離は約8000kmとなります。

Jjy_fukushima

    QRZ.COM
    https://www.qrz.com/db/VK2DX

 VK2DX局の写真を見ると、非常に受信環境がよさそうなので、うらやましいです。
 ノイズが少なそう・・・・

更に長距離の記録がないかと思って探してみたら、北米航路での受信例がありました。

  長波標準電波の伝搬特性と電界強度計算法の開発
  http://www.nict.go.jp/publication/NICT-News/1112/03.html

  情報通信研究機構季報Vol.56 Nos.3/4 2010
  長波標準電波の電界強度計算法の開発と測定
  アジア・北米航路における長波標準電波の電界強度移動測定
  http://www.nict.go.jp/publication/shuppan/kihou-journal/kihou-vol56no3_4/kihou-vol56no3_4_0209.pdf

 この資料には、「JJY の受信報告は米国西海岸、ヨーロッパ、ニュージーランドなどから寄せられている。」と書いてあります。
 北米航路での受信は、呼出符号(JJY)による確認ではなくて、自己相関係数による判定のようですが、8000km以上まで信号が確認できたようです。
 周囲に人工雑音源がない非常に恵まれた条件なので、受信できたのかもしれません。
 なお、JJYの信号による電波時計の時刻較正がどの程度の距離まで可能だったのかは良く判りません。

 多分、色々な条件(電波伝播状態、人工雑音、アンテナ、受信機等)が重ならないと受信できないと思いますが、過去にはホノルルのホテルで電波腕時計が較正されたという例もあるようなので、運が良ければ受信できるかもしれないという希望が少しはあります。

 ということで、前置きが長くなりましたが、ハワイで受信実験をしてみることにしました。

 40kHzや60kHzが受信できる受信機は持っていないので、JJYの受信確認には昔購入した40kHz専用の電波時計OREGON SCIENTIFIC RM219を利用することにしました。
 しかしながら、JJYのベリカードを得るためには、単に電波時計の時刻が日本時間になったというだけでは不十分で、モールス符号で「JJY」を確認する必要があります。

  受信報告書の送付について - NICT
  http://jjy.nict.go.jp/jjy/jushin%20houkoku.pdf
 (以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------
受信報告書には以下の内容を記載してください。
(中略)
6.受信内容 (標準電波には、毎時15分と45分にモールス符号で「JJY」を2回送信しています。必ずご確認のうえ、確認したことを報告書に記載してください。)
(後略)
--------------------------------

 以前、JJY用のトーンキーヤーを作ったことがあるので、これを使えばモールス符号が確認できるはずです。

 電波時計の場合には、時刻較正のためには十分な電界強度が必要なようで、信号にノイズが混入していると、耳ではJJYのモールスが確認できるのに、時刻較正が行われないことがあります。
 ということは、時刻較正が行われない(日本時間にならない)ような弱い信号の場合でも、TCO(Time Code Output)を直接チェックすれば、JJYの確認ができるかもしれません。
 もしそうであれば、電波時計単体での確認よりも有利なはずです。
  1秒周期の確認は脳内自己相関演算で処理し、ノイズが混入したモールスは脳内補間フィルタで補正できるかも?

 前振りが非常に長いですが、ここからが本題です。

 JJYのついでに、以前受信に失敗したWWVBも再度試してみました。

 受信条件は以下の通りです。

    時期:2017年1月19日~21日(ホノルル時間)
  場所:エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク 11F東側(ダイヤモンドヘッド側)ラナイ
  [JJY(40kHz)用]
    電波時計:OREGON SCIENTIFIC RM219改(TCO端子追加) 強制連続受信 40kHz専用
  トーンキーヤー(自作):RM219のTCOをD74HC14Cで波形整形して電子ブザーとLEDを駆動
  [WWVB(60kHz)用]
  電波腕時計:CASIO PROTREK 3069*JA (PRW-1300ARJ)
        http://support.casio.jp/storage/pdf/002/qw3069.pdf
        ホームタイム都市:HNL、自動受信:ON (0AM,1AM,2AM,3AM,4AM,5AM)

Jjy_wwvb_reception_test

 受信結果はタイトル通り、両方とも失敗でした。
 なお、RM219の電池はホテルに到着してから装着しました。
 写真は動作開始から約9時間経過したときのものです。
 予想はしていましたが、なかなか難しいようです。
 JJYのトーンキーヤーのLEDは連続点灯していたので、ノイズが非常に多かったのかもしれません。

 1度は受信してみたいですが、あと何回くらいハワイにいけるやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

アラモアナセンターのRadioShackが閉店してました

 ホノルルでアラモアナセンターに行ったときには、何か面白いものはないかと、RadioShackを覗いてみることにしています。
 ところが、今回行ってみると店が見当たりません。
 店があった場所は、看板になっています。
 場所を間違えたのかと思いましたが、どうやら閉店したようです。
 去年(2016年の4月)に来たときには、細々ではありますが未だ営業していたのですが、その後閉店したようです。

 後で調べてみたら以下のような情報がありました。

    RadioShack
  https://www.yelp.co.jp/biz/radioshack-honolulu-6
  Yelperがこの場所は営業中止した事を報告しています。
  --------------------------------------
  2016/9/27
  Cyndy's Bottom Line:  This location is closing.  Everything is on sale!
  --------------------------------------

  アラモアナセンターのRadioShackは、AT&TのGoPhoneを購入するときに初めて利用しました。
 最初のころは、Police Snanner等の無線関係の商品が色々あって面白かったのですが、経営が危なくなってきてからは、取り扱い商品が少なくなってきていました。
 スタッフが親切でスキルもあったのですが、時代の流れでしょうね。

【2013年】
Radioshack_ala_moana_center_2013

【2015年】
Radioshack_ala_moana_center_2015

【2017年】
Radioshack_ala_moana_center_2017s

 なお、RadioShack自体は営業しているようです。

  Radio Shack
  https://www.radioshack.com/

【関係内部リンク】
2012年10月27日 (土)
[HNL7] AT&TのGoPhoneのプリペイドSIMをUZONE F5豪華版に挿してみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2012/10/hnl7-attgophone.html

2013年5月 1日 (水)
アラモアナセンターのRadioShackでBoostのプリペイド携帯(Kyocera Hydro)を買いました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/05/radioshackboost.html

2015年6月22日 (月)
[HNL08] アラモアナとワイキキでショッピング
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/06/hnl07-c103.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧