2020年10月31日 (土)

MQ-9 Guardian UAVのデモ動画

  ネットニュースで以下の記事を見かけました。
 
  朝日新聞デジタル
  外国船監視に大型無人機 「富士山頂から地上わかる」
 
 この記事には、「富士山の頂上から地上の車がわかるほど」と書いてありますが、あまりイメージが湧きません。
 実際に富士山の頂上から見た場合の話なのか、距離(約4000m)の比喩なのかよく判りません。
 機体の性質上、解像度の詳細は公開されないのが普通かもしれません。
 
 下記の資料にはもう少し詳しい説明がありました。
 
  NHK WEB
  「無人航空機」 その目は何を…
  2020年10月31日 5時01分
 
 この記事には、高度3000m以上で撮影したと思われる長さ95メートルの船の写真がありました。
 「倍率を上げると、おおまかな船の構造も見てとることができます。」とのことです。
 なお、この記事では、「具体的な視認精度は言えないが、富士山の頂上から車を識別できる程度の能力はあった」と記載されているので、説明の意味は大体理解できました。
 
 とは言っても、素人の好奇心で実際はどの程度のものか一寸見てみたいです。
 関連ありそうな資料を探していたら、下記の動画を見かけました。
 
 
  MQ-9 Guardian UAV , May 10 Demo Flights , Iki island, Japan - 壱岐諸島 - General Atomics promo video
  May 22, 2018

 

 10:00~10:12の映像(突堤のパターンから判断すると馬渡島?)を見るとズーム比が非常に大きいことが判ります。
 撮影データはマスクされているので、ターゲットとの距離は判りませんが、「24」の世界?
 
 無線お宅的には、ADS-Bが気になりますが、下記の資料によれば、機能としては備えているようです。
 
    MQ-9B SeaGuardian
 
  NHK WEBに書かれている飛行エリアを見る限りでは、信号を出しているとしても自分で受信するのは難しそうですが・・・
 
 

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

B747(2機)とCessna 525の周回飛行(dump 1090+VirtualRadar)

 今朝、3段コリニアナアンテナ+SDRPlay RSP2+dump 1090+VirtualRadarの組み合わせで、ADS-B Mode A/Cの受信テストをしていたら、周回飛行をしている機体がありました。

【dump 1090+VirtualRadar表示画面(GIF)】
(画像を左クリックでアニメーション開始。「×」で戻る。)
Virtualradar-holding


 早朝からホールディングということもないだろうし、飛行パターンも違います。
 レジがJA010Gだったので調べてみたら、航空局の検査用機体(Cessna 525)でした。

 この機体は、港区上空を低空で飛んでいるのを何回か見たことがあります。

 画面を見てみると、Cessna 525の他にAtlas AirのB747が周回飛行をしています。
 こちらは通常のホールディングパターンのようにみえますが、横田基地への着陸待ちでしょうか?

 Atlas Airが消えたと思ったら、今度はKalitta AirのB747の周回飛行が表示されました。
 Kalitta AirのB747は低空で飛んでいるのを見たことがありますが、この時間帯(6~7 AM)は着陸が混む時間なのでしょうか?

 dump 1090の画面(黒背景)には表示されるけれどもVirtualRadarには表示されない機体もあるし、その逆もあります。
 dump 1090のMode A/C信号には、時々正体不明のものが表示されるので中々面白いです。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

Blue Impulse_Two,Three,Four,Five,Six

 本日のブルーインパルス航過飛行は、残念ながら距離の関係で実物を見ることはできませんでした。
 以前、ブルーインパルスの飛行コースを調べて、機体が映り込みそうなライブカメラを探し、飛行時間に合わせて連続キャプチャしたら、運よくブルーインパルスが写っていたので、2匹目のドジョウを狙ってみました。

  2011年3月23日 (水)
  福岡ボートのライブカメラでブルーインパルスが一瞬見えました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2011/03/post-8f2f.html

 

 飛行コースは、航空自衛隊のtwitterで公開されていたので、これを参考にしました。

  防衛省 航空自衛隊
  https://twitter.com/JASDF_PAO


航過飛行コース
1_20200529173901

(ソース)
https://pbs.twimg.com/media/EZJR7JwU4AAgFlT?format=png&name=small


 対象エリアが非常に広いので、なくベく空が大きく映り込みそうなライブカメラを選びました。

 直接視認することはできなくても、電波は受信できるかもしれないと思って、入間のTWRの周波数で待受け受信することにしました。
 受信機は、SDRPlay RSP2とSDRunoの組み合わせです。
 10MHzの帯域内であれば、複数の周波数を同時に受信できるので、中々便利です。

 午前中からそれっぽい信号が受信できていましたが、内容はよく判りませんでした。

 12時半少し前からライブカメラの画像を見はじめたのですが、公開された地図だけでは、通過時刻がわからないので、見続けるしかありません。
 また、ライブカメラの制御可能な時間は制限されているので、途中で関係ない方向を向いてしまうことがあります。

2blue-impulse_live-camera

 1時頃まで見ていましたが、結局機体もスモークも確認することができませんでした。

 その代わりという訳ではありませんが、無線の方は比較的よく聞こえていました。
 送信は長くて2~3秒、短いと0.5秒程度なので、内容はよくわかりません。
 聞き取れたのは、"Two", "Three", "Four" , "Five", "Six"位でした。

 下のウォーターフォールの画像の下の四つの短点が"Two", "Three", "Four" , "Five"です。 
 "Six"は後続の信号と連結して長点になっています。


3blue-impulse_twothreefourfivesix_1


4blue-impulse_twothreefourfivesix_2


 ブルーインパルスを見ることはできませんでしたが、声が聞けたので良しとしましょう。

 

 COVID-19が早く終息するといいですね。

  


【公式動画】
ブルーインパルスによる感謝飛行の様子
https://twitter.com/i/status/1266229359808897024

| | コメント (0)

ブルーインパルス航過飛行@東京(2020.5.29)

 「12:30 から航空自衛隊公式YouTube チャンネルでライブ配信いたします。」とのことです。
 周波数は入間でしょうか?

Screenshot_20200529_101228_com.android.chrome
Screenshot_20200529_101228_comandroidchr

防衛省 航空自衛隊
https://twitter.com/JASDF_PAO

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

FR24で見た横田飛行場をタキシング中のAtlas Air B747

 テレワークを長くしていると、曜日や時間の感覚がなくなってきます。
 24時間365日が勤務時間・・・

 今朝、早起きして少し窓を開けて仕事をしていると、大型ジェット機の音がします。
 以前、低空を飛ぶKalitta AirのB747を見かけた時の音と似ています。

 もしかしたらと思って、flightradar24でチェックしてみると、それらしい飛行機が横田基地に着陸していました。
 丁度タキシングをしているところでした。

(1)Screenshot_20200517_064507_com.flightradar24free
1screenshot_20200517_064507_comflightrad
(位置マーカーは羽田空港です)


(2)Screenshot_20200517_064529_com.flightradar24free
2screenshot_20200517_064529_comflightrad


(3)Screenshot_20200517_064608_com.flightradar24free
3screenshot_20200517_064608_comflightrad


(4)Screenshot_20200517_064811_com.flightradar24free
4screenshot_20200517_064811_comflightrad

 


 どこの飛行機かと思って詳細データを見てみたら、Atlas Air B747-45E(N473MC)のようです。

(5)Screenshot_20200517_064712_com.flightradar24free
5screenshot_20200517_064712_comflightrad


(6)Screenshot_20200517_064624_com.flightradar24free
6screenshot_20200517_064624_comflightrad

 

  機体記号 N473MC
  https://flyteam.jp/registration/N473MC

 米国のTravis Air Force Base (Fairfield, California)から飛んできたようです。


 着陸コースは、以前見たKalitta AirのB747と殆ど同じような感じでした。

  2017年11月12日 (日)
  低空を飛ぶKalitta AirのB747を見かけました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/11/kallita-airb747.html

 

 横田基地には一度行ったことがありますが、一寸遠かったし、雨が降っていたし、C-17の操縦席に座るまでに傘をさして2時間以上待ったりしたので、老人には一寸ハードでした。

  2008年8月24日 (日)
  横田基地日米友好祭2008に行ってきました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2008/08/post_4327.html

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

Flightradar24で見かけたUFOもどき(?)のジグザグ経路

 Flightradar24(以下、FR24)を眺めていたら、飛行経路が鋭角で折り曲がっているものがありました。

【Screenshot_20200219_160130_com.flightradar24free】
Ufolike-zigzag-flight-pathflightradar24

 自前のアンテナとチューナを使用してADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)信号を受信して地図に表示する場合には、受信状態が悪いと、飛行コースが折れ線で表示されることがありますが、FR24の画面ではあまり見たことがありません。

 FR24には、機体の情報は殆ど表示されていません。
 FR24の場合には、機体の属性によっては、機体のシンボルは表示されるが情報は表示されない(Blockedと表示される)ものや、表示自体が完全にブロックされるものがあるようですが、この機体の場合には、概略の座標データは得られているようです。
 座標データをどこから得ているのかと思って詳細データを見てみると、どうもMLAT(multilateration)データのようです。

 MLATについてはよく知りませんでしたが、同一航空機からの信号を複数位置で受信して、受信時刻の差で位置を求めるシステムのようです。
 時刻差を利用する点では、一寸、GNSS(GPS等)に似ているような感じがしますが、信号のパスが異なっています。
 GNSSの場合は多点送信1点受信ですが、MLATは1点送信多点受信になります。
 落雷位置標定システムの方がMLATに似ているかもしれません。
 
下記のFR24のブログによれば、精度がかなり悪くなる場合もあるようです。

 How We Track Flights with MLAT | Flightradar24 Blog
 https://www.flightradar24.com/blog/how-we-track-flights-with-mlat/
 ”MLAT position calculations have a general accuracy of 10-100 meters and 1000 meters in the worst cases.”

 ADS-Bの場合には、座標データそのものが送られてくるので、座標は直ぐ判りますが、MLATの場合には受信時刻を正確に検出してタイムスタンプのデータを機体IDと共に位置計算センターに送信できるシステムが必要になるので、個人レベルでは難しそうです。また、業務用でも沢山は設置できないかもしれません。
 特に低空で飛行する場合には、同一の航空機の信号を同時に3台以上の受信機で受信することが難しくなるので、精度が低下する可能性がありそうです。
 FR24のブログでは、最悪1000mの誤差が生じる可能性がように書いてありますが、上記のFR24の画像をを見ると、それよりもかなり誤差が大きいような感じがします。
 もしかしたら、タイムスタンプの精度の他に他の原因があるのかもしれません。

 FR24のデータには、ICAO Hexだけ含まれていたので、これを調べてみたら、unidentifiedの状態になれることが必要と思われる機体でした。

 残念ながらUFO(unidentified flying object)ではありませんでした。UFOはIDを送信することはないだろうし・・・
 信号源のIDを必要としない落雷位置標定システムであれば、UFOの位置を検出できるかも?

【参考外部リンク】
電子航法研究所
空港面監視用マルチラテレーションについて
https://www.enri.go.jp/report/hapichi/pdf2011/H23_06.pdf

電子航法研究所
広域マルチラテレーションの基礎実験結果
https://www.enri.go.jp/report/hapichi/pdf2010/H22_Chapter3.pdf



| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

Kalitta Airの2機のB747 CargoはFairfield(CA)とSan Antonio(TX)へ

 昨日(2/16)、アトランタから約14時間かけて2機のKalitta AirのB747-4B5(F)が羽田空港に到着しました。
 この2機は、今朝(2/17)早く乗客を乗せて羽田空港を出発しましたが、無事に目的地に着いたようです。
  行先は、フェアフィールド(カリフォルニア州)とアンアントニオ(テキサス州)です。
 ベースが貨物機なので、帰国途中の機内はかなり不自由だったかもしれません。

  NHK NEWSWEB
  アメリカのチャーター機が出発 クルーズ船の乗客帰国へ
  2020年2月17日 7時09分新型肺炎
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288511000.html

  TBS NEWS
  米チャーター機、乗客を乗せ羽田空港を出発
  https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3906887.html


【ATL→HND】
01screenshot_20200216_113302_comflightra

02screenshot_20200216_120242_comflightra  

03screenshot_20200216_180700_comflightra

04screenshot_20200216_184005_comflightra

05screenshot_20200216_221757_comflightra



【HND→SUU(Fairfield)/HND→SKF(San Antonio)】
06screenshot_20200217_070227_comflightra

07screenshot_20200217_071633_comflightra

08screenshot_20200217_071743_comflightra

09screenshot_20200217_071824_comflightra

10screenshot_20200217_190102_comflightra

11screenshot_20200217_190336_comflightra

 

 

【参考外部リンク】
 U.S. Embassy and Consulates in Japan.
 Updates on Diamond Princess Quarantine
 https://jp.usembassy.gov/updates-on-diamond-princess-quarantine/

 February 16, 2020
 U.S. Embassy Tokyo
 INFORMATION FOR U.S. CITIZENS- DIAMOND PRINCESS
 https://japan2.usembassy.gov/pdfs/alert-20200216-diamond-princess.pdf

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

今朝のセスナ525Cはアーク飛行でした

 今日(1/24)も飛行検査があるようなので、もしかしたら通勤の途中でセスナ525Cの低空飛行の写真が撮れるかもしれないと思って、デジカメを持っていきました。
 22日は運よく頭の上を通過したのですが、今日のコースが判らないので、Flightradar24で確認してみると、東京方面ではなく千葉方面に進んいるようです。
 そのうち東京方面にくるかと思って、少しは空が開けている場所で10分ほど待ったのですが、寒いし、こちらに来る様子は無いので、あきらめて仕事場に行きまし。
 仕事場でFlightradar24を見ていると、下記の飛行検査日程の資料の中に説明がある「アーク飛行」をしているようです。

  飛行検査日程(令和2年1月分)  ※R1.12.27更新
  https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/duties/pdf_wecpnl/fc2001.pdf

【アーク飛行(Cessna 525C Citation Jet CJ4) 】
Screenshot_20200124_071552_comflightrada


【スクリーンショットのGIFスライド表示(時系列)】
(画像を左クリックでド表示開始)
Cessna-525c-citation-jet-cj4-gif

 

 コンパスで描いたような綺麗な円弧です。
 こんな検査があるのを初めて知りました。
 航空保安施設等(ILS等)の信頼性を確保するための作業のようです。
 飛行機は撮れませんでしたが、珍しい飛行パターンをリアルタイムで見ることができたので、よしとします。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

都心上空を低空で周回飛行するセスナ525C

 1年に1~2回、上空を通過する飛行検査機セスナ525Cを見かけることがあります。

  2018年12月27日 (木)
  低空を飛んでいる飛行検査機セスナ525Cを見かけました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2018/12/525c-3dd5.html 


 今朝(2020.1.22 7AM頃)、仕事場に行く途中で、ジェット音が聞こえたので、上空を見るとセスナ525Cが低空を飛んでいました。
 ビル街の天空率は低いので、見えたのは数秒でしたが、胴体の双発ジェットが視認できたので、多分間違いないと思います。
 音はそれほど大きくなかったので、周囲の通行人の反応はありませんでした。
 上空を見ているのは自分だけ・・・
 Flightradar24を見てみると、中部国際空港から飛来して、渋谷区、品川区、港区付近を周回しているようです。
 高度は約1000ftでした。

 以下、Flightradar24のキャプチャ画像です。
 なお、画像は時系列ではありません。

【01_港区上空を飛行】
01_screenshot_20200122_072042_comflightr


【02_全体のルート】
02_screenshot_20200122_081945_comflightr


【03_中部国際空港から飛来】
03_screenshot_20200122_075024_comflightr


 全部を確認した訳ではありませんが、羽田空港でタッチアンドゴーのような飛行をしていました。
 Flightradar24の表示では、高度が段々下がって来て、ゼロftになるのですが、直ぐに上昇するというパターンでした。
   実際は、着地しないローアプローチだったかもしれません。

【04_TOUCH? (0 ft)】
04_screenshot_20200122_073146_comflightr

and

【05_GO (1,025 ft)】
05_screenshot_20200122_073256_comflightr


【06_FR24の飛行イメージ】(東京タワーをパイロンの代わりに?)
06_screenshot_20200122_071305_comflightr


【07_羽田空港にアプローチ】
07_screenshot_20200122_081156_comflightr


【08_着陸】
08_screenshot_20200122_081831_comflightr

 

 1月30日から旅客便試験飛行が行われるようですが、頭の上を大型旅客機が飛んでいると、見慣れない人は一寸びっくりするかもしれません。
当方は飛行場が近い場所に住んだことが何回かあったので、割と慣れていますが・・・

【参考外部リンク】
Aviation Wire
羽田空港新ルート、旅客便試験飛行1月30日から ... -
2019年11月16日 16:10 JST
https://www.aviationwire.jp/archives/190027

羽田空港(東京国際空港)飛行コースホームページ
https://www.franomo.mlit.go.jp/Login.action
https://www.franomo.mlit.go.jp/jsp/maintenance/pamph.pdf

2019年8月30日より、羽田空港の新飛行経路に関する飛行検査を実施いたします。
https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/news/2019080801.html

飛行検査日程(令和2年1月分)  ※R1.12.27更新
https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/duties/pdf_wecpnl/fc2001.pdf

飛行検査機一覧
https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/duties/pdf_wecpnl/kensaki.pdf

Citation CJ4
https://cessna.txtav.com/en/citation/cj4

航空機による騒音影響について
https://www.mlit.go.jp/common/001064396.pdf

オリエントタイ航空機による都市上空飛行
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/12/121027_3/05.pdf

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

JL723(NRT-KUL/B787)の機内で撮影した写真をLINEで送信

 正月休みにマレーシアのクアラルンプールに行ってきました。
 行きの利用便はJL723(NRT-KUL/B787-9B)です。

01_案内表示板(G84)
01_g84

02_安全のしおり(B787-9B)
02_b7879b

 飛行中は暇なので、いつもは、SDRでATCやADS-Bを受信したり、スマホやGNSS(GPS)受信機で、搭乗機や周囲の航空機の位置を表示したり位置データを記録したりしています。

  2017年5月28日 (日)
  [hnl2]Avare ADSB Proで見たJL786のHNLへの着陸の様子
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/05/hnl2avare-adsb-.html

  2013年6月17日 (月)
  GPSデータによる国際線飛行ルートいろいろ(NRT-DPS/HNL/SIN/SYD)
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/06/gpsnrt-dpshnlsi.html


 しかしながら、今回は行先がマレーシアなので、SDRを持ち込むのはうまくなさそうです。

  2020年1月11日 (土)
  マレーシアは特定周波数範囲が受信可能な受信機は持ち込み禁止
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2020/01/post-48a08c.html

 更に、機材がB787なのでGNSS(GPS)も使えません。

  2013年2月10日 (日)
  JAL B787のGPS/PC利用環境
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/02/jal-b787gpspc-e.html


 機内ビデオで暇を潰すこともできますが、好みの映画があるとは限りません。

 最近は、機内Wi-Fiが利用可能な機材が増えているようなので、搭乗機を調べてみるとJL723は、Wi-Fi対応機材のようです。
 機内モードにしたスマホでWi-Fiを受信してみると、JALのSSIDが見えます。
 この信号の他にWi-Fiルータらしき信号が幾つか見えるのですが、これは何でしょうか? 電源の切り忘れ?

 Wi-Fiを利用しようと思って、スマホに表示された手順に沿って処理を進めたのですが、ログインがうまくできません。
 何らかの理由によって、サービスが一時的に休止状態なのか思ったのですが、同行者は正常に利用できているようです。
 自分の利用環境に何か問題があったのかもしれません。

 結局、自分は機内でWi-Fiを利用することができなかったのですが、クアラルンプール空港に到着してネットワークが利用できるようになった後にLINEを見てみると、同行者が機内で撮影して送信した機内食の写真が普通に表示されていました。

03_LINEの表示画面(BASIO 3)
03_linebasio-3

一番下の写真は、入国審査場から溢れて通路に並んでいる乗客を当方が撮影してLINEで送信したものです。

 今回は、自分は機内Wi-Fiをうまく使えませんでしたが、機内でLINEが使える環境であれば、機内の退屈さが少しは改善されるかもしれません。

 

【参考外部リンク】
よくあるご質問(国際線 機内Wi-Fiサービス)
https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/qa/index.html

機内Wi-Fiサービス対象便を検索
https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/#go02

国際線 機内Wi-Fiサービス ご利用ガイド
https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/y15/img_sites/inter_skywifi_guide_191113.pdf

ボーイング787-9(789)/ 機内座席配置
https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/789.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧