2017年8月21日 (月)

みちびき3号機(QZS-3)のTLEを調べてJAXAの「軌道情報提供サービス」で軌道を表示してみました

  CelestrakでQZS-3のTLEが公開されていました。

  Celestrak
  NORAD Two-Line Element Sets
  Current Data
  https://www.celestrak.com/NORAD/elements/

  Last 30 Days' Launches
  https://www.celestrak.com/NORAD/elements/tle-new.txt

 現在の軌道はどのようになっているのかと思って、JAXAの「軌道情報提供サービス」で表示してみました。

 表示手順は以下の通りです。

  軌道情報提供サービス
  http://odweb.tksc.jaxa.jp/odds/main.jsp

--------------------------
衛星位置計算

1   観測地を選択してください

2   観測する衛星の軌道データを検索または作成してください 
   2-1 条件詳細設定
   2-2 TLE入力
   2-3 衛星名
     QZS-3
   2-4 TLEデータ
    1 42918U 17048B   17231.80813103 -.00000019  00000-0  00000+0 0  9992
    2 42918  19.9600  88.1050 7248448 179.3057  97.2832  2.26329709    03

1   観測地を選択してください (なぜか再入力が必要。日本/東京がデフォルトだと便利かも...)

3   観測する期間を指定してください 

「計算開始」
--------------------------

【計算結果】(2017/08/21 08:00 JST現在)
Qzs3_orbit


 一寸変わった軌道です。
 そのうちに静止衛星になるのでしょう。

 みちびき(QZSS)の衛星がプリセットされていないのは、JAXAの運用ではないから?

  みちびきの公式サイト(http://qzss.go.jp/index.html)のどこかで確認できるのかと思って探してみましたが、シミュレーション版しか見つけることができませんでした。

    GNSS View
  http://app.qzss.go.jp/GNSSView/gnssview.html?t=1503274122287

  「みちびきとGPS以外の4システムの衛星配置は、NORAD(North American Aerospace Defense Command、北米航空宇宙防衛司令部)が公開している軌道情報を用いて計算しています。」と書いてあります。

 主役の衛星の軌道情報がTLEベースでないのは、一寸不思議な気がします。
 打ち上げ前のQZS-4のTLEは存在しないので、表示できないのは当然ですが、QZS-1,QZS-2,QZS-3のTLEは既に公開されているので、表示しても支障がないような気がしますが・・・

  TLEの識別番号の一つとしてNORAD IDが使われますが、実際にNORADが担当していたの昔の話では?

 組織改編が多いのでよく判りませんが、今は"United States Space Surveillance Network"かも・・・(単なる想像です)

  United States Space Surveillance Network - Wikipedia
  https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Space_Surveillance_Network

 みちびきの軌道情報がTLEベースでないのは「公共専用サービス」と関係があるのでしょうか?

  ホーム>みちびきについて>サービス概要>公共専用サービス
  http://qzss.go.jp/overview/services/sv10_public.html
  
    HOME>Service Overview>Services>Public Regulated Service
    http://qzss.go.jp/en/overview/services/sv10_public.html

    Public Regulated Services - GNSS ASIA
    http://japan.gnss.asia/node/161
    「公共制御サービス」

    Galileo の補足説明
    http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/sokuihaihu03/siryo3-2.pdf
    「PRS:Public Regulated Service (政府規制サービス)のことで、有事の際にもサービスの継続を可能とする政府機関向けサービス。」

  産経ニュース
  2017.5.29 11:24更新
  日本版GPSを防衛利用へ 北朝鮮の妨害電波を防御 政府、1日に衛星打ち上げ
  http://www.sankei.com/life/news/170529/lif1705290031-n1.html
  「GPSに頼らなくても部隊運用が可能」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

本日(2017/08/19)のNAQU (Notice Advisory to QZSS Users)

 みちびき3号機は無事予定の軌道に投入されたようです。

    朝日新聞デジタル
    測位衛星みちびき3号、軌道に投入 H2A打ち上げ成功
    2017年8月19日15時08分
    http://www.asahi.com/articles/ASK703V1DK70TIPE00W.html   

   NAQU情報を見てみたら、QZSS View-4satellites(FY2018)に表示されているように、「PRN199」となっていました。

 

【Screenshot_2017-08-19-18-24-49】
Screenshot_20170819182449

【Twitter】
 https://twitter.com/QZSS_StatusTweet


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

スマホ(Fleaz F5)の画面をPC(Windows 10)にプロジェクション

 みちびき3号機(QZS-3)の打ち上げは延期になったようですが、信号(PRN199?)が送信されるようになったら、受信してみたいと思っています。

 自分の部屋ではあまり受信環境がよくないので、現在は、外出時にスマホ(Covia FLEAZ F5 CP-F50aK)でQZS-1, QZS-2の受信チェックをしています。
 今までのところ、193, 194, 195(?)のPRNが受信できています。
 自分の部屋の窓際でも、条件が良いときには受信できますが、かなり確率は低いです。
 受信端末をベランダに設置すれば、受信環境はかなり改善されるように思われますが、受信状態の確認が一寸面倒な感じです。

 スマホの画面を室内でモニタできれば便利だと思われます。
 調べてみると、スマホの画面をPCに映し出す手段はいくつかあるようですが、スマホ側にもPC側にも新たなソフト/アプリやハードを追加する必要が無く、ワイヤレスで転送可能で、Android 4.4.2で利用可能で、ROOT化の必要がない方法を探してみました。

 色々探してみると、希望に合うような方法が書かれた以下の記事がありました。

  Miracast対応スマートフォンからWindows 10 PCのモニタに画面をワイヤレス出力する方法
  投稿日時 10月 18th, 2016
  http://juggly.cn/archives/205462.html

 この記事によれば、Miracast 対応のスマホであれば、PC(Windows 10 Anniversary)の「この PC へのプロジェクション」という機能を使用してスマホの画面をワイヤレスで転送できるようです。

 この方法が良さそうなので、 FLEAZ F5 CP-F50aK(Android 4.4.2)が対応しているかどうか調べてみました。
 以下の手順で表示される「画面のキャスト」がMiracastを意味しているようです。

  「設定」→「ディスプレイ」→「画面のキャスト」

 スマホ側はOKのようですが、問題はPC側です。
 現在メインで使用しているThinkPad X230はWindows 7です。
 他にもPCがありますが、Windows XPです。
 Windows 10がないか探してみると、SDR(Software Defined Radio)の実験用に購入した中華タブレット(Teclast X80 Power)がありました。
 Windows 10 Home 64bitとAndroid 5.1のデュアルOS仕様です。

 Teclast X80 PowerのWindows 10はあまり使ったことはありませんが、これをMiracast受信用に使ってみることにしました。

 調べてみると、以下の手順で「この PC へのプロジェクション」の画面に到達しました。

  「設定」→「システム」→「ディスプレイ」→「この PC へのプロジェクション」

【この PC へのプロジェクション】
Pc


 とりあえず、スマホ側もPC側も条件を満足しているようです。

 実際に接続してみました。

【Fleaz F5の画面をTeclast X80 Powerにプロジェクション(動作確認)】

 動作が不安定な場合もありますが、どうにか接続されているようです。
  僅かに表示の遅れがありますが、当方の用途では殆ど気になりません。

 NMEAセンテンスの内容が一寸変なような気がしますが、詳細はよくわかりません。
 受信できないと思われる環境でもデータが出力されている?
 

 次に、Fleaz F5を2F南側ベランダに仮り置きして、みちびき(QZS)を受信してみました。

【Fleaz F5の画面をTeclast X80 Powerにプロジェクション(QZS受信)】
Fleaz_f5teclast_x80_powerqzs_1

Fleaz_f5teclast_x80_powerqzs_2

Fleaz_f5teclast_x80_powerqzs_3


  Fleaz F5でQZS-1(193)とQZS-2(194)が表示されており、この画面がTeclast X80 Powerにほぼリアルタイムで表示されています。
  なお、Teclast X80 PowerにはGNSS(GPS等)の受信機能はありません。
 これで、離れた場所でQZSの受信状態が確認できると思ったのですが、そう簡単ではありませんでした。

 Fleaz F5をベランダに置いたままにして、Teclast X80 Powerを室内に移動させてみると、数m離れると通信が切断されます。

 Wi-Fiの輻輳が想像されるので、Wi-Fiのキャリアを確認すると十波以上見えます。
 かなり混雑しているようなので、接続が不安定なのはそのせいかもしれません。

 これで一応衛星受信状態のリモート確認ができるようになりましたが、24時間見ている訳にはいかないので、自動監視装置が欲しいところです。
 自分にスキルがあれば、GNSS受信モジュールが吐き出すNMEAセンテンスをリアルタイムで解析して、目的衛星のデータのみを自動的に検出するようなソフトが作れるのかもしれませんが、残念ながらお手上げです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

3台のスマホ/タブレットでQZS受信(表示)状態を比較(その2)

 先日、以下の3台の端末でQZS受信テストをしてみました。

   Covia FLEAZ F5 CP-F50aK
    NEXUS 7 (2012)
    ASUS MEMO Pad Smart ME301T

 そのときの受信状態は、ME301T>FLEAZ F5>NEXUS 7 でした。

 しかし、その後に同じようなテストしてみると、受信結果(PRNの値)は以下のようになりました。

【北側窓際】
Fleaz_f5_nexus_7_me301t


  FLEAZ F5   NEXUS 7    ME301T
     193       なし        なし

  表示される可視衛星の数は、ME301Tが一番多いことが多いのですが、必ずしもME301Tが常に最も良好にQZSからの信号を受信できるという訳では無いようです。

 なお、今までのテストではNEXUS 7(2012)に米国のGPS以外の衛星が表示されたことはありません。
 下記の資料には、「Nexus7(2012 Wi-Fiモデル)は、準天頂衛星のL1-C/A信号を受信することができます。」と書いてあります。

  準天頂衛星アプリコンテスト2014:開催告知
  2014年05月07日
  http://qzss.go.jp/events/applicontest_2014_notice.html

 また、以下の資料にも「Nexus7(2012 Wi-Fiモデル)なら準天頂衛星のNMEAデータも取得できますよ。」と書いてあります。

  準天頂衛星アプリコンテスト2014:出展作品
  2014年06月06日
  http://qzss.go.jp/events/applicontest_2014_work.html

 NMEAセンテンスを確認してみると、データは不完全ですが確かに”$QZGSA”が表示されています。

【NEXUS 7(2012) NMEA】
Nexus_7_2012_nmea



 手元のNEXUS 7 (2012)で正常に受信できないのは、受信環境が原因なのか、端末が原因なのかよく判りません。
 もう少し調べて見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

3台のスマホ/タブレットでQZS受信(表示)状態を比較

 手元には、「みちびき」(QZS)が受信可能と思われる以下のスマホ/タブレットがあります。

   Covia FLEAZ F5 CP-F50aK
    NEXUS 7 (2012)
    ASUS MEMO Pad Smart ME301T

  QZSの受信(表示)状態を比べてみました。
 場所は、鉄骨構造物2Fの窓(金網入り)際です。
  アンテナ位置からみた天空率は多分10%以下です。
  3台とも航空機モード ON、Wi-Fi OFF、Bluetooth OFFとしました。
 写真は、左からFLEAZ F5, NEXUS 7, ME301Tです

 QZSに関して確認できたPRNは以下の通りでした。

【北側窓際】
Photo

  FLEAZ F5   NEXUS 7    ME301T
    なし       なし       193, 194

【南側窓際】
Photo_2

  FLEAZ F5   NEXUS 7    ME301T
     194       なし       193

 なお、各端末のチューナの局発の相互干渉による影響を確認するために、順番に1台のみ電源を入れて見ましたが、全体的な状況に変化はありませんでした。

 殆ど同じ位置で受信しても、端末によって受信結果に大きな差があることは、経験していますが、個体差なのか、チューナの特性差なのか、僅かな位置の違いによる電界強度の違いなのかはよよく判りません。

 今回はNEXUS 7では受信できませんでしたが、ネット情報によればQZSSに対応しているようなので、もう少し調べて見たいと思います。

  短時間の実験なので、はっきりしたことは判りませんが、この結果を見る限りでは、ME301Tが一寸良さげです。
 サイズが大きい(10インチ)ことと何か関係があるのでしょうか?

 一寸重くて大きいので持ち運びには適していませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

QZS-1, QZS-2, QZS-3, QZS-4の関係が分かり易い一覧表

 みちびき3号機(QZS-3)に関する情報を探していたら、以下のページがありました。

  ILRS (International Laser Ranging Service)
  QZSS
  https://ilrs.cddis.eosdis.nasa.gov/missions/satellite_missions/future_missions/qzs3_general.html
 

 QZSS Mission Parametersの表を見ると、各衛星の関係がよく判ります。
 QZS-3のLaunch Dateは 11-Aug-2017 となっていますが、12日に延期されたようです。
 
 ILRSのサイトの情報がどの時点のものか判りませんが、QZS-3の打ち上げ予定日の公式発表は今年の6月だったようなので、比較的新しい情報であるように思われます。

 NORAD Numberも書かれているので、TLEデータを取得するときに便利かもしれません。
 そのうち QZS-3のNORAD Numberも追記されるのでしょうか?

「みちびき」の公式サイトにも同様な一覧表があるのかもしれませんが、よくわかりませんでした。

 
 「みちびき」の公式サイトではありませんが、以下の資料にも似たような一覧表がありました。

  測位航法学会ニューズレター 第Ⅷ巻第1 号 2017 年3 月29 日
  NEWSLETTER OF IPNTJ
  http://www.gnss-pnt.org/newsletter/NLV8_1_2017_03_29_4.pdf

 5ページの「表1 準天頂衛星初号機~4号機比較」を見ると、みちびきの打ち上げ年月は、2号機が2017年5月以降、3号機が2017年7月以降)、4号機が2017年9月以降と書いてあります。
  2~4号機の打ち上げは2ヶ月間隔のようです。
 3号機の打ち上げは、現時点では8月12日となっているので、大体予定通り進んでいるように思われます。
 ということは、4号機の打ち上げは、10月頃になるのかもしれません。

 超大雑把に考えると、実際に信号が受信できるかどうかは別にして、今年の末には4機の衛星が周回している?

 下記の資料を見ると、「追加3機(準天頂軌道2機、静止軌道1機)を2017年度に打ち上げ、2018年度から4機体制のサービスを開始します。」と書いてあります。

  準天頂衛星システム「みちびき」
  http://qzss.go.jp/overview/download/isos7j0000000bsx-att/panel_01.pdf

 FY2018から4機体制のサービス開始ということは、来年の4月から?

 全体のスケジュールや運用情報が判っていると、いつ頃から衛星の信号が受信できるのかある程度予想できるので有難いのですが、探し方が悪いためか、本家のサイトではなかなか苦労します。

【参考外部リンク】
  H-IIAロケット35号機による「みちびき3号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)の打上げについて
  平成29年6月15日
  三菱重工業株式会社
  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
    http://www.jaxa.jp/press/2017/06/20170615_h2af35_j.html

  H-IIAロケット35号機による「みちびき3号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)の打上げ延期について
  平成29年8月9日
  三菱重工業株式会社
  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
  http://www.jaxa.jp/press/2017/08/20170809_h2af35_j.html
   打上げ日: 平成29年8月12日(土)
   打上げ時間帯: 14時00分頃?23時00分頃(日本標準時)(※)
   打上げ予備期間: 平成29年8月13日(日)?平成29年9月30日(土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

"Health"は「みちびき」(QZS)の毎日更新運用情報?

 最近、QZSS対応のスマホ (Covia FLEAZF5 CP-F50aK)に入れたGPSアプリ「AndroiTS GPS Test」でQZSSの衛星を表示して遊んでいます。
 家族からは何の役に立つの? という視線が向けられますが、趣味の世界なので・・・

 現時点では、PRNとして193(QZS-1)、194(QZS-2と思われます)、195(QZS-2からの送信と思われますが、本来はQZS-4への割り当て)が表示されたことがありますが、当方の受信環境ではかなり不安定です。
 原因としては、送信側、電波伝播状態、受信側のいずれか、または、これらの組み合わせが考えられますが、電波(搬送波)が送信されていない場合、あるいは、普通のスマホでは表示できない状態で送信されている場合には、もともと利用できないので、受信側での努力は無駄になります。
 運用情報で利用不可能であることが判っていれば、受信環境や受信機を疑わずにすみます。

 公式サイトに運用情報が公開されていると思われるので、素人無銭家の好奇心で調べてみました。

  とりあえずサイトマップを見てみました。

  サイトマップ
  http://qzss.go.jp/sitemap/index.html

 「運用情報/アーカイブデータ」という項目があるので、ここを覗いてみました。

   ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>運用情報/アーカイブデータ
   http://sys.qzss.go.jp/dod/index.html

 このページの中に「運用状況/NAQU情報」という項目があります。
 関係がありそうなので開いてみました。

   ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>NAQU情報>NAQU情報
   http://sys.qzss.go.jp/dod/naqu.html

  NAQUとは、"NOTICE ADVISORY TO QZSS USERS"の略だそうです。
 このページで公開されているNAQU情報の中身を見れば、現在の運用状況が判りそうな雰囲気です。

 しかしながら、L1C/Aに関する最も新しいと思われる情報「2017051」の日付が「2017/07/19」となっており、一寸古いような気もします。(2017/08/08現在)
 このセルの色は赤なので、情報の種類は「予期せぬ活動停止」となります。
 橙色のセル「活動停止の予報」であれば、今後の予定が判るかもしれないと思って、最も新しいと思われる2017/07/13の「2017049」を見てみました。
 以下のように書いてありました。(抜粋引用)

-------------------------------
SUBJ: SVN001 (PRN183) FORECAST OUTAGE SUMMARY JDAY  194/0005 - JDAY 194/0006
    (中略)
CONDITION: QZSS SATELLITE SVN001 (PRN183) WAS UNUSABLE ON JDAY 194
    (13 JUL 2017) BEGINNING 0005 ZULU UNTIL JDAY 194 (13 JUL 2017)
    ENDING 0006 ZULU.
-------------------------------

  活動停止当日の"FORECAST"なので、時間的に一寸厳しいような気がしますが、受信できなかった次の日に、受信できなかった理由が受信側でなかったこと確認できるという効果はあるかもしれません。

 Twitterなら別の情報があるかと思って覗いてみましたが、同じ内容でした。

  Twitter
  https://twitter.com/QZSS_Status

 本題とは関係ありませんが、プロモツイート はどうにかならないのでしょうか?

 別の情報がないかと思って探してみたら、リアルタイム性はないと思われますが下記の資料にも運用情報が書かれていました。
  
  ホーム>技術情報>各国の測位衛星>各国の測位衛星
  http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html

 この資料によれば、みちびき初号機(QZS-1)は運用中(In Operation)、みちびき2号機(QZS-2)は検査中(In testing)となっています。

 以下の資料にも運用状態に関する記載がありますが、運用状態の種別(In Operation, Retired, Outage, In commissioning, Maintenance, Time problem)の色分けがないので、実情がよくわかりません。

   ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>Constellation Information
   http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html

  QZS-1(QZ01), QZS-2(QZ02), QZS-3(GE03), QZS-4(QZ04)の四つが全部白地(In Operation)というのは一寸変では・・・

 更に探してみたら、関係しそうな以下の資料がありました。

  HOME>Technical Information>Operational Information / Archive Data> Public Archives>
  Satellite Positioning, Navigation and Timing Service
  http://sys.qzss.go.jp/dod/en/archives/pnt.html

 詳細な技術的意味はよく判りませんが、QZSS Almanacのデータの中に衛星の健康(Health)に関する情報が含まれているようです。

 「QZSS Almanac」にチェックを入れて、今日(2017/08/08)の日付で検索してみると、以下の結果が得られました。

----------------------------------------------
******** Week 937 almanac for PRN-193 ******** 
ID:                         193
Health:                     000
Eccentricity:               7.512002945E-02
Time of Applicability(s):   348160.0000
Orbital Inclination(rad):   0.7139901593
Rate of Right Ascen(r/s):  -2.228664261E-09
SQRT(A)  (m 1/2):           6493.586914
Right Ascen at Week(rad):  -2.724850221E+00
Argument of Perigee(rad):  -1.560346457
Mean Anom(rad):             6.506115859E-01
Af0(s):                    -8.583068848E-05
Af1(s/s):                   2.182787284E-11
week:                        937
----------------------------------------------

 「PRN-193」となっているので、みちびき1号機(QZS-1)のデータであると思われます。
 「Health: 000」の項目がなんとなく関係しそうな雰囲気ですが、どのような意味でしょうか?
 以下のページに“Health”の説明があるのですが意味がよく判りません。

  Satellite Positioning, Navigation and Timing Service Commentary
  http://sys.qzss.go.jp/dod/en/archives/pnt_detail.html

  Almanac
  http://sys.qzss.go.jp/dod/en/archives/pnt_detail/almanac.html

 関係しそうな資料を探してみました。
 以下の資料に該当すると思われる説明がありました。

  ホーム>技術情報>PS/IS-QZSS>
  パフォーマンススタンダード(PS-QZSS)及びユーザインタフェース仕様書(IS-QZSS)
  http://qzss.go.jp/technical/download/ps-is-qzss.html

  Quasi -Zenith Satellite System Interface Specification
  Satellite Positioning, Navigation and Timing Service
  (IS-QZSS-PNT-001)
  (March 28 , 20 , 2017 )
  Cabinet Office
  http://qzss.go.jp/en/technical/download/pdf/ps-is-qzss/is-qzss-pnt-001.pdf?t=1502174472496

  5. User Algorithm
  5.4. Health and Integrity
  5.4.1. Health and Alert Flag
  Table 5.4.1-3 3bit Health Definitions

 かなり適当な想像ですが、これらの説明から考えると、「Health: 000」であればL1C/Aに関しては問題ないということなのかもしれません。
 "0"がOKで、"1"がNGというのは、なんとなく変な感じがしますが、エラーフラグ的な表示なのかもしれません。

 
  なんとなく判ったような気もしますが、素人無線家の好奇心でかじり回っただけなので、上記の説明は間違っているかもしれません。

【本日(2017/08/08)の受信状態】
(両側に2~5Fの構造物がある南北に伸びる2車線道路脇の歩道で受信)

Screenshot_2017-08-08-17-45-37
Screenshot_20170808174537


Screenshot_2017-08-08-17-45-55
Screenshot_20170808174555


Screenshot_2017-08-08-17-46-20
Screenshot_20170808174620



Screenshot_2017-08-08-17-48-30
Screenshot_20170808174830

[2017/08/09 記事一部修正&下記追加]
 以下のサイトの内容の最新版があれば、うれしいのですが・・・

  QZSS Constellation Status Information
  Last Updated: 2013/10/31
  https://igscb.jpl.nasa.gov/projects/mgex/Status_QZSS.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

みちびき(QZS)のPRN

  最近、QZSSに興味が出てきて、諸先輩方の書かれた情報を参考にさせて頂きながら、少しづつ勉強しています。

 8月11日に準天頂衛星システム 静止軌道衛星「みちびき3号機」(QZS-3)の打ち上げが予定されているようです。

    「みちびき3号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)の打ち上げ予定日について
     http://qzss.go.jp/overview/information/h2af35_170615.html

 信号の送信が開始されたら受信してみたい気がします。

 どの衛星が受信できているのかを確認するためには、PRN(pseudorandom noise number)を見るのが簡単であるように思われます。

 調べてみると、以下の資料にコンステレーション情報の記載がありました。

  準天頂衛星システム(QZSS) 公式サイト - 内閣府
  ホーム>技術情報>運用情報/アーカイブデータ>Constellation Information
  http://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html
  (日本語の資料なし?)

 これによれば、各衛星のPRNは以下のようになっています。

    衛星名            PRN
  QZS-1(QZ01)   193
    QZS-2(QZ02)   194
    QZS-3(GE03)   199
    QZS-4(QZ04)   195

 
 現時点で、手元にあるQZSS対応のスマホ (Covia FLEAZF5 CP-F50aK)を使用して、GPSアプリ「AndroiTS GPS Test」で表示した範囲では、日本の衛星(日の丸マーク)として確認できている(表示されている)PRNはQZS-1に対応する「193」だけです。
 ときどきQZS-2と思われる「194」の衛星が表示されますが、国は「?」マークとなっています。
 アプリ側の問題なのか、送り側の問題なのかよく判りません。
 また、かなり稀ですが、「195」が表示されることがあります。
 「195」はQZS-4ということになりますが、未だ打ち上げられていないので理屈に合いません。
 未来からの送信?  負の超々"Long delayed radio echoes"?
 何かの試験中だったのかもしれません。

 QZS-3の信号であるか否かは、PRN「199」を確認すればよさそうです。
 PRN自体はスマホの画面で確認できますが、いつも画面を見ている訳にはいかないので、自動的に確認できるようなシステムがあると便利なのですが、いまのところ素人無銭家が利用できそうなシステムは見当たらないようです。

【参考外部リンク】
 QZS 3 (Michibiki 3)
 http://space.skyrocket.de/doc_sdat/qzs-3.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

みちびき(QZS-1,QZS-2)の軌道をCalsat32で表示してみました

  準天頂衛星システムの 「みちびき」は特異な形状の軌道になっているようです。
 説明用の図はよく見かけますが、実測された軌道はどうなっているのかと思って、QZS-1,QZS-2ののTLEデータをCalsat32に放り込んでみました。

 QZSのTLEは以下のサイトで調べました。

  CelesTrak
  https://celestrak.com/

  NORAD Two-Line Element Sets
  Current Data
  Data Updated: 2017 Aug 1
  https://celestrak.com/NORAD/elements/

  Navigation Satellites
  Satellite-Based Augmentation System (WAAS/EGNOS/MSAS)
  https://celestrak.com/NORAD/elements/sbas.txt

  QZS-1 (QZSS/PRN 183)   
  1 37158U 10045A   17211.72684833 -.00000186  00000-0  00000-0 0  9993
  2 37158  40.8686 158.6966 0754012 270.4943 278.3909  1.00266039 25223

  QZS-2 (QZSS/PRN 184)   
  1 42738U 17028A   17212.64020890 -.00000233  00000-0  00000-0 0  9993
  2 42738  44.7167 288.9829 0742539 270.1715 119.1715  1.00280370   640

 (2017/08/01コピー)

 PRNの値がスマホに表示される値「193」、「194」とは異なっているのが一寸気になります。

  QZS-1,QZS-2のTLEデータをCalsat32に設定してみました。

  Calsat32
  http://jr1huo.my.coocan.jp/jr1huo_calsat32/index.html

 結果は以下のようになりました。

【Calsat32】
Calsat32

  この表示が正しいとすると、「8の字」というよりも、かなり「涙型」に近い「非対称の8の字」のような感じがします。

【GNSS View(参考用)】
Screenshot_20170801220815


【参考外部リンク】
 JAXA|準天頂軌道とは
 http://www.jaxa.jp/countdown/f18/overview/orbit_j.html

 みちびきのTwo Line Elements (TLE)
 http://www.isas.jaxa.jp/home/ebisawalab/ebisawa/TEACHING/20110117handout.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

PRN195も「みちびき2号機(QZS-2)」?

 FLEAZ F5に入れたAndroiTS GPSを見ていたら、見慣れない「195」という数字が表示されていました。

  AndroiTS GPS Test Free - Google Play の Android アプリ
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.androits.gps.test.free&hl=ja

Prn195_1

Prn195_2

Prn195_3


 値的には「みちびき」が使用する範囲内ですが、以下の資料の中の「みちびき」のリストでは、みちびき2号機(QZS-2)のPRNは「194」, 「183」, 「196」の三つしかありません。

  各国の測位衛星
  http://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html

 「195」はなんでしょうか?
 受信機が誤動作?
 何かの試験中?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧