2021年7月13日 (火)

Amazonの睡眠モニタは60GHz帯の3次元レーダー?

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  engadget
  新Echo Showもレーダーを使った睡眠計測機能を搭載か
  GoogleのNest Hubを追従
  2021年07月12日
  https://japanese.engadget.com/amazon-sleep-tracking-radar-040043844.html

  CNET
  アマゾン、レーダーによる睡眠モニタリングでFCCの認可を取得
  2021年07月13日
  https://japan.cnet.com/article/35173778/

  Bloomberg
  Amazon.com Wants to Monitor You in Your Sleep, for Your Benefit
  2021年7月10日 8:04 JST
  https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-07-09/amazon-com-wants-to-monitor-you-in-your-sleep-for-your-benefit

  FCC
  Request by Amazon.com Services LLC for Waiver of 47 CFR § 15.255(c)(3)
  ET Docket No. 21-289
  https://ecfsapi.fcc.gov/file/070974410095/DA-21-813A1.pdf

  The Register
  Amazon will know when its business, privacy practices keep you up at night – it has an FCC-approved sleep radar
  https://www.theregister.com/2021/07/13/amazon_fcc_sleep_radar/


 詳細は良く判りませんが、60GHz帯の3次元レーダーを使用して睡眠状態をモニタするようです。
 仕様の詳細は不明ですが、下記の資料によれば、既存の60GHz帯の3次元レーダーの分解能は結構高いようです。

  socionext
  60GHz 電波式測距センサー 3D検知モデル SC1220AT2
  https://www.socionext.com/jp/products/assp/radar-sensor/SC1220/
  (望ましい検知範囲:正面方向距離 ~0.5m(*1)、分解能 1cm(*2)[ハンドジェスチャの場合])

  60GHzレーダーセンサー⽤ 評価キット
  https://www.socionext.com/jp/download/catalog/AD04-00141-1.pdf

  マイナビニュース
  60GHzレーダーで車内を見通すことを目指すInfineon
  2020/01/29 07:00
  https://news.mynavi.jp/article/20200129-962635/

  exciteニュース
  無線信号で寝相をモニターするシステム「BodyCompass」をMITが開発、病人ケアに
  2020年9月14日
  https://www.excite.co.jp/news/article/Techable_137461/

  BodyCompass: Monitoring Sleep Posture with Wireless Signals
  https://people.csail.mit.edu/scyue/projects/bodycompass/bodycompass.pdf
  "We use a standard FMCW radio similar to the one used in past work [2, 40, 49, 51]. The radio sweeps the frequencies from 5.4 GHz to 7.2 GHz and transmits at sub-milliwatt power in accordance with the FCC regulations."
  (6GHz帯を使用しており、また3Dレーダーでもないようです。)

 


 寝相の悪さも一目瞭然?

 


 無断で実装されることは無いと思いますが、旅客機の各シートにソフト的に機能を殺した乗客監視用のカメラが実装されているという例もあるようなので・・・

  CNET
  Airplane seat cameras could be your new spy in the sky
  February 19, 2019 3:06 AM
  https://www.cnet.com/news/airplane-seat-cameras-could-be-your-new-spy-in-the-sky/

  Forbes
  Feb 19, 2019, 11:46pm
  Singapore Airlines Under Fire For 'Surveillance Cameras' In Inflight Entertainment Screens
  https://www.forbes.com/sites/zakdoffman/2019/02/19/singapore-airlines-under-fire-for-surveillance-cameras-in-inflight-entertainment-screens/#47f208a91650

  CNN travel
  Can airplane seat cameras spy on passengers?
  Updated 3rd March 2019
  https://edition.cnn.com/travel/article/airplane-seat-camera-intl/index.html

 

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

電信信号の特許?

 一寸旧聞になりますが、以下の記事を見かけました。

  6月20日は「モールスが電信信号の特許を取得した日」
  2021/06/20 20:01
  https://note.com/sakaimisato/n/n632365e233cd

 趣味でアマチュア無線をやっており、たまに電信(CW)も使うので、一寸気になって読んでみました。
 対象となっているのは、米国特許US1647Aのようです。
 Espacenetのリンクが張ってあったので、明細書を見てみました。

  US1647A
  https://worldwide.espacenet.com/patent/search/family/002061934/publication/US1647A?q=pn%3DUS1647A

    IMPROVEMENT IN THE MODE OF COMMUNICATING INFORMATION By SIGNALS BY THE APPLICATION OF ELECTRO-MAGNETISM.
    Patented 1840-06-20
    SAMUEL F. B. MORSE

 電磁気を利用した通信モードの改良に関する特許のようです。
 クレーム(特許請求の範囲/請求項)を見ないと話が始まらないので、確認しようとしたのですが、OCRの誤認識が多くて内容が良く判りません。
(全9クレーム。クレーム1抜粋)
1. The formation and. arrangement of --the SeVeral parts of mechanisni constituting the typ4-rnle, the straight port-riae, the circular port-rule, the two's ' ignal-levers,'afid the-register-lever, and alarm4ever, with. its haininer, 4 levers one or more armatureSor an electromagnet, and as said parts are severally 46scribed in the foregoing
specification..

以下の注記があったので、オリジナルを探してみました。
 "Data originating from sources other than the EPO may not be accurate, complete, or up to date."

 安直にGoogle Patentで調べようとしたのですが、こちらの方もOCRの精度が低いみたいです。

  Google Patent
  https://patents.google.com/patent/US1647A/en?oq=US1647A

(全9クレーム。クレーム1抜粋。)
1. The formation audarrangement of vthe several parts of mechanism constituting theV Ityp-rule, the straight portfrule, the circular -port-rule, the two signal-levers,`and theregister-lever, and alarm-lever,
or hemp, and then dipping them into a solution of caoutchouc, or into a hui l vas combining respectively with each of said scribed in the foregoing speciiication.

 詳細はよく判りませんが、メカに特徴があるようです。
 Cited By (4)となっていますが、21世紀の出願に対してこの明細書が引用されたら一寸びっくりするかもしれません。
   IDSで出すこともないと思いますが・・・

 念のために、USPTOでも調べてみました。

  Search for patents
  https://www.uspto.gov/patents/search

  Searching PDF Image Patents (Since 1790)
  US Patent Full-Page Images
  https://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/patimg.htm

  Patent #: US000001647
  https://pdfpiw.uspto.gov/.piw?Docid=1647&idkey=NONE&homeurl=%252F%252Fpatft.uspto.gov%252Fnetahtml%252FPTO%252Fpatimg.htm

  図面を見ると結構複雑なメカです。
  また、符号は現在のモールス符号とは異なっています。

Us1647-figp1

Us1647-figp2

Us1647-figp3

 

 残念ながらOCRのテキストは無いようです。

 仕方がないので、原文のクレーム1の部分を拡大してみました。

US1647 Claim 1
Us1647-claim-1_a
Us1647-claim-1_b

 人間であれば、100%の精度で読める程度の印刷滲みです。
 場合によっては、安い自然知能の方が役に立つ?

 発明自体の内容は良く理解できていませんが、クレームの構成要素から判断するとメカメカの特許のように思われます。
 記事には「電信信号の特許を取得」とあったので、信号フォーマットの特許かと思ったのですが、そうではないようです。
 調べ始めると裁判などの話が出てきて頭が痛くなりますが、この特許はモールス符号の基礎となったということのようです。


【参考外部リンク】
信号のみでは特許取得が可能である内容とはならないという米国連邦巡回控訴裁判所による判決
https://www.oliff.com/wp-content/uploads/2013/01/11-06-07-In-Re-Nuijten-_Japanese1.pdf

On June 20, 1840, Samuel F. B. Morse was granted U.S. Patent No. 1,647A, “IMPROVEMENT IN THE MODE OF COMMUNICATING INFORMATION BY SIGNALS BY THE APPLICATION OF ELECTROMAGNETISM.” This invention later led to the creation of Morse Code.
https://suiter.com/patent-history-electric-telegraph-morse-code/

WIRED
June 20, 1840: A Simple Matter of Dots and Dashes
Samuel F.B. Morse receives a U.S. patent for his dot-dash telegraphy signals, known to the world as Morse code.
https://www.wired.com/2011/06/0620morse-code-patented/

 

【2021.07.02追記】
morse vs sms
May 26, 2015

 

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

無線充電技術「GuRu」に関係するかもしれない米国公開特許

 一寸旧聞になりますが、以下の記事を見かけました。

  CNET Japan
  モトローラ、OTAワイヤレス充電技術のGuRu Wirelessと提携
  2021年05月13日
  https://japan.cnet.com/article/35170655/

 この記事によれば、3m以上離れたところからスマホ等に電力を送ることができる可能性があるとのことです。
 ミリ波帯を使用するようなので、単純に考えると周波数は30GHz~300GHz(EHF)ということになります。


 現在、実験用(遊び用)にメインで使用しているHuawei Mate 20 Proは、Qi規格のワイヤレス充電に対応しているので中々便利です。

【(01)Huawei Mate 20 Pro ワイヤレス充電中】
01huawei-mate-20-pro

 ワイヤレス充電(無線給電)の有用性は実感していますが、趣味で無線をやっていると、充電用に使用される電波の漏洩信号が気になります。
 現在使用している広帯域受信機は、SDRplay RSP2ですが、受信周波数範囲は1kHz~2GHzなので超広帯域です。

 周波数が高い方は、ノイズやスプリアスの影響は比較的少ないですが、JJYやWWVBが使用している40~60kHzは正体不明のノイズが多いです。
 エアコンや照明器具にインバータが使用されていることがあるので、これらがノイズ源となる可能性があります。
 特に最近はワイヤレス充電用の電波も無視できません。
 以前、Qi無線充電器からの漏洩信号の受信実験をしたことがあります。

  2018年7月22日 (日)
  Qi無線充電器からの漏洩信号
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2018/07/qi-50c3.html

 漏洩信号は、100~200kHzの範囲で移動しているので、135kHzのアマチュアバンドを使用する場合は影響があるかもしれません。


 話が脇道に逸れましたが、本題のGuRuは、上記CNETの記事によれば、ミリ波帯を使っているようです。
 しかしながら、GuRuのサイトを見ると、24GHzを使っているようなことが書いてあります。

  Technology
  https://guru.inc/technology-2/
  Millimeter Wave Operation
 "GuRu is the only wireless power solution operating in the millimeter wave spectrum – 24GHz frequency – enabling an unprecedented level of miniaturization and efficiency for power"

 また、下記の記事によれば、ISM band (24.0-24.25GHz)が使用されているようです。

  ZDNet
  Always be charging: Can GuRu be the Wi-Fi of power?
  https://www.zdnet.com/article/always-be-charging-can-guru-be-the-wi-fi-of-power/
  "According to its founders, GuRu's technology is compliant with the definition of an ISM device and is operating in an internationally recognized ISM band (24.0-24.25GHz)."

 送信アンテナを自作したことがあるHF(3.5, 7, 14, 21, 28MHz)、VHF(50, 144MHz)、UHF(430MHz)であれば、周波数と波長の関係はすぐに判ります(50MHz → CQ 6-meter)が、SHFやEHF等のなじみのないバンドではピンときません。


 GuRuは24GHzを使っていると思われるのに、"operating in the millimeter wave spectrum"と書いてあるのがよく分かりません。
 下記の資料を見ると、24GHzはマイクロ波(SHF)に含まれています。

  総務省電波利用ホームページ
  周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴
  https://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/freq/search/myuse/summary/

 「マイクロ波」ではインパクトが小さいので、『ミリ波』に近い「マイクロ波」(24GHz)を意図しyている?

 
 話があちこちに飛びますが、GuRuの資料を読んでいるとGuRuの胆は、Smart LensingやRF Lensingにあるような感じがします。

  Technology
  https://guru.inc/technology-2/
  Smart Lensing
"A fundamental departure from previous power transfer methods, GuRu employs proprietary “Smart Lensing” technology that enables the use of focused energy beams for highly efficient power transfer. Smart Lensing” pinpoints specific targets for power delivery rather than flooding an entire room with wireless energy."

  GuRu
  https://guru.inc/technology/
  RF Lensing
"Radio Frequency Lensing allows us to send concentrated beams of radio frequency through the air, and to your devices. Radio wave energy is generated in the GU, and then it is refracted and channeled into highly focused beams, which reach and power your devices. This refraction of radio frequency into beams is similar to how a magnifying glass works—how diffuse light is collected, refracted, and then focused on a small point in space."

 当方の超大雑把な理解では、GuRuは、ビームフォーミングとビームステアリングを行うWi-Fiルータの大電力版(電力伝送版)のような感じで、ピンポイントでターゲット(Ru:Recovery Unit)を狙い撃ちするようです。
 Ruは、一般的にはRectenna(Rectifying Antenna)と呼ばれるデバイスと同様な機能を果たしているように思えますが、詳細は判りません。

  レクテナ
   https://www.japan-pcb.info/pickup/?m=entry000182
   https://www.den-gyo.com/labo/report/report02.html

  Rectenna(Rectifying Antenna)
   https://idstch.com/technology/electronics/rectenna-rectifying-antenna-critical-technology-wireless-power-systems-powering-military-drones-receiving-solar-power-satellites/

 

 受信側の話はとりあえず横に置いておいて、RF Lensingの詳細がよく分からないので、安直にGoogle Patentで調べてみました。

  Google Patent
  https://patents.google.com

 なお、Google Patentを業務で使用することを禁止している企業もありますが、個人が趣味で調べる範囲であれば問題ないと思われます。

 検索のキーワードは、これも極めて安直に"RF Lensing"を使いました。

  https://patents.google.com/?q="RF+Lensing"&oq="RF+Lensing"

 GuRuに関係しそうな特許が何件かヒットしました。
 検索結果のリストのトップの特許がRF Lensingに関係がありそうです。譲受人はCalTechです。

  US20180233964A1
  Smart RF Lensing: Efficient, Dynamic And Mobile Wireless Power Transfer
  Current Assignee California Institute of Technology CalTech
  https://patents.google.com/patent/US20180233964A1/en?q="RF+Lensing"&oq="RF+Lensing"
  Download PDF:
  https://patentimages.storage.googleapis.com/f8/05/07/d998e30b26e0e1/US20180233964A1.pdf

 図面と公開クレームをざっと見た範囲ではRF Lensingに関係がありそうです。
 なお、この米国公開特許は、ラフな検索でたまたま見つかったものであり、関連する他の特許が存在する可能性があります。また、権利関係は確認していません。


What is claimed is:
1. An RF lens comprising:
a plurality of radiators configured to radiate electromagnetic waves to construct a scattering behavior of one or more objects present in the path of the electromagnetic waves radiated by the RF lens.
2. The RF lens of claim 1 wherein said plurality of radiators are configured to vary phases of the electromagnetic waves to compensate for the constructed scattering behavior so as to wirelessly power a first device positioned away from the RF lens.
3. The RF lens of claim 2 further comprising tracking a position of the first device in accordance with the constructed scattering behavior.
4. The RF lens of claim 2 further comprising varying phases of the plurality of radiators in accordance with the constructed scattering behavior so as to cause the scattered waves to power the first device.
(以下省略)

 この特許では、"RF lens"という用語を使っていますが、実施例を見た範囲では誘電体を使用した通常の電波レンズではなく、フェーズドアレイアンテナのような感じがします。

  ミリ波レンズ Millimeter Wave Lens
  http://keycom.co.jp/jproducts/mms/mms6/miriha%20renzu.htm

  5G ミリ波
  フェーズドアレイアンテナ
  https://mmwavetech.fujikura.jp/ja/assets/pdf/White_Paper_Phased_Array_Antenna_MW96-11-21-0001.pdf

 明細書はざっと見ただけなので、理解が間違っているかもしれません。
 後でゆっくり読んでみます。

 細かい話ですが、図面を見ていて、一寸気になった点があります。
 FIG. 10に利用形態が描かれているのですが、mobile device 320を耳に当てた状態で充電が行われています。

【US20180233964A1 FIG. 10】
02us20180233964a1-fig10


(以下、US20180233964A1から抜粋引用)
--------------------------------------------
[0022]
FIG. 10 is a schematic diagram of an RF lens concurrently charging a pair of mobile devices and a stationary device, in accordance with one exemplary embodiment of the present invention.

[0057](抜粋)
FIG. 10 shows RF lens 200 wireless charging mobile devices 320, 325 and stationary device 330 all of which are assumed to be indoor.
--------------------------------------------


 下記のデモ動画では、手が検出されると送信が停止していますが、FIG. 10では手に持ったmobile device 320に充電が行われています。

  GuRu Technology Sampler
  https://vimeo.com/445559999


 下記の記事によれば、部屋に入るだけで充電開始になるので、スマホで電話しながらGuRu対応の部屋に入った場合に、映画Matrixの"Dodge this !"状態にならないといいのですが・・・

  Gizmodo
  スマホのワイヤレス充電、パッドに置かずとも部屋に入るだけでスタート可能に!
  2021.05.21 18:00
  https://www.gizmodo.jp/2021/05/motorola-guru.html#cxrecs_s

 ウルトラペンシルビームなら、スマホのレクテナ部分のみにビームを照射して、手や側頭葉には照射しないというような高度な制御が可能?
 以下の説明を見ると、スマホを使用しながらの充電は難しいような気がしますが、正確なところは良く判りません。

  Technology
  https://guru.inc/technology/
  Human-Centered Design
"GuRu’s sensing technology and safety interlocks pause energy beams within milliseconds, if a person or pet approaches a beam’s path."


 なお、特許明細書の「実施例」と現実の「実施例」が完全に対応していることは少ないので、FIG. 10は単なるお話ということなのかもしれません。

 思いつくままにだらだらと書いてきましたが、ノイズとしての漏洩信号の観点から考えると、周波数が24GHzであれば、趣味の無線受信にはあまり影響はないかもしれません。
 ただし、使用周波数が24GHzという非常に高い周波数であり、また、伝送電力が数Wという今までの漏洩信号とは桁違いの大電力なので、安全性が一寸気になります。
 感覚的には、結構ハイパワーのマイクロ波/ミリ波が部屋の中を飛び回ることになるので・・・

 以下の資料には、「超高周波数(ミリ波、サブミリ波)の影響」についての記載がありますが、2018年の時点では結論を出せる段階にないということのようです。

  生体電磁環境に関する検討会 報告書案
  先進的な無線システムに関する電波防護について
  2018年2月
  先進的な無線システムに関するワーキンググループ
  https://www.soumu.go.jp/main_content/000534918.pdf
  3.1.4. 超高周波数(ミリ波、サブミリ波)の影響
「したがって現時点の見解としては一次報告書の時点と変わらず、超高周波数帯の健康影響については、現時点では結論を出せる段階にない。今後、体系的でかつ幅広い周波数帯を対象とした研究の早急な実施が望まれる。」(抜粋)

 

 安全かつ便利になるように技術が進歩するのは大歓迎です。


【参考外部リンク】
 総務省
 電波の人体に対する影響
 https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/jintai/

 Effect of radiofrequency radiation from Wi-Fi devices on mercury release from amalgam restorations
 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4944481/

| | コメント (0)

2021年5月 9日 (日)

CZ-5B R/Bの大気圏突入位置

 ニュースによれば、CZ-5B R/Bの突入位置が判明したようです。

  abcNEWS
  Chinese rocket updates: Debris splashes down in Indian Ocean
  https://abcnews.go.com/International/chinese-rocket-updates-tracking-massive-debris-uncontrolled- reentry/story?id=77575214

"The official China Aerospace Science and Technology Corporation, meanwhile, said on Weibo it had reentered the Earth's atmosphere at 10:24 p.m. ET and provided coordinates: around 72.47° east longitude and 2.65° north latitude. Those coordinates would put it in the northern Indian Ocean, near the Maldives."


2.65N 72.47E をGoogleに入力してみました。

【CZ-5B R/B reentry 2.65N 72.47E】
Cz5b-rb-reentry-265n-7247e


 モルジブの北方で大気圏に突入した模様です。
 スリランカにも一寸近いかも?
 前回のCZ-5B R/Bの無制御落下の例では、大気圏突入位置から進行方向側に2100km離れた地点に残骸が落下したようですが、今回はどうでしょうか?

  UNCONTROLLED REENTRY: WHY CHINA “JUST NOT CARING” IS A HUGE PROBLEM FOR SPACE
  https://www.inverse.com/science/long-march-5b-uncontrolled-reentry


 物損を含めて被害が出ていないことを祈ってます。

 

追記:
【日本上空を通過するCZ-5B R/B】

 当然ですが結構速いです。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

長征5Bロケット(CZ-5B R/B)が制御不能状態で帰突入

 ニュースによれば、近日中に長征5Bの残骸が落下してくるようです。

  engadget
  長征5Bロケットは5月8日にも大気圏に再突入。しかしリスクは「非常に低い」と専門家
  https://japanese.engadget.com/chinese-rocket-falling-053030340.html?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAALwA4C3sqnbVIryGZa_h6cPCF6r7HNnoCJiAdWgEedVqhdk8hcVysvOkrLNL0OfZ_oEft9j2-nWaM0lPjv2YZTH5ySvpptoLYHRb45AC9ynP7jgK9C8GNdHUlj4K0sk-BN16kgCabaXuw8fOd4ufi2mC_Quw8y-7tazVua2EKdqJ

  BBC
  Big Chinese rocket segment set to fall to Earth
  https://www.bbc.com/news/science-environment-57013540

 危険性は少ないようですが、過去にはCZ-5Bのデブリが村落の近くに落下したという事例もあるようなので、完全に「杞憂」という訳ではないかもしれません。

  ABC NEWS
  An out-of-control Chinese rocket is hurtling back to Earth. When will we know where it's going to land?
https://www.abc.net.au/news/science/2021-05-06/chinese-long-march-5b-rocket-tracking-landing-space-junk/100118380
  "It landed in the Atlantic Ocean, but debris from the rocket landed near a village on the Côte d'Ivoire in West Africa. Luckily, there were no casualties."
  "a number of objects were photographed near the African village when the prototype CZ-5B rocket crashed back to Earth last year."


 下記の記事によれば、CZ-5B R/Bの軌道が判るということだったので、調べてみました。

  2021年05月07日 11時07分乗り物
  中国の長征5Bロケットが「制御不能状態」で地球に落下してくる見込み、現在位置はここ
  https://gigazine.net/news/20210507-chinese-rocket-crash-long-march-5b/

  OrbTrack
  https://www.lizard-tail.com/isana/tracking/?catalog_number=48275

 丁度、北海道の上空を通過していました。

【CZ-5B R/B】
Cz5b-rb


 アマチュア無線の人工衛星からのビーコン信号を受信するときに時々利用している下記のサイトでも軌道を見ることができます。

  N2YO
  https://www.n2yo.com/satellite/?s=48275

 近地点、遠地点のデータが判るので、これを見ていれば落下開始が判るかもしれません。
 TLEのデータもあるので、CALSAT32に設定しておけば、日本に近づいたときにアラームを鳴らすことができるかも・・
 
  Two Line Element Set (TLE):
  CZ-5B
  1 48275U 21035B 21127.35968879 .03146783 77539-5 34920-3 0 9994
  2 48275 41.4660 169.9008 0070505 234.0645 125.4973 16.27719023 1306


 そのうち正確な落下地点が予測されると思われますが、近くに落ちないように天に祈ってます。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

高裁判決では外付機器によるテレビの契約免除は無理なようです

ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  デイリー新潮
  NHK受信料は税金と同じ扱い? イラネッチケー控訴審で書かれた理解不能な判決文
  国内 社会 2021年3月4日掲載
  https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03040600/

 記事の中に以下のような記載があります。
 「例えNHKが映らなくても、電波を増幅させるブースターを使えばNHKを視聴できるから、契約義務が生じる」


 内容がよく理解できないので、関連のニュースを調べてみました。

  NHK
  東京高裁「NHK受信できなくする機器取り付けても契約義務」
  2021年2月24日 18時11分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210224/k10012883761000.html
  「NHKの放送を受信できなくする機器を取り付けたとしても、機器を取り外したり機能させなくしたりすることによって、放送が受信できる状態になる場合は、NHKの放送を受信できる設備に当たる」

  時事ドットコムニュース
  視聴できぬテレビも契約義務 NHKが逆転勝訴―東京高裁
  2021年02月24日17時31分
      https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022400877&g=soc
  「NHKを視聴できなくする機器をテレビに取り付けても、元に戻せる場合は契約締結義務を負う」
  「ブースターや工具を使えばNHK放送の視聴が可能になる」

 正確なことは判決文を見ないと判りませんが、ニュ―スで報道された範囲の情報で判断すると、外部環境とは無関係に、テレビ自体が「協会の放送を受信することのできる受信設備」である場合には、契約締結義務を負うということのようです。

  放送法 第六十四条(受信契約及び受信料)
  https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=325AC0000000132

 

テレビ自体がテレビ本来の機能を有している場合にはアウトということのようですが、以下の場合はどうなるのでしょうか? (今となっては机上の空論ですが・・・)

 特定のチャンネルが見えないようにするという要望は今に始まったことではなく、真空管式の白黒テレビのことから存在しています。
 当時のテレビのチューナは、各チャンネルごとに用意された複数のセグメント(通常12個)が回転ドラムの周囲に着脱自在に取り付けられているターレット方式のものが多かったです。
 昔の真空管式テレビは、真空管の交換が必須なので、内部部品へのアクセスが簡単でした。 
 電気や無線に興味がある人であれば、チューナから特定チャンネルのセグメントを取り外して作業完了です。取り外したセグメントをハンマーでたたきつぶして、破壊の写真を撮っておけば何かの役に立つかもしれません。
 自分は実施したことはありませんが、そのような話をしている人がいました。
 この方法であれば、簡単には現状復帰は不可能なので、「協会の放送を受信することのできる受信設備」に該当しなくなるかもしれませんが、家族の誰かが修理に出せは、元通りになってしまいます。
 チューナの型式は、メカニカルチューナ(ターレットチューナ、ディテントチューナ)→電圧シンセサイザ→PLLシンセサイザと進化してきたので、現時点ではテレビの内部で特定チャンネルの受信を不可にするのは難しいかもしれません。
 スキルがあればファクトリモードでファームウエアの書き換えが可能なのかもしれませんが・・・
 通常のPROMだと現状復帰が可能なので、免除は認められない?

 なお、上記判決のロジックが「テレビ自体がテレビ本来の機能を有している場合にはアウト」ということであれば、例えば、以下の公開特許(未請求取下)のような本体内で処理しているようなテレビはセーフなのでしょうか?
2007174694

 

 

【蛇足】
 以前、下記の記事をネタにしてブログを書いたことがあるのですが、記事の中の「NHKが映らないテレビは特許上、作ることができず」(改訂版では削除)の「特許上、作ることができず」の部分を特定の特許の権利侵害の話だと思い込んで大恥をかいてしまいました。

  受信料“拒否”可能に? 「NHKだけ映らないアンテナ」の波紋
  公開日:2015/04/08 07:00 更新日:2016/10/17 04:37
  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158752

 ご指摘があり、ライセンス拒否の可能性の話だと理解しました。
 公序良俗(?)に反するようなテレビには、特許管理会社からライセンスされない可能性があるので、そのようなテレビの製造や販売は難しいかもしれません。
 ただし、規格必須特許のライセンスの場合には、FRAND(fair, reasonable and non-discriminatory)条件というのが存在するようなので、拒否されたら裁判という手があるかも?

 

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

ボストンダイナミクス社がロボットにダンスを教えた方法(IEEE)

 Amazon Echo Show 5で"All the Best Oldies"を聞いていたら、聞き覚えのある曲が流れてきました。
 Alexaに曲名を尋ねてみると、The Contoursの"Do You Love Me"という曲でした。
The-contoursdo-you-love-me


 耳に残っていたのは、最近下記の動画を何回が見たためかもしれません。

BOSTON DYNAMICS
Do You Love Me?
Dec 29, 2020

 素早い動きと、重心が移動したときのバランスが凄いです。
 とてもロボットとは思えないような動きです。
 コメント欄には、「CGだ」という書き込みが見受けられますが、下記のIEEEの記事を見ると本物のようです。

  IEEE SPECTRUM
  07 Jan 2021 | 14:00 GMT
  How Boston Dynamics Taught Its Robots to Dance
  (DeepL翻訳:ボストンダイナミクス社がロボットにダンスを教えた方法)
  https://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/humanoids/how-boston-dynamics-taught-its-robots-to-dance

 原理的には、産業用ロボットと同様に作業動作を教え込めば良いような気がしますが、飛んだり跳ねたりするロボットの動作に対しては普通のティーチングの手法は適用困難のように思われます。

(以下、上記URLから抜粋引用)
-------------------------------------
What is unique about this video from Boston Dynamics is the artistic component, much of which came through a collaboration with choreographer Monica Thomas (you can see more of her work here).
(DeepL翻訳:このボストン・ダイナミクスのビデオでユニークなのは、その多くが振付師モニカ・トーマスとのコラボレーションによる芸術的な要素であることです(彼女の作品の詳細はこちらでご覧いただけます)。
-------------------------------------
Once we had the final sequence that you see in the video, we only filmed for two days. Much of that time was spent figuring out how to move the camera through a scene with a bunch of robots in it to capture one continuous two-minute shot, and while we ran and filmed the dance routine multiple times, we could repeat it quite reliably. There was no cutting or splicing in that opening two-minute shot.
(DeepL翻訳:ビデオにあるような最終的なシークエンスができてから、撮影にかかったのは2日間だけでした。その間の多くの時間は、2分間の連続したショットを撮影するために、ロボットの群れがいるシーンの中をカメラをどう動かすかを考えることに費やされました。オープニングの2分間のショットには、カットやスプライシングは一切ありませんでした。)
-------------------------------------

 最後の方にアクチュエータの話が出てきます。


 下記の資料によれば、ATLASは、28個の関節部分をhydraulic power unit(油圧アクチュエータ?)を使って駆動しているようですが、あのダンスの動きは一寸驚きです。

  ATLAS
  https://www.bostondynamics.com/atlas


 別の観点から見ると、あの速さで追いかけられたら恐ろしいかも・・・

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

嫦娥五号の国旗掲揚装置(国旗展示系统)

 一寸旧聞になりますが、嫦娥五号関連ということで・・・
 
 ネットニュースで以下の記事を見かけましたが、旗のサイズが気になりました。
 
  中国が月面に国旗掲揚、2カ国目 サンプル採取にも成功
  2020年12月5日
 
 上記記事では、「国旗は縦90センチ、横2メートルで重さは約1キロ。」となっていますが、なんか変です。
 縦90センチ、横2メートルということは、横長のかなり大きな旗ということになりますが、このサイズの旗を月面で展開するのは相当困難であるように思われます。
 縦横のアスペクト比が約1:2になりますが、五星红旗のアスペクト比は、記事の写真にあるように一般的なものだと思われます。また、重さが約1キロというのは、あり得ないように思われます。
 
 
 以下の記事を見て数値の意味が判りました。
 
   骄傲!月球上亮出五星红旗
  2020年12月04日 09:08 中国网
 
 (以下、上記URLから抜粋引用&機械翻訳)
-------------------------------------------
 嫦娥五号五星红旗平面运动包络将近2000mm×900mm,整个系统的重量只有1公斤。马威表示,选择这样的旗面尺寸是研制团队经过综合考虑的结果,目的是尽量突出视场效果,让相机拍出来的照片既能看到月表、深空,也能看到着陆器;如果五星红旗太大或太小,照片均无法呈现出丰富的元素。
 
[DeepL翻訳]長江五星紅旗機の運動包囲は2000mm×900mm近くあり、全体の重量はわずか1kg。 マ・ウェイ氏によると、このような旗の大きさの選択は、カメラで撮影した写真に月面と深宇宙、着陸船の両方が見えるように、できるだけ視野効果を強調するために開発チームが総合的に検討した結果であり、五つ星の赤い旗が大きすぎたり小さすぎたりすると、写真に豊かな要素が表現できなくなるという。
[Google翻訳]Chang'e-5の五つ星の赤い旗の平面運動エンベロープはほぼ2000mm×900mmであり、システム全体の重量はわずか1kgです。 Ma Wei氏は、このフラグサイズの選択は、開発チームによる包括的な検討の結果であると述べました。目的は、カメラで撮影した写真が月面、深宇宙、着陸船を見ることができるように、視野効果を可能な限り強調することです。 5つ星の赤い旗が大きすぎたり小さすぎたりすると、写真に豊かな要素が表示されません。
-------------------------------------------
 
 2000mm×900mmというのは、可動部品の移動範囲ということで、他の部品や構造物との干渉(衝突)を避けるために、この範囲はクリアな空間である必要があるということだと思われます。
 1kgも、システム(国旗展示系统)全体の質量であるということであれば納得できます。
 
 また、上記記事のGIF動画を見ると、旗が掲揚される様子が判ります。
 動画からは旗が展開される様子はよく判りませんが、そのうち調べてみたいと思います。
 
 
 また、以下の記事の写真を見ると、旗の実寸が想像できます。
 
  嫦娥五号月面五星红旗用了哪些高科技?
  [DeepL翻訳]長江5の月面の五星紅旗には、どんな高度な技術が使われていたのでしょうか?
  [Google翻訳]Chang'e 5の月面にある5つ星の赤い旗はどのような高度な技術を使用しましたか?
  2020年12月04日 07:48 
 
 一般的には、可動部品の数が増えると故障の確率が高くなると思われるので、なるべく部品数を減らすことが多いですが、この国旗展示系统にはかなりの設計パワーが注入されたみたいです。

 

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

嫦娥五号帰還モジュール回収時の動画

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。
 
  月のサンプル、44年ぶり地球に 中国の探査機が帰還
  2020年12月17日 3時52分
 
    月の土持ち帰った中国、めざす「宇宙強国」 有人計画も
    2020年12月17日 11時27分
 
 
 
 上記記事には嫦娥五号帰還モジュールの写真が掲載されているのですが、照明が一寸不思議な感じです。
 光は上から当たっているのですが、固定光源ではなくて、ヘリからの照明のような感じもします。
 
 回収時の様子が判る資料がないかと思って探してみたら、以下の動画を見かけました。
 約3時間あります。
 
    YouTube
    [直播]嫦娥五号返回特别报道 [Live]Chang'e-5 Reentry Special Report

    https://www.youtube.com/watch?v=bLW248jCxmc
 
 
 中国語は判らないので、映像から想像しました。
 現時点では2時間バージョンになってました。20:44 2020/12/18)
 括弧内は、2:05:23バージョン。
 
1:17:35(00:28:18) 回収車?
1:20:35(00:31:15) 嫦娥五号帰還モジュール
1:21:37(00:32:14)  動物?(画面右下から左下に移動)
Animal2
  
1:30:06(00:40:46) 作業員(カメラマン?)
1:31:25(00:42:08) ヘリ
1:33:36(00:44:16) ヘリからの照明を受けた帰還モジュール(記事の映像はここから?)
1:44:31(00:54:31) "24"のような赤外線映像?
            (01:01:01) 齧歯類?  砂狐だそうです。
1:51:28(01:02:07) 五星紅旗
2:34:11(01:44:56) パラシュート
 
 国家的事業なので、番組の力の入れ方も相当なものですね。
 回収したサンプルの含水量はどうでしょうか?
 
 
 下記の記事によれば、月面の光が当たっている部分にも水が存在するようです。
 
  Oct. 27, 2020
  NASA’s SOFIA Discovers Water on Sunlit Surface of Moon
 
 
 
 日本も月面燃料工場の構想があるようです。
 
  「月面燃料工場」2030年代に実現 JAXA構想、水から水素製造・現地調達
  2020.9.29 09:10
 
 
 
 
  嫦娥五号の全体の流れが良く分からなかったのですが、下記の資料の絵を見るとなんとなく判るような気がします。
 
  中国首次向月球发起返航任务
  发表于 2020年11月25日 北京时间 星期三 上午 12:34:12
 
 
【2020.12.19追記】
 赤外線画像に写っていた動物は「沙狐」だったようです。
 
  科普了,嫦娥五号着陆时守卫在旁的小精灵,草原的守护者:沙狐 
  [DeepL翻訳]科学、嫦娥5号上陸時に見張りに立ったエルフ、草原の守護者:砂狐 
  2020-12-17 19:05

 

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

一部の労働者は電波が聞こえる?

  「マイクロ波聴覚効果」の関連ネタです。
 
 トンデモ系の話は嫌いではないので、「マイクロ波聴覚効果」の Wikipediaを見ていたら、意味が不明な部分がありました。
 説明の中に、「パルスマイクロ波放射は、一部の労働者が聞くことができる。」という記載(2020/12/08現在)があるのですが、「一部の労働者」とは誰のことでしょうか?
  後続する文「マイクロ波を照射された被験者は、クリック音やブザーのようなうなり音が聞こえることに気づく。」の中に「被験者」という言葉が出てくるのですが、「労働者」が「被験者」に対応しているとは考えにくいです。
 
 英文を見てみました。
 
  Microwave auditory effect - Wikipedia
 
 原文では以下のようになっています。
  "Auditory sensations of clicking or buzzing have been reported by some workers at modern-day microwave transmitting sites that emit pulsed microwave radiation."
【DeepL翻訳】パルス状のマイクロ波を放射する現代のマイクロ波送信サイトでは、クリック感やブザー音の聴覚が何人かの作業員によって報告されている。
 
  この説明であれば意味が明瞭です。
 パルス状のマイクロ波に曝される職場はかなり特殊であり、まず連想するのはレーダーサイトです。”sites”という単語からも連想されます。
 "some workers"は、レーダーサイトのような場所で働いている作業者(作業員)の中の一部の人を意味していると考えられます。
  また、 "some workers"は、所定の環境が設定された場所での実験に参加した訳ではなく、仕事中に偶然体験した特異な事象を報告したということだと思われるので、「被験者」とは呼べないような気がします。
 
 
 
 
【余談】
 アイ・ラブ・ルーシーのルシル・ボール(Lucille Ball)氏は、「電波が聞こえる一部の労働者」だった?!
 
 以前、好奇心で人間受信機(人体で直接電波を受信する)を調べたときにルシル・ボール氏の 話を知りました。
 
      Did Lucille Ball Use Her Fillings to Spy?
 
  Lucille Ball’s Fillings
  Did radio transmissions picked up by Lucille Ball's fillings lead to the capture of a Japanese spy?
 
  HOW LUCILLE BALL HEARD SPIES THROUGH HER DENTAL FILLINGS
 
 
 ざっと読んでみると、日本のスパイのモールスを虫歯の詰め物で受信したので通報したというような話です。
 にわかには信じがたい話ですが、本人の著書には関連する記載があるようです。
 ただし、信頼できるような証拠はないみたいです。
 当時、本人は要注意人物と見られていたので、愛国心をアピールするためにそのような話を創作したのではないかというコメントもありました。
 原理的な話としては、放送局などの高出力のAM信号の場合には、体の中に電気的な非線形特性を有する部分(ex.詰め物)があれば、振幅成分を抽出できるかもしれません。
 なお、「マイクロ波聴覚効果」は、体内組織の熱膨張により発生する圧力波が原因のようなので、非線形特性による信号発生とは別のメカニズムです。
 
 
【2020.12.09追記】
 Lucille Ball氏の話の内容が気になったので、しつこく調べてみました。
 下記の記事の中には、彼女の話の内容が記載されています。
 
  Lucille Ball’s Fillings
 
"All of a sudden, my mouth started jumping. It wasn’t music this time, it was Morse code. It started softly, and then de-de-de-de-de-de. As soon as it started fading, I stopped the car and then started backing up until it was coming in full strength. DE-DE-DE-DE-DE-DE DE-DE-DE-DE! I tell you, I got the hell out of there real quick. The next day I told the MGM Security Office about it, and they called the FBI or something, and sure enough, they found an underground Japanese radio station. It was somebody’s gardener, but sure enough, they were spies."
 
  状況は判りましたが違和感があります。
 "de-de-de-de-de-de"の部分が引っ掛かります。
 
 日本では、実際にはピピー(・ー)と聞こえる"A"のモールス符号を、会話や文章ではトツー(トンツー)と表現することが多いです。(正弦波のイメージ?) 
 
 一方米国では、下記の資料によれば、"A"は DiDaと表現されるようです。(ブザー音のイメージ?)
 
   Morse code 
 
 Diが短点(dot)でDaが長点(dash)になります。
 DEとDiは発音が似ているので、例えば、DE-DE-DE-DE(音的にはピピピピ)は、通常であれば"H"を意味することになります。
 スパイが普通のモールス符号を使って平文で送信することは考えられませんが、彼女の話を聞くとモールス符号のような信号が聞こえたという話は筋が通っているように聞こえます。
 しかしながら、通常の無線電信は、一定振幅の搬送波を断続してモールス信号を発生させているので、受信した信号を振幅検波しても、コツコツというクリック音しか聞こえません。場合によっては、ポコポコという音になることもあります。
 
 ところが、彼女の話では、DE-DE-DE-DEというようなブザー音的な音が聞こえたことになっています。
 映画やテレビの電信のシーンでは、ピーピーという可聴周波数の音が聞こえてきますが、アンテナで受信したモールス信号を振幅検波しただけでは、ピーピーという音は出力されません。
 この可聴音を発生させるためには、受信側にBFO(Beat Frequency Oscillator)やトーンキーヤー(Tone Keyer)を設ける必要があります。
  したがって、詰め物による振幅検波を想定すると、搬送波が音声信号で振幅変調されるAM放送局の音楽が聞こえても不思議ではありませんが、搬送波がパルス的に断続されるモールス信号を受信してDE-DE-DE-DE(音的にはピピピピ)という音が聞こえることは考えにくいです。
 ここから先は全くの想像ですが、電信の信号を可聴音化するためにはBFOやトーンキーヤーが必要であることを知らずに、モールス信号を受信すれば、映画やテレビで聞くのと同様な音が聞こえる筈だと想像してDE-DE-DE-DEという表現をしたのかもしれません。
 もし実際にクリック音を聞いていれば、DE-DE-DE-DEという表現にはならないような気がします。
  ただし、A電波ではなく、B電波を使用したモールス信号を受信したと仮定すると、DE-DE-DE-DEという音が聞こえたという話は筋が通るかもしれません。送信機の近所はノイズだらけになりますが・・・
 個人的には、この話は都市伝説的であるような気がします。
 
[JJYモールスの検波出力]
2011年5月18日 (水)
JJY(40kHz)検波出力モニタ用電波時計
 
[トーンキーヤーを使用したJJYモールス出力]
2017年1月18日 (水)
JJY用トーンキーヤーにTCO表示用LEDを追加
 
[BFOを使用したJJYモールス出力]
2018年12月22日 (土)
ハワイでJJYのモールスを受信
【2020.12.17追記】
 Lucille Ball氏が、インタビューでモールスの話(03:15~04:00)をしている下記の動画がありました。
 
  Dick Cavett - Lucille Ball fillings
 
 話を声で聞くと、"DE-DE-DE-DE"という文字で表現された音は、必ずしもブザー的な音ではなく、神経への刺激や筋肉の痙攣を表現しているようにも思えます。
 
 事実はどうだったのかは、依然判りませんが・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧