2018年2月 4日 (日)

ADS-B受信テスト@SIN(WSSS)&JL036

  多分これが最後のシンガポールねたです。
 チャンギ国際空港とJL036の機内でADS-Bの信号を受信してみました。

  受信環境
  アンテナ:自作ネックストラップアンテナ(1090MHz用)
  チューナ:DVB-T(R820T)
  スマートホン:AQUOS PHONE ZETA SH-01F
  ADS-Bアプリ:RadarStick, RadarMaps

【空港で受信】
1adsbsinwsss_1

2adsbsinwsss_2

 近くを飛んでいる飛行機が受信できました。


【On Ground】
3adsbsinwsss_onground1


4adsbsinwsss_onground2
On Groundの機体の座標が変です。

【1°21'N  13°59'E】
5_121n_1359e

 座標を確認するとアフリカのようです。不思議です。

【機内でADS-B受信中】
6jl036_radar_stick

【ADS-Bで見た離陸時の高度変化】

  滑走中は座標と速度の表示が変です。

【種子島の南方を通過中】
8jl036_radar_stick

  搭乗機の信号しか受信できません。

9jl036_radar_stick


  もうすぐ羽田です。
 早朝の到着になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

Google Maps Timelineで見たシンガポールでの移動経路

 Google MapsのTimelineを利用してシンガポールでの移動経路を表示してみました。
 旅行に行ってから時間が経過すると、いつどこに行ったのかの記憶が怪しくなるので、あとで確認するときに便利です。
 便利ではありますが、ある意味では一寸怖いです。

  (画像は左クリックで拡大します)

【1日目】
Google_maps_timelinesingapore_1st_d
 自宅→ホテル(Marina Bay Sands)

【2日目】
Google_maps_timelinesingapore_2nd_d
 この日のメインイベントはナイトサファリでした。

 Timelineのデータではトラムツアーの経路は不明ですが、別途携行したGPSロガー(Holux m-241)ではかなり綺麗にトレースされています。
Google_maps_timelinesingapore_night

Holux_m241singapore_night_safari

【3日目】
Google_maps_timelinesingapore_3rd_d
 最終日は、シンガポールの西端のタイガービール工場から東端のチャンギ国際空港まで移動しました。
 出来立てのビールが非常に美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

シンガポールで見かけた一寸気になったもの

【くまモン(?)】
Photo

 フィギュアショップのショーウィンドウで見かけました。
 頭部(胴部も)のアスペクト比が違うような気が・・・

  「くまモン」オフィシャルホームページ
  http://kumamon-official.jp/

  「利用の手引」(平成29年8月23日改訂)
  http://kumamon-official.jp/wp-content/themes/kumamon/dl.php?fpath=pdf/riyoutebiki.pdf&ftype=pdf

【万引き警告看板(Shop theft is a crime)】
Singapore_shop_theft_is_a_crime

 結構あちこちで見かけましたが、文字のみによる警告よりもインパクトがあるかもしれません。
 この看板を見て思いとどまるかどうかは?ですが・・・

【救命用(?)車両】
Scdf_1_2

Scdf_2_2

 ホテルの前の建物の前に停まっていました。
 10Fの窓から撮りました。
  "The Life Saving Force"と書いてありました。
 機能はよくわかりません。

  Singapore Civil Defence Force:
  https://www.scdf.gov.sg/

【パトカー(Fast Response Car)】
Singapore_fast_response_car

 ツアーのワゴンを結構な速度で追い越していきました。
 車両の塗装が派手だったので、慌てて撮りました。
 ピンボケで後部しか写っていませんが、POLICEと書いてありました。
 後で調べてみたら、新しいデザインのFast Response Carだったようです。

    Singapore Police Force
    https://en.wikipedia.org/wiki/Singapore_Police_Force

    Fast Response Car
    https://en.wikipedia.org/wiki/Fast_Response_Car

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

PAL音声搬送波受信テスト(SDR Touch)@シンガポール

 外国の放送方式に興味があるので、海外旅行の際には、滞在先の国で実際に受信状態を確認してみたいです。

 地上デジタルテレビの方式は国によって異なりますが、下記の資料(一寸古い資料かも)によれば、ATSCでは移動受信は不可能(impossible)と書いてあります。

    Digital Broadcasting Experts Group (DiBEG)
  Comparison of 3 DTTB systems
  http://www.dibeg.org/techp/3comp/3comp.html

 当方は、疑り深い性格なので、「本当なの?」ということで、安いATSCチューナを買ってホノルルで試してみようとしたことがあります。

  2017年2月11日 (土)
  ATSC用USBチューナテスト@ホノルル
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/02/atscusb-5aa6.html

 結果は、EPGは表示されるものの番組のコンテンツは表示されないという状態だったので、移動受信テストまで進みませんでした。

 今回の旅行先のシンガポールでは、下記の資料によれば、テレビ方式として、PAL-B,  PAL-G,  DVB-T, DVB-T2 が採用されているようです。

  Singapore Spectrum Management Handbook - IMDA
  Issue 1 Rev 2.9  July 2017
  https://www.imda.gov.sg/-/media/imda/files/regulation-licensing-and-consultations/frameworks-and-policies/spectrum-management-and-coordination/spectrummgmthb.pdf?la=en
    p.25-26 (3. Broadcasting Services in Singapore)

(以下、上記URLから抜粋引用)
【Singapore TV(PAL/DVB-T)】
1singapore_tv

  PAL
  https://en.wikipedia.org/wiki/PAL

  DVB-T
  https://ja.wikipedia.org/wiki/DVB-T

 上記IMDA資料を見ると、アナログ方式とデジタル方式が併用されているようです。
 なお、下記の資料には「IMDAは同時放送として継続しているアナログの停波を2020年までに実施する計画を示している。」と書いてありました。

  シンガポール(Republic of Singapore)
    http://www.soumu.go.jp/g-ict/country/singapore/pdf/065.pdf

 これらの資料から判断すると、現時点ではPALとDVB-Tの両方で放送されていると考えてよいようです。
 PALに関しては、以前NTSCのテレビで、映像搬送波信号に含まれる同期信号を無理やり表示させたことがあります。
  なお、PALの音声はNTSCと同じ周波数変調ですが、インターキャリアの周波数が異なる(NTSC:4.5HMz, PAL-B/G:5.5MHz)ので、音声は復調できませんでした。

  2013年2月23日 (土)
  PAL放送をNTSCテレビで受信するとどうなるか?
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/02/palntsc-036c.html

 現在はDVB-Tの放送が始まっているようなので、DVB-Tの受信テストをしてみることにしました。
 テストすると言っても、手元にDVB-T対応のテレビはありません。
 なるべくコストと手間を掛けずに、DVB-Tを受信する方法を考えてみました。

 ジャンク箱を覗いてみると、SDR(Software Defined Radio)の実験用に購入したDVB-T用のUSBチューナドングルが転がっています。
 購入したのは正規のパッケージ品ではなく、ビニールの袋の中に、チューナ本体、アンテナ、リモコン、視聴ソフトCDが裸の状態で入っていたものです。

  2013年10月 9日 (水)
   秋葉原でR820Tチューナを3個買ってきました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/10/r820t-7a24.html

【DVB-T用チューナ】
2usb_tuner_dongle_for_dvbt


 SDR用に使う場合には、リモコンや視聴ソフトCDは不要なので、捨てようかと思ったのですが、もしかしたら何かに使えるかもしないということで保存していました。

 なお、DVB-Tは、DiBEGの資料に書かれているように、"Segmented OFDM transmission"ではないので、DVB-Tチューナをワンセグチューナと呼ぶのは一寸気になります。

 日本では、DVB-Tは受信できませんが、視聴ソフトはどのようなものかと思ってインストールしてみました。
 インストール自体は特に問題なく出来たのですが、途中でシリアル番号を要求されたので、CDの袋に印刷されていた番号を入力すると、エラーメッセージが表示されます。
 メッセージの内容は、「このシリアル番号は不正使用の可能性があるので、直接メーカとコンタクトして新にシリアル番号を入手して下さい。(文面はうろ覚えです)」的なものでした。
 DVB-Tチューナは3セット購入していたので、他のCDを見てみると、3枚とも同じシリアル番号です。

【同一シリアル番号】
3same_serial_number


 シリアル番号はユニークである筈なので、明らかに怪しいです。

 ということで、DVB-に付属していた視聴ソフトを利用するという案は却下です。

 チューナの中身が同じかどうかは判りませんが、ケースに"DVB-T+DAB+FM”と印刷されているチューナドングルは、世の中に多数流通していると思われるので、DVB-T受信用のフリー(or安い)ソフトがあるかもしれません。
 できれば、Android用のアプリがあれば、スマホ上で走らせることができるので、使いやすいです。

 Google Playを探してみたら、それらしい以下のアプリがありました。

 
    Aerial TV - DVB-T receiver (Martin Marinov)
    https://play.google.com/store/apps/details?id=info.martinmarinov.aerialtv
  アップデート:2017年10月26日
  インストール:10,000~50,000
  Android 要件:4.1 以上

(以下、上記URLから抜粋引用)
----------------------------
Aerial TV is an offline receiver for DVB-T and DVB-T2 signals via a USB tuner. You don't need data plan or WiFi connection. Aerial TV works by picking up local digital signals off the air with a regular antenna. It supports MPEG2, MPEG4 and HD reception where available and offers EPG functionality.
----------------------------

  説明を読んだ感じでは、SDR用に使っているDVB-Tチューナに対応しているようです。
 インストールしてみることにしました。

 ところが、「端末にアプリをインストールできません。」という表示が出て、端末を選択することができません。

【Aerial TV - DVB-T receive】
4aerial_tv_dvbt_receiver

 むりやり選択しようとすると、「このアイテムはお使いの端末が登録されている国ではインストールできません。」という表示が出て、先に進めません。

 日本ではDVB-Tは受信できないのは判っていますが、DVB-T採用国に旅行したり赴任したりすることも有りうるので、国制限の理由がよく判りませんが、多分何か深い理由があるのでしょう。

 「端末が登録されている国」の意味がよく判りませんが、もしIPアドレスのようなネットワーク上の位置で判断しているのであれば滞在先の国内であればインストールできるかもしれません。
 可能性は低いような感じですが、淡い期待をもって現地で試してみることにしました。

 ホテルの部屋から自分のブログにアクセスしてみると、RevolverMapsでは、シンガポールが自分の位置として表示されています。

【アクセス元表示】
5access_from_singapore


 もしかしてと思ってGooogle Playで"Aerial TV"のインストールボタンを押したのですが残念ながら対応国でないということで弾かれてしまいました。
 最初に新規端末でGoogleアカウントを使用したときの国が登録されているのかもしれません。(単なる想像なので、違っているかもしれません。)

  ということで、残念ながら今回はDVB-Tの受信実験はできませんでした。
 端末を完全に初期化して再登録すればインストール可能だったかもしれませんが、そこまでの元気はありませんでした。

 結構事前に手間がかかったのに、シンガポールのテレビ関連の信号が全く受信できないというのは一寸悲しいので、今まで受信したことがなかったPALの音声搬送波信号をSDR Touchで受信してみることにしました。

 以前、PALを受信したときには、NTSC方式のテレビを使用し、映像搬送波周波数にチューナを同調させて、インターキャリア方式で受信したので、音声中間周波数(SIF)がNTSCとは異なるPALの音声信号は再生出来ませんでした。

 受信条件は以下の通りです。
   場所:Marina Bay Sands 10F
  アンテナ:自作ネットストラップアンテナ(輻射エレメン長はADS-B用)
    USBチューナドングル:DVB-T+DAB+FM (RTL2832U+R820T)
  スマートフォン:SH-01F
  SDRアプリ:SDR Touch
    受信モード:WFM

  SDR Touchには、Singapore Spectrum Management Handbookに記載されていたPALの周波数をプリセットしておき、手動で順次切り替えました。

 スマホをテーブルの上に置いた状態では、あまり受信状態がよくありませんでしたが、何局が受信できました。

【PALの音声搬送波信号を受信】

  雰囲気としては、アナログTVの音声をFMラジオで聞くという感じです。
 PAL-GはUHFなので一寸受信は難しいですが、PAL-BはVHFなので、以前日本で売られていたような、CH1~CH12対応のテレビ音声受信可能なFMラジオがあれば、シンガポールでCH5とCH8の音声を聞けるかもしれません。(2020年まで?)
 あるいは、安い広帯域受信機を買えば、PAL-BとPAL-Gの音声が受信できると思います。

  SDR Touchでは、DVB-T/T2の番組を表示することはできませんが、搬送波のスペクトルは表示できる筈なので、CH29の中心周波数(538MHz)を受信してみました。

【538MHz】
6538mhzsdr_touch

 何かスペクトルが見えていますが、DVB-T2の信号なのか、あるいは、ノイズやスプリアスなのかはよく判りません。

  DVB-Tの番組表示は次の機会に・・・

【蛇足】
 IMDAの資料を見ると、短波帯にかなりの数の周波数が割り当てられています。

 "Babcock Communications"用ということのようですが、初めて聞きました。
 調べてみたら、防衛用のOTH通信に関係しているみたいです。

  Defence High Frequency Communications Service
  https://en.wikipedia.org/wiki/Defence_High_Frequency_Communications_Service
  
  "In 2003 VT Merlin Communications (now Babcock International Group) were awarded the contract to operate the system for a period of fifteen years on behalf of the Ministry of Defence."

  EMP対策として短波が見直されているという噂(真偽は不明)を聞いたことがありますが、これと関係あるのでしょうか? (単なる妄想です)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

マリナ・ベイ・サンズの電子機器利用環境

 今回のシンガポール旅行ではマリナ・ベイ・サンズ(MARINA BAY SANDS)に泊まりました。

【全景】
1marina_bay_sands_full_shot


【室内】
2marina_bay_sands_room


【プール】
3marina_bay_sands_infinity_pool


  海外旅行の際には、日本のテレビ番組をリモート視聴するために8インチのタブレット(Ployer momo8w)を持っていくことがあるのですが、momo8wには電話機能がないのでWi-Fi経由のみとなります。
 最近のホテルは、インターネット/Wi-Fi対応のところが多いですが、料金や速度は色々です。

 以前マリナ・ベイ・サンズを利用したときには、"Complimentary high-speed internet access"ということで、宿泊客であれば、無料で高速回線を利用できたような気がします。

 ホテルのポータルサイトを見てみると、インターネット利用には二つのオプションがあるようです。(2018年1月現在)

【インターネット・アクセス・オプション】
4marina_bay_sands_wifi_usage_option


  オプションA:無料だけれど低速通常速度(24H)
  オプションB:高速だけど有料($20/24H)

  "Complimentary high-speed internet access"はどうなったのかと思ったら、メンバー限定となったようです。

  Benefits & Privileges | Sands Rewards LifeStyle | Marina Bay Sands
  YOUR EXCLUSIVE MEMBER BENEFITS
  http://www.marinabaysands.com/sands-rewards-lifestyle/benefits-privileges.html#9rzS9EyYiiG0MLRw.97
  "4. Members enjoy complimentary high-speed internet access when they provide their membership number to the Front Desk any time during their stay or prior to check-out."  

 動画を見るためには、"Option B"を選択する必要があるような雰囲気ですが、日本のテレビを見るためだけに、$20を払ったり、メンバーになったりする気はないので、"Option A"を選択しました。

 "Option A"でどの程度の速度が出るのか、Wi-Fi経由で実際に使ってみました。

【日本のテレビ番組をリモート視聴】
5remote_viewing_japanese_tv_program


 当方が利用しているテレビのリモート視聴システム(アナログのSD画質)では、400kbps程度あれば、実用的に番組視聴ができます。
 時間帯や利用客数によって変わるのかもしれませんが、今回使用した範囲では、500kbps~1Mbpsの範囲だったので、番組の視聴には支障はありませんでした。

 日本のテレビ番組を視聴できることが確認できたので、次に、momo8wの画像をホテルのテレビに拡大表示することを検討しました。
 momo8wにはHDMI(mini)端子があるので、ホテル備え付けのテレビにHDMI端子があれば、番組を大画面で見ることができる筈です。

 昔は、ホテルのテレビでは外部入力端子が無効化されていることがあったようですが、最近宿泊した3軒のホテルでは、HDMI経由で momo8wの画面をホテルのテレビに拡大して表示することが可能でした。(関連内部リンク参照)

 マリナ・ベイ・サンズの場合はどうなっているかと思って、テーブルを見てみると、ACアウトレット、LAN(イーサネット)、USBレセプタクル、HDMI端子、コンポジットビデオ端子が備えられています。

【電源/外部入力ボード】
6marina_bay_sands_powerinformationb


 これならば、テレビの裏に手を入れて配線作業をする必要はないようです。

【部屋のテレビ】
7television_receiver


  テレビはPhilips製でした。(最近のホテルのテレビはLG製が多いような気がします。)
  半埋め込み式になっていますが、左右に首振り可能な構造になっています。
 リモコンには"Source"ボタンがあるので、入力の切り換えも簡単にできそうです。
 "Source"ボタンを押すたびに、入力が順次切り替えられます。
 入力切替のメニュー画面を見るとHDMI入力は二つあるようです。

【入力選択メニュー】
8source_select_menu


 早速、 momo8wと入力ボードのHDMI端子を持参のHDMIケーブルで接続し、入力をHDMIに切り替えたのですがmomo8wの画像は表示されません。
 なにか動作が変です。
 テーブルの入力ボードのHDMI端子は1個だけなので、二つのHDMIボタンのどちらかに対応している筈です。
 テレビの首を振って見ると、左側面にDMI端子にHDMIケーブルが接続されています。

【HDMIケーブル】
9hdmi_cable


 このHDMIケーブルはどこに接続されているのか判りませんが、コネクタの部分をよくみると、HDMIケーブル側のコネクタの金属部分がかなり折れ曲がっています。

【折れ曲がったHDMIコネクタ】
10bent_hdmi_connector


 テレビは首振り可能になっているので、最初は以前に泊まった客がテレビを回転させたときに、コネクタが背後の壁に衝突して折曲がったのかと思ったのですが、曲がり方向が逆です。
 曲がった理由はよく判りませんが、断線の可能性があります。
 そこで、 momo8wとテレビの側面のHDMI端子をHDMIケーブルで直接接続してみましたが状況は変わりません。

  よく考えてみると、入力切替のメニュー画面の表示が変です。
 普通であれば、HDMIを選択すると、映像の入力源がHDMI端子に切り替わるので、テレビの画面からは入力切替のメニュー画面が消えて、HDMI端子に供給されている映像(または、黒/青等の単色画像)が表示されるはずです。
 しかしながら、実際には入力切替のメニュー画面が表示されたままです。
 リモコンの"Source"ボタンを何回か押してHDMIを選択した後に、OKボタンを押すという操作をしているので、選択方法は間違っていないと思うのですが、よくわかりません。

 もしかしたら、リモコンの調子が悪いのかもしれないので、テレビの本体側に"Source"ボタンがないかと思って探してみたら、テレビの右側面にありました。

【テレビ本体側"Source"ボタン】
11source_select_button


 ところが、この"Source"ボタンを押しても全く反応がありません。
 故障なのか無効化されているのかは判りませんが、いずれにしても、入力をHDMIに切り替えることはできませんでした。
 どこかに操作マニュアルがあるのかと思って探してみましたが、よく判りませんでした。
 
  単純に考えると、HDMI端子が宿泊客に開放されているということは、HDMI端子に入力された信号の映像がテレビに表示可能ということだと思うので、次に泊まるときにはHDMIが利用できるでしょう。(多分)

【蛇足】
Finow X5 Airで見たMBS Portal
12marina_bay_sands_portalfinow_x5_a



【関連内部リンク】
 2013年2月 2日 (土)
 マリナ・ベイ・サンズのインターネット利用環境
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/02/post-a3e2.html

 2015年2月 1日 (日)
 シンガポールで”どこでもテレビ(net-TV BOX)”を使ってみました
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/02/net-tv-box-6f7e.html

 2016年5月28日 (土)
 100円ショップでHDMI変換アダプタ(標準-micro/mini)を買いました
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/05/100hdmi-micromi.html

 2016年7月 9日 (土)
 テレビの外部入力端子(HDMI等)が宿泊客に開放されているホテル
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2016/07/hdmi-b462.html

 2017年1月12日 (木)
 釜山のホテルのTVで日本の番組をリモート視聴(HDMI経由)
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/01/tvhdmi-edc5.html

 2017年2月 4日 (土)
 ホノルルのホテルのTVで日本の番組をリモート視聴(HDMI経由)
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/02/tvhdmi-05ea.html

 2017年5月31日 (水)
 [hnl3]モアナ・サーフライダーに泊まりました
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/05/hnl3-a395.html

 2017年12月17日 (日)
 ワイキキのホテルで日本のテレビ番組をリモート視聴
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/12/post-6402.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

みちびき(QZSS)受信テスト@ハワイ(ホノルル)

 多分これが最後のホノルルねたです。

  GNSS Viewによれば、QZSSの衛星QZS-1(PRN193),QZS-2(PRN194).QZS-3(PRN199),QZS-4(PRN195)が、ホノルルからの可視範囲に入っています。

(1)GNSS View(QZSS@HNL)
1gnss_viewqzsshnl

  GNSS View
  http://app.qzss.go.jp/GNSSView/gnssview.html?t=1513723475546

  Constellation Information
  http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html

 "at present"では"193"、"194"が表示されており、"4 satellites(FY2018)"では、"193"、"194"、"199"、"195"が表示されています。
 仰角が30度以下なので、電波伝播的に厳しいような気がするし、もし受信可能な電界強度があったとしても、受信機が対応していなければ表示は不可能です。
  自宅の受信環境では、通常は"193"、"194"が表示され、たまに"195"が表示されます。

 なお、GNSS Viewで表示されるQZSの位置はTLEベースではないようです。
 以下、http://qzss.go.jp/technical/gnssview/ から抜粋引用。
-----------------------------------------
”みちびきとGPS以外の4システムの衛星配置は、NORAD(North American Aerospace Defense Command、北米航空宇宙防衛司令部)が公開している軌道情報を用いて計算しています。”
-----------------------------------------

 ホノルルでQZSSの衛星(QZS)が受信できるかどうか試してみました。

 仕掛けは以下の通りです。

[受信装置1]
  GNSS受信機(アンテナ内蔵):u-blox7
  タブレット:Ployer momo8w (Windows 10モード)
  GNSS表示アプリ:u-center
  インターバル画面キャプチャアプリ:画面ライター

固定受信モード
(2)u-blox7+momo8w(fixed)
2ublox7momo8wfixed_1

(3)
3ublox7momo8wfixed_2

(4)
4ublox7momo8wfixed_3


移動受信モード
(5)u-blox7+momo8w(mobile)
5ublox7momo8wmobile


[受信装置2]
  スマホ:Covia FLEAZ Que
    表示アプリ:GPS Info & NMEA Logging
               U-center
               GNSS Commander

固定受信テスト:[受信装置1]

 場所:アウトリガー・リ-フ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Outrigger Reef Waikiki Beach Resort)8F東側ベランダ

 momo8wをAC電源で充電しながら受信しました。

(6)GNSS@Outrigger Reef Waikiki Beach Resort(GIF)(10分間隔)
6gnssoutrigger_reef_waikiki_beach_r


  ラナイが東向きなので、QZSSの衛星の方向とは反対方向なります。
 衛星の仰角は30度以下で、且つ、東側にしか開けていないという非常に悪い受信環境だったので、QZSは全く受信できませんでした。

移動受信テスト1(ホノルルエリア):[受信装置2]

(7)QZSS@HNL(GPS Info & NMEA Logging)
21.321115N  157.878785W
7qzsshnlgps_info_nmea_logging213211

7amap_21321115n_157878785w

  測位には使用されていませんが、QZS-1(PRN193)の搬送波が受信できています。

(8)QZSS@HNL(U-center)
8qzsshnlucenter

  測位には使用されていませんが、QZS-1(PRN193)とQZS-2(PRN194)の搬送波が受信できています。

(9)QZSS@HNL(GNSS Commander)
9qzsshnlgnss_commander

 InView 21, InUse 8となっています。
 測位に使用されている8機の中の2機が日の丸衛星であるのが、一寸嬉しいような気がします。
  

移動受信テスト2(ホテル付近):[受信装置1]
 場所:ホテル→フォート・デ・ルッシー・ビーチパーク(Fort Derussy Beach Park)→ホテル→ビーチ→ホテル
 タブレットを抱えてホテル付近を徘徊してみました。(かなり怪しい恰好かも・・・)
 ホテルの近くに公園があり、周囲が開けているので、ここであれば受信できるのではないかと思って出かけてみました。

【公園のバス停付近】
(10)U.S. Army Museum
10us_army_museum

 あいにくなことに雨が降ってきたので、バス停で雨宿りしながら受信しました。
  しばらく待ってみましたが雨が止みそうにないので、ホテルに戻って屋根付きで西側が開けている場所を探してみました。
 ホテルのビーチ側の出口付近で試してみましたが、あまり思わしくありませんでした。

【ホテルのビーチ側窓際】
(11)Outrigger Reef Waikiki Beach
11outrigger_reef_waikiki_beach


 以下の動画は、上記のような状態で、u-blox7を取り付けたmomo8wを持って、徒歩で移動したときのスカイプロットとレベルプロットです。

(12)GNSS@HNL(GIF) (1分間隔)
12gnsshnlgif

13qzss_q2_hnl


 短時間ですが、QZS-2の搬送波が受信できているようです。
 但し、測位には寄与してしていません。
 搬送波のレベルが結構あるのに、ElevationとAzimuthの値が表示されていないのは何か理由があるとか・・・

 ハワイで「みちびき」 を受信しても、仰角が30度以下では、準天頂衛星特有のご利益を享受することはできませんが、「本当に受信できるの?」という素人無線家の個人的な好奇心は満たされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

ワイキキのホテルで日本のテレビ番組をリモート視聴

  以前、ホテルのテレビのHDMI端子にMiracast用アダプタを接続し、日本のTV番組をリモート視聴しているスマホ(SH-01F)の画面を拡大表示したことがありますが、Miracast経由の場合は一寸手間がかかります。

  スマホがHDMI/MHL対応であれば、ケーブルで接続できるのすが、手持ちのものには対応機種のスマホがありません。
 今回の旅行では、HDMI端子(mini)がある中華Pad(Ployer momo8w)を持っていったので、この端末でリモート視聴を行って、表示されたTV画像をHDMIケーブル経由でホテルの部屋備え付けのテレビに拡大表示してみました。

 今回のリモート視聴のための全体の仕掛けは以下のようになっています。

【送信側】
 ビデオストリーム送信機:「どこでもテレビ」PTA-8960A7 (net-TV BOX:販売終了)
    http://www.dokodemoterebi.com/
 AV入力端子:地デジチューナ UNIDEN DTH11
 ルータ:WSR-2533DHP

1remotetvviewingtx_2


【受信側】(
 タブレット:Ployer momo8w (Androidモード)
  受信アプリ:net-TV mobile2
    https://play.google.com/store/apps/details?id=sz.further2&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsInN6LmZ1cnRoZXIyIl0.
 宿泊ホテル:Outrigger Reef Waikiki Beach Resort
 ネットワーク:ホテル提供のWi-Fi (無料のBasicプラン)
 HDMIケーブル:ミニ-標準
  ホテル備え付けのエレビ:LG 55LX570H
    http://www.lg.com/us/business/commercial-display/displays-tvs/hospitality/lg-55LX570H

2remotetvviewingreceive


 当方が使用している「どこでもテレビ」はアナログのSD画質ですが、ホテルでの暇つぶし程度には使えます。
 購入当時の価格が1万円程度で、受信アプリが無料という点に惹かれてこれにしました。
 出力がアナログ(NTSCコンポジット)処理なので、妙な著作権の縛りもないし・・・
 なお、「Net-tvの販売は終了し、将来的に販売する予定はありません。」とのことです。
 現在は、代わりにSlingboxが勧められているみたいです。

  実際に日本のテレビ番組を受信してみました、
 ホテル備え付けのテレビはLG 55LX570Hでした。

3lg_55lx570h

4lg_55lx570h

  背面にHDMI端子があったので、この端子を使いました。
4lg_55lx570h_hdmi_input


 次に、テレビの入力を切り換える必要がありますが、リモコンの表示を見ただけではよく判りません。
  色々触っていたら、以下の手順でTV背面のHDMI端子に対応するHDMI1を選択することができました。

【HDMI入力端子選択】
リモコン                FUNCTION
5lg_55lx570h_remote_control7lg_55lx570h_remote_contro_function

Menu                                    Input
8lg_55lx570h_remote_control_input8lg_55lx570h_remote_contro_function

HDMI1
9lg_55lx570h_remote_control_input_h

 

 

 

 

【日本のテレビ番組を大画面でリモート視聴中】10_remotetvviewing

 momo8wのHDMI出力をHDMIケーブル経由でHDMI1に供給すると、momo8wでリモート視聴している日本のテレビ番組の画像をホテルのテレビに拡大表示することができました。

 なお、上の写真では判りませんが、無料のWi-Fiの回線速度はかなり遅いようで、速いときは2Mbps程度出ますが、遅いときは数10kbpsになります。

11speed_high12speed_low

 現在使っているリモート視聴のシステムでは、400kbps程度出ていればDVDレベルの画質で再生できますが、ここの回線は平均で200~300kbpsといった感じなので、動画再生には一寸苦しい環境です。

 ときどきブロックノイズまみれの画像になります。
13block_noise


 有料プランを選択すれば、高速インターネットが可能だったのかもしれませんが、このクラスのホテルであれば無料で1Mbps程度は確保してほしいところです。
 昔は、有料Wi-Fi($10程度)のみというホテルがありましたが、最近は無料Wi-Fiが利用できることが多く、速度も普通に使える程度に出ているので、改善の余地がありそうです。

 ネットで調べてみたら、以下のような書き込みがありました。

  tripadvisor
  Review of Outrigger Reef Waikiki Beach Resort
  “Wifi??”
  https://www.tripadvisor.co.nz/ShowUserReviews-g60982-d87052-r258123088-Outrigger_Reef_Waikiki_Beach_Resort-Honolulu_Oahu_Hawaii.html
  "I would probably not come back due to the extremely poor wifi."

  2015年の書き込みで、ホテル側の「検討の対象になっています」という回答が付いています。
 現在も改善されていないのか、あるいは改善策として有料高速回線のオプションが追加されたのかは判りませんが、無料でも1Mbps程度はほしいです。

 他のサービスの評価は高いのに勿体無い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

食事@ホノルル

  歳をとってくると、遠くに出かけるのが億劫になるので、食事は近場のレストランか滞在ホテルになることが多いです。

 例によって手抜きで写真が中心です。

-------------------------------------
【1日目】
[昼食]
 ケンズ・キッチン(Ken's kitchen)
  https://ja-jp.facebook.com/Kens-Kitchen-Food-Truck-890054251066093/

 ガーリック・バター・シュリンプを注文しました。
Kens_kitchen_1

Kens_kitchen_2

 ホノルルのガーリック・シュリンプは何種類か食べたことがありますが、当方が経験した範囲では、現時点ではここが一番好みに合っているかもしれません。
 ホノルルで初めてガーリック・シュリンプ(Blue Water Shrimp & Seafood Co.)を食べたときには、結構感激しましたが、人間は贅沢なもので段々慣れてしまいました。
  前回ホノルルに来たときに、この店に行くつもりだったのですが、見つけることが出来ませんでした。近くに似た名前のガーリック・シュリンプのお店があったので、そこで食べたのですが、個人的にはケンズ・キッチンの方が好みです。

[夕食]
 ココ・コーブ(Coco Cove)でポキ丼とサーモン丼とサラダを購入してホテルで食べました。
 美味しかったですが、一人に一つは量が多かったです。

 注文方法は、下記のブログが参考になります。
  ワイキキにある「コココーブ」のデリが評判・・・
  http://hawaii-travel-freak.com/?p=1237

-------------------------------------
【2日目】
[朝食]
  モアナ サーフライダー - ウェスティン リゾート(Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa)のザ・ベランダ(The Veranda)

    朝食
    http://jp.moana-surfrider.com/veranda.htm#breakfast

 前回はアラカルトだったので、今回はビュッフェにしました。
Moana_surfrider_the_veranda_1

Moana_surfrider_the_veranda_2


[昼食]
 エッグスンシングス (Eggs 'n Things)
 https://www.eggsnthings.com/ja/menu/flagship.php

 アラモアナセンターからの帰りに、サラトガ通り(郵便局前)のバス停で降りたのですが、近くにエッグスンシングスがあるのを思い出して立ち寄ってみました。
 待ち時間を聞くと5~6分ということです。
 この店には一度は行ってみようと思っていたのですが、いつも待ち時間が長そうでした。
 今回は珍しく待ち時間が短いので、受付の男性スタッフに席への案内を依頼すると、「5分待ちがいいか、それとも6分待ちがいいか?」という意味不明な質問がきました。
 困惑していると"Joke"の一言です。
 笑えない・・・・
Eggs_n_things

 パンケーキを食べましたが、クリームが美味しかったです。

[夕食]
 丸亀うどん

 非常に混んでいて待ち行列が3列になっていました。
 うどんなので客の回転が早く、30分程度で注文カウンタに着きましたが、注文ができません。
 最初は状況が判らなかったのですが、満席のために新たな注文が受けられない状態になっていたようです。
 結局、約10分後に注文可能となりました、
 注文から商品提供までは早いです。
Photo

 なかなか良い味でした。
 コストパフォーマンスは非常に良いです。
 これがお客が非常に多い理由でしょう。

-------------------------------------
【3日目】
[朝食]
  宿泊ホテル(アウトリガー・リ-フ・ワイキキ・ビーチ・リゾート)の軽食サービス(無料)
 アップルパイ、ジュースなど

[昼食]
 デニーズ(Denny's)
 パンケーキ
Dennys

 結構なボリュームで満腹になりました。

[夕食]
 最初は、シェラトン・ワイキキのカイ・マーケットのシーフードビュッフェに行く予定だったのですが、昼食のパンケーキが結構重かったので、軽い夕食に変更しました。
 ココ・コーブで購入した ポキ丼(わさび味1個)とABCで購入したサラダを、ホテルに持ち帰って二人で分けて食べました。
 
-------------------------------------
【4日目】
[朝食]
 宿泊ホテルのマーケット・グリル
  The Reef Bar & Market Grill
  Menus
  https://www.reefbarandmarketgrill.com/menus/#breakfast

Outrigger_reef_waikiki_beach_resort

-------------------------------------

 今回の食事は、ポキ丼とパンケーキが多くなりました。
  全体的にかなり高カロリーになっているので、体重が増えているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

アウトリガー・リ-フ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに泊まりました

  ワイキキ・エリアのホテルには幾つか泊まったことがありますが、今回は、今まで泊まったことがないホテルを利用してみようということで、アウトリガー・リ-フ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(Outrigger Reef Waikiki Beach Resort)というホテルに泊まりました。

  Outrigger Reef Waikiki Beach Resort
  http://www.outriggerreef-onthebeach.com/#gref

【アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート】(地図)
Outrigger_reef_waikiki_beach_resort

Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_2
(黄色マークは今まで泊まったことがあるホテル)

【バスルームから見たダイヤモンドヘッド】
Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_3

  ツアーの指定はパーシャルオーシャンビュー(ラナイ(ベランダ)から頭を出せば海が見える?)だったのですが、一寸奮発してアップグレードしました。

【ラナイから見た景色】EX-ZR1800で撮影
Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_4
(25mm相当)

Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_5
(93mm相当)

Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_6
(450mm相当)


【ラナイで餌を啄ばむ鳩】
Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_7


【ラナイから見えたバウ・リニューアルの儀式】
Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_8

  バウ・リニューアル(Vow Renewal)
    http://jp.outriggerhawaii.com/Vow-Renewal.aspx
  http://www.jal.co.jp/inter/option/hotel/outrigger/info/vow_renewal.html

【ホテル1Fのマーケット・グリルからの景色】
Outrigger_reef_waikiki_beach_reso_9

Outrigger_reef_waikiki_beach_res_10

 ダイヤモンドヘッドや遠くの船舶が見えます。
 海の上に人が立っているように見えます。
 ゆったりとした雰囲気の中で朝食を楽しむことができました。

  The Reef Bar & Market Grill
  Menus
  https://www.reefbarandmarketgrill.com/menus/#breakfast

【ビーチ側出口に設けられた砂の防波堤?】
Outrigger_reef_waikiki_beach_res_11

 今まで泊まったホテルの中では一番波打ち際に近いかもしれません。
 金曜日の花火を見るのが楽でした。

 

 全体の印象としては、スタッフの感じもよく、設備的にも問題は無いように思われました。
 一寸気になったのは、マーケット・グリルのオープンと同時に行ったのに、窓際ではない席を案内されそうになったこと位でしょうか。
 他の客は数名程度しかいませんでした。
 結局、窓際になりましたが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

ハワイアン航空HA822(エクストラ・コンフォート),HA821(エコノミー)の電子機器利用環境

 ハワイアン航空のHA822(NRT-HNL, A330-200,エクストラ・コンフォート)とHA821(HNL-NRT, A330-200,エコノミー)を利用したので、シート電源を確認してみました。

  HA822
  https://flyteam.jp/flightnumber/HA822

  HA821
  https://flyteam.jp/flightnumber/HA821

 HA822は最初の予定ではエコノミーでしたが、エクストラ・コンフォートなら窓際が空いているということで\15Kを追加して変更しました。

  エクストラ・コンフォート
  https://www.hawaiianairlines.co.jp/our-services/products-and-programs/extra-comfort

    Extra Comfort
    https://www.hawaiianairlines.com/our-services/products-and-programs/extra-comfort

 ハワイアン航空では、受信機の使用が禁止されており、エアバンド、GNSS(GPS等)、ADS-B等の受信ができないので、”無線お宅”としては窓際のメリットはあまりないのですが、足元が広いのは楽です。

  ハワイアン航空
  ・使用が禁止されている電子機器
  http://hawaiianair-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2312/~/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%A9%9F%E5%99%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6#Restrictions
  (抜粋)
  ”・電池または電気コードつきラジオ(AM/FM/VHF)”

  Hawaiian Airlines
  Electronic Devices that are NOT Permitted for Use
  http://hawaiianair.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2091/~/portable-electronic-devices
  (抜粋)
  "・Battery or cord operated radios (AM/FM/VHF)"

  以下、シート電源の様子です。
  例によって手抜きでほぼ写真のみです。

-----------------------------------------------------
[NRT→HNL]
【HA822(エクストラ・コンフォート), A330-200】

1hawaiian_airlines_extracomfortseat


2hawaiian_airlines_extracomfortseat

【AC電源】(110V 60Hz)
3hawaiian_airlines_extracomfortac_o
 シート間の足元にありますが、夜は見えにくいです。


4hawaiian_airlines_extracomfortac_o


5hawaiian_airlines_extracomfortac_o
ACアダプタでAC110VをDC5Vに変換。

【USB電源】
6hawaiian_airlines_extracomfortusb_
 端子は照明つき、左はイヤホンジャックで、右はUSBレセプタクル。


【USB電源利用中】
7hawaiian_airlines_extracomfortusb_


8hawaiian_airlines_extracomfortusb_
  スマホFLEAZ Queを650mAで充電中。

-----------------------------------------------------
[HNL→NRT]
【HA821(エコノミー), A330-200】
(AC電源見当たらず)

【USB電源】
9hawaiian_airlines_economyusb_outle


10hawaiian_airlines_economyusb_outl


【USB電源でFinow  Q7 Plusを充電中】11hawaiian_airlines_economyusb_outl


12hawaiian_airlines_economyusb_outl

-----------------------------------------------------

  昔は、エコノミーは電源が利用できないことが多かったし、利用できる場合でもACのみという場合が多かったのですが、最近はかなり便利になりました。

【関連内部リンク】
2017年1月27日 (金)
ハワイアン航空HA458(HND-HNL,A330-200,ビジネス)の電子機器利用環境
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/01/post-5197.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧