2021年10月14日 (木)

祝「カーク船長」宇宙から帰還

 「カーク船長」は、無事宇宙圏から戻って来ることができたようで、何よりです。
 90歳で弾道宇宙飛行というは凄いですね。
 70代で腰が痛くて旅客機に乗れないとか言っておられません。

 下記の動画を見ると、普通の乗用車(?)で打ち上げサイトに乗り付けて、「一寸そこまで」という感じです。
 一件簡単そうに見えますが、実際には色々のリスクがあるのでしょうね。
 ブースターの着陸(回収)制御も大変そうです。


  Watch William Shatner fly to space (Blue Origin New Shepard-18 supercut)
  Oct 14, 2021
  CNET
  Captain James T. Kirk and his crew head to space -- in real life.

 


  Watch William Shatner and crew in zero gravity during Blue Origin spaceflight
  Oct 14, 2021
  CNET Highlights

 

 窓が広くて普通の旅客機よりもかなり大きいですが、観光用に特化?
 下記の記事のマネキンによるテスト飛行の動画を見ると、外の景色が良く見えますが気圧差が気になります。

 

  Mannequin Skywalker’s ride to space onboard Crew Capsule 2.0
  Dec 15, 2017
  Blue Origin

 

【参考外部リンク】
William Shatner rockets to space and back with Blue Origin
"I hope I never recover from this," he says afterward.
Oct. 13, 2021 8:38 a.m. PT
https://www.cnet.com/how-to/william-shatner-rockets-to-space-and-back-with-blue-origin/

100KM ALTITUDE BOUNDARY FOR ASTRONAUTICS
https://www.fai.org/page/icare-boundary

アメリカの宇宙飛行士による最初の有人宇宙飛行から今年で60年
2021-05-08
https://sorae.info/space/20210508-mercury-redstone-launch-vehicle.html
以下、上記urlから抜粋引用
------------------------------------
シェパードを乗せたフリーダム7は最高高度187.5kmに達した後、打ち上げから15分後には大西洋上へ着水し、海軍の空母によって無事回収されました。
------------------------------------

| | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

「カーク船長」宇宙へ

  最初に下記の記事のキャプションの『「カーク船長」宇宙へ?』だけを見たときには、別の事象を連想してしまいました。

  「カーク船長」宇宙へ? 90歳俳優、最高齢飛行か
  9/29(水) 8:33
  https://news.yahoo.co.jp/articles/1f532474a527db03ce5438cb2aea106d6ff058ad


 昔は飛行機恐怖症だった「カーク船長」(?)が、今ではリアル宇宙船で宇宙に「発進」です。

 

 命令はやっぱり"Engage"でしょうか?
 "Engage"は、TNG(The Next Generation)でよく知られていますが、「カーク船長」も使っています。

【Star Trek_Engage】(Netflixの動画から抜粋引用)
Netflix_star-trek_engage
 日本語の字幕には"Engage"に対応する訳語はありません。

 

 70代で「足腰が・・・」等とは言っておられませんね。
 個人差が大きいと思いますが・・・


【参考外部リンク】
William Shatner's space launch on Blue Origin's New Shepard: When to watch and what to know
https://www.space.com/william-shatner-blue-origin-new-shepard-launch-explained

William Shatner and Blue Origin’s Audrey Powers to fly on New Shepard’s 18th mission
October 4, 8:00 AM CDT / 13:00 UTC
https://www.blueorigin.com/news/shatner-powers-announced-ns18

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

忍者の襲撃?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  刀を持った忍者姿の男が米軍特殊部隊を夜襲、2人けが、動機不明―米国
  2021年10月04日 07時30分 Record China
  https://news.nifty.com/article/world/china/12181-883172/

  A man in a ninja suit attacks an American soldier with a samurai sword
    October 3, 2021
  https://houstonianonline.com/a-man-in-a-ninja-suit-attacks-an-american-soldier-with-a-samurai-sword-abroad/

 世の中は理解できないことが一杯です。


STARS AND STRIPESにも記事が掲載されていました。

  Special ops troops ‘hunkered down’ in California airport hangar after nighttime ninja attack
  BY CHAD GARLAND• STARS AND STRIPES • SEPTEMBER 30, 2021
  https://www.stripes.com/theaters/us/2021-09-30/ninja-attack-special-operations-california-airport-3076663.html

  Authorities identify suspect in bizarre ninja attack on special ops troops at Calif. airport
  BY CHAD GARLAND• STARS AND STRIPES • OCTOBER 1, 2021
  https://www.stripes.com/branches/army/2021-10-01/suspect-identified-ninja-sword-service-member-attack-inyokern-airport-california-3093598.html  

 

 容疑者はTaserにより確保されたようです。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

ホームロボット「Amazon Astro」発売開始

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  Amazonがホームロボット「Astro」を発表!SLAMと車輪機構、ペリスコープカメラ搭載、Alexa対応、警備や見守りにも対応
  2021年9月29日
  https://robotstart.info/2021/09/29/amazon-astro-unveiled.html

 ロボットの名称は「Amazon Astro」とのことですが、「Astro Boy」(鉄腕アトム)を連想しました。

  Astro Boy - Wikipedia
  https://en.wikipedia.org/wiki/Astro_Boy
  (一般に名前変更の理由は米国スラングとの関係と言われていますが、ここでは歴史的(政治的?)理由と書かれています。)

 日本の場合は、鉄腕アトムを作ることがロボット開発の目標(夢?)だったという話を聞いたことがありますが、「Amazon Astro」でも少しはネーミングに影響があったかもしれません。(単なる想像です)


 本題の「Amazon Astro」ですが、癒し系/遊び系ロボットというよりも、実用性を考慮した移動可能なAmazon Echo Showのような感じです。

  Introducing Amazon Astro, Household Robot for Home Monitoring, with Alexa, Includes 6-month Free Trial of Ring Protect Pro
  https://www.amazon.com/dp/B078NSDFSB?tag=googhydr-20&hvadid=548786426320&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=670702613555031110&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=p&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009342&hvtargid=kwd-347442618893&ref=pd_sl_2fph7f5rlp_e
  "Available exclusively by invitation"
  "Please note this product can only ship to addresses in the 50 US states."

 購入は招待制で米国限定です。
 初日版を購入すると特典があるようです。


 ナビゲーションにはSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)を使用しているようですが、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うためには結構なマシンパワーが必要と思われます。

  SLAM(スラム)とは??~SLAMの基本技術と活用について~
  2020.07.20
  https://www.macnica.co.jp/business/maas/columns/134751/

 地図作成ということは、家の中が丸見えになるということなので、一寸気になります。
 以下の説明を見ると、"Map data, including the information used to create the rendering that you can see in your Astro app, is encrypted in transit to Amazon’s cloud where it is securely stored, with technical safeguards in place to limit access to it."と書いてあるので、地図データはクラウドに保存されるような感じです。

  Amazon Astro Privacy
  https://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html?nodeId=G2HDFAZG923JG4W7
  7. What happens when Astro explores my home?

 ルンバの場合は、「ナビゲーションのために使用される画像は、クラウドに送信されません。」とのことです。

  iRobotのプライバシーとデータ共有に関するよくある質問。
  現在、ロボットは他にどのような情報を収集し、iRobotに送信していますか?
  http://www.irobot-jp.com/faq/i7series.html

 


 そのうちに、ルンバとアストロが合体したようなマシンが出てかも・・・


【参考外部リンク】
Meet Astro, a home robot unlike any other
September 29, 2021
Written by Charlie Tritschler, Vice President of Products at Amazon
https://www.aboutamazon.com/news/devices/meet-astro-a-home-robot-unlike-any-other


Meet Astro: Amazon's $1,000 security robot is a cute surveillance machine
Sep 29, 2021

 

 

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

後ろ半分のパトカー

 ネットニースで以下の記事を見かけました。

  韓国で設置が進む「偽パトカー」が物議、「国民をだますのは問題」との指摘も
  2021年09月21日 22時20分 Record China
  https://news.nifty.com/article/world/china/12181-882678/

 文章だけではイメージが湧かないので、関連情報を探してみました。
 下記の記事がソースみたいです。

  여기서 단속? 앗, 속았다…경찰관부터 경찰차까지 ‘도로 위의 가짜들’
  (Google翻訳:ここでの取り締まり?あっ、騙された... 警察官からパトカーまで「道路上の偽の「)
  등록 :2021-09-21 13:37수정 :2021-09-21 21:11
  https://www.hani.co.kr/arti/area/gangwon/1012291.html#csidx3f9df1ae1ff8f54b410312d39c1da1b

20210921500373
[ソース]
https://flexible.img.hani.co.kr/flexible/normal/487/283/imgdb/original/2021/0921/20210921500373.jpg


 結構リアルな感じです。 
 内装不要なので大型3Dプリンタで作れるかも・・・

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

韓国の「無着陸フライト」の運航予定

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  「無着陸フライト」活況 韓国航空業界、コロナでも黒字
  有料会員記事
  ソウル=神谷毅2021年8月29日 5時00分
  https://www.asahi.com/articles/ASP8T6X96P8SUHBI01R.html

 「無着陸フライト」の話は知っていましたが、実際の運航状態はどのようになっているのか、一寸気になっていました。
 上記記事の有料部分には記載があるのかもしれませんが、会員ではないので自前で一寸調べてみました。
 網羅的に調べた訳ではなく、気が付いたものをピックアップしただけなので、漏れがあると思います。また、9月分のみ調べました。
 さすがに毎日は飛んでいないようですが、一寸特殊な運航である割には結構催行回数が多いです。
 讃岐うどんをテーマにして高松を旋回というのが一寸面白いです。

 

 以下は、元WEBページをGoogle翻訳した訳文の抜粋です。(元記事掲載順)

エアプサン、金海發無着陸遊覧飛行2回運航
2021.08.09 09:42
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=428259
「金海国際空港から出発して、日本の西の九州地域を旋回した後、戻ってくる」
(9/11, 9/25)

エアソウル、9月に無着陸遊覧飛行3回実施
2021.08.24 10:32
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=429842
「金浦国際空港を出発して高松を旋回した後、戻ってくる」
(9/12, 9/19, 9/25)

アシアナ航空、9月に無着陸遊覧飛行1回運航
2021.08.25 09:16
https://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=429942
「金浦国際空港を出発して、釜山と日本上空を飛行した後、済州空港に到着」
(9/24)

ティーウェイ航空、9月に無着陸遊覧飛行4回運航
2021.08.26 09:35
http://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=430089
「仁川国際空港から2編(18日、25日)、金浦国際空港1編(26日)、大邱国際空港から1編(25日)運航されており、すべての日本上空を旋回した後、各出発した空港で返ってくる」
(9/18, 9/25, 9/25, 9/26)

 


【参考外部リンク】
Pulse
S. Korea to allow no-landing cross-border flights for one year
2020.11.20 09:19:11
https://pulsenews.co.kr/view.php?year=2020&no=1194492

면세점 가고 비행기 타고...목적지 없는 '무착륙 비행' 뜬다 / YTN
Nov 20, 2020


YAHOO! JAPANニュース
乗ってみたい!? 韓国のアシアナ航空が”日本行きの無着陸飛行”パッケージ発売 どんなルートを飛ぶ?
2020/12/8(火) 11:36
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20201208-00211431

Korea JoongAng Daily
April 25, 2021
Flights to nowhere offer duty free deals that can't be beaten
https://koreajoongangdaily.joins.com/2021/04/25/culture/lifeStyle/flight-to-nowhere-nolanding-flight-nonlanding-flight/20210425143000510.html

| | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

レーダー用マイクロ波で溶けたのはチョコバーではなくpeanut butter candy barだった?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  @niftyニュース
  米国ハリス副大統領のアジア訪問に「ハバナ症候群」攻撃か?=2016年以降、原因不明の脳損傷
  2021年08月25日 08時57分 WoW!Korea
  https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-1212720/

 「ハバナ症候群」にも興味がありますが、今回はそこでは無くて、以下の記載が気になりました。
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
欧米で「マイクロウェーブ・オーブン」と呼ばれる電子レンジの原理が発見されたのも、旧ソ連で事故によるものだった。
------------------------------------------


 「旧ソ連で事故によるもの」というのは何でしょうか?
 一般に知られている情報とはかなり異なっています。
 「事故による」は"by accident"の訳かもしれませんが、「旧ソ連」はどこから出てきたのでしょうか?
 好奇心で一寸調べて見ましたが、「旧ソ連」の出所はよく判りませんでした。
 その代わり、我々が知っている溶けたチョコレートの話は間違いであるという情報を見かけました。

 以下の資料を見ると、どうもチョコレートではなくて、peanut butter candy barあるいはpeanut cluster barだったようです。
 高融点でない普通のチョコレートの場合には、チョコレートをポケットに入れておくと、レーダー波が無くても体温で溶ける可能性があるので、話としてはキャンディバーの方が筋が通るかもしれません。
 INSIDERとPopular Mechanicsの記事を読むと、何となく当時の様子が想像できますが、いま考えると安全性に問題がある作業環境(電磁波被曝)だったように思われます。

 

********************
電子レンジ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
・1945年に、アメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたレーダー設置担当の技師、パーシー・スペンサーによって発明された。
・マグネトロンの前に立った彼のポケットの中のチョコバーが溶けていたことを偶然発見した
------------------------------------------
[チョコバー]

 

********************
Microwave oven - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Microwave_oven
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
American engineer Percy Spencer is generally credited with inventing the modern microwave oven after World War II from radar technology developed during the war. Named the "Radarange", it was first sold in 1946.

In 1945, the heating effect of a high-power microwave beam was accidentally discovered by Percy Spencer, an American self-taught engineer from Howland, Maine. Employed by Raytheon at the time, he noticed that microwaves from an active radar set he was working on started to melt a chocolate bar he had in his pocket.
------------------------------------------
[chocolate bar]

 

********************
Live Science
Who Invented the Microwave Oven?
https://www.livescience.com/57405-who-invented-microwave-oven.html
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Spencer was testing a magnetron when he noticed that the chocolate bar in his pocket had melted, according to Raytheon’s company history.
------------------------------------------
[chocolate bar]

 

********************
Microwave Ovens
http://ethw.org/Microwave_Ovens
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
The first microwave ovens were developed around 1946, when in a bit of serendipity, engineer Percy LeBaron Spencer noticed that microwave communication equipment could be used to heat foods. Spencer had a chocolate bar in his pocket and noticed (no doubt messily) that the candy melted when he was near some microwave equipment. Quickly coming to the conclusion that other types of food could be heated that way, the Raytheon Company, Spencer’s employer, filed the first patents for a microwave oven later that year.
------------------------------------------
[chocolate bar],[candy]

 

********************
Melted Chocolate to Microwave
https://www.technologyreview.com/1999/01/01/236818/melted-chocolate-to-microwave/
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Raytheon credits the discovery of microwave cooking to a grade-school-educated engineer named Percy L. Spencer. One day in 1945, Spencer was walking through a radar test room with a chocolate bar in his pocket; he came too close to a running magnetron tube and the candy began to melt.
------------------------------------------
[chocolate bar],[candy]

 

********************
IEEE Spectrum
A History of the Microwave Oven
The popular appliance resulted from a chance discovery in the 1940s
https://spectrum.ieee.org/a-history-of-the-microwave-oven
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
Melted chocolate in a scientist’s pocket in 1946 led to the development of an appliance that changed the way many of us cook our meals today. Percy L. Spencer, a researcher at Raytheon in Waltham, Mass., was testing communications equipment when he noticed that his candy bar heated up when he stood near a magnetron, a vacuum tube that produces microwave energy.
------------------------------------------
[chocolate],[candy bar]

 

********************
Microwave Oven
https://www.smecc.org/microwave_oven.htm
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
In 1946, the engineer Dr. Percy LeBaron Spencer, who worked for the Raytheon Corporation, was working on magnetrons. One day at work, he had a candy bar in his pocket, and found that it had melted. He realized that the microwaves he was working with had caused it to melt. After experimenting, he realized that microwaves would cook foods quickly - even faster than conventional ovens that cook with heat.
------------------------------------------
[candy bar]

 

********************
IBusiness Insider
How the microwave was invented by a radar engineer who accidentally cooked a candy bar in his pocket
Steven Tweedie Jul 4, 2015, 12:00 AM
https://www.businessinsider.com/how-the-microwave-oven-was-invented-by-accident-2015-4
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
In 1945, Percy Spencer, an American self-taught engineer, was working in a lab testing magnetrons, the high-powered vacuum tubes inside radars. One day while working near the magnetrons that produced microwaves, Spencer noticed a peanut butter candy bar in his pocket had begun to melt — shortly after, the microwave oven was born.

"My grandfather was watching a microwave testing rig, and he realized that the peanut-cluster bar in his pocket started to melt — it got quite warm," Rod Spencer, inventor and grandson of Percy Spencer, told Business Insider.
------------------------------------------
[peanut butter candy bar],[peanut-cluster bar]

 

********************
Popular Mechanics
The Amazing True Story of How the Microwave Was Invented by Accident
BY MATT BLITZ
FEB 24, 2016
https://www.popularmechanics.com/technology/gadgets/a19567/how-the-microwave-was-invented-by-accident/
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------
The Snack
A story this good can't help but change as it's passed down over the years. Some tellings of the legend say it was a melted chocolate bar that led to Spencer's eureka. But if you ask Rod Spencer today, he'll tell you that's dead wrong.

"He loved nature (due to his childhood in Maine)... especially his little friends the squirrels and the chipmunks," the younger Spencer says of his grandfather, "so he would always carry a peanut cluster bar in his pocket to break up and feed them during lunch." This is an important distinction, and not just for the sake of accurate storytelling. Chocolate melts at a much lower temperature (about 80 degrees Fahrenheit) which means melting a peanut cluster bar with microwaves was much more remarkable.
------------------------------------------
[peanut cluster bar]

 

 

【参考外部リンク】
Havana syndrome
https://en.wikipedia.org/wiki/Havana_syndrome

Moscow Signal
https://en.wikipedia.org/wiki/Moscow_Signal

電子レンジの心臓部であるマグネトロンの分解
http://abcdefg.jpn.org/elebunkai/magnetron/cc.html

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

発明者「DABUS」はツール?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  「AIが発明者」裁判所が初めて認めた衝撃度
  8/2(月) 7:34
  https://news.yahoo.co.jp/byline/kazuhirotaira/20210802-00251137

 素人の好奇心で、AIと特許にはそれぞれ一寸興味があるので、ざっと読んでみました。
 話のポイントは、殆どの国では、自然人しか発明者になれないけれども、オーストラリアでは「DABUS」という名前のAIが発明者として認められたということのようです。
 今回の話は、実体審査の話ではなく、方式審査の話なので、発明の内容は関係ありませんが、どのようなクレームなのか一寸興味があるので調べてみました。
 対象特許は国際出願なので、PCT公開公報を見てみました。

  WO2020079499 - FOOD CONTAINER AND DEVICES AND METHODS FOR ATTRACTING ENHANCED ATTENTION
  https://patentscope2.wipo.int/search/en/detail.jsf?docId=WO2020079499

Wo2020079499


Applicants
 THALER, Stephen L. [US]/[US]
Inventors
 DABUS, The invention was autonomously generated by an artificial intelligence
Priority Data
 18275163.6 17.10.2018 EP
 18275174.3 07.11.2018 EP

ABSTRACT ver 1
https://patentscope2.wipo.int/search/docs2/wipocase/XKZRR7Nj1-4duYpQcJQZIwitty0tjgFDoER-P8as6FHepZ-1VQKiRaSTy3wCxnjTN26XzfPlUPEMRQ7vffO1xuFsmoEqzgzi-z-dmGsi6-cDvITgXSlqdBnDGjJcBKNC8kEQfZnpXwgfwzAxijTkc46TD6k1HG4LPHWaVgmmE8R0h9m7wEVBvNr3yVTApxtrpf-f0EbILCNncKuyxhzJL6XjmtQDo-M76bCvWC7lOesydwiQn4X0kNOtNsxcvClG8xa8cbNim3_S75YMbQontXkQL2yulJC1VjB49FnfogI?filename=ABSTRACT_ver_1.pdf

CLAIM ver 1
https://patentscope2.wipo.int/search/docs2/wipocase/LYLYo0oofFAJ1P6InlM65fAdEexJoD1D8GP3A7RcDNOhuPrSDIhfYA1VmHOat2pn9mPgwOnNnhGDkCLoYAjGUMhIJ1NNjWC2Gk2lDaoojlP0S0v5zuuVBiuvsbiHjb725uZ4g0FmnBe5kdha_x1jqJm-kn0lSE0-v6FKFuLaqSWa5gansC67lPeG14Bxpjji8pYVMGnSK4G_46mOx7tx4yomt815t91jfe_M4ycCqcDh6mPrcnZS8AU-oiSA61d170_Q1BA_YpSDw0xCm4PdQlt-vuVgS95TYaMmFcybIck?filename=CLAIM_ver_1.pdf

 当然のことかもしれませんが、クレームを見ただけでは、自然人による発明なのか、AIによる発明なのか判りません。発明の単一性が一寸気になりますが・・・


 単純に考えると、発明者が自然人であることは当然のような気がしますが、技術が進んでくると、ブラックボックスに「解決すべき課題」を放り込むと、「課題を解決するための手段」が出力されるようになるかもしれません。
 しかしながら、課題が判っていれば、発明は半分完成しているようなものなので、AIに課題の入力が必要な場合は、AIは発明者とは言えないかもしれません。

 下記の資料では、DABUSはツールという結論になっています。

  パテント 2020 Vol. 73 No. 10
  AI を発明者とする特許出願とその発明プロセスに関する試論
  https://system.jpaa.or.jp/patent/viewPdf/3638
(以下、「7.まとめ」から抜粋引用)
---------------------------------------
DABUS出願における発明行為は,Thaler氏がDABUSを道具として利用したものであり,Thaler氏が発明者として認められる可能性があると考える。
--------------------------------------- 

 実際問題として、AIに向かって「何か発明して!」と指示しても、発明が創出される訳ではない(多分)ので、AIや自律の定義、外部入力の判断が難しくなりそうです。

 発明創出システムについて調べていたら、TRIZ(発明的問題解決理論)という手法を見かけました。

  トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール
  https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-TRIZ-%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E5%8E%9F%E7%90%8640-%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%AB%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B-%E6%80%9D%E8%80%83%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4799315234

 大量のデータに基づいた問題解決手法のようなので、AIとの親和性が良いような感じがしますが、下記の記事には”TRIZは「偶然のひらめき」に頼らずにより確実に解決策に近づくことができる手法”と書いてあるので、AI化しても独創的な発明は創出されないかもしれません。

  日経XTECH
  TRIZ
  https://xtech.nikkei.com/it/article/Keyword/20070809/279616/


 今回問題になった特許の発明者は「DABUS」という名前ですが、"Device for the Autonomous Bootstrapping of Unified Sentience"の頭文字のようです。
   Thaler氏の出願を調べてみたら、ほぼ同じ名称の以下の出願がありました。

US20150379394A1
  Device and method for the autonomous bootstrapping of unified sentience
  https://patents.google.com/patent/US20150379394A1/en?oq=US20150379394

Us20150379394a1-dabus

 内容はまだ見ていないので、単に名称が似ているだけかもしれませんが、そのうち読んでみたいと思います。

 現時点では、完全自律の発明生成AIは存在しないように思われますが、遠い将来には、発明生成に特化されたAIアンドロイドが、24時間365日特許出願明細書を書いているかもしれません。
 「解決すべき課題」をどのように認識するのかがネックになるように思われますが、TRIZ的に世界中の特許公報や文献をデータベース化し、課題を抽出して巨大な課題プールに貯めておき、適当に(ランダムに?)「課題」をいくつか掬い上げてAI本体に入力すれば、「課題」に紐付けされた「手段」を参照して新たな「手段」が出力されるかもしれません。
 ただし、新規性・進歩性を判断するステップを入れないと、ゴミだらけになりそうです。

 Heuristically programmed ALgorithmic computerなら自己完結型の発明生成マシンになるかも?
 HALは、自己保存の必要に迫られて「嘘」を発明します。 

【参考外部リンク】
Imagination Engines, Inc.
https://www.imagination-engines.com/

Frequently Asked Questions - The Artificial Inventor Project
https://artificialinventor.com/frequently-asked-questions/
"Q: Isn't AI always "just a tool ?"

Patents by Inventor Stephen L. Thaler
https://patents.justia.com/inventor/stephen-l-thaler

Artificial Intelligence Can Invent But Not Patent—For Now
November 2020Engineering 6(11):1212-1213
https://www.researchgate.net/publication/347265468_Artificial_Intelligence_Can_Invent_But_Not_Patent-For_Now

tokugikon  2020.9.25. no.298
AI関連発明と各国の審査動向
http://www.tokugikon.jp/gikonshi/298/298tokusyu5.pdf
4. DABUS事件 (p58)

欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表
2 0 2 0 年 1 月 2 8 日
JETRO デュッセルドルフ事務所
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews/europe/2020/20200128.pdf

知的財産ニュース
人工知能は、エジソンになれるのか。特許審査の初事例
人工知能を発明者に記載した韓国初の特許出願の審査を開始
2021年6月3日
https://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/ip/ipnews/2021/210603a.html

日本における発明者の決定
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/tokkyo_shoi/document/seisakubukai-06-shiryou/paper07_1.pdf

発明者等の表示について
令和3年7月30日
https://www.jpo.go.jp/system/process/shutugan/hatsumei.html
人工知能(AI)等を含む機械を発明者として記載することは認めていません

DAbUS (AI)は発明者になれない。
2020年 04月 22日
http://tatsuoyabe.aki.gs/DABUS%20AI%20Cannot%20be%20an%20Inventor%202020-04-22.htm

 

  

 

【蛇足】
2014年05月12日 20時00分ソフトウェア
特許出願テキストをなんと文学書・哲学書から自動生成してしまうジェネレーター登場
https://gigazine.net/news/20140512-patent-generator/


 好奇心だけで書き飛ばしているので、おかしなところがあるかもしれませんが、ご容赦願います。

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

Amazonの睡眠モニタは60GHz帯の3次元レーダー?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  engadget
  新Echo Showもレーダーを使った睡眠計測機能を搭載か
  GoogleのNest Hubを追従
  2021年07月12日
  https://japanese.engadget.com/amazon-sleep-tracking-radar-040043844.html

  CNET
  アマゾン、レーダーによる睡眠モニタリングでFCCの認可を取得
  2021年07月13日
  https://japan.cnet.com/article/35173778/

  Bloomberg
  Amazon.com Wants to Monitor You in Your Sleep, for Your Benefit
  2021年7月10日 8:04 JST
  https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-07-09/amazon-com-wants-to-monitor-you-in-your-sleep-for-your-benefit

  FCC
  Request by Amazon.com Services LLC for Waiver of 47 CFR § 15.255(c)(3)
  ET Docket No. 21-289
  https://ecfsapi.fcc.gov/file/070974410095/DA-21-813A1.pdf

  The Register
  Amazon will know when its business, privacy practices keep you up at night – it has an FCC-approved sleep radar
  https://www.theregister.com/2021/07/13/amazon_fcc_sleep_radar/


 詳細は良く判りませんが、60GHz帯の3次元レーダーを使用して睡眠状態をモニタするようです。
 仕様の詳細は不明ですが、下記の資料によれば、既存の60GHz帯の3次元レーダーの分解能は結構高いようです。

  socionext
  60GHz 電波式測距センサー 3D検知モデル SC1220AT2
  https://www.socionext.com/jp/products/assp/radar-sensor/SC1220/
  (望ましい検知範囲:正面方向距離 ~0.5m(*1)、分解能 1cm(*2)[ハンドジェスチャの場合])

  60GHzレーダーセンサー⽤ 評価キット
  https://www.socionext.com/jp/download/catalog/AD04-00141-1.pdf

  マイナビニュース
  60GHzレーダーで車内を見通すことを目指すInfineon
  2020/01/29 07:00
  https://news.mynavi.jp/article/20200129-962635/

  exciteニュース
  無線信号で寝相をモニターするシステム「BodyCompass」をMITが開発、病人ケアに
  2020年9月14日
  https://www.excite.co.jp/news/article/Techable_137461/

  BodyCompass: Monitoring Sleep Posture with Wireless Signals
  https://people.csail.mit.edu/scyue/projects/bodycompass/bodycompass.pdf
  "We use a standard FMCW radio similar to the one used in past work [2, 40, 49, 51]. The radio sweeps the frequencies from 5.4 GHz to 7.2 GHz and transmits at sub-milliwatt power in accordance with the FCC regulations."
  (6GHz帯を使用しており、また3Dレーダーでもないようです。)

 


 寝相の悪さも一目瞭然?

 


 無断で実装されることは無いと思いますが、旅客機の各シートにソフト的に機能を殺した乗客監視用のカメラが実装されているという例もあるようなので・・・

  CNET
  Airplane seat cameras could be your new spy in the sky
  February 19, 2019 3:06 AM
  https://www.cnet.com/news/airplane-seat-cameras-could-be-your-new-spy-in-the-sky/

  Forbes
  Feb 19, 2019, 11:46pm
  Singapore Airlines Under Fire For 'Surveillance Cameras' In Inflight Entertainment Screens
  https://www.forbes.com/sites/zakdoffman/2019/02/19/singapore-airlines-under-fire-for-surveillance-cameras-in-inflight-entertainment-screens/#47f208a91650

  CNN travel
  Can airplane seat cameras spy on passengers?
  Updated 3rd March 2019
  https://edition.cnn.com/travel/article/airplane-seat-camera-intl/index.html

 

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

電信信号の特許?

 一寸旧聞になりますが、以下の記事を見かけました。

  6月20日は「モールスが電信信号の特許を取得した日」
  2021/06/20 20:01
  https://note.com/sakaimisato/n/n632365e233cd

 趣味でアマチュア無線をやっており、たまに電信(CW)も使うので、一寸気になって読んでみました。
 対象となっているのは、米国特許US1647Aのようです。
 Espacenetのリンクが張ってあったので、明細書を見てみました。

  US1647A
  https://worldwide.espacenet.com/patent/search/family/002061934/publication/US1647A?q=pn%3DUS1647A

    IMPROVEMENT IN THE MODE OF COMMUNICATING INFORMATION By SIGNALS BY THE APPLICATION OF ELECTRO-MAGNETISM.
    Patented 1840-06-20
    SAMUEL F. B. MORSE

 電磁気を利用した通信モードの改良に関する特許のようです。
 クレーム(特許請求の範囲/請求項)を見ないと話が始まらないので、確認しようとしたのですが、OCRの誤認識が多くて内容が良く判りません。
(全9クレーム。クレーム1抜粋)
1. The formation and. arrangement of --the SeVeral parts of mechanisni constituting the typ4-rnle, the straight port-riae, the circular port-rule, the two's ' ignal-levers,'afid the-register-lever, and alarm4ever, with. its haininer, 4 levers one or more armatureSor an electromagnet, and as said parts are severally 46scribed in the foregoing
specification..

以下の注記があったので、オリジナルを探してみました。
 "Data originating from sources other than the EPO may not be accurate, complete, or up to date."

 安直にGoogle Patentで調べようとしたのですが、こちらの方もOCRの精度が低いみたいです。

  Google Patent
  https://patents.google.com/patent/US1647A/en?oq=US1647A

(全9クレーム。クレーム1抜粋。)
1. The formation audarrangement of vthe several parts of mechanism constituting theV Ityp-rule, the straight portfrule, the circular -port-rule, the two signal-levers,`and theregister-lever, and alarm-lever,
or hemp, and then dipping them into a solution of caoutchouc, or into a hui l vas combining respectively with each of said scribed in the foregoing speciiication.

 詳細はよく判りませんが、メカに特徴があるようです。
 Cited By (4)となっていますが、21世紀の出願に対してこの明細書が引用されたら一寸びっくりするかもしれません。
   IDSで出すこともないと思いますが・・・

 念のために、USPTOでも調べてみました。

  Search for patents
  https://www.uspto.gov/patents/search

  Searching PDF Image Patents (Since 1790)
  US Patent Full-Page Images
  https://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/patimg.htm

  Patent #: US000001647
  https://pdfpiw.uspto.gov/.piw?Docid=1647&idkey=NONE&homeurl=%252F%252Fpatft.uspto.gov%252Fnetahtml%252FPTO%252Fpatimg.htm

  図面を見ると結構複雑なメカです。
  また、符号は現在のモールス符号とは異なっています。

Us1647-figp1

Us1647-figp2

Us1647-figp3

 

 残念ながらOCRのテキストは無いようです。

 仕方がないので、原文のクレーム1の部分を拡大してみました。

US1647 Claim 1
Us1647-claim-1_a
Us1647-claim-1_b

 人間であれば、100%の精度で読める程度の印刷滲みです。
 場合によっては、安い自然知能の方が役に立つ?

 発明自体の内容は良く理解できていませんが、クレームの構成要素から判断するとメカメカの特許のように思われます。
 記事には「電信信号の特許を取得」とあったので、信号フォーマットの特許かと思ったのですが、そうではないようです。
 調べ始めると裁判などの話が出てきて頭が痛くなりますが、この特許はモールス符号の基礎となったということのようです。


【参考外部リンク】
信号のみでは特許取得が可能である内容とはならないという米国連邦巡回控訴裁判所による判決
https://www.oliff.com/wp-content/uploads/2013/01/11-06-07-In-Re-Nuijten-_Japanese1.pdf

On June 20, 1840, Samuel F. B. Morse was granted U.S. Patent No. 1,647A, “IMPROVEMENT IN THE MODE OF COMMUNICATING INFORMATION BY SIGNALS BY THE APPLICATION OF ELECTROMAGNETISM.” This invention later led to the creation of Morse Code.
https://suiter.com/patent-history-electric-telegraph-morse-code/

WIRED
June 20, 1840: A Simple Matter of Dots and Dashes
Samuel F.B. Morse receives a U.S. patent for his dot-dash telegraphy signals, known to the world as Morse code.
https://www.wired.com/2011/06/0620morse-code-patented/

 

【2021.07.02追記】
morse vs sms
May 26, 2015

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧