2018年2月 4日 (日)

ADS-B受信テスト@SIN(WSSS)&JL036

  多分これが最後のシンガポールねたです。
 チャンギ国際空港とJL036の機内でADS-Bの信号を受信してみました。

  受信環境
  アンテナ:自作ネックストラップアンテナ(1090MHz用)
  チューナ:DVB-T(R820T)
  スマートホン:AQUOS PHONE ZETA SH-01F
  ADS-Bアプリ:RadarStick, RadarMaps

【空港で受信】
1adsbsinwsss_1

2adsbsinwsss_2

 近くを飛んでいる飛行機が受信できました。


【On Ground】
3adsbsinwsss_onground1


4adsbsinwsss_onground2
On Groundの機体の座標が変です。

【1°21'N  13°59'E】
5_121n_1359e

 座標を確認するとアフリカのようです。不思議です。

【機内でADS-B受信中】
6jl036_radar_stick

【ADS-Bで見た離陸時の高度変化】

  滑走中は座標と速度の表示が変です。

【種子島の南方を通過中】
8jl036_radar_stick

  搭乗機の信号しか受信できません。

9jl036_radar_stick


  もうすぐ羽田です。
 早朝の到着になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

flightradar24で見た搭乗機(JL037)の飛行情報

  国際線では搭乗機の飛行情報を機内モニタで見ることができることが多いですが、機材によっては見ることができない場合もあります。

   JL037(HND-SIN)でシンガポールに遊びに行くことになったのですが、Wi-Fi対応機材だったので、暇つぶしを兼ねて、巡航中の機内(B777-200)で表示してみました。

【flightradar24による表示】
Flightradar24


  香港とマニラの中間付近を飛んでいます。

  JL037の場合は、機内モニタでかなり詳しい飛行情報が表示されていたので、わざわざflightradar24を使用する意味はないかもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

HND-ATIS (SDR Touch)

  旅行する際には、移動中や滞在先でどんな信号が受信できるのか興味があるので、SDR(Software Defined Radio)として利用できるスマホを持っていくことが多いです。

 以前、成田空港でATISを受信したことがありますが、その時は結構良好に聞こえました。

  2013年4月24日 (水)
  SDR Touchで成田のATIS"放送"を受信してみました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/04/sdr-touchatis-3.html

 今回は、JL037(HND-SIN)でシンガポールに遊びに行くことになったので、暇つぶしを兼ねて、羽田空港の国際線ターミナルででATISを受信してみました。

 なお、受信装置の構成は以下のようになっています。

  アンテナ:自作ネットストラップアンテナ(輻射エレメン長はADS-B用)
    USBチューナドングル:DVB-T+DAB+FM (RTL2832U+R820T)
  スマートフォン:SH-01F
  SDRアプリ:SDR Touch
    受信モード:AM

 出発ゲートは146番でしたが、少し離れた周囲に人がいない場所に移動して受信しました。

  旅客ターミナル 出国後エリア 【3階】145~146番ゲート
  http://www.haneda-airport.jp/inter/map/floormap/map.html?floorId=MAP013

【HND_ATIS受信中】

 受信状態はあまりよくありませんが、どうにか内容は聞き取れました。
 
 家族からは、「何の役に立つの? 」という顔をされますが、趣味の世界なので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

ハワイアン航空HA822(エクストラ・コンフォート),HA821(エコノミー)の電子機器利用環境

 ハワイアン航空のHA822(NRT-HNL, A330-200,エクストラ・コンフォート)とHA821(HNL-NRT, A330-200,エコノミー)を利用したので、シート電源を確認してみました。

  HA822
  https://flyteam.jp/flightnumber/HA822

  HA821
  https://flyteam.jp/flightnumber/HA821

 HA822は最初の予定ではエコノミーでしたが、エクストラ・コンフォートなら窓際が空いているということで\15Kを追加して変更しました。

  エクストラ・コンフォート
  https://www.hawaiianairlines.co.jp/our-services/products-and-programs/extra-comfort

    Extra Comfort
    https://www.hawaiianairlines.com/our-services/products-and-programs/extra-comfort

 ハワイアン航空では、受信機の使用が禁止されており、エアバンド、GNSS(GPS等)、ADS-B等の受信ができないので、”無線お宅”としては窓際のメリットはあまりないのですが、足元が広いのは楽です。

  ハワイアン航空
  ・使用が禁止されている電子機器
  http://hawaiianair-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2312/~/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%A9%9F%E5%99%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6#Restrictions
  (抜粋)
  ”・電池または電気コードつきラジオ(AM/FM/VHF)”

  Hawaiian Airlines
  Electronic Devices that are NOT Permitted for Use
  http://hawaiianair.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2091/~/portable-electronic-devices
  (抜粋)
  "・Battery or cord operated radios (AM/FM/VHF)"

  以下、シート電源の様子です。
  例によって手抜きでほぼ写真のみです。

-----------------------------------------------------
[NRT→HNL]
【HA822(エクストラ・コンフォート), A330-200】

1hawaiian_airlines_extracomfortseat


2hawaiian_airlines_extracomfortseat

【AC電源】(110V 60Hz)
3hawaiian_airlines_extracomfortac_o
 シート間の足元にありますが、夜は見えにくいです。


4hawaiian_airlines_extracomfortac_o


5hawaiian_airlines_extracomfortac_o
ACアダプタでAC110VをDC5Vに変換。

【USB電源】
6hawaiian_airlines_extracomfortusb_
 端子は照明つき、左はイヤホンジャックで、右はUSBレセプタクル。


【USB電源利用中】
7hawaiian_airlines_extracomfortusb_


8hawaiian_airlines_extracomfortusb_
  スマホFLEAZ Queを650mAで充電中。

-----------------------------------------------------
[HNL→NRT]
【HA821(エコノミー), A330-200】
(AC電源見当たらず)

【USB電源】
9hawaiian_airlines_economyusb_outle


10hawaiian_airlines_economyusb_outl


【USB電源でFinow  Q7 Plusを充電中】11hawaiian_airlines_economyusb_outl


12hawaiian_airlines_economyusb_outl

-----------------------------------------------------

  昔は、エコノミーは電源が利用できないことが多かったし、利用できる場合でもACのみという場合が多かったのですが、最近はかなり便利になりました。

【関連内部リンク】
2017年1月27日 (金)
ハワイアン航空HA458(HND-HNL,A330-200,ビジネス)の電子機器利用環境
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2017/01/post-5197.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

低空を飛ぶKalitta AirのB747を見かけました

  昼食をとるために、自宅近くのレストランに歩いていく途中で、ジェット機のような騒音が聞こえました。
 音の方向を見ると、かなり低い高度(500m程度?)を4発の大型ジェット機が飛んでいます。
 尾翼には、赤色系統の斜めの線が入ったマークが書いてあります。
 この地域では、たまに高空を飛ぶジョット旅客機のコントレールが見えることがありますが、こんな低い高度で飛んでいる大型機を見たことがありません。
 軍用機なら横田基地という可能性がありますが、民間機のように思えます。
 ケータイで写真を撮ろうと思ったら数秒で建物の陰に入ってしまいました。

 レストランに着いてから、flightradar24でチェックしてみると、それらしい飛行機が横田基地に着陸していました。

(Screenshot_2017-11-12-11-41-36)
【Kalitta Air K4414(SUU-OKO) B747-446】
Kallita_air_k4414suuoko_b747446_1


Kallita_air_k4414suuoko_b747446_2


Kallita_air_k4414suuoko_b747446_3


Kallita_air_k4414suuoko_b747446_4

  どこから飛んできたのかと思ったら米国のTravis Air Force Base (Fairfield, California)からのようです。

Kallita_air_k4414suuoko_b747446_5

  関東を南下し、横浜の前でUターンして南側から横田にアプローチしたようです。

 住宅地の上空をかなり低空で飛んでいたので、一寸びっくりしました。
 Wikiを見たら行き先にYokotaが含まれているようなので、自分が知らなかっただけかもしれません。

  Kalitta Air - Wikipedia
  https://en.wikipedia.org/wiki/Kalitta_Air
  Destinations(抜粋)
  Japan
   Tokyo - Narita International Airport
   Fussa - Yokota Air Base
   Osaka - Kansai International Airport
   Nagoya - Chubu Centrair International Airport
   Kadena - Kadena Air Base

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

FLEAZ Que(GNSS), SH-01F(SDR)機内テスト等

 福岡に行く用事があったので、FLEAZ QueとSH-01Fを携帯して、途中の暇つぶしに色々と試してみました。

  FLEAZ Queは、GNSS(GPS等)/RNSS(QZSS等)の受信用です。
 SH-01Fは、主にSDR(SDR Touch, RadarStick)用に使いました。


【羽田空港の65番ゲートに駐機中のANA249の機内で測位】
  昔のGPSロガーが機内での測位が難しくて、窓に押し付けた状態でもやっと測位できるということが多かったです。
 しかし、最近のモデルは、窓際であれば、テーブルの上に置いたままの状態でも結構信号を拾ってくれます。
 
 今まで、窓際以外に座ったことが殆どなかったのですが、今回の利用便(ANA249,HND-FUK,B777-200)の席が窓から2列目でした。
 最近購入したFLEAZ Queは、手持ちのGNSS/RNSS受信端末としては、衛星の捕捉特性が良いような感じなので、受信テストをしてみました。

(1-1)65番ゲート(空港マップから引用)
11hnd_gate_65_airport_map


(1-2)駐機中のANA249の機内で測位したDeviation Map
12ana249_fleaz_que_zdevive_test_dev
 FLEAZ QueにインストールしたZ-Device TestのGPS Accuracy TestのDeviation Mapを表示。
3分間の測位で平均誤差は33m。
 窓から2列目にしては悪く無いかも?

(1-3)各種測位データ
13ana249_fleaz_que_zdevive_test_gps

(1-4)GPS Accuracy Testで生成されたKMLデータをGoogle Earthで表示。(後処理)
14hnd_gate_65_google_earth
  写真では駐機していないゲートが65番ゲートです。

(1-5)Z-devive testによるスカイプロット
15ana249_fleaz_que_zdevive_test_sky

【タキシングから離陸まで(D滑走路)】
(1-6)離陸待ち(RWY05)
16ana249_fleaz_que_wait_for_takeoff

(1-7)離陸
17ana249_fleaz_que_takeoffrwy05

(1-8)HND_RWY05
18hnd_rwy05



【巡航中のANA249の機内で測位】
 AndroiTS GPS TestとGPS TESTで測位。
(2-1)11251m_722km/h
21ana249_fleaz_que_androits_gps_tes

(2-2)11466m_717km/h
22ana249_fleaz_que_androits_gps_tes

(2-3)AndroiTS GPS Testレベルプロット
23ana249_fleaz_que_androits_gps_tes

(2-4)AndroiTS GPS Testスカイプロット
24ana249_fleaz_que_androits_gps_tes

(3-1)GPS Testレベルプロット
31ana249_fleaz_que_gps_test_levelpl

(3-2)GPS Testスカイプロット
32ana249_fleaz_que_gps_test_skyplot


【SH-01FにインストールしたGPS EssentialsによるANA249の飛行位置/高度表示】
(4-1)ALT_11516m
41ana249_gps_essentialssh01f_alt_11

(4-2)ALT_4445m
42ana249_gps_essentialssh01f_alt_44

(4-3)ALT_1006m
43ana249_gps_essentialssh01f_alt_10

(4-4)ALT_408m
44ana249_gps_essentialssh01f_alt_40

(4-5)ALT_103m
45ana249_gps_essentialssh01f_alt_10

 着陸後の表示高度が高すぎる?

【ヒルトン福岡シーホーク】
http://www.hiltonfukuokaseahawk.jp/

(5-1)SH-01FにインストールしたRadarStickでADS-Bを受信。
51hilton_fukuoka_seahawk_10fadsb_sh
 見晴らしはいい割にはあまり受信できませんでした。
 窓が西向き(空港とは反対側)だったから?

(5-2)FLEAZ Queにインストールした Z-Device TestのGPS Accuracy Testで生成されたKMLデータをGoogle Earthで表示。(後処理)
52hilton_fukuoka_seahawk_10ffleazqu
空が西側しか開けていないので、測位中心が偏っています。


【福岡空港】
Fukuoka_Airport
https://en.wikipedia.org/wiki/Fukuoka_Airport

(6-1)SH-01FにインストールしたRadarStickでADS-Bを受信(6番ゲート付近)
61fukuoka_airportadsb_sh01fradarsti

(6-2)RadarStickのスクリーンショット
62fukuoka_airportadsb_sh01fradarsti

62rsdarmap_2


  高度の表示が "on ground"となっている機体が2機あります。
 着陸済みだということだと思いますが、距離が8025km、座標が33°35′N  40°26′Eとなっています。
 どこかと思ったらイラクでした。 不思議・・・

(6-3)33°35′N  40°26′E
633335n_4026e



(6-4)SH-01FにインストールしたSDR TouchでFUK_TWRを受信
64fukuoka_airporttwr_sh01fsdr_touch
 ノイズとスプリアスが多いですが、強電界なので自作ネックストラップアンテナでも受信可能でした。

【巡航中のANA258の機内で測位】
 帰りの便は窓際でした。
(7)ANA258(FUK-HND)GPS Essentials
7ana258fukhndgps_essentials


【巡航中のANA258の機内でADS-B受信】
(8-1)ANA258 FUK-HND(ADS-B SH-01F+RadarStick)表
81ana258_fukhndadsb_sh01fradarstick

(8-2)ANA258 FUK-HND(ADS-B SH-01F+RadarStick)裏
82ana258_fukhndadsb_sh01fradarstick
  何機か表示されましたが、搭乗機は表示されませんでした。

【羽田空港に接近中】
(9)ANA258 GPS Essentials(SH-01F) ALT_1324m
9ana258_gps_essentialssh01f_alt_253



 暇つぶしにしては一寸手間がかかってしまいましたが、窓から2列目でも結構衛星が受信できたのは収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

[hnl7]JL785 HNL離陸風景

  多分これが最後のホノルルねたです。
 
 帰りの便のJL785(HNL→NRT,B767-300ER)は窓際の席が確保できたので、機窓撮影とGPS(m-241)のログ記録を行いました。
 出発ラッシュ時刻のようで、前後に離陸待ちの飛行機が並んでいました。

【RWY 8Rから離陸するJL785】



Jl785_hnl_takeoff_1

Jl785_hnl_takeoff_2

Jl785_hnl_takeoff_3

Jl785_hnl_takeoff_4

Jl785_hnl_takeoff_5

Jl785_hnl_takeoff_6

Jl785_hnl_takeoff_7

【轍によるトラック表示】
(スクリーンショット)
Pushback


(アニメーション)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

[hnl2]Avare ADSB Proで見たJL786のHNLへの着陸の様子

  今回利用したJL786(NRT→HNL,B767-300ER,Y)の座席は、2-3-2配列の左から3列目ということで、残念ながら自前のGNSS(GPS等)では飛行位置を確認できませんでした。
 自機が送信しているADS-B信号が受信できれば、座標が確認できる筈です。
 以前何回か試して、中央の座席でも受信できることは確認していますが、全部の機材がADSB-信号を送信している訳ではないようです。
 
 搭乗機がダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)に着陸するときの表示画面をキャプチャしてみました。
 なお、機内アナウンスは、パイロット、CA共に「ホノルル国際空港」でした。

 受信装置
  アンテナ:自作ネックストラップアンテナ
  USBチューナ:DVB-T+DAB+FM (R820T)改
   スマートホン:AQUOS PHONE ZETA SH-01F
   ADS-Bアプリ:RadarStick+RadarMaps、Avare ADSB Pro

Adsb_receiver_1

Adsb_receiver_2

  RadarStick+RadarMapsとAvare ADSB Proの両方で試してみましたが、RadarStick+RadarMapsの方は地図がうまく表示できませんでした。

 結果は以下の通りです。

Jal78635000ftmonitor

Jal78635000ft

Jal78632775ft

Jal78620650ft

Jal78610000ft

Jal7864950ft

Jal786950ft

Jal786475ft

Jal786100ft

Jal786175ft


  35000ftから徐々に高度が下がりますが、直陸の前後の高度表示がマイナスになっています。
 -100ftは直陸直前で、-175ftは着陸直後(on ground)です。
 GPSによる鉛直方向の測位精度は水平方向より低下しますが、175フィート(約53メートル)というのは大きすぎるような気がします。

 空港の標高データはどのようになっているのか、"hnl elevation feet"でGoogle検索してみました。
 結果は、「ダニエル・K・イノウエ国際空港/標高 13.1 ft」となりました。
 Wikipediaでも「標高4 m (13 ft)  」となっています。

 念のため別のサイトでも確認してみました。

  HNL - Daniel K Inouye International Airport | SkyVector
  https://skyvector.com/airport/HNL/Daniel-K-Inouye-International-Airport
以下上記URLから抜粋引用
----------------------------
        Runway 08L  Runway 26R
Elevation:   11.6      8.4

        Runway 08R  Runway 26L
Elevation:   10.0      10.0
----------------------------

   DANIEL K INOUYE INTL Airport (PHNL)
  https://www.globalair.com/airport/apt.weather.aspx?aptcode=HNL
    AIRPORT DIAGRAM
    https://resources.globalair.com/dtpp/globalair_00754ad.pdf

以下上記URLから転載(赤丸は後から追記)
Hnl_elevation_2


 正確な数値はよく判りませんが、10フィート程度と考えてよいようです。
 着陸後にAvare ADSB Proで表示された-175フィートとはかなり異なります。

  ADS-Bの高度データは何を意味しているのでしょうか?
 下記のFAAの資料によれば、2種類のデータが送信されているようです。

  Frequently Asked Questions (FAQs)
  https://www.faa.gov/nextgen/programs/adsb/faq/

以下上記URLから抜粋引用
----------------------------
ADS-B
 ADS-B provides altitude, aircraft number, and vertical air speed. Will it also furnish horizontal air speed?

 In fact, ADS-B reports two kinds of altitudes: barometric and geometric. Barometric or pressure altitude is the one pilots know best ? this is the altitude that is displayed on the altimeter in the aircraft. Geometric altitude is calculated by GPS (Global Positioning Satellites) as the height of the aircraft above the earth ellipsoid. These two altitudes are not the same, but having both allows for applications that require one or the other as an altitude source and provides a means of verifying correct pressure altitude reporting from aircraft.
----------------------------

 下記の資料によれば、GPS等では地球の楕円体高を測定し、ジオイドマップを使用してジオイド高を求め、ジオイド高を基準にして標高を求めているようですが、これと関係あるのでしょうか?

  電子航法研究所報告 No.114 2005.3
  気圧高度計による高度測定誤差とその補正
  https://www.enri.go.jp/report/kenichi/pdf/114_1.pdf

 もしかしたら、他のADS-Bアプリ(RadarStick)なら別の表示になった可能性はあるのでしょうか?

【RadarStick】
[機内(JL786)で受信]
Screenshot_20170518020657


[空港(HNL)で受信]
Screenshot_20170521045509
 "on ground"が表示されています。

 高度の表示方法が切り替えられているようですが、結局よく判りませんでした。

 飛行情報は機内モニタの画面を見れば判ることなのに、何が面白いのと言われそうですが、趣味の世界なので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

[hnl1]JL786(B767-300ER, エコノミー)の電子機器利用環境

  ストレス解消のために、たまにハワイ(ホノルル)に遊びに行っています。
 所要時間は7~9時間なので、機内では暇です。
 機内ビデオで映画の鑑賞が可能ですが、好みの映画があるとはかぎりません。
 機内でGPSやADS-B受信機が使えると暇つぶしになるのですが、外国の航空会社の場合は、受信機の使用が常時禁止されていることが結構あります。

 今回は、幸いなことに利用便が日本航空のJL786/JL785(B767-300ER,Y)だったので、GPS(m-241)とDVB-T(R820T)チューナを機内に持ち込むことにしました。
 ADS-B用の端末としては、SH-01Fを使用しました。

    https://www.jal.co.jp/inter/baggage/electronics/

 JALのカウンタで座席を確認してみると、今回はB767-300ERの2-3-2配列の左から3列目ということで、残念ながら窓際のシートは確保できませんでした。
 GNSS(GPS等)の利用は難しそうです。
 
  B767-300ER 機内座席配置
  https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/763.html

 今までのツアーでは、特に指定はしなくても殆ど窓際だったので、あまり座席の位置については、考えなかったのですが、出発72時間前から指定が可能ということなので、次回からは確認した方がいいかもしれません。(窓際は指定済の可能性が高いですが・・・)

 以下、出発待ち、機内の様子等の写真です。

【NRT Gate 65付近】
Nrt_gate65_1

Nrt_gate65_2

Nrt_gate65_3

【Wi-Fi関係】
 今回利用する便は、JL786(NRT→HNL,B767-300ER,Y)とJL785(HNL→NRT,B767-300ER,Y)ですが、Wi-Fiが使えるようなので試してみました。
 料金を確認してみました。

  Wi-Fiのご利用(国際線 機内Wi-Fiサービス)
  https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/
  (以下、上記URLから抜粋引用)
-------------------------------------------------------
  対象機材          導入路線 東京(成田)路線
  ボーイング767-300ER型機  ホノルル(JL784/783、JL786/785)
  (JAL SKY SUITE 767)
-------------------------------------------------------
  料金プラン
  利用プラン  利用時間  料金 JALカード料金
  1時間プラン  1時間  $10.15  $9.15
  3時間プラン  3時間     $14.40  $12.95
  フライトプラン 24時間 $18.80  $16.80
  「データ使用量は無制限となります。」
-------------------------------------------------------

 3時間プランにするかフライトプランにするか迷いましたが、インターネットに常時接続することを考えてフライトプラン(JALカード決済)にしました。
 実際に使った感じでは、3時間プランでも十分だったかもしれません。

  下記の記事によれば、Kuバンドを使用するPanasonic Avionics社の「eXConnect」というシステムを使用しており、最大帯域は30Mbps程度のようです。

  Panasonic Avionics
  https://www.panasonic.aero/about-us/

  eXConnect
  https://www.panasonic.aero/inflight-connectivity/global-communications-services/broadband-connectivity/

    Impress
    容量無制限、空飛ぶインターネット「JAL SKY Wi-Fi」を使ってみた)
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/20140228_636970.html(2014/2/28 00:00)
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/637173.html (2014/3/3 00:00)

 スマホ(機内モードのSH-01F)のWi-Fi Analyzerで信号をチェックしてみると、SSIDが見えます。

[Wi-Fi SSID (Japan Airlines)]
Wifi_ssidjapan_airlines



 以下のFAQによれば、動画の再生自体は禁止されていないようです。

  よくあるご質問(国際線 機内Wi-Fiサービス)
  https://www.jal.co.jp/inter/service/wifi/qa/index.html#faq03

 接続して動画を再生してみると、最大で3Mbps程度は出ているようです。

[動画再生中]
Wifi_27mbps


 最初は結構速度が出ていたのですが、徐々に遅くなって200kbps程度になり、最後には50kbps以下になってしまいました。
 メールがどうにか使える程度です。
 回線の幅の問題なのか、機内/機外電波伝播の問題なのかよく分かりません。
  以下の記事には、通信速度は1基の衛星が処理する航空機の数に依存するようなことが書いてありますが、詳細はよく分かりません。

  How Does In-Flight Wi-Fi Really Work?
  https://thepointsguy.com/2015/11/how-in-flight-wi-fi-works/
  "Once the antenna picks up the satellite signal, the plane provides users with Wi-Fi speeds of up to 30-40 Mbps. Although this is much improved over the ATG system, speeds depend on how many aircraft one satellite is serving."
 
 Wi-Fi対応の機材であれば、ほとんどシームレスでインターネットを利用できそうです。
 なお、帰りの便(JL785)でも試してみましたが、通信速度の変化は行きと同様でした。

【電源関係】
 インターネットが常時接続可能になっても電源の問題がありますが、今回利用した機材では、前のシートの背もたれの左端に、USB端子とスマホポケットが設けられていました。
 電流容量はよく分かりませんが、スマホではアプリを使用しながら充電が可能でした。

[機内でスマホをUSB充電中]
Photo



【GPS関係】
 m-241とSH-01Fで試してみましたが、衛星は一つも見えませんでした。
 通路を挟んで窓から3列目なので仕方ないです。
 帰りに期待することにします。

【ADS-B関係】
 (次回記事に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

ユナイテッド航空では無許可で他人撮影は禁止

 旧聞になりますが、機内での電子機器の取り扱いに関する資料を調べていたら、一寸気になるニュースを見かけました。

  Record china
  ユナイテッド航空の乗客引きずり降ろし騒動、動画撮影は実は規則違反だった?!―米華字メディア
  配信日時:2017年4月14日(金) 17時10分
  http://www.recordchina.co.jp/b175214-s0-c30.html

 Record chinaというのが一寸気になったので別のニュースサイトを見てみました。

    USA Today
    2017/04/12
    Videos from United Airlines flight incident may violate rules 
    https://www.usatoday.com/story/news/world/2017/04/12/videos-united-airlines-flight-may-violate-rules/100372674/
 
  同じ内容のようです。

 一次資料を確認してみました。
 以下の資料が該当しそうです。

  United Airlines
    Home > Travel information > Inflight services > Electronic device policies
    https://www.united.com/web/en-US/content/travel/inflight/devices.aspx
(以下、上記URLから抜粋引用)
--------------------------------------
    Photo and video
   The use of small cameras or mobile devices for photography and video is permitted on board, provided you keep the purpose of your photography and video to capturing personal events. Photographing or recording other customers or airline personnel without their express consent is prohibited.
--------------------------------------

  ユナイテッド航空
  ホーム > 旅行に役立つ情報 > 手荷物について > 電子機器類
  https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/devices.aspx

 日本語のサイトには説明はないようです。

 時々機内で撮影することがあるので気を付けなくては・・・
 写り込みはどうでしょうか?

【ユナイテッド航空の昔のチケットホルダ】
United_airlines_ticket_holder_old_2



【参考外部リンク】
 Our United Customer Commitment
 https://www.united.com/web/en-US/content/customerfirst.aspx
 "Treat passengers fairly and consistently in the case of oversales"

 ユナイテッドのお客様へのお約束
 https://www.united.com/web/ja-JP/content/customerfirst.aspx
 「オーバーブッキングが発生した場合に、お客様に対して適正かつ一貫した対応をいたします」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧